目次へ戻る

【知らない人必見】フジツボマフラーってなに?

【知らない人必見】フジツボマフラーってなに?

乗り物好きにはたまらない、フジツボマフラー。この記事ではまず、マフラーまたフジツボマフラーについて説明し、フジツボマフラーの仕組み・構造、寿命について触れます。また、音や性能面について説明し、音量の規制がどのように車検に影響するのか触れます。さらにフジツボ製品を2つほど紹介します。


マフラーってそもそもなんの部分?

車には「マフラー」と呼ばれる部分があります。マフラーとは、車の排気装置の一部で、車の後ろの部分から突出しているパイプのことを指します。

「マフラーは排気ガスを排出するためのものだ」と思っている方も多いかと思いますが、他にはどのような役割があるのでしょうか?

マフラーについて

そもそもマフラーの語源となった「muffle」には「消音する、音を抑える」という意味があります。muffleの意味のとおり、車のマフラーの役割はエンジンでの爆発音を抑えることです。

ガソリン自動車は、エンジン内でガソリンを爆発させることによって、車を駆動させます。当然ながら爆発の際は、排気ガスが生じます。

排気ガスは「排気装置」によって外に追い出されますが、排気装置は「エキゾーストマニホールド」「エキゾーストパイプ」「マフラー」の3つによって構成されています。

エンジンにて生じた排気ガスは、複数の気筒から排出されます。複数の気筒から排出された排気ガスを一本にまとめるのが、エキゾーストマニホールドです。

これを読んで「じゃあエキゾーストマニホールドさえあれば、排気ガスを外に出せるんじゃない?」と思う方もいるかもしれません。しかし、エキゾーストマニホールドだけだと、エンジン内の爆発音がそのまま外に出てしまうのです。

そこで、マフラーの出番です。マフラーの内部には吸音材が入っている上に、細かな仕切りがたくさん入り組んでいます。そのおかげでマフラーを経由した音は小さくなります。

マフラーのおかげで、私たちは他の人に大きな音で迷惑をかけることなく、車を運転できるのです。

ちなみにエキゾーストパイプは、エキゾーストマニホールドとマフラーをつなぐ役目があります。

フジツボマフラーってなに?

マフラーの一種として、フジツボマフラーがあります。ここからはフジツボマフラーについて見ていきましょう。

フジツボマフラーとは、また寿命はどれくらい?

フジツボマフラーは、藤壺技研工業株式会社によって販売されているマフラーです。1931年に開業された「藤壺モータース」が藤壺技研工業株式会社の始まりで、当時はオートバイの事業を行っていました。

1970年には藤壺技研工業株式会社が設立され、それから自動車・輸送機部品の製作が始まります。

以降、レガリスやスーパーTi、オーソライズなど、様々なラインナップを展開していくようになり、自動車マフラーにおいて確固たる地位を築いていきます。

また、フジツボマフラーの寿命は10年前後です。マフラーは長く使っていると、サビが進行してしまったり、アイドリングの際に異音が大きくなってしまったりします。

もしそのような状態になってしまったら、そのマフラーは替え時です。ディーラーなどで相談してみましょう。

ただ、マフラーは使用状況によって長持ちもしますし、短くもなります。

そもそもマフラーが劣化させる最大の原因は、サビです。排気ガスを排出する際に、排気ガスに含まれている水蒸気がマフラーに結露して、そのせいでマフラーが錆びていきます。

また、雪道を走っていて濡れてしまうのも、サビが進行する原因です。サビを防ぐためにも、定期的にマフラーの掃除をしたり、さび止を塗ったりしましょう。

そして、マフラーのメンテナンスだけでなく、走り方にも注意する必要があります。ショートトリップ運転を繰り替えていると、マフラーは劣化しやすいです。

自動車運転するのは長距離の移動だけ、と決めてそれ以外の場面では公共交通機関を使うのがおすすめです。そうすれば、マフラーに加わるダメージを最小限に抑えることができます。

