トップへ戻る

雪道がコワイ方必見!雪道運転のコツや講習についてもご紹介

雪道がコワイ方必見!雪道運転のコツや講習についてもご紹介

雪道には、普段雪の積もっていない状態の道とは全く違った特徴があります。そんな雪道での運転が苦手でコワイという方も少なくないでしょう。今回の記事では、雪道を運転する際に注意したいポイントや雪道運転のコツ、講習などについてもご紹介します。是非、最後までお読み下さい。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


雪道運転初心者の方へ

旭川市の大通りの風景

旭川市の大通りの風景

降雪地方に住んでいない方の場合、雪道走行には不慣れでいらっしゃると思います。また、降雪地域にお住まいの方でも、車の免許を取得したばかりの場合などではやはり雪道走行は不安なものです。

自然現象である以上、いつどこで雪が降るという場面に遭遇することになるかわかりません、それでも車を使用しなければならない時などに知識として雪道走行について知っておくことは有用です。

雪道走行でしてはいけないこと

雪道走行では、乾いた路面での走行とは全く違う運転操作と運転技術が求められます。 急発進・急停車・急ハンドル、この3つはスリップに繋がるため雪道で行っていけません。

雪道でスリップした場合にはほとんどの操作が制御出来なくなってしまいます。 制御が効かないということは、事故に直結する事が多いと言う事です。発進する際の急アクセルや空ぶかしは危険な行為ですので、アクセルはゆっくり踏み込むようにしましょう。

普段でも危ない急ハンドル操作は、雪道ではなおさらに危険度が増します。急ハンドルを切ったことによりスリップが始まるのはよくあることです。 スリップした車は制御不能です、ブレーキを踏んでも止まれない、行きたい方向とは全く関係ない方向に進んでしまうという事態に陥りやすいのです。

そのスリップしている進行方向にもし何かがあるなら、最悪衝突に備えなければなりません。 その対象物が人や自転車などの場合にはクラクションで危険を知らせなければなりません。 その人たちに危険を一刻でも早く察知して頂き、早急に回避していただけるように、クラクションなどを積極的に使用しましょう。

それと同時に一瞬でも早く衝突回避出来るように、ポンピングブレーキや小刻みなハンドル操作で、スリップしている方向をいくらかでも対象物からそらす行動をとりましょう。

雪道運転ではわだちに注意

轍のできた雪道

難易度の高いわだち走行

わだちとは、多くの車両などが通過することにより道路にできるタイヤの通った跡のことです。特に雪でできたわだちは、なかなか厄介です。

わだちができてしまった道路は、わだちがない道路と同じような走行はできません。一度できてしまったわだちは、気温の変化やそのわだちの上を通過していった車両により、氷のわだちに変化していくことがあるためです。

真冬の深夜などには、アイスバーンのわだちがよくできやすいことを知識として知っておくことは大事です。

わだちにそって運転する際には、車間距離を十分にとり、いつでも瞬時に止まれる速度で走行してください。それが無理そうなら思い切っていったんその道路から退避して、わだちが解消されるのを待つという覚悟も大事です。

雪道運転のコツをご紹介!

ポンピングブレーキで安全運転を心がけよう

雪道運転ではブレーキ操作も重要

雪道運転の特別なテクニックは、それほど多くのことではありません。焦ることのないように、しっかり理解して実践してください。

雪道でのブレーキの踏み方

雪道でのブレーキの踏み方には、「ポンピングブレーキ」と呼ばれるブレーキの踏み方があります。一度にブレーキを強く踏むのではなく、何度も小刻みにブレーキを少しずつ踏んでいくブレーキの踏み方です。

ポンピングブレーキは、雪上の路面とタイヤの間にスリップ状態を作らないための技術ですので、覚えておくと良いでしょう。

アイスバーンの交差点の曲がり方

アイスバーンの交差点の曲がり方にも十分に注意しましょう。交差点に入る前に瞬時に止まれるスピードまで十分にスピードを落としておきます。

そして、ゆっくりしたハンドル操作で車の方向を変えて、さらにゆっくりとしたスピードで交差点に侵入していきます。この時、横断歩道に人も自転車もいない、もしくはいることをよく確認しながら運転しましょう。

