目次へ戻る

VWのセダン&ワゴン!パサート・パサートヴァリアント 改良新型登場!

VWのセダン&ワゴン!パサート・パサートヴァリアント 改良新型登場!

フォルクスワーゲンは2月6日、改良新型『パサート』(Volkswagen Passat)を欧州で発表しました。セダンとワゴンの『パサート・ヴァリアント』が、同時に発表されています。


VWのセダン&ワゴン!パサート・パサートヴァリアント 改良新型登場!

フォルクスワーゲンは2月6日、改良新型『パサート』(Volkswagen Passat)を欧州で発表しました。セダンとワゴンの『パサート・ヴァリアント』が、同時に発表されています。

改めておさらい!フォルクスワーゲンのパサートってどんな車?

パサートとは、フォルクスワーゲンの上級セダン&ワゴンです。

初代のデビューから45年という伝統のあるモデル。

現行である8世代目モデルまでの世界累計販売台数は、2900万台を超えていて、世界で最も成功を収めているミドルクラス車のひとつと言えます。

現行パサートは2014年秋、パリモーターショー2014で発表されました。

この現行パサートがデビューから4年以上を経て、初の本格改良を受けています。

パサートには、オールトラックというクロスオーバー4WDもある!

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、クロスオーバー4WDディーゼルモデルの新型『パサート・オールトラック』を2018年の10月31日から発売しています。

新型パサート・オールトラックのパワートレーンは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する最新2リットルTDIディーゼルターボエンジンと6速DSGの組み合わせです。

四輪駆動システム4モーションを搭載し、ラフロードにも対応するオールラウンドな走行性能を持ちながら、ディーゼルならではの環境性能と優れた燃費・経済性を兼ね備えています。

『パサート・ヴァリアント』の優れた積載性や機能性も継承し、アウトドアレジャーやロングトリップなど、アクティブなライフスタイルを楽しむユーザー向けのモデルに。

パサート 改良新型 エクステリアがイメチェン!

フォルクスワーゲン・パサート ・ヴァリアント 改良新型

改良新型では、エクステリアが変更を受けました。

フロントはバンパーやグリルが新デザインとなります。

ヘッドライトは最新のLEDとなり、オプションで「IQ.Light」と呼ばれるLEDマトリクスライトが選択可能です。これは、新型『トゥアレグ』に続く設定となります。

また、リアは、バンパーや立体的なテールランプが新デザイン。バンパーには、デュアルエグゾーストが組み込まれます。

ホイールも新デザインとなり、ボディカラーはブルーなどの新色が3タイプ用意されています。

パサート改良新型 「IQ.DRIVE」を導入

改良新型には、最新の先進運転支援システム(ADAS)のブランドとして立ち上げられた「IQ.DRIVE」を導入します。

新開発の部分自動運転システム、「トラベル・アシスト」がハイライト。

この新しいシステムでは、0~210km/hという幅広いスピード領域において、部分的な自動運転を可能にしました。

また、改良新型には、静電容量式センサーを備えたステアリングホイールを世界で初めて装備。

これは、ドライバーが正しくステアリングホイールを握っているかどうか、検知するものです。

「緊急ステアリングアシスト」は、ブレーキによって回避操作を行う場合の安全性を高めています。

「モジュラー・インフォテインメント・マトリックス」は第3世代に

また、最新の車載コネクティビティも採用します。

「MIB」と呼ばれる「モジュラー・インフォテインメント・マトリックス」は第3世代に進化しました。

スマートフォンアプリと連携するためのインターフェースには、フォルクスワーゲンとして初めて、Apple「CarPlay」によるiPhoneアプリのワイヤレス統合が可能になっています。

この第3世代のMIBはデジタルコックピットで、従来の「アクティブ・インフォ・ディスプレイ」に対して、機能が強化。

ハイコントラストのグラフィックディスプレイは、鮮明かつ高品質。新デザインのマルチファンクションステアリングホイールのボタン操作で、3種類のディスプレイ構成をカスタマイズ可能です。

関連するキーワード


VW パサート

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2019】VWデューンバギーが電動で復活

【ジュネーブモーターショー2019】VWデューンバギーが電動で復活

フォルクスワーゲンは1月31日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、EVコンセプトカーの『デューンバギー』(Volkswagen Dune Buggy)を初公開すると発表しています。みなさんはこのデューンバギー、ご存知でしたか?


フォルクスワーゲンの7人乗りミニバン!シャランとは

フォルクスワーゲンの7人乗りミニバン!シャランとは

フォルクスワーゲンの車と言えば?ビートルに、ティグアン、ゴルフ…。と色んな車種名が浮かぶかと思います。それではみなさん、「シャラン」をご存知でしょうか。シャランとは、1995年から発売されているミニバン(MPV)です。現行モデルは2代目で、2010年より発売されました。日本発売は2011年。シャランについて見ていきます


フォルクスワーゲンで最もコンパクトなup!詳細情報まとめ

フォルクスワーゲンで最もコンパクトなup!詳細情報まとめ

フォルクスワーゲンが手掛ける、Aセグメントのハッチバック、up!。小さくてもフォルクスワーゲンらしさを忘れていないVWのこだわりと、エントリーモデルはなんと驚愕の約160万円~というお手頃価格なのも魅力の一つです。そんなup!について見ていきたいと思います。


【発売は2019年頃!?】VWのロングセラー!ゴルフ新型最新情報

【発売は2019年頃!?】VWのロングセラー!ゴルフ新型最新情報

VWの人気車種、ゴルフ。そんなゴルフですが、来年の2019年にはモデルチェンジを控えています。8世代目となる新たなゴルフ。いったいどのような仕様になっているのでしょうか。


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。