目次へ戻る

【おすすめ10選】エンジンオイルとは?エンジンオイルの購入ポイント

【おすすめ10選】エンジンオイルとは?エンジンオイルの購入ポイント

車を走らせるうえで必要不可欠なものの一つがエンジンオイル。必要不可欠なことは理解しながらも、そこまで詳しくない方も多いはず。今回はエンジンオイルとはそもそも何なのかといった基本的なことから、購入ポイント、おすすめのエンジンオイルまで徹底的にご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


エンジンオイルとは?

エンジンオイルとは、自動車やオートバイのエンジン内部を循環するオイルで、エンジンが円滑に稼働するようにサポートすると同時に、エンジンの寿命を長く維持する為に役立ちます。

エンジンオイルの大事な役割

その具体的な役割としては、①潤滑作用、②密封作用、③冷却作用、④洗浄作用、⑤防錆作用の5つに大きく大別されます。エンジン内部にいづれかの欠陥が発生してしまうと、運転時のトラブルにつながってしまいますので、エンジンオイルを常に正常な状態にしておくことは重要と言えます。

定期的なメンテナンスが必要

基本的にエンジンオイルの交換の目安としては、10,000~15,000km程度もしくは酸化や結露の可能性があるので、1年程度で交換することが一般的です。もちろん、車種やグレード、乗り方によって変わりますが、安全に利用するには定期的なメンテナンスが必須と言えます。

エンジンオイル購入をおすすめする理由

エンジンオイルは定期的に交換をしないと、潤滑や冷却などの性能が正常に発揮されず、運転時のパワーダウンや、燃費性能の低下につながってしまいます。悪路走行や坂道走行、近場での運転などが続くと、エンジンオイルの負担に繋がります。

ただ、エンジンオイルはお店で交換すると値段も高くなってしまう為、可能であれば自分でカーショップやカー用品店に行って、エンジンオイルを購入する方が経済的と言えます。

【もうこれで悩まない】エンジンオイル購入の際のポイント

エンジンオイルを購入する際のポイントとしては、ご利用中の車に推奨されている粘度と製法、そして規格をチェックしておくことが大切です。その上で、エンジンオイルのメーカーを確認して適切な種類の製品を選べば良いでしょう。

粘度

車種やグレードに合わせて、適切な粘度のエンジンオイルを使うようにしましょう。ご利用中の車には元々推奨されている粘度のエンジンオイルがエンジン性能に合わせて決められています。低粘度であれば始動性に優れ、高粘度であれば高速性能に優れます。

製法

エンジンオイルは、化学合成油、部分合成油、鉱物油という3種類のベースオイルがあり、そこから添加物を加えることで生成されます。製法によって大きな変化があるという訳ではありませんが、保護性能を上げたい場合は化学合成油を利用することをお勧めします。

規格

エンジンオイルには大きく分けてAPI規格、ILSAC規格、ACEA規格の3種類の規格があります。車種によって指定の規格を利用しなければならないなどもありますので、ご利用の車に合わせて購入時にオイル缶に規格が記載されているので、確認するようにしましょう。

オススメのエンジンオイル10選

1:エンジンオイル スーパーマルチグレードエンジンオイル 0W-20 4L 全合成基油 SN GF-5

このエンジンオイルは、4サイクル、ガソリンエンジン用のオイルです。国際潤滑油標準化認定委員会により定められたGF-5規格にも適合しており、高性能特殊合成油100%に、高機能添加剤を用いて精製されています。
各自動車メーカーの基準を満たしているので、ご自身でメンテナンスをするという場合でも、安心して使用できます。

ブランド名: JDA
モデル名: 0W204L

JDA エンジンオイル スーパーマルチグレードエンジンオイル 0W-20 4L 全合成基油 SN GF-5

2:Motul 7100 Synthetic Ester Motor Oil

このエンジンオイルは、エステル配合100%の化学合成オイルです。エンジンの出力をアップさせたり、エンジンを保護する性能に優れていルことが特徴です。JASO MA2規格を獲得しており、高性能のスポーツバイクから一般利用のバイクなど、さらに多くの国産車・輸入車に幅広く対応しています。

ブランド名: モチュール(Motul)

Motul 7100 Synthetic Ester Motor Oil - 10W40 - 4 Liter 836341 by Motul [並行輸入品]

3:エネオス サスティナ

ドライバーの方にとっては、ガソリンスタンドで馴染深いENEOS社が提供している低燃費カー向けのエンジンオイルになっています。化学合成油をベースとして精製されており、高い省燃費性やエンジン保護性能が特徴の製品です。

ブランド名: エネオス

エネオス プレミアムオイル サスティナ 0W-50 4L ENEOS SUSTINA

4:モービル(Mobil) スーパー 2000 ハイマイレージ

このエンジンオイルは、合成基油と高品質基油を混合しているので、ハイマイレージ車(多走行車)のエンジンの寿命を延ばすという特徴があります。ユーザーからの信頼も高く、安心して利用することが出来ます。

