トップへ戻る

ミッションオイルとは?交換しないとどうなる?

ミッションオイルとは?交換しないとどうなる?

普段、あまり意識することのないミッションオイル。実はとても重要な役割を果たしています。ミッションオイルを定期的に交換しないで放っておくと大変なことになってしまいますので、この記事ではその大切なミッションオイルの役割や交換に関して詳しく解説していこうと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ミッションオイルとは何?エンジンオイルとの違い

ミッションオイルとは「ギヤオイル」ともいい、主にマニュアルトランスミッションの車にとっては欠かすことのできないオイルです。ミッションオイルは交換しない人が多いと思います。

しかし、マニュアルトランスミッションは何個かのギヤが組み合わさって動いており、ギヤの磨耗を防ぐことができ温度を下げることもミッションオイルの役目である為、決して見捨てることのできないオイルとなっています。

トランスミッションに用いられるものは「ミッションオイル」または「マニュアルトランスミッションフルード(MTF)」、ディファレンシャルに用いられるものを「デフオイル」と分けて呼ぶこともあります。

それに対しエンジンオイルの役割は、主に5つあります。「各部分スムーズに動かす」「気密性を保つ密封」「燃焼などで生み出される熱を冷やす」「燃焼により出てきた汚れを取り込む洗浄」「サビや腐れることからエンジンを守る」などの役割があり、この中のひとつが欠けてもエンジントラブルになります。

このようにいろいろな機能の為に使われていますが、潤滑作用を元に「モーターオイル」と言うこともあります。

ミッションオイルを交換しないどうなるの?

使い古したミッションオイルを交換せずにそのまま使っていると、トランスミッションの中のギヤがうまく潤滑しなくなり、擦れてすりへっていき最後には割れて修理だけでは済まないような結果になってしまいます。

その為、ミッションオイルはエンジンオイルの交換の際に一緒に確認をすることが良いでしょう。最終的には、ギヤが入らずにずっと同じ段階のままになってしまいます。

このようなことに気づくには、車を走行させている時にカリカリなどといった異音が聞こえますしギヤの入りも悪くなってきますので、そのようなことが起きたら直ちにミッションオイルの交換をおすすめします。

ミッションオイルの交換時期の目安はどのぐらいなのか

ひとりひとり、車の使い方が違うので一概に言うことはできませんが、ご自身の愛車ですので何かが変だということはすぐお気づきになるかと思います。

ギヤの入りが多少でも悪いなと感じたのであれば、ギヤがすりへっている状態ですのでたとえ目安である20,000kmを超えていなくても交換を考えた方が良いでしょう。

20,000kmは、およそ2年と考えられていますので車検と同時にカーショップなどで確認をお願いするのも良いかもしれませんね。

オートマチック車(AT)にもミッションオイルはあるのか

もちろん、オートマチック車にもギヤはあります。ということは当然、ミッションオイルもありオートマチック車のトランスミッションにはAT車専用のミッションオイルである「オートマチック・トランスミッション・フルード(ATF)」が使用されております。

こちらも同様に定期的な交換が必要になっています。交換時期もマニュアル車と一緒になっており走行距離20,000kmか2年ごとに交換となっています。

しかし、最近では自動車メーカーによって交換時期が違う一例もあるそうで20,000kmごとの交換だけではなく、100,000kmごとの交換も推奨されるようにもなっております。また、CVT車にも専用オイルがあるので注意をしていきましょう。

ミッションオイル漏れている!?放っておくとどうなる?

まず、漏れる原因について考えてみましょう。エンジンとトランスミッションのつなぎ目にあるオイルシールの劣化やトランスミッションからオイルクーラーに繋がるオイルホースの劣化、オイルパンのパッキンの劣化やプラグが緩んでいるなどから考えられます。

もしくは、オイル交換の時にミスをしてしまいそれが原因でオイル漏れの可能性もあります。オートマチック車はミッションオイルとすぐに判断できるよう赤色や緑色となっている為、オイル漏れと気づきやすくなっております。

オイル漏れは、最悪の場合は走行ができなくなってしまう状態になるため、多少の漏れでも修理が必要です。また、車検も通らない可能性も出てきますので早めに修理に出しましょう。

また、プロに任せてもどうしても多少は残ってしまいます。使い古したオイルと新しいオイルが混ざったとしても新しいオイルの方の量が多い為、故障に繋がることはありません。

オイルの量が減る度に追加で足す方法(ちょい足し)は、新しいオイルにエンジンの汚れが付いてしまいます。その為、面倒だと思っても必ず使い古したオイルを抜いたあとに新しいオイルを入れましょう。

ミッションオイル交換をしたら効果を実感できる?

