目次へ戻る

【2021年】ジャガーの名車Eタイプを復刻生産!12台限定!

【2021年】ジャガーの名車Eタイプを復刻生産!12台限定!

ジャガーカーズは、ジャガーの名車『Eタイプ』が2021年に誕生60周年を迎えることを記念し、「Eタイプ60コレクション」と命名された2台ペアのEタイプを6セット(合計12台)、復刻生産すると発表しました。今もなお人気の高いEタイプ。復刻生産は嬉しいニュースですね。本記事では最新情報をまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ジャガーの名車Eタイプを復刻生産!12台限定!

《photo by Jaguar Cars》 ジャガー Eタイプ 60コレクション

《photo by Jaguar Cars》 ジャガー Eタイプ 60コレクション

ジャガーカーズ(Jaguar Cars)によれば、ジャガーの名車『Eタイプ』が2021年に誕生60周年を迎えることを記念し、「Eタイプ60コレクション」と命名された2台ペアのEタイプを6セット(合計12台)、復刻生産すると発表しました。

人気の高かったEタイプ。復刻生産は待ち遠しいですね。本記事では最新情報をまとめています。

ジャガー・Eタイプってどんな車?

《photo by Jaguar Cars》 ジャガー Eタイプ(1961年)

《photo by Jaguar Cars》 ジャガー Eタイプ(1961年)

ジャガーEタイプは、ジェット機から着想を得た先進的なボディラインと、最高速241km/hを発揮する性能。まさに1960年代のハイパフォーマンスカーにおける新たなベンチマークとなり、当時を象徴するスポーツカーとなった名車です。

Eタイプの人気は高く、スティーブ・マックイーン、ジョージ・ベスト、ジャッキー・スチュワート、ブリジット・バルドー、フランク・シナトラといった多くの有名人たちがオーナーとして名を連ねました。

また、Eタイプのレーシング・モデルは、グラハム・ヒル、ジャッキー・スチュワート、ロイ・サルバドーリ、ブリッグス・カニンガムといったドライバーたちにより、名を広め、成功を収めています。

オリジナルの発売から、約60年を経た現在においても、Eタイプは人々を魅了するロードカーで、レースの勝者と評されるモデルです。

ジャガーEタイプが復刻生産!

《photo by Jaguar Cars》 ジャガー Eタイプ(1961年)

《photo by Jaguar Cars》 ジャガー Eタイプ(1961年)

オリジナル クーペとロードスターを2台ペアで販売

ジャガーカーズは、このEタイプが2021年に誕生60周年を迎えることを記念して、Eタイプ60コレクションと命名された2台ペアのEタイプを6セット(合計12台)、復刻生産します。

2台のEタイプは、最も有名なEタイプとされる「9600 HP」と「77 RW」。

両車は、1961年のジュネーブモーターショーでデビューした最初のEタイプであり、ガンメタルグレーの9600 HPがクーペボディ、ブリティッシュレーシンググリーンの77 RWがオープンボディの「ロードスター」。

Eタイプ60コレクションを生産するのは、ジャガー・ランドローバー・クラシック。

ジャガー・ランドローバー・クラシックは、スペシャル・オペレーションズに属する1部門で、世界中のジャガーとランドローバーのクラシックモデルの顧客やファンに向け、車両、サービス、パーツ、エクスペリエンスの提供を行っています。

50年ぶりに生産 3.8リットル直列6気筒エンジン!!

《photo by Jaguar Cars》 ジャガー Eタイプ(1961年)

《photo by Jaguar Cars》 ジャガー Eタイプ(1961年)

Eタイプ60コレクションのパワートレインは、オリジナル同様、3.8リットル直列6気筒ガソリン自然吸気エンジンとなります。

ジャガーカーズは、Eタイプを含む1950~1960年代のジャガー車に搭載されていた3.8リットル直列6気筒エンジンのエンジンブロックを、およそ50年ぶりに生産するとのこと。

ジャガーカーズの旧車部門のジャガークラシックが、当時の資料などを元にして、鋳鉄製エンジンブロックを正確に再現します。

「XK」と呼ばれる3.8リットル直列6気筒ガソリンエンジンは、1958~1968年にかけて製造された『XK150』、『XK150 S』、『MkIX』、『Mk2』、『MkX』、Eタイプのシリーズ1と『Sタイプ』に搭載されていました。

Eタイプ60コレクション、気になる価格は?

Eタイプ60コレクションは現在、ジャガー・ランドローバー・クラシックがオーダーを受け付けています。

また、価格は公表されていません。

2台ペアでの購入が前提であり、1台のみでの購入はできないとのことですのでご注意ください!

関連するキーワード


ジャガー 車種情報

関連する投稿


大型のSUVのおすすめは?大人数でも大量荷物でもOKな1台!

大型のSUVのおすすめは?大人数でも大量荷物でもOKな1台!

大人数が乗れる車として、人気があるのはミニバン。車内空間も広く、大人数で乗車することも可能なのが魅力です。しかし最近では大型のSUVも数多くラインアップしており、大人数乗りたい方やたくさんの荷物を載せたい方が選ぶときの選択肢になっています。この記事では、国産車と輸入車に分けて大型のSUVのおすすめ車種をご紹介します。


おしゃれ!センスの光るおすすめの車10選

おしゃれ!センスの光るおすすめの車10選

少し前までは“おしゃれ”な車というと海外の車両が多く、国産車は安全性や乗り心地を重視した車両が多く見受けられました。しかし、最近では国産車もオリジナリティを出したメーカーも出てきています。本記事では、そのような“おしゃれ”な車を300万円以内とそれ以上の価格の2つでカテゴライズしご紹介します。


【2020年度版】ジャガーSUV車一覧

【2020年度版】ジャガーSUV車一覧

ジャガーはイギリスの高級自動車メーカーであり、カーレースにも力を入れているほかイギリス王室にも認められるなどといった輝かしい歴史を誇るメーカーです。今回はそんなジャガーのSUV車について紹介します。


【2020年度版】ジャガーのクーペ一覧

【2020年度版】ジャガーのクーペ一覧

ジャガーとはイギリスのメーカーであり、そのフォルムは英国独自のデザインルネッサンスが生きていることで有名です。スタイリッシュなボディは多くの人たちを引き寄せてくれます。今回は、ジャガークーペについてご紹介していきます。


車好きがおすすめするクーペ各5選!国産と外車のおすすめガイド

車好きがおすすめするクーペ各5選!国産と外車のおすすめガイド

若者や大人に人気の「クーペ」。美しいシルエットと高い走行性能が魅力的な車です。休日のドライブや通勤に利用される移動手段として利用する方も多いでしょう。この記事では、おすすめのクーペについて国産・外車それぞれご紹介します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。