目次へ戻る

スズキ セルボの魅力┃モデル別概要やスペック等一覧

スズキ セルボの魅力┃モデル別概要やスペック等一覧

スズキのセルボは、威圧感のないデザインでキビキビと走行します。燃費や乗り心地も良くどこまでも走っていけるので、セルボに乗っているだけで運転が楽しくなります。そんなセルボの魅力について見ていきましょう。


セルボの概要

1977年から発売されたセルボ (CERVO) は、スズキの軽自動車です。車名の由来は、イタリア語の牡鹿を表すCERVO(チェルヴォ)からきています。

初代 SS20型(1977年~1982年)

360 ccの規格としてのスポーツカーは、スポーティーでハイパワーなモデルである「フロンテクーペ」を系譜とした550 ccの新軽規格車として発売された車で、スタイリングが引き継がれました。

エンジンは、水冷2ストロークの直列3気筒539 ccを後部に横置きして搭載して、リアエンジン・リアドライブという後輪駆動の形となりました。

法規的には4人乗りの2+2の形式ですが、2人乗りという考えで設計されていました。セルボの場合は、パーソナルクーペとして女性をターゲットに路線変更されています。

サスペンションは4輪独立懸架を採用して、トランスミッションは4速マニュアルのみとなっています。

海外戦略では、ヨーロッパへは4ストローク1,000 ccエンジンの「SC100型」が販売されており、イギリスでの販売は、「ウィズキッド」という名称で販売されました。この輸出型のF10Aエンジンは、SJ410/ジムニー1000にも搭載されたものです。

2代目 SS40型(1982年~1988年)

フルモデルチェンジにより2代目のセルボは、女性を対象としたモデルに特化して、2速オートマチック車が発売されました。

スタイリングは先代の2ドア+グラスハッチバックを引き継いでいますが、構造的には全く違うものとなっています。

4ストロークエンジンF5Aを搭載した前輪駆動は、「初代アルト」から採用されており、生産性の為には、シャシと大多数の部品が共有する事で無駄を省いています。

初代アルトと同様にリアサスペンションには、リーフリジッドが使用されました。1983年には、スズキで初めてのターボモデルの「CT-G」が追加発売しました。

3代目 (1988年 ~1990年)CG72V型CH72V型

フルモデルチェンジにより3代目に移行して、4ナンバーの軽ボンネットバンの設定のみとなりました。

クーペからスポーツワゴンを意識したボディへと変わり、シングルキャブレター式の3気筒SOHC12バルブエンジンで40馬力を出力し、前輪駆動とパートタイム4WDの2種類の駆動を採用しました。

後に追加された特別仕様車「ごきげんパック」には、世界初の電動式パワーステアリングと、オーディオとスピーカーには、三菱のDIATONEが装備されました。

4代目(1990年~1998年)

フルモデルチェンジにより、オーソドックスな2BOX軽セダンになりました。アルトの上位モデルとしての位置づけで、4気筒用モデルとして、従来のクーペボディから、「セルボモード」への変更になりました。

軽自動車の規格変更に伴い、660ccに拡大されたエンジンとハッチバックボディとなり、4ナンバー扱いのバンであったセルボは再度、乗用車専用(5ナンバー)モデルと変更しました。

丸みを帯びた優しいデザインとは対極の、軽自動車として初となる直列4気筒DOHC16バルブインタークーラーターボ&ピレリP700を搭載。

ヨーロッパでは1000ccエンジンを搭載して「アルト」の名前で発売しており、インドの子会社マルチ・スズキ・インディアでは、「ゼン」として販売。1995年には、クラシック仕様のセルボCを追加しました。

5代目 HG21S型(2006年~2009年)

8年ぶりに「セルボ」が復活し、6代目アルト等の機構部を受け継いで、動感あるデザインをイメージして円弧をモチーフに演出し、全車を5ドアとしました。

初代MRワゴンのフォルムを、セルボが受け継いだ事になり、キーレススタート機能も採用しています。

2007年6月には、スポーティーさを増した特別仕様車「Gリミテッド」を発売に向けて、各種スポイラーや14インチアルミホイールなどを装着。

2007年10月には、「SR」をスポーツグレードとして、日本初となる直噴+ターボ+CVTの組み合わせで、64PSという最高出力ですが、燃費の良いグレードとなっています。

2008年に特別仕様車「GリミテッドII」を発売。2009年には、「G」と「Gリミテッド」の2WD車は「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、4WDも環境対応車普及促進税制に適合しました。しかし、2009年11月に生産を終了しています。