ミッションオイルは、潤滑させることによりギヤのかみ合わせを滑らかにする役割を果たしています。ミッションオイルを交換すれば、潤滑が良くなりギヤの変換がスムーズになります。

しかし「それとは反対にギヤが入りにくくなった」と言った一例もあるようで、やはりカーショップ店員などのプロにお願いした方が正しい判断を出してくれます。

最近の車はミッションオイルの交換時期は長くなっていますので過度な交換は不要で、他の不具合が見つからない限り、車検時のチェックで良いでしょう。

自分でミッションオイルを交換したい!

ミッションオイルの交換には新しいオイルの他にも、オイルチェンジャーやオイル処理パック、ドレンプラグレンチ、シールテープなどの準備をしなければなりません。

また、ジャッキアップをして車の下にもぐってオイル交換をする為スペースの確保やスロープが必要になってきます。

そこで注意することは、オイル交換をしている最中に車が動き出す場合があり怪我をしてしまう可能性もあります。その為、サイドブレーキやフットブレーキをいつもより強めにかけておくことが大切です。

また、ミッションオイルは米国石油協会(API)が決めたGL規格があり、GL-1〜GL-6のランに分けられております。ミッションオイルの粘度により分類されています。

乗用車で使用されているミッションオイルのランクは、ミッションオイルとして指定されていることが多い「GL-3」、負荷の軽い重い関係なく対応している「GL-4」であり、オイルの粘度は車によって決まっています。

オイル交換の仕方は、トランスミッションケースの下部にドレンプラグを緩めて使い古したミッションオイルを出して新しいオイルを入れます。

しっかりとご自身の愛車の説明書に目を通し、最も合っている粘度のミッションオイルで交換を行いましょう。

また、オイル系は目分量を間違えると不具合が生じてしまい、車両火災が起こる可能性があり、可能であればカーショップなどに依頼した方が良いでしょう。

カー用品店のオートバックスはミッションオイルの持ち込み交換もするのか

2018年の12月をもって、持ち込みでのパーツ取り付けは終わっています。その為、ミッションオイルを持ち込んでの交換も難しいところもあるので、事前に店舗を見に行ってからそのサービスがあるか確認しミッションオイルを購入するようにしてください。

オートバックスでのミッションオイル交換の工賃は?

ミッションオイルの交換費用が税抜き1500円~となっていますが、持ち込みの場合は工賃が別料金の可能性もあるので各店舗に足を運んで確認した方が良いでしょう。

作業時間は、問題なく進むのであれば20分~30分で済むのですが問題が見つかった場合は1時間ほどかかる可能性があるので早めに依頼することをおすすめします。

ワコーズ RG7590LSD アールジー7590LSD ギヤオイル GL-5 75W90 G301 2L G301 [HTRC3]

ワコーズ RG7590LSD アールジー7590LSD ギヤーオイル GL-5 75W90 G301 2L G301 [HTRC3]

適合しているオイルの粘度が必ずありますので購入する前に取扱説明書などで確認した方が良いでしょう。

omega 690 spec 1 (75W90) オメガ ギヤオイル レッドラベル

omega 690 spec 1 (75w90) オメガ ギヤオイル レッドラベル

金額よりも品質にこだわっており、オメガオイルの中でも他にはないようなサービスで目立たせることを目的としていて数少ない潤滑性を求めてお客様の期待に応え続けています。

まとめ

ミッションオイルなどのオイル系は、車の心臓部であるエンジンにも負担がかかってしまうほど大事なものです。そして、トランスファーとトランスミッションはエンジンの回転力を上げながらディファレンシャルに伝える役目があります。その為、ミッションオイルはできる限り2年に1回、もしくは20000~30000kmに1回は交換するようにしましょう。また、ご自身でできないという方はプロにお任せすることをおすすめします。異変を感じたらすぐにミッションオイルの交換をしましょう。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。


高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。


愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

車を快適に過ごすためのグッズは数多く存在します。また車のお手入れのための用品も多いです。カーシャンプーやワックス・水垢取りなどは身近なカーケア用品と言えるでしょう。今回はこれらのカーケア用品についてご紹介していきます。ご自身で出来るカーケアの知識を増やし快適なカーライフをお過ごし下さい。


おすすめカーワックスをご紹介!効果や選び方も

おすすめカーワックスをご紹介!効果や選び方も

愛車のお手入れの第一歩はカーワックスではないでしょうか。新車の輝きを長持ちさせ、汚れ対策にもなるカーワックスの選び方や正しいかけ方についてご説明していきます。正しいカーワックスのかけ方は知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか。カーワックスの選び方は車により違うことも説明していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。