トップへ戻る

【初心者必見】軽トラおすすめ5選!軽トラックデビューならこれで決まり!

【初心者必見】軽トラおすすめ5選!軽トラックデビューならこれで決まり!

今回はおすすめの軽トラックの紹介です。筆者独自の考えをベースに、現行車の中からぜひともおすすめしたい軽トラック5車種を選出しました。軽トラの魅力に触れつつ、見た目が個性的なトラック、コスパの良いトラック、そして番外編という3つのカテゴリーに分けてみていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


目次

【改めて知りたい】軽トラの魅力とは?

軽トラ

軽トラ

① 車両価格が軽自動車の中でも比較的安い

軽トラの魅力の1つが車両価格の安さです。軽トラの車両価格は、今日の多種多様な軽自動車の中でも比較的安い部類に含まれています。

以下で紹介するおすすめ軽トラ5車種の中にも登場しますが、安い軽トラックであれば車両価格が約68万円代の車種も販売されています。もちろん各種装備が充実しているグレードなどであれば車両価格100万円以上のものもあるので、選択肢が広いです。

② 荷台を使えば大きな荷物を運ぶことができる

荷台がすごい

荷台がすごい

2つ目の魅力は荷台を使えば大きな荷物を運ぶことができることです。特に軽トラの荷室は天井がありませんから、コンパクトカーでは運ぶことのできないような高さの荷物も運ぶことができます。

引越しでたくさんの荷物を運ばなければならない時や、個人売買で購入したオートバイを引き上げに行く時、DIYで庭造りをするために土を運ぶ時etc、その使い方は様々です。

③ マニュアル・トランスミッションを採用する車種が多い

3つ目の魅力はマニュアル・トランスミッションを採用する車種が多いことです。

マニュアル・トランスミッションを採用する車、俗に言うところのMT車というもので、自分でシフトレバーとクラッチペダルを用いて速度・場面にあったギアを選択して走行します。自分で車をコントロールしているという感じがたまりません。

総じてMT車のほうがAT車よりも燃費性能が優れているので、若干維持費が安くなる点もメリットです。加えて車両価格もMT車のほうが安いことが多く、全体的に見ても車にかかるコストが安くなっています。

④ 後輪駆動車が多い

4つ目の魅力は、軽トラックには後輪駆動車が多いということです。後輪駆動車というのは後ろのタイヤが駆動している車のことで、一昔前では多くの車が後輪駆動でしたが、時代の変化や技術の進歩と共に前のタイヤが駆動する前輪駆動車が増えてきたことを受けて後輪駆動車が激減してきました。

そのような中で後輪駆動の軽トラックが健在ですから、その気になれば軽トラックでドリフトやテールスライドを楽しむことも可能です。また、後輪駆動であれば荷物を多く積んだ時でも駆動力がしっかりと地面に伝わるなど、実用的なメリットも備えています(むしろこちらの方が大切)。

⑤ 重量税や税金が安い

5つ目の魅力は重量税や税金が乗用車と比べて安いことです。

大前提として、自動車を維持する上で必要となる税金には重量税と自動車税の2つがあります。

軽トラックつまり自家用貨物車の場合、重量税は6,600円(エコカー減免無し)で自動車税は10,800円です。乗用車を所有したことある方であれば、この金額が安いということはわかることでしょう。

見た目が個性的な軽トラック2選

スズキ スーパーキャリィ

スズキ スーパーキャリイ

スズキ スーパーキャリイ

インパクトの強い軽トラック

おすすめの軽トラックその1はスズキ スーパーキャリィです。軽自動車を語らせたら右には出ない自動車メーカーのスズキから販売されているこの軽トラックは、とにかくインパクトの強い軽トラックとなっています。

インパクトの要因はゆったりキャビン

スズキ スーパーキャリイ

スズキ スーパーキャリイ

このインパクトの要因となっているのはゆったりキャビンです。ゆったりキャビンとはスーパーキャリイに採用されているキャビン(運転席)のことで、一般的な軽自動車と比較してスーパーキャリイではキャビンが大きめに用意されています。