セルボのスペック

「スズキセルボのスペック」  
セルボGの2WD
グレードG
価格995,400円
型式DBA-HG21S
排気量658cc
ドア数5ドア
人数4人乗り
シフトタイプ4AT
駆動式FF
燃費JC08モード燃費22.2km/l
 
グレードGの4WD
グレードG
価格1,149,750円
型式CBA-HG21S
排気量658cc
ドア数5ドア
人数4人乗り
シフトタイプ4AT
駆動式4WD
燃費JC08モード燃費19.6km/l 
 
Gリミテッド2WD
グレードGリミテッド
価格1,110,900円
型式DBA-HG21S
排気量658cc
ドア数5ドア
人数4人乗り
シフトタイプ4AT
駆動式FF
燃費JC08モード燃費22.2km/l
 
Gリミテッド4WD
グレードGリミテッド
価格1,265,250円
型式DBA-HG21S
排気量658cc
ドア数5ドア
人数4人乗り
シフトタイプ4AT
駆動式4WD
燃費JC08モード燃費22.2km/l
 
TXの2WD
グレードTX
価格1,310,400円
型式CBA-HG21S
排気量658cc
ドア数5ドア
人数4人乗り
シフトタイプ4AT
駆動式FF
燃費JC08モード燃費19.8km/l 
 
TXの4WD
グレードTXの4WD
価格1,310,400円
型式CBA-HG21S
排気量658cc
ドア数5ドア
人数4人乗り
シフトタイプ4AT
駆動式4WD
燃費JC08モード燃費18.4km/l

セルボモードとは

スズキ・セルボモードは、スズキの軽自動車で、1990年から1998年まで生産販売していたものです。セルボの後継モデルとしてアルトよりも1ランク上の位置づけになっています。

販売当初は直列3気筒 660ccターボと軽初となる直列4気筒 660ccインタークーラーターボエンジンを設定、トランスミッションは5速マニュアルと3速オートマチックを設定。

4ナンバー扱いのバンであったセルボは、ふたたび乗用車として5ナンバーの仕様に切り替わりました。

発売当初は3ドアのみで、グレードは4気筒エンジン搭載の「SR-FOUR」や、3気筒ターボの上級モデルである「SRターボ」、エントリーモデルの「Sターボ」の3種類で、このうちSR-FOURのみにフルタイム4WDの設定がありました。

1990年11月にベーシックモデルと5ドアを追加して、エンジンには、アルトと同じ直列3気筒 660ccのNAで、52馬力です。

「グレード」には、上級グレードである「L」、3ドアのみの音響重視モデル「S」、普及モデルの「M」の3種類が発売。「フルタイム4WD」が選択できたのは普及モデルの「M」のみとなっていました。

1991年には、ベンチシート+コラムオートマチック採用の「MC」が追加され、「Sターボ」が廃止。1994年には、特別仕様車「ロフト」を追加し、1995年には、アルトとの共有化を進めます。

1997年には、キーレスエントリーやSRSエアバッグなどの装備が追加。グレードが「Mセレクション」と「Sリミテッド」の2つのみになり、SRシリーズは廃止されることになります。

最後の特別仕様車として、SRルックのNAモデル「SR」が追加されましたが、1998年に生産終了となっています。

セルボモードのスペック

「スズキ セルボ・モード 1998(平成10)年1月 発売モデル」  
SR特別・限定2WD
グレードSR
価格897,000円
型式E-CN22S
排気量658cc
ドア数3ドア
人数4人乗り
シフトタイプ3AT
駆動式FF
燃費JC08モード燃費18.0km/l
 
SR特別・限定4WD
グレードSR
価格983,000円
型式E-CN22S
排気量658cc
ドア数3ドア
人数4人乗り
シフトタイプ5MT
駆動式4WD
燃費JC08モード燃費18.8km/ll

まとめ

スズキのセルボは、1977年10月に販売を開始し、5代目の2009年12月に販売を終了しました。環境対応車普及促進税制に適合した車として環境に優しい車です。普段使いの車として使用してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


スズキ 車種情報 セルボ

関連する投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年ももう下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!【8月6日更新】


スズキ クロスビー|試乗評価・口コミと中古価格は?

スズキ クロスビー|試乗評価・口コミと中古価格は?

2017年12月にスズキより発売された新型クロスオーバーワゴン「クロスビー」発売から1年以上が経過となったクロスビーですが、実際の試乗評価やユーザーなどの口コミ・評判はどうなのか?についてと中古車価格についてをまとめて掲載しています。また、2018年のクロスビーの販売台数についても合わせて紹介しています。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。