トップへ戻る

プジョーのクーペ RCZ の歴史や特徴・燃費まとめ

プジョーのクーペ RCZ の歴史や特徴・燃費まとめ

プジョーのRCZは、プジョー初のスポーツクーペです。本記事ではRCZの歴史や概要、燃費をまとめています。買い替えを考えている方はぜひ参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


プジョー RCZとは?

プジョーはフランスのメーカーです。

2007年にドイツのフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「308 RCZ」を経て、2010年にデビューしたのが「RCZ」です。

過去にはRJCカー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーに選出されたほか、2010-2011日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞を受賞している車でもあります。

その流麗なフォルムと、個性的な2つの丘のようなダブルバブルルーフが特徴の車です。

2010年~2015年まで販売

プジョーのスポーツクーペ「RCZ」は、2010年から、2015年まで生産されました。

「RCZ」より新エンブレムが採用され、これは1929年に発売された2011以降プジョーの普通乗用車で初めて2桁目が0の3桁数字を車名に採用しなかったモデルでもあります。

プジョーのクーペ RCZの特徴は

「RCZ」のプラットフォームは「プジョー308(第一世代)」にも採用されているPSAのプラットフォーム2を採用しています。

また、内装も308のものをベースに使われています。

またこのクルマで注目すべきところは、ダブルバブルルーフと呼ばれる、コブがふたつある特徴的な屋根です。昔からスポーツカーなどに取り入れられたこの形状は、ヘッドスペースを確保しつつ、重心を下げるという機能的な役割もあります。

またプジョーは歴史的に数字3桁もしくは4桁の車名がプジョーの伝統でしたが、「RCZ」に与えられたのはアルファベット3文字というイレギュラーなネーミング。

これも、プジョーのラインアップのなかで特別な存在であることを示しています。

プジョー RCZのスペック

基本的なスペックについては、
ボディタイプ:2ドアクーペ
エンジン:1.6L 直4 THP 16V、2.0L 直4 HDI FAP
駆動方式 :FF
最大出力:1.6 THP 16V 156CH、115kW (156PS) /5,800rpm、1.6 THP 16V 200CH、47kW (200PS) /5,500prm、2.0 HDI FAP 163CH、120kW (163PS) /4,000rpm
最大トルク:1.6 THP 16V 156CH、240N·m (24.5kgf·m) /1,400rpm、1.6 THP 16V 200CH、270N·m (28.0kgf·m) /1,770rpm、2.0 HDI FAP 163CH、320N·m (32.6kgf·m) /2,000rpm
変速機:6速AT/6速MT
サスペンション:前: ストラット式 後: トーションビーム式
全長:4,287mm(日本仕様は4,290mm)全幅1,854mm(日本仕様は1,845mm)全高:1,359mm(日本仕様は1,360mm)

となっています。

魅力的なエクステリアは「RCZ」の強み!

「RCZ」のエクステリアは、ダブルバブル形状のルーフやリヤウインドウ、アルミで仕立てたアーチ形状のキャビン側面、大きく隆起した前後フェンダーを特徴とするミッドシップ風のフォルム。

そうしたこだわりが結晶するスタイルは、言うまでもなく「RCZ」の最大の武器になっています。

高級感が感じられるインテリア

プジョー RCZ フェイスリフトモデル

プジョー RCZ フェイスリフトモデル

インテリアでは、ダッシュボード・ステアリング・ブラックナッパレザーシート・センターアームレスト・フロアマットドアトリムなどにレッドステッチを採用して質感を高めています。

また2013年のマイナーチェンジにより、フロントフェイスをリニューアルし、新たにブラックライトユニットを採用したバイキセノン・ヘッドライトやLEDポジションランプを新装備しました。

インテリアではドアトリムにレザートリムの追加、ツートーンレザーシートを採用しています。

「プジョー・RCZ」の性能と評価

フェイスリフトモデルも、もちろんそのイメージは不変。最新のプジョー顔に歩調をあわせ、幾分か温和な表情に。とは言え“ダブルバブルルーフ”“アルミナムアーチ”や、電動で昇降するリヤの“アクティブスポイラー”など、ならではのディテールは健在だ。試乗車は右ハンドル(156ps/240Nmの1.6リットルターボ+6速AT搭載)だったが、走りは従来どおり。洗練度の点ではより新しいモデルに一歩譲るのは事実だが、スポーツカー寄りのやや硬質な乗り味と、スッと舵を効かす身のこなしが堪能できる。6100rpmからゼブラゾーンが始まるエンジンはよく回ってくれ、とくに3000rpm以上では、空気の脈動を増幅させエンジン音に演出を加える装置の存在も手伝って、気骨あるサウンドが響く。

このようにエンジンの性能の良さとスポーツカーならではの走りを体感できることが評価されています。

まとめ

プジョー RCZ

プジョー RCZ

プジョーのRCZは、販売終了してしまいましたが、スポーツタイプのクーペをお探しの方であればおすすめしたい一台となっています。新車で手に入れることは難しいですが、中古車で手に入れることは可能です。

ぜひ実物を見てその素晴らしさを体感してみてください。

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

SUV全盛の世の中ですが、やはり、美しいデザインを持つクルマと言えば、クーペです。クーペには、クーペにしか持ち得ない華やかさがあります。世界中の美しいクーペを、一緒に見ていきましょう!


クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

車の形状を語源とする「クーペ」は、セダンと似ているようで異なる車です。とはいえ、実際には両者がどのように異なっているのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。クーペとセダンの違いは、ドアの数や運転性能、デザインの方向性などによって見分けられます。そこで今回は、クーペとセダンの違いや特徴、国内で販売されているおすすめのクーペ4選について解説します。


【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

悪路を毎日通らないのにSUVを買ったり、毎日7人を乗せるわけではないのにミニバンを買ったりするより、たくさん種類のある自動車の中でもグラマラスな外観が持ち味のクーペを愛車にしてみれば、新たな世界が開けるかもしれませんよ。この記事では、今おすすめしたい最新のクーペを3台ご紹介していきます。使い勝手をちょっぴり我慢する見返りに、最高のクーペライフが待っているはずです。


日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

今年も様々な車が発売されましたが、一体、どの車を買えばいいのでしょう? 先ごろ発表された、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの結果を振り返りながら考えてみましょう。


いすゞ 117クーペ|中古車価格や口コミは?

いすゞ 117クーペ|中古車価格や口コミは?

今でも十分通用するデザインでマニアに根強い人気の117クーペは、イタリアのカロッツェリア・ギア社のジウジアーロが担当した事でも有名です。初期モデルでは一台一台殆どのボディパーツをハンドメイドで職人が作ったことも、この車の価値を高めた一因であると思います。今回はいすゞ117クーペについて説明していきましょう。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。