交差点はアイスバーンになりやすい地点です。そこに対向車も右折左折といった複雑な走行状況が生まれる場所だということを念頭において、安全に走行しましょう。

車庫から車を出す方法

車庫から車を出す際にも、降雪地帯では気を付けなくてはならないことがあります。特に、屋根のない車庫から車を出す際にはいくつかの作業が必要な時があります。

雪が降り車が雪に埋もれた場合などには車の雪を下す必要がありますし、場合によっては駐車場から車道に出るまでの距離を雪かきしなければならないこともあります。

前日に融雪剤などを巻いておくのも手でしょう。

雪の性質をよく理解する

雪道運転では、雪の性質をよく理解することも大切です。雪は溶ければ水になりますが、その水が冷えれば氷になります。雪道はアイスバーンへと変化していくのです。

わだちも同じで、最初は雪のわだちであっても時間の経過とともに氷のわだちに変化することもあります。こういう路面の変化の仕組みをよく理解し、それに備えたタイヤなどを装着して運転するようにしましょう。

雪道運転講習もおすすめ!

教習のイメージ

運転に自信のない方は雪道運転講習の受講がおすすめ

知識を習得するだけではなかなか自信が持てないという方には、降雪地方の自動車教習所などで行われている雪道講習というものおすすめです。

費用はかかりますが、教習所内のコースを利用し、雪道・アイスバーンなどを再現した状況を体験できる講習となっています。

こういったものを利用して、ご自身の運転技術の向上や体験することで自信がつける事も大切です。

講習には出張型と教習所型がある

雪道講習の中には出張型で自宅まで来てくれる様な講習もあり、ご自身の車を使用する講習と教習車を使う二種類があるようです。

メリットは普段使う車で、普段通る道を使用して講習が受けられる点です。ペーパードライバーの方にもお勧めです。

講習料金に幅がある

講習料金にはかなりの幅があります。そのサービスを行っている業者によりまちまちですので、よく調べて比較し選択しましょう。

また、ご自身にあった講習を受けることが大事で、雪道の走行は軽自動車・普通自動車・4WD車の運転・大型自動車など、車のタイプでも運転の際気を付ける事は変わってきます。ご自身の環境をよく理解して講習を選びましょう。

まとめ

雪道での走行風景

適切な雪道運転テクニックで快適なドライブを

雪が降らない地域にお住まいでも、降雪地域に行かないとは言い切れません。特に普段雪の降らない地域にお住まいの方が、いきなり雪道を安全に走行することはなかなか難しい事です。

しかし、車の運転をするのであれば、もちろん雪道を運転できないよりできる方が行動範囲も広がりカーライフは充実したものになります。例えば、スキーに家族や友人と出かけるといったことや、真冬の北海道旅行の際レンタカーなどをご利用になり、思い切り冬の北海道を満喫する旅もできてしまいます。

車の運転は正しい知識と的確な装備、路面にあった運転方法をしっかりと守っていれば 、決して恐れる必要はありません。しっかり安全運転を心がけ楽しいカーライフをお過ごしください。

関連するキーワード


ドライブお役立ち情報 雪道

関連する投稿


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

自動車保有台数は年々増えている統計があるのに、数が減りつつあるガソリンスタンド。また以前のようなフルサービス店はどんどん少なくなってきており、「近所のガソリンスタンドは全部セルフ式」なんて方も多いのでは。慣れていないと戸惑ってしまうセルフ式ガソリンスタンドですが、コツさえ押さえればスムーズに便利に利用できます。ポイントごとにご紹介していきます。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。


縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

歩道と車道の間に設置されている縁石は、歩行者が行き来する歩道と車道を明確に分けるために必要なものです。しかし縁石があるために駐車場から出られない場合や、縁石に乗り上げてしまうなどのケースに遭遇することもあります。そこでこの記事では、縁石の概要から切り下げ工事について、また車で乗り上げてしまったときの対処法を解説します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。