トップへ戻る

【知りたい】ダイハツの人気軽ハイト タントはホンダのN-BOXを超えたのか?

【知りたい】ダイハツの人気軽ハイト タントはホンダのN-BOXを超えたのか?

発売以来順調に売り上げを伸ばすダイハツの軽ハイトワゴン「タント」ですが、2019年9月までの販売状況を見る限り、「タント」はライバルのホンダ「N-BOX」に勝てていません。その理由は一体なんなのか?また、軽ハイトワゴンを検討する人にとって、タントとN-BOXの両車にはどんな違いがあるのでしょうか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


同じクラスであってもターゲットが異なる「タント」と「N-BOX」

ホンダ「N-BOX」

軽ハイトワゴンは今やクラスを超えた存在になりつつあり、コンパクトカーを選ぶ人は同時に軽ハイトワゴンも比較検討しています。

価格もほぼ同じで動力性能も近くなっており、ターボモデルはコンパクトカーの1.0L車や1.2L車を超えるほどです。そして室内の広さはコンパクトカーを圧倒し、安全性能はクラス上の機能をそのまま装備するようになっています。

「N-BOX」のターゲットは軽以上を求める!?普通車ユーザー

その状況を見事にとらえたのが「N-BOX」といえるのです。

これまでのように軽自動車の乗り換え需要だけでなく、クラス上からの乗り換えを確実にする車造りがされているのです。

当然、軽にありがちな機能優先、広さ優先の造りによる安っぽさから、クラス上のユーザーが違和感を感じない上質な造り込みが、内外装ともにされています。

「タント」のメインターゲットは、やっぱり軽ユーザー

対する「タント」の車造りは、従来からやはり子育てママを中心とした軽ユーザーです。もちろん、これまで以上に使い勝手や利便性、運転のしやすさなどを徹底して追及していますし、シニア層や子育てが終わった世代にも売れているとのことです。

機能重視の考え方により、代名詞であるミラクルオープンドアを筆頭に、個別の便利機能などは「N-BOX」以上ですが、クラス上のユーザーにしてみると軽自動車らしい車造りであり、「N-BOX」のような質感は感じられません。

子育て世代が減少する中、この差は広くことはあっても縮まることは無いと思われるので、早期にターゲットを変更した「N-BOX」に部があるのは当然なのです。しかし、それにしても差が大きすぎるので、他に原因があるのかもしれません。

タントの人気が振るわない理由…?それはダイハツの〇〇に理由がある?

ダイハツ「タント」

8月の販売台数ではタントがこれまでになく「N-BOX」に近づいてきました。

その差は1600台ほどで、「N-BOX」をついにとらえるのではという状況。ところが9月になるとまた以前のように7000台近い差を付けられています。

いったい、この8月と9月に何があったのでしょうか。

2019年8月度軽四輪車 通称名別新車販売台数
1位 ホンダN-BOX  18282台
2位 ダイハツ タント 16838台
3位 日産デイズ 13432台
4位 スズキスペーシア 10674台
5位 ホンダN-WGN 6958台

2019年9月度軽四輪車 通称名別新車販売台数
1位 ホンダN-BOX 28484台
2位 ダイハツ タント 21858台
3位 日産 デイズ 17841台
4位 スズキ スペーシア 15754台
14位 ホンダ N-WGN 2121台

出来が良すぎる「タント」の身内「ムーヴ」

ダイハツムーヴ

ダイハツのもう一つの主軸車種が「ムーヴ」です。

「ムーヴ」は「タント」より背が低く、スライドドアではなくヒンジ式のドアを採用するトールワゴンで、「タント」以前の軽ブームをけん引したモデルです。

今では「タント」に主役の座を奪われていますが評価は高く、このクラストップの販売台数を維持しています。例えば2019年上期の販売台数を見ると、62,768台となっており、「タント」の88,233台と合計すると151,001台となります。

ホンダ旧「N-WGN」

そして、ホンダの「N-BOX」と「ムーヴ」のライバル「N-WGN」を合計すると152,378台となり、2車種ずつの合計ではまったく互角となり、「ムーヴ」が「N-BOX」と「タント」の差を見事に埋めているのです。

逆に、ダイハツでは「ムーヴ」が良く売れることで「タント」の販売台数が伸びず、ホンダでは「N-WGN」が売れないためにユーザーが「N-BOX」に集中しているといえます。これが7月までの構図でした。

2019年度上半期軽四輪車 通称名別新車販売台数
1位 ホンダ N-BOX 136047 台
2位 ダイハツ タント88233 台
3位 日産 デイズ 81932台
4位 スズキ スペーシア79843台
5位 ダイハツ ムーヴ62768台
12位 ホンダ N-WGN 16331台

期待されたものの問題児!?ホンダの「N-WGN」

ホンダ新型「N-WGN」

そして8月。販売が低迷していた「N-WGN」が新型となって販売が開始されると、月中の発売にかかわらず前年同月比180%の大ヒット。

かわりに「N-BOX」が伸び悩んだ結果、「タント」との差が急接近してしまったのです。順調にいけば「N-WGN」がさらに販売台数を伸ばし、「N-BOX」は「タント」に抜かれるかもしれませんが、2車合計ではダイハツの2社を大きく引き離すことになる予定でした。

しかし、突然パーキングブレーキの不具合が発覚し、「N-WGN」が生産停止に追い込まれます。しかも12月に生産再開予定という深刻な事態となります。

これで状況は一転。再びユーザーは
「N-BOX」に集中するという以前の状態に戻り、「タント」の首位奪還は泡と消えたと考えられます。

【結論】タントは N-BOXを超えたのか?

デザインやの好みやライフスタイルの違いで評価は異なると思いますが、販売台数を考慮した現状ではN-BOXの方がまだ優勢という意見が多いと思います。

しかし、「N-WGN」が復活すればその優位性は崩れるはず。さすがに「N-BOX」は売れすぎているので、飽和状態、8月の状況が再現されることも考えられますね。

つまり、「タント」と「ムーヴ」という選択肢があるダイハツに対して、ホンダは「N-BOX」がとりわけ強い。

そういった背景もあって「N-BOX」に人気が集中しているのかもしれません。

まとめ

年内には日産/三菱の本命、デイズルークス/ekスペースが登場します。

今春に登場したデイズが好調であり、スーパーハイトワゴンバンの登場により「デイズ」の販売台数は間違いなく増えてきます。販売台数の集計においては「デイズ」として合算されるため、「N-BOX」に代わって首位に立つのは「デイズ」になるのは間違いないでしょう。

そう、「タント」が首位を奪えずにいるうちに、「デイズ」が忍び寄っていたのです。次の話題は「デイズ」は「N-BOX」を超えたかどうかということになりそうですね。

では、その時まで様子を見ていきましょう。

軽自動車に関するおすすめ記事リンクはこちら

関連する投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツ ムーヴキャンバス|価格やライバル車との違いは?

ダイハツが製造・販売を行っているムーヴキャンバスは「デザイン×ベンリ=あたらしい」をコンセプトに、長く乗れる車を目指して作られた車です。購入を検討している方に向けて、本記事ではダイハツ ムーヴキャンバスについて紹介します。


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。