目次へ戻る

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


ブローオフバルブとは

ブローオフバルブとはターボチャージャー付きエンジンを搭載する車に取り付けられる圧力開放バルブのことです。ターボが効いている状態とターボが効いていない状態という2つの状態を交互に繰り返すターボ車にとっては必要不可欠な部品で、このブローオフバルブが無ければタービンが正常に機能しなくなります。

ブローオフバルブの役割

ブローオフバルブの役割はターボチャージャーの機能を正常に保つこと及びタービンアッセンブリー類が破損することを防ぐためです。ターボチャージャーの仕組み上、この部品(またはこの部品の機能を満たすもの)は必ず必要になります。詳しくは以下にて、ターボチャージャーの仕組と合わせて解説します。

ブローオフバルブの構造と仕組み

ブローオフバルブはインテークパイプと呼ばれるところに取り付けられています。インテークパイプ部にブローオフバルブを取り付けることによってタービンの吸入部分に逆流してきた空気を逃がすことができるのです。

インテークパイプから空気を逃がす

冒頭にて圧力開放バルブと説明したのは、これが関係しています。つまり必要以上に圧力がかかった状態を防ぐために取り付けられているのです。

吸気側に空気が逆流する仕組み

ここで疑問となるのが何故吸気側に空気が逆流するのかということです。まず、逆流するキッカケとなるのはアクセルペダルを踏んで(スロットルが開いていて)ブーストがかかっている(ターボが効いている状態)でアクセルペダルを離す(スロットルが閉じる)行為になります。

ここでターボの基本的な仕組みを説明すると、排気ガスを用いて排気吐出側にあるタービンホイールを回転させることで吸気側にあるコンプレッサーホイールが回転して取り入れた空気を圧縮し、インタークーラーを経由して(圧縮された空気は熱を持つためここで冷やす)エンジンをその空気を送り込むことでエンジンがよりパワーを発揮、その排気ガスがタービンホイールを回す、といった感じです。

アクセルを踏んでターボが効いている状態でアクセルから足を離すということはスロットルバルブが閉じてしまいます。

しかし、ターボが効いている状態の時に発生した排気ガスがタービンホイールを回転させるので、コンプレッサーホイールが回転して過給を行っているのです。

このような状態でスロットルバルブが閉じるということは、スロットルバルブと吸気側タービン(コンプレッサハウジング)の間に必要以上の圧力が発生することとなります。このようにして空気が逆流することはサージング(コンプレッササージング)とも呼ばれます。

サージングによる悪影響

サージングの発生による悪影響としては、逆流した空気がコンプレッサーに到達してコンプレッサーに本来ではかかることのない力(コンプレッサーへの負荷)が原因となるアクセル(スロットル)レスポンスの悪化やコンプレッサーブレードやシャフトの変形・破損の可能性が高くなるといったことになります。

ブローオフバルブの種類

このようにターボチャージャーにとってブローオフバルブは必要不可欠な部品です。そのようなブローオフバルブも大きく2種類に分けることができます。

リサーキュレーションバルブ

リサーキュレーションバルブはブローオフバルブが解放した空気をコンプレッサー手前の吸気管(エアダクト)に取り入れさせて再利用するシステムです。ターボチャージャーを搭載する市販車ではリサーキュレーションバルブが採用されています。

大気開放式

大気開放式ブローオフバルブはブローオフバルブから逃がされた空気を再利用することなく大気(外)へ排出することです。

メーカー純正品のブローオフバルブでは大気開放式ブローオフバルブは販売されていませんが、社外メーカーではこのタイプを販売しています。基本的に、ブローオフバルブから出てくる空気には排ガス成分がたくさん含まれているため、大気開放することは禁止されているのです。

ブローオフバルブと車検の関係

ブローオフバルブと車検の関係ですが、先ほど説明したように大気開放式のブローオフバルブは間違いなく車検に通りません。

車検に通るのはブローオフバルブから排出された空気が再循環するようになっているものに限ります。つまりリサーキュレーションバルブであれば車検に通るということです。

大気開放式のモノでも再循環するようにされていれば車検に通るようになります。社外品の大気開放式のブローオフバルブを取り付けた状態では車検に通りませんが、リサーキュレーションタイプにするための部品もあるので車検を通せないということでもないです。

純正から社外品のブローオフバルブに交換・取り付ける際も注意

すでに紹介したようにブローオフバルブを純正品から社外品に取り換える際には車検に通るようにリサーキュレーションバルブ仕様のものを選ぶ、または大気開放式をリサーキュレーションバルブへと変える部品を別途用意・取り付けることが大切です。

それだけでなく、ボルトオンで取り付けることはできたとしてもボンネットが閉まらないといった構造的問題が発生することもあります。社外品へ交換する際には多少加工が必要になること前提と考えておくと良いでしょう。

まとめ

今回はブローオフバルブの役割と構造について紹介しました。

ターボチャージャーが本来の性能を発揮するためやターボチャージャー構成部品の破損を防ぐため、そして大気に排ガスを放たないためにも(リサーキュレーションタイプの)ブローオフバルブは必要不可欠なものです。

ブローオフバルブから逃がされた空気を再循環できるようにしていないと車検にも通りませんので、ターボ車に乗っている方は必ずルールを守りましょう。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

普通車を運転している方にとって「排気ブレーキ」というワードには馴染みが無いかと思います。排気ブレーキとはトラックやバスなど、主に車両重量3.5トン以上の車に装備されている補助ブレーキの1つです。 この記事では排気ブレーキの仕組みや構造、使い方などをご紹介しております。


【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

「クランクシャフト」は、車を動かすために重要なパーツです。 エンジン内のピストン運動は、このクランクシャフトを通し回転エネルギーに変換され、車は推進力を得る事ができます。 この記事では、クランクシャフトに関する構造や担っている役割、起こりうるトラブルなどを説明しています。


【初心者向け】車のバッテリー上がりの対処法とバッテリー交換の方法まとめ

【初心者向け】車のバッテリー上がりの対処法とバッテリー交換の方法まとめ

急にきて困ってしまう。それが車のバッテリー上がり。車のバッテリーが上がってしまった際の対処法をまとめています。また、もしバッテリーを交換するとなった際に、初心者の方でも安全に行える対処法についても解説していきます。


【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

カーコーティングの中でも硬いガラス質の皮膜でボディを多い、キズに強いと言われている「ガラスコーティグ」。本記事ではガラスコーティングとは何かといった疑問から、ガラスコーティングのメリット、ポリマーコーティングやワックスとの違い、コーティング後の洗車方法や注意点、おすすめのコーティング剤についてを紹介しています。


ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

雨の日のドライブにワイパーを使っても、スジになっていたり、ビビり音がすると既にワイパーの交換時期が過ぎているのかもしれません。 見落としがちなのワイパーブレードの交換。今回は、ワイパーブレードの種類から交換方法と外し方、寿命の見分け方や交換時期についての説明と、おすすめのワイパーブレードの紹介を合わせて掲載しています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。