サビ対策をどうするかで、マフラーの寿命は変わってきます。マフラーは高価な商品なので、ぜひとも大事に使って長持ちさせましょう。

仕組みや構造

多くのマフラーメーカーは、マフラーのパイプ径の大きさを10mm単位で設計しています。ところが、フジツボマフラーは1mm単位でパイプ径を設計しています。

そのため、自分の車種に合わせたマフラー選びができるのが特徴です。

また、フジツボマフラーのマフラーのタイプは「ストレート構造」「リアクティブ構造」「DPS構造」の3つに分けられます。おかげで、車種やエンジンによってマフラーを使い分けることができますし、選択の幅は広いです。

フジツボマフラーの音や性能の特徴また評価とは

藤壺技研工業は、老舗の自動車マフラーメーカーなので、技術の積み重ねが膨大です。そのため、フジツボマフラーのクオリティは総じて高いです。

フジツボマフラーの音や性能について、見ていきましょう。

音はうるさいのか

フジツボマフラーは、車の排気音をしっかりと押さえます。「車の排気音をしっかりと押さえたい」という方にとって、フジツボマフラーは評判です。

また、フジツボマフラーは音量を抑えるだけでなく、音色にも特徴があります。フジツボマフラーは、他のメーカーのマフラーに比べて、排気音が低音です。

排気音が高音だと人は不快に感じやすいですが、排気音が低音で静かだと人は不快感を感じにくいです。

しかも、低音な排気音自体も高級感のある音です。下品な音色を抑え、耳障りのいい音色を鳴らします。音色が綺麗なので、運転している人も外にいる人も不快に感じにくいです。

フジツボマフラーのクオリティは、各自動車メーカーの純正品に匹敵します。

性能はいいのか

フジツボマフラーは、排気音を抑えるのみならず排気効率も高めです。上でも書いたとおり、フジツボマフラーは1mm単位でパイプ径が設計されているので、その車に合わせて排気効率を上げることができます。

マフラー音量が大きいと規制がある?

マフラーの音量が大きいと、規制があります。マフラーの音量の規制について見ていきましょう。

規制と車検について

排気音に関しては「排気騒音」という指標が定められています。排気騒音が規定を超えると、罰金刑や懲役刑が適用されてしまいます。

排気騒音には主に「近接排気騒音」「加速走行騒音」「定常走行騒音」の3つがあります。

その中でも車検の際にチェックされるのは「近接排気騒音」のみです。近接排気騒音は、マフラーに対して45度で50cm離れたところで測定されます。

測定の際は、最高出力回転数の75%の回転数までエンジンを回した状態を5秒以上保持した後に、急にアクセルを離したときの騒音を測定します。

そのように測定して、96dB以下であれば車検に通せます。ちなみに加速走行騒音は76dB以下、定常走行騒音は72dB以下でなければいけません。

車検に引っかからないようにするためには、どうすれば良いのでしょうか?

まずは、車検に行く前にディーラーなどの民間の業者でテストしてみましょう。車検でなくても、近接排気騒音を測定することは可能です。

ただし、業者での測定は有料の場合と無料の場合とがあります。実際に業者で測定する前に、あらかじめ確認しておきましょう。

また、現在ではスマホのアプリでマフラーの音量を測定することができます。業者などで測定するのに比べたら性能は劣るものの、手軽にチェックすることができます。

スマホアプリでの測定は「騒音をチェックしたいけど車検までどうしても時間がない!」という方におすすめです。

他には、サイレンサーを用いて騒音を抑えるという方法もあります。

車の部品で、インナーサイレンサーと呼ばれる部品があります。インナーサイレンサーとは、マフラーの内部につけるカー用品で、排気騒音を抑えることができ、これをつけることによって、車検をパスすることができます。

しかし、インナーサイレンサーをつける場合は注意が必要です。インナーサイレンサーは、ネジで装着しただけでは車検をパスすることができません。
なぜならば、ネジ止めだけだと簡単に外れてしまい安全性に欠けているからです。インナーサイレンサーは溶接してくっつけましょう。