このインパクトの要因となっているのはゆったりキャビンです。

ゆったりキャビンとスーパーキャリイに採用されているキャビン(運転席)のことで、一般的な軽自動車と比較してスーパーキャリイではキャビンが大きめに用意されています。

ゆったりキャビンの特長は、シートスライド量とリクライニング角度が大きく確保されていること(運転席ならスライド量180mmにリクライニング角度40°、助手席では100mmと24°)、開口部が広いことで乗り降りしやすいこと、ハイルーフ化されたことでヘッドクリアランスが大きくなった点、などです。

運転席・助手席の後ろに多少の荷物を置くスペースもあります。

XグレードとLグレードの2つを用意

スズキ スーパーキャリイ

スズキ スーパーキャリイ

スーパーキャリイにはXグレードとLグレードの2種類があります。Lグレードは974,160円~1,210,680円、Xグレードは1,102,680円~1,339,200円という価格帯で、Lグレードのほうが全体的に価格が安いです。

Xグレードには高低速2段切替え式パートタイム4WDモデルが用意されていることが関係しています。それ以外の性能、燃費(JC08モードで15.6km~19.0km/Lの間)やエンジンスペックといった諸要素はどちらも同じです。

ホンダ アクティ・トラック

ホンダ アクティ トラック 特別仕様車 タウン スピリットカラースタイル(ベイブルー×ホワイト)

ホンダ アクティ トラック 特別仕様車 タウン スピリットカラースタイル(ベイブルー×ホワイト)

大人しめな顔の軽トラック

3台目に紹介するのはホンダ アクティ・トラックです。写真をご覧いただくとわかる通り、いたって普通の軽トラックになります。アクティ・トラックで他メーカーの軽トラックと比較して特出している点は、特別仕様車 TOWNスピリットカラースタイルが用意されている点にあると言えるでしょう。

昔ながらのホンダのデザインがレトロでグッド

特別仕様車 TOWNスピリットカラースタイルとは毎日を元気にする特別な2トンカラーとして誕生したカラーリングです。昔のホンダが製造・販売していたT360のデザインを思い浮かばせるデザインとなっています。

ホンダ アクティ トラック 特別仕様車 タウン スピリットカラースタイル

ホンダ アクティ トラック 特別仕様車 タウン スピリットカラースタイル

カラーラインアップはベイブルーxホワイトとフレームレッドxブラックの2種類が用意されています。最近の旧車はどれも価格高騰で手の届くものではないですが、カラーリングを往年の車のデザインに似せることは手が届きやすいですし、オーナーの満足度も上がること間違いなしです。

特別仕様車 TOWNスピリットカラースタイルの価格帯は1,135,080円~1,264,680円となっています。後輪駆動モデルでは5MTと3AT、4輪駆動モデルでは5MTモデルが用意されているので、オートマ限定免許の人も運転可能です。

最安値は82万円代、ただしエアコンはオプション

ホンダ アクティ トラック 特別仕様車 タウン スピリットカラースタイル インパネ

ホンダ アクティ トラック 特別仕様車 タウン スピリットカラースタイル インパネ

気になるのはベースグレード車がいくらかということです。アクティ・トラックのベースグレード車(STD)は5MTで820,800円となっています。これまで紹介した車種やグレードと比較すると安い価格帯となっているのでおすすめです。

しかし、STDではエアコンがオプション装備となっています。その他、ATTACKとSDXでもオプション装備となっているので、エアコンが必要な方は事前に価格を確認されると良いでしょう。なお、TOWNと特別仕様車ではエアコンは標準装備です。

