目次へ戻る

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


ブローオフバルブとは

ブローオフバルブとはターボチャージャー付きエンジンを搭載する車に取り付けられる圧力開放バルブのことです。ターボが効いている状態とターボが効いていない状態という2つの状態を交互に繰り返すターボ車にとっては必要不可欠な部品で、このブローオフバルブが無ければタービンが正常に機能しなくなります。

ブローオフバルブの役割

ブローオフバルブの役割はターボチャージャーの機能を正常に保つこと及びタービンアッセンブリー類が破損することを防ぐためです。ターボチャージャーの仕組み上、この部品(またはこの部品の機能を満たすもの)は必ず必要になります。詳しくは以下にて、ターボチャージャーの仕組と合わせて解説します。

ブローオフバルブの構造と仕組み

ブローオフバルブはインテークパイプと呼ばれるところに取り付けられています。インテークパイプ部にブローオフバルブを取り付けることによってタービンの吸入部分に逆流してきた空気を逃がすことができるのです。

インテークパイプから空気を逃がす

冒頭にて圧力開放バルブと説明したのは、これが関係しています。つまり必要以上に圧力がかかった状態を防ぐために取り付けられているのです。

吸気側に空気が逆流する仕組み

ここで疑問となるのが何故吸気側に空気が逆流するのかということです。まず、逆流するキッカケとなるのはアクセルペダルを踏んで(スロットルが開いていて)ブーストがかかっている(ターボが効いている状態)でアクセルペダルを離す(スロットルが閉じる)行為になります。

ここでターボの基本的な仕組みを説明すると、排気ガスを用いて排気吐出側にあるタービンホイールを回転させることで吸気側にあるコンプレッサーホイールが回転して取り入れた空気を圧縮し、インタークーラーを経由して(圧縮された空気は熱を持つためここで冷やす)エンジンをその空気を送り込むことでエンジンがよりパワーを発揮、その排気ガスがタービンホイールを回す、といった感じです。

アクセルを踏んでターボが効いている状態でアクセルから足を離すということはスロットルバルブが閉じてしまいます。

しかし、ターボが効いている状態の時に発生した排気ガスがタービンホイールを回転させるので、コンプレッサーホイールが回転して過給を行っているのです。

このような状態でスロットルバルブが閉じるということは、スロットルバルブと吸気側タービン(コンプレッサハウジング)の間に必要以上の圧力が発生することとなります。このようにして空気が逆流することはサージング(コンプレッササージング)とも呼ばれます。

サージングによる悪影響

サージングの発生による悪影響としては、逆流した空気がコンプレッサーに到達してコンプレッサーに本来ではかかることのない力(コンプレッサーへの負荷)が原因となるアクセル(スロットル)レスポンスの悪化やコンプレッサーブレードやシャフトの変形・破損の可能性が高くなるといったことになります。

ブローオフバルブの種類

このようにターボチャージャーにとってブローオフバルブは必要不可欠な部品です。そのようなブローオフバルブも大きく2種類に分けることができます。

リサーキュレーションバルブ

リサーキュレーションバルブはブローオフバルブが解放した空気をコンプレッサー手前の吸気管(エアダクト)に取り入れさせて再利用するシステムです。ターボチャージャーを搭載する市販車ではリサーキュレーションバルブが採用されています。

大気開放式

大気開放式ブローオフバルブはブローオフバルブから逃がされた空気を再利用することなく大気(外)へ排出することです。

メーカー純正品のブローオフバルブでは大気開放式ブローオフバルブは販売されていませんが、社外メーカーではこのタイプを販売しています。基本的に、ブローオフバルブから出てくる空気には排ガス成分がたくさん含まれているため、大気開放することは禁止されているのです。

ブローオフバルブと車検の関係

ブローオフバルブと車検の関係ですが、先ほど説明したように大気開放式のブローオフバルブは間違いなく車検に通りません。

車検に通るのはブローオフバルブから排出された空気が再循環するようになっているものに限ります。つまりリサーキュレーションバルブであれば車検に通るということです。

大気開放式のモノでも再循環するようにされていれば車検に通るようになります。社外品の大気開放式のブローオフバルブを取り付けた状態では車検に通りませんが、リサーキュレーションタイプにするための部品もあるので車検を通せないということでもないです。

純正から社外品のブローオフバルブに交換・取り付ける際も注意

すでに紹介したようにブローオフバルブを純正品から社外品に取り換える際には車検に通るようにリサーキュレーションバルブ仕様のものを選ぶ、または大気開放式をリサーキュレーションバルブへと変える部品を別途用意・取り付けることが大切です。

それだけでなく、ボルトオンで取り付けることはできたとしてもボンネットが閉まらないといった構造的問題が発生することもあります。社外品へ交換する際には多少加工が必要になること前提と考えておくと良いでしょう。

まとめ

今回はブローオフバルブの役割と構造について紹介しました。

ターボチャージャーが本来の性能を発揮するためやターボチャージャー構成部品の破損を防ぐため、そして大気に排ガスを放たないためにも(リサーキュレーションタイプの)ブローオフバルブは必要不可欠なものです。

ブローオフバルブから逃がされた空気を再循環できるようにしていないと車検にも通りませんので、ターボ車に乗っている方は必ずルールを守りましょう。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


【洗車の仕方を完全ガイド】自分で、ガソリンスタンドで、洗車場で?

【洗車の仕方を完全ガイド】自分で、ガソリンスタンドで、洗車場で?

洗車は外観をきれいに見せる効果もありますが、汚れを落とすことで視界不良などの事故を予防する役割もあるんですよ。本記事では改めて洗車の仕方についてみていきましょう!


【知っておきたい】最低限するべき車両メンテナンスとは

【知っておきたい】最低限するべき車両メンテナンスとは

自分でお金を払って所有している車、せっかくなら最低限のメンテナンスをできるようにしましょう。車への愛着も付きますし、何よりもトラブルの早期発見につながりますよ!本記事では最低限、自分で行いたい車両メンテナンスについてまとめています。


【おすすめ10選】カビから車を守る!カビ対策

【おすすめ10選】カビから車を守る!カビ対策

ジメジメした天気が続くと、家だけでなく車内の湿気やカビも気になります。車内の空気をきれいに保ったり、カビ発生の元となりそうなものから車を守ったりしながらカビ対策をしてみましょう。


気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

タイヤは地面と唯一接している部分であり、走行していくうちにどんどんと劣化していきます。そのまま使い続けると、破裂する恐れがあります。では一体どのタイミングでタイヤを交換すればいいんだろう?とお困りの方。今回はタイヤの交換時期を見極めるポイントや、メンテナンス方法などをご紹介しますので、参考にしてみてください。


【おすすめ10選】愛車のボディを守る!コーティング剤

【おすすめ10選】愛車のボディを守る!コーティング剤

愛車を長く綺麗に保つためにはメンテナンスが重要です。ディーラーやガソリンスタンドで依頼することも可能ですが、自分ですることも可能です。今回は、自宅でコーティングをする際のおすすめコーティング剤をまとめました。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)