おすすめのフジツボマフラー

ここからは、おすすめのフジツボマフラーを2種類紹介していきます。ぜひあなたにあったマフラーを見つけてください。

フジツボマフラーZN6 86 2.0

「フジツボマフラーZN6 86 2.0」は「オーソライズR」の自動車マフラーです。ハイトーンでスポーティーな響きを追求したマフラーとなっています。

実際の排気音は、低くて軽快なものとなっています。雑味がほとんどなく、聴いている側もそこまで気になりません。

爆音な排気音に悩んでいる方に、おすすめなマフラーとなっています。本体価格は、128,600円です。

フジツボ マフラー オーソライズS ZN6 86 2.0用 [FUJITSUBO][AUTHORIZE_S][360-23111]

フジツボマフラー ZC33S

「フジツボマフラー ZC33S」は「オーソライズRM」のマフラーです。「オーソライズRM」のマフラーは、軽量でスポーティーなサウンドが特長です。また、音量を抑えつつもレーシングカーのような迫力感があります。

「フジツボマフラー ZC33S」の排気音は、重低音です。重低音で渋さとかっこよさを感じさせる響きとなっています。

それでも音量は抑えめとなっているので、マナーは守りたいけれどかっこよく運転したい方にはおすすめなマフラーとなっています。本体価格は138,000円です。

フジツボ マフラー CBA-ZC33S ZC33S スイフトスポーツ K14C K14C FUJITSUBO

まとめ

いかがでしたか?ここまで、そもそも自動車マフラーはどのようなものなのか、フジツボマフラーはどのような性能なのかについて紹介していきました。

マフラーがあるおかげで、私たちは騒音を抑えた状態で車を走らせることができるのです。あらためてマフラーの役割を実感した方もいるのではないのでしょうか?

そして、マフラーの中でもフジツボマフラーは騒音対策に優れています。排気音を抑えつつも、重低音で渋くて綺麗な音を鳴らすことができます。

ぜひあなたに合ったマフラーを見つけて、自動車生活を楽しんでいきましょう。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


【小さいが正義】パワーウェイトレシオを解説!そもそもパワーウェイトレシオとは

【小さいが正義】パワーウェイトレシオを解説!そもそもパワーウェイトレシオとは

パワーウェイトレシオとは1馬力が支える重さのことで、小さいほど加速に優れると言えます。いまさら聞けない計算方法や、コンパクトカー、ミニバンの性能ランキングを確認していきましょう。みんなの注目はマツダのロードスターについても解説します。


ディーラーとは?販売店との違いや特徴を解説

ディーラーとは?販売店との違いや特徴を解説

車の購入はとても大きな買い物。安全の面からもしっかりと選んで、かつお得に安心して購入したいですよね。車を買う場所として、ディーラー、販売店がありますが、違いや特徴は知っていますか?ここでは、ディーラーと販売店の相違点、メリット・デメリットを解説。車の購入場所の参考にしてみてください。


エンジンに不可欠なインタークーラーとは? またその仕組み・効果

エンジンに不可欠なインタークーラーとは? またその仕組み・効果

聞いたことはあってもどういったものなのかわからないインタークーラー。この記事ではインタークーラーについて説明したのち、ターボ車との関係性、仕組みや効果について触れます。また、前置きタイプ(社外インタークーラー)について触れたのち、洗浄方法についても触れます。さらにラジエーターについても説明します。


故障してからでは遅い!意外と知らないウォーターポンプを徹底解説!

故障してからでは遅い!意外と知らないウォーターポンプを徹底解説!

「ウォーターポンプとは何か?」 「ウォーターポンプにはどんな役割があるのか」 「ウォーターポンプが故障したらどんな症状が起こるのか」 みなさんはウォーターポンプをご存知でしょうか。知らない人も多いかと思います。また、知っている人でもどういった仕組みで動いていて、どういった役割があるのかわからない方もいるかと思います。この記事では故障する前に知っておくべき重要な部品について、故障の原因や交換方法をご説明いたします。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。