コストパフォーマンスの良い軽トラック2選

スズキ キャリイ

スズキ キャリイ

スズキ キャリイ

コストパフォーマンスに優れた軽トラック

2台目に紹介するおすすめの軽トラックはスズキ キャリイです。いたって普通で軽トラックの象徴といっても過言ではない定番かつ無骨なデザインとなっています。

キャリイの良いところはコストパフォーマンスに優れていることです。

一番安いグレードは70万円台、エアコン・パワステの有無で価格が変わる

スズキ キャリイ軽トラいちコンセプト(東京モーターショー2017)

スズキ キャリイ軽トラいちコンセプト(東京モーターショー2017)

先ほど紹介したスーパーキャリイを除くと、キャリイのグレードはキャリイ KX、キャリイ KC、キャリイ KC農繁仕様の3種類が用意されています。この中でもっと安いキャリイ KCグレードは2WD 5MTモデルで722,500円で販売されているのです。70万円台の新車、非常に魅力的ではありませんか。

この70万円のモデルの場合、エアコンとパワステが装備されておらず、MTモデルのみです。。KCグレードのエアコン・パワステ装備モデルですと、844,560円~1,081,080円の価格帯で、MTモデルもオートマ仕様もあります。パワステのみ標準装備のモデル(MTのみ)ですと909,360円です。

その他のグレードやモデルを見てみると、KXグレードは990,360円~1,226,880円、農繁仕様グレードは936,360円~1,020,600円となっています。KCグレードが如何に安いかということがわかるでしょう。

トヨタ ピクシストラック

トヨタ ピクシストラック

トヨタ ピクシストラック

貴重なトヨタの軽トラック(ダイハツ ハイゼットのOEM)

4台目に紹介するおすすめの軽トラックはトヨタ ピクシス トラックです。知らない方もいるかとおもますが、実はトヨタ自動車からも軽トラックが販売されています(ダイハツ ハイゼットのOEM)。車を全てトヨタで揃えたいという方にとっては、朗報と言えるでしょう。

スタンダードのエアコン・パワステレスモデルがとにかく安い

ピクシス トラックの数あるグレードの1つであるエアコン・パワステレスモデルがとにかく安いです。なんと車両価格が680,400円、今回紹介した全車種の中で最も安いモデルに該当します。

関連するキーワード


軽トラ トラック

関連する投稿


さらば、農道のNSX!ホンダ・アクティ トラックを徹底解説!

さらば、農道のNSX!ホンダ・アクティ トラックを徹底解説!

農村のNSX、ホンダ・アクティ トラックが、2021年6月で生産停止になってしまいます。今回は、エンジンをミッドシップに積んだ軽トラ、と言う独特なメカニズムを持ったアクティ トラックを、詳しく見ていきましょう!


トラック運転手の仕事はきつい?必要な免許や仕事内容をご紹介

トラック運転手の仕事はきつい?必要な免許や仕事内容をご紹介

トラック運転手は、男女問わずできる職種です。しかし、車の免許があるだけトラックをすぐに運転できると思っていませんか?今回ご紹介する記事では、「トラック運転手」を始めるのに必要な免許やその仕事内容もご紹介します。


【普段使いも楽勝】魅力いっぱい軽トラックの世界!車種まとめ、比較

【普段使いも楽勝】魅力いっぱい軽トラックの世界!車種まとめ、比較

お仕事専用車と思われがちな軽トラックですが、近年ではパワステ・エアコンなどの装備も充実していますし、もはやファーストカーとしても使えそうな豪華仕様もあります。使い勝手の良さは見た目の通りで、走行性能も文句なく、趣味の車として軽トラを愛でるユーザーまでいるほど。最新軽トラの魅力をまとめてみました。


その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

レズバニから、ギリシャ神話最大の英雄の名を名付けられた最強カーが登場するとの情報が入ってきました。その名はヘラクレス。いったいどんな車に仕上がっているのか?注目が集まります。


【軽トラレンタル】格安で借りるならココ!

【軽トラレンタル】格安で借りるならココ!

本記事では軽トラを格安で借りれるレンタルサービスをご紹介しています。家具や家電を買ったときや、引っ越しなどで軽トラが必要になった際は、ぜひ本記事を活用してくださいね!


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。