目次へ戻る

日産のウイングロード|中古価格まとめ

日産のウイングロード|中古価格まとめ

日産の5ナンバーステーションワゴンの「ウイングロード」の特徴や性能をはじめ、中古車価格や相場などを詳しくまとめました。購入を検討されている方は是非参考にしてみて下さい。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産 ウイングロード 中古(2000年代以降)

日産 ウイングロード プロトタイプ

日産 ウイングロード プロトタイプ

日産の歴代ウイングロードは、「ADバン」「AD」などの4ナンバー商用車がベースとなっています。商用車がベースですが、エクステリアはアレンジされ、今となっては数少ない5ナンバーステーションワゴンです。

日産のウイングロードは、1996年に発売された初代モデル(Y10型)と1999年発売の2代目モデル(Y11型)に、2005年発売の3代目モデル(Y12型)があります。見た目はどことなく商用車を連想してしまいますが、「機能面」や「丈夫さ」「使い勝手さ」など優れているので、日産のウィングロードはお勧めの車です。

日産 ウイングロード 中古車 モデル別中古車相場・中古価格

ウィングロード 2代目モデル前期 Y11系 ~2001年10月

2代目モデルは、先代のモデルのエクステリアのデザインから大幅に変更されました。

ワゴン専用新世代M&Sクラスプラットフォームの採用や、モデルごとにリヤサスペンションの仕様を変更するなど、細かな工夫がされています。

                   
ウィングロード 2代目モデル前期 Y11系 2001年10月~の中古車情報
平均価格約20万円
中古価格帯約20万円~28万円
※車情報サイトレスポンス 中古車情報調べ(2020年1月現在)

ウィングロード 2代目モデル後期 Y11系 2001年10月~2005年11月

2代目モデル「後期」は、マイナーチェンジが行われ内外装のデザインなどが一新されています。特にフロントデザインおよび内装意匠を大きく変更し、ライダーといったカスタムモデルも追加されたことで若いユーザーを中心に人気を集めました。キャッチフレーズは「メタルのギア」。

2001年から約1年ごとに細かな改良が実施されています。

                   
ウィングロード 2代目モデル後期 Y11系 2001年10月~2005年11月の中古車情報
平均価格約30万円
中古価格帯約16万円~66万円
※車情報サイトレスポンス 中古車情報調べ(2020年1月現在)

ウィングロード 3代目モデル Y12系 2005年11月~

3代目モデルのコンセプトは、「アクティブライフをサポートする、スタイリッシュで使いやすいコンパクトワゴン」。2代目モデルと比較して、エクステリアのデザインや、インテリアなどが変更されています。

3代目モデルは台数も多く自分好みの車を探すことができます。初期費用合わせて100万円以下で、状態の良い中古車を購入するができます。

                   
ウィングロード 3代目モデル Y12系 2005年11月~の中古車情報
平均価格約45万円
中古価格帯約15万円~103万円
※車情報サイトレスポンス 中古車情報調べ(2020年1月現在)

ウィングロード 3代目モデル Y12系 2014年9月~

パワートレインの体系が大幅に見直され、1.5Lエンジン+2WD/FFの1種類に集約されています。

標準装備や燃費の測定方法などが違うので、購入する時は「年式」に注意が必要です。

                   
ウィングロード 3代目モデル Y12系 2014年9月~の中古車情報
平均価格約90万円
中古価格帯約30万円~131万円
※車情報サイトレスポンス 中古車情報調べ(2020年1月現在)

ウィングロード 3代目モデル Y12系 2016年6月~

インテリアは、広いラゲッジスペースが確保されています。

2016年6月以降からのモデルでは、一部改良で「ヒーター付ドアミラー」や「リヤヒーターダクト」に「リヤワイパー」など快適装備が充実しています。

                   
ウィングロード 3代目モデル Y12系 2016年6月~の中古車情報
平均価格約110万円
中古価格帯約79万円~141万円
※車情報サイトレスポンス 中古車情報調べ(2020年1月現在)

まとめ

日産のウイングロードは、2018年3月に販売が終了しています。日産の取扱いラインナップからステーションワゴンが無くなってしまい、ヒッソリと姿を消してしまったウイングロードですが、非常に扱いやすい車です。

ウィングロードは、5ナンバーサイズで年間の維持費を抑えることができ、丁重な運転を試みる等、ドライバーの工夫次第で燃費を向上させることもできます。当時の新車価格より遥かに安い価格で購入することができるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。


日産 マーチをおすすめする5つの理由!中古車価格、海外新型情報も

日産 マーチをおすすめする5つの理由!中古車価格、海外新型情報も

コンパクトカーってどれがいいのかよくわからない、全部いい車なら結局どれを選べばいいの?とお思いのあなた。マーチには、ライバル多数のコンパクトカー市場において、積極的におすすめしたい理由がたくさんあるのです。この記事を読めばマーチが気になってくること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


日産 リーフを普段使いってどうなの?最先端電気自動車の真実!

日産 リーフを普段使いってどうなの?最先端電気自動車の真実!

日本で、世界で、量販EVのパイオニアとしての45万台以上の販売台数実績を誇る日産の電気自動車「リーフ」。現在では2代目が販売されており、街中で見かける頻度も高まってきていますよね。でも電気自動車って、普段の使い勝手はどうなの?と気になっているあなた。実は電気自動車は毎日の運転が楽しくなる特徴に溢れているのです。詳しくご紹介します。


【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

ライバル多数のミドルサイズミニバンクラスで一際輝いているのが日産 セレナ。2018年と2019年の2年連続販売台数No.1を獲得するなど、人気の高さは一体どこから来るのでしょうか。セレナという名前は有名ですが、もちろん車自体に魅力がいっぱいだからこそ売れているのです。今をときめく最新ミニバン、セレナの魅力をお伝えしていきます。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。