ブランド名: モービル(Mobil)
モデル名: M SN 10W40

Mobil スーパー 2000 ハイマイレージ SN/GF5 10W40 4LM SN 10W40

5:Honda(ホンダ) エンジンオイル ウルトラ LEO SN/GF-5 0W20

国内有数のメーカーであるHondaが、寒い地域での安定走行を実現させる為に開発した、低粘度のエンジンオイルです。寒い地域ではエンジンの始動性を重視しなくてはならないので、このエンジンオイルは寒冷地域で多く利用され、低燃費にこだわるドライバーにとっては人気の製品になっています。

ブランド名: ホンダ

Honda(ホンダ) エンジンオイル ウルトラ LEO SN/GF-5 0W20 4L 08217-99974 [HTRC3]

6:エーケーティージャパン TAKUMIモーターオイル HIGH QUALITY 5W-30

このエンジンオイルは、エンジンオイルの基本5性能をバランス良く高めた製品です。基本性能が高いだけではなく、清浄分散性能も高いので、オイルを交換する頻度も走行距離およそ1万Km以というコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

ブランド名: TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN)
モデル名: HQ0530-00101

エンジンオイル 1L 5W-30 化学合成油HIVI TAKUMIモーターオイル 送料無料

7:TOYOTA キャッスル 5W30

このエンジンオイルは、国産のトップメーカーであるTOYOTAが発売しています。世の中に登場しているあらゆる車種に対応出来るように粘度のレベルも調整されており、クオリティの高さが人気の所以です。この製品は20L入りではありますが価格帯も手ごろとなっており、高性能でコスパも見ることの出来るものとなっています。


ブランド名: トヨタ
モデル名: 08880-10703

TOYOTA [ トヨタ ] キャッスル [ CASTLE ] 5W30 [ SN/CF ] 鉱物油 [ 20L ]

8:カストロール エンジンオイル MAGNATEC 10W-40

カストロール社のMAGNATECは、高速走行を行う方にとって最適なエンジンオイルです。特別な精製方法を採用されているので、エンジン内部の潤滑性は不使用時と比較して1.5倍程度を誇ります。さらに、静音性も高く、静かに高速走行を継続することが出来ます。コスパも良く、人気のある商品となっています。

ブランド名: カストロール(Castrol)

カストロール エンジンオイル MAGNATEC 10W-40 4L 4輪ガソリン車専用部分合成油 SN Castrol

9:モービル モービル1 ESP

このエンジンオイルは、エンジンオイルの持つ性能を最大限高めるよう合成されており、利用する車のエンジン内部の清浄性能や摩耗防止性能を常に高い状況に保つように設計されています。
さらに、この製品は欧州車のOEMにも対応しており、高い性能が国内外から評価されるベストセラーモデルとなっています。

ブランド名: モービル(Mobil)
モデル名: 117518

Mobil エンジンオイル モービル1 ESP 5W-30 SN/CF相当 C2/C3 4L 117518

10:Castrol(カストロール) EDGE エッジ 5W-40 SN

このエンジンオイルは、高粘度設計になっているので、高回転、高負荷の連続走行環境においても、エンジンを安定的に保護する高い性能を有します。
さらに、新技術であるチタンFSTを採用することによって、高速走行や長距離走行はもちろん、渋滞時の低速走行や始動の繰り返しなど、運転時の様々な状況に対応出来るよう、エンジン内部の金属パーツの劣化を抑え、エンジンを保護する強靭なオイル皮膜を形成します。

ブランド名: カストロール(Castrol)

カストロール エンジンオイル EDGE 5W-40 1L 4輪ガソリン/ディーゼル車両用全合成油 SN Castrol

まとめ

エンジンオイルは車の性能を安定させるために必須のアイテムです。ご自身の車のタイプに合わせて最適なオイルを利用して、長く車を利用出来るようにしていくとよいでしょう。

おすすめ記事はこちら

関連するキーワード


メンテナンス カスタム DIY

関連する投稿


エンジンオイルの交換|オイル交換費用の相場・交換時期はいつ?

エンジンオイルの交換|オイル交換費用の相場・交換時期はいつ?

エンジンオイル交換をどこで行うかで悩む方も多いと思います。ディーラーやオートバックスなどのカー用品店・専門店、ガソリンスタンドと様々な場所がありますが今回は料金や時間などからおすすめの場所を解説していきます。そして交換時期・目安も。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


プレクサスとは?洗車やバイク、ヘッドライトへの効果から使い方まで解説!

プレクサスとは?洗車やバイク、ヘッドライトへの効果から使い方まで解説!

プレクサスはヘッドライトやプラスチック製品全般に効果的です。当記事ではプレクサスの効果や使い方、使ってはいけない箇所、注意点についてを徹底解説していきます。


ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付けをどこですれば良い?そもそも自分で取り付けることは可能?ETCの取り付け方やカー用品点等で取付ける場合の料金・費用は?取り付けにかかる時間は?その他、自分でETCを取付ける際の注意点などを説明しています。


オイルキャッチタンク 効果と取り付け方紹介 仕組みと車検時の注意も解説

オイルキャッチタンク 効果と取り付け方紹介 仕組みと車検時の注意も解説

ブローバイガスによるエンジン及び燃焼に関係する部品の性能低下を防ぐために取り付けられるのがオイルキャッチタンクと呼ばれる部品です。レースなどでは安全性の面からも装着義務が定められていますが、今回はオイルキャッチタンクについて、どのようなものか、その効果や取り付け方法、及び車検に通す際の注意点などを紹介します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。