目次へ戻る

ジャガー XJ次期型 EV化決定!I-PACEのノウハウを導入!

ジャガー XJ次期型 EV化決定!I-PACEのノウハウを導入!

ジャガーの最上級サルーン、XJですが、次期型がEV化されるとの最新情報が入ってきました。8世代/50年に及ぶXJの内燃機関車の歴史は現行型で終了ということになります。


ジャガー XJ次期型 EV化決定!I-PACEのノウハウを導入!

《photo by Jaguar》現行ジャガー XJ

《photo by Jaguar》現行ジャガー XJ

ジャガーの最上級サルーン、XJですが、次期型がEV化されるとの最新情報が入ってきました。8世代/50年に及ぶXJの内燃機関車の歴史は現行型で終了ということになります。

ジャガーは全モデルに電動車を設定する予定

ジャガー・ランドローバーは2017年秋、2020年からジャガー・ランドローバーが展開するすべての車種に、電動モデルをラインナップする計画を発表しました。

EV、PHV(プラグインハイブリッド車)、そしてマイルドハイブリッド車といった電動モデルを取りそろえ、顧客のニーズに対応します。

ジャガー市販EV 第一弾はI-PACE

また、ジャガーカーズの市販EVの第一弾として、2018年に発売されたのが、ジャガー『I-PACE』です。

EVパワートレインは、電気モーターを前後アクスルに搭載し、4輪を駆動します。

2個のモーターは合計で400psのパワーと、71kgmのトルクを引き出します。

I-PACEは0~100km/h加速4.8秒のパフォーマンスを実現可能。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は90kWh。

また、DC100kWの急速チャージャーを使うことで、バッテリーの80%の容量をおよそ40分で充電可能、100km走行分であれば、およそ15分で充電可能です。このI-PACEに続く市販EVが、次期XJになります。

ジャガーのXJとは

《photo by Jaguar》現行ジャガー XJ

《photo by Jaguar》現行ジャガー XJ

初代XJは1968年に発表され、以来50年以上の長い歴史を持っています。

8世代にわたって生産されていて、英国王室を皮きりに、世界のビジネスリーダー、有名人、政治家、王族などに支持されている車です。

XJは、先進的なアプローチで他のラグジュアリーサルーンとは一線を画すポジションを築いてきました。

初代モデルの1968年の誕生から4年の年月を経て、世界で唯一の12気筒エンジンを搭載した4ドアサルーンのプロダクションモデルを投入しました。

最高速225km/hを発揮し、当時としては世界最速の4シーターモデルでした。

その後、スタンダードホイールベースとロングホイールベース、2ドアと4ドアのボディスタイルを設定し、1975年には初の2ドアクーペの「シリーズ2」を投入。

1986年には、「Jゲート」と呼ばれるギアシフターとセルフレベリング機能付サスペンションを初めて採用した「XJ40」を発売し、8年間製造されました。

現行モデルのジャガーXJは2009年7月、欧州で発表され、ジャガーのラインナップにおいて、頂点に位置する最上級サルーンがXJです。

《photo by Jaguar》現行ジャガー XJ

《photo by Jaguar》現行ジャガー XJ

次期XJにはジャガー初のEV I-PACEのノウハウが

次期型ではEVに変わるXJですが、ジャガー・ランドローバーは英国のカッスルブロムウィッチ工場を改修し、英国初の高級EVの生産に備えています。

EVとなる次期ジャガーXJの開発は、ジャガー初のEVのI-PACEのデザイナーや製品開発スペシャリストを擁する専門家チームが担当し、I-PACEのノウハウを導入していきます。

また、ジャガー・ランドローバーは、英国ミッドランドに、電動車向けのバッテリーなど電動パワートレインの組み立て工場を建設する計画です。

この電動パワートレイン工場は、2020年に稼働する予定で、年間15万ユニットのバッテリーを生産します。

ここで製造されるバッテリーなどの電動パワートレインは、次世代のジャガーとランドローバー車に搭載される予定です。

関連するキーワード


ジャガー 車種情報 XJ

関連する投稿


プレミアムSUVがアツイ!2018年SUVに恩恵を受けたブランドたち!

プレミアムSUVがアツイ!2018年SUVに恩恵を受けたブランドたち!

2018年の総販売台数がそれぞれのメーカー、ブランドと続々と発表される中、嬉しい悲鳴をあげるメーカーも多くありました。その中でも注目したいのがプレミアムSUVへの熱い視線。SUVに恩恵を受けた各高級メーカー・ブランドをまとめてみました。


【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

EVはデザインがいまいち!?いえいえそれはもう過去のお話です。各メーカーが、続々とカッコイイ・プレミアムなEVカーを発表・発売しています。本記事ではそんな最新のプレミアムなEVカーをまとめました。価格は?日本発売日は?スペックは?


ジャガーのI-PACE新型 ブランド初EV!価格・航続距離・発売日まとめ

ジャガーのI-PACE新型 ブランド初EV!価格・航続距離・発売日まとめ

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガー初の電気自動車(EV)『I-PACE』を発表、9月26日より受注を開始しました。いったいどんな仕上がりになっているのか?航続距離は?日本発売はいつなの?そんなI-PACEにまつわる最新情報をまとめています。


ジャガー レンジローバー/レンジローバースポーツ新型 PHEVモデル登場!

ジャガー レンジローバー/レンジローバースポーツ新型 PHEVモデル登場!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、『レンジローバー』および『レンジローバー スポーツ』にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルを追加、6月27日より予約受注を開始しました。このPHEVシステム、いったいどれくらいの性能なのでしょうか。


英国ロイヤルウェディング!ヘンリー王子とメーガンさんも乗ったジャガーとは

英国ロイヤルウェディング!ヘンリー王子とメーガンさんも乗ったジャガーとは

5月18日、英国のヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式がウィンザー城内のセント・ジョージ礼拝堂にて行われました。ニュースなどで見たという方も多いのではないでしょうか。そんな中、カーナリズムが注目したのは、お二人が乗りこんでいた青い車。こちら、ジャガーE-TYPEのZEROという車。いったいどんな車なのでしょう。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。