目次へ戻る

VWのセダン&ワゴン!パサート・パサートヴァリアント 改良新型登場!

VWのセダン&ワゴン!パサート・パサートヴァリアント 改良新型登場!

フォルクスワーゲンは2月6日、改良新型『パサート』(Volkswagen Passat)を欧州で発表しました。セダンとワゴンの『パサート・ヴァリアント』が、同時に発表されています。


VWのセダン&ワゴン!パサート・パサートヴァリアント 改良新型登場!

フォルクスワーゲンは2月6日、改良新型『パサート』(Volkswagen Passat)を欧州で発表しました。セダンとワゴンの『パサート・ヴァリアント』が、同時に発表されています。

改めておさらい!フォルクスワーゲンのパサートってどんな車?

パサートとは、フォルクスワーゲンの上級セダン&ワゴンです。

初代のデビューから45年という伝統のあるモデル。

現行である8世代目モデルまでの世界累計販売台数は、2900万台を超えていて、世界で最も成功を収めているミドルクラス車のひとつと言えます。

現行パサートは2014年秋、パリモーターショー2014で発表されました。

この現行パサートがデビューから4年以上を経て、初の本格改良を受けています。

パサートには、オールトラックというクロスオーバー4WDもある!

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、クロスオーバー4WDディーゼルモデルの新型『パサート・オールトラック』を2018年の10月31日から発売しています。

新型パサート・オールトラックのパワートレーンは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する最新2リットルTDIディーゼルターボエンジンと6速DSGの組み合わせです。

四輪駆動システム4モーションを搭載し、ラフロードにも対応するオールラウンドな走行性能を持ちながら、ディーゼルならではの環境性能と優れた燃費・経済性を兼ね備えています。

『パサート・ヴァリアント』の優れた積載性や機能性も継承し、アウトドアレジャーやロングトリップなど、アクティブなライフスタイルを楽しむユーザー向けのモデルに。

パサート 改良新型 エクステリアがイメチェン!

フォルクスワーゲン・パサート ・ヴァリアント 改良新型

改良新型では、エクステリアが変更を受けました。

フロントはバンパーやグリルが新デザインとなります。

ヘッドライトは最新のLEDとなり、オプションで「IQ.Light」と呼ばれるLEDマトリクスライトが選択可能です。これは、新型『トゥアレグ』に続く設定となります。

また、リアは、バンパーや立体的なテールランプが新デザイン。バンパーには、デュアルエグゾーストが組み込まれます。

ホイールも新デザインとなり、ボディカラーはブルーなどの新色が3タイプ用意されています。

パサート改良新型 「IQ.DRIVE」を導入

改良新型には、最新の先進運転支援システム(ADAS)のブランドとして立ち上げられた「IQ.DRIVE」を導入します。

新開発の部分自動運転システム、「トラベル・アシスト」がハイライト。

この新しいシステムでは、0~210km/hという幅広いスピード領域において、部分的な自動運転を可能にしました。

また、改良新型には、静電容量式センサーを備えたステアリングホイールを世界で初めて装備。

これは、ドライバーが正しくステアリングホイールを握っているかどうか、検知するものです。

「緊急ステアリングアシスト」は、ブレーキによって回避操作を行う場合の安全性を高めています。

「モジュラー・インフォテインメント・マトリックス」は第3世代に

また、最新の車載コネクティビティも採用します。

「MIB」と呼ばれる「モジュラー・インフォテインメント・マトリックス」は第3世代に進化しました。

スマートフォンアプリと連携するためのインターフェースには、フォルクスワーゲンとして初めて、Apple「CarPlay」によるiPhoneアプリのワイヤレス統合が可能になっています。

この第3世代のMIBはデジタルコックピットで、従来の「アクティブ・インフォ・ディスプレイ」に対して、機能が強化。

ハイコントラストのグラフィックディスプレイは、鮮明かつ高品質。新デザインのマルチファンクションステアリングホイールのボタン操作で、3種類のディスプレイ構成をカスタマイズ可能です。

関連するキーワード


パサート VW 車種情報

関連する投稿


輸入車の殿堂入り VW ポロ ┃スペックや口コミ評価メンテナンスまで

輸入車の殿堂入り VW ポロ ┃スペックや口コミ評価メンテナンスまで

今回取り上げるフォルクスワーゲン(以降、VW)ポロは、2010-2011シーズンには、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会からインポート・カー・オブ・ザ・イヤーの称号を贈られています。同じくRJCカー・オブ・ザ・イヤー=インポートをも受賞し、同年日本に輸入された車の中では間違いなく、最高評価の車です。


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


VWのゴルフ新型最新情報 8世代目ゴルフはどうなる?

VWのゴルフ新型最新情報 8世代目ゴルフはどうなる?

フォルクスワーゲン(VW)のゴルフがフルモデルチェンジして10月に登場予定です。VW新型は8世代目。今回の目玉としてはPHEVのEV航続距離が最大50マイル(80km)に達すると伝えられいること。これはBMW『3シリーズ』新型に設定されるPHEVの63kmを大幅に上回る数値になります。気になる最新情報、最新画像を集めました。


【10月初公開】フォルクスワーゲンのゴルフ新型

【10月初公開】フォルクスワーゲンのゴルフ新型

フォルクスワーゲンの新型ゴルフが、10月に初公開されるという確定情報を入手しました。新型ゴルフは8世代目となります。今明らかになっている最新情報をお届けいたします!


フォルクスワーゲンのゴルフトゥーラン|中古価格から燃費、新型情報まで網羅

フォルクスワーゲンのゴルフトゥーラン|中古価格から燃費、新型情報まで網羅

フォルクスワーゲンから販売されているコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」当記事ではゴルフトゥーランの燃費・実燃費やスペックなどの基本情報に加え、ジャーナリストによる試乗評価とユーザーからの評価口コミなどをまとめて掲載しています。また、中古車情報についても掲載していますので、ゴルフトゥーランを検討中の方は是非チェックして見てください。


最新の投稿


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。


コンパクトカーのマツダ ベリーサ┃スペックや特徴、中古価格や燃費など総まとめ

コンパクトカーのマツダ ベリーサ┃スペックや特徴、中古価格や燃費など総まとめ

国内専用だった「マツダ ベリーサ」の特徴や魅力的なところから性能スペックや燃費、中古車価格などをご紹介します。もう一台車を増やしたい、安いコンパクトカーが欲しいとお考えの方は是非ご覧ください。


日産 エクストレイルのディーゼルモデル┃スペックや中古車価格、燃費・性能ほか

日産 エクストレイルのディーゼルモデル┃スペックや中古車価格、燃費・性能ほか

日産の「エクストレイル」には2015年までディーゼルモデルが発売されていました。また、エクストレイルクリーンディーゼルは中古車も豊富にあります。そのディーゼル車の紹介と特徴などをまとめてみました、中古で購入したい方は是非参考にしてください。