目次へ戻る

【2020年だけ!】オリンピックナンバープレートの申込方法などを解説

【2020年だけ!】オリンピックナンバープレートの申込方法などを解説

オリンピックナンバープレートとは、2020年東京で行われるオリンピックを盛り上げていくために作られたオリンピック仕様のデザインになっているナンバープレートのことです。今回は、そんなオリンピック仕様ナンバープレートの申込方法や期限などを解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オリンピックナンバーとは?

バスやタクシーのオリンピックナンバー

バスやタクシーにもオリンピックナンバーが!

とうとう今年は2020年です。皆さんご存じの通り東京オリンピックが始まります。

そこで、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」というのが交付されています。

すでに空港周辺のバスやタクシーなどを中心に使用されており、見たことがあるという方もいるかもしれません。

日本でのオリンピックは22年ぶりです。せっかく身近で行われるオリンピックをみんなで盛り上げていきましょう!

オリンピックナンバーの種類や料金

今回紹介していくオリンピック仕様ナンバープレートですが、購入するうえで押さえておきたいポイントが2つあります。

1つ目は2種類のナンバープレートについて、2つ目は料金についてです。2つのポイントを押さえた上で購入しましょう。

2種類のナンバープレート

1種類目は寄付金なしでエンブレムのみが描かれているナンバープレートです。エンブレムはパラリンピックとオリンピックのものが1セットになっています。

2種類目は寄付金ありで背景デザインが描かれているものが選べるナンバープレートです。寄付金は「交通の利便性の向上等の大会開催を支援する事業」に使われます。

オリンピックナンバーの料金

寄付金なしの場合の料金は以下のようになります。


軽自動車
7,200円~9,600円程度
中型(小型・普通自動車)
7,500円~9,000円程度
大型(主に大型自動車)
10,400円~15,500円程度

これに加えて1,000円以上の寄付金でオリンピックナンバープレートを購入することができます。

寄付金の上限は特に設けられていません。

オリンピックナンバーはいつまで入手できる?

オリンピックナンバープレートの交付は2017年10月10日より開始されており、申込みの期限は2020年9月30日(予定)まで となっています。


実はオリンピック終了後でも少しの期間なら申し込みができてしまうのです!オリンピックで感動したら申し込んでみてはいかがでしょうか。


申し込み方法は全国自動車標板協議会のサイト図柄ナンバー申込サービスか管轄の予約センターで申し込んでください。


現在の番号でも、新しい番号でも申し込み可能ですが、新しい番号の場合で人気の予想される番号は抽選対象になっています。


抽選確率は現時点ではわからないですが、かなりの数が申し込まれるのではないかと思います。

オリンピックナンバーの申し込み方法は?

パソコンを見る女性

申込方法を知ろう

オリンピックナンバーの申し込み方法には2種類あり、現在の番号で申し込む方法と新しい番号で申し込む方法があります。

現在の番号で申し込む方法

現在の番号を維持したまま申し込みたい場合は、申し込み完了後、交付手数料を支払い自動車登録番号標交換申請書に記入し、管轄の運輸支局で手続きを行い、図柄ナンバーを取り付けます。

自分の今の愛車と変わらないので、購入時にナンバーにこだわった方は申し込みも難しくなく、取り付け後も特にナンバー変更手続きや変更費用も必要ないので申し込みやすいかと思います。

新しい番号で申し込む方法

次に新しい番号で申し込みたい場合です。希望番号を申し込むときには「抽選対象希望番号」と「一般希望番号」の2種類があります。

抽選対象となるのは開催年の「2020」のようなナンバーが予想されます。

当選した場合は、交付手数料を支払ってから希望番号予約センターへ希望番号予約済証を取りに行きます。その後、運輸支局で図柄ナンバーを取り付けます。

こちらは希望番号予約センターの横に運輸支局があるので受け取ってから取り付けまではスムーズに行うことが出来ます。

抽選対象希望番号に設定されていない番号は、抽選をせずに取得することができます。申し込み完了後は当選した場合と同じとなっていますのでこちらも特別難しいことがあるわけではなく、思っているよりも簡単に手続きできます。

一度入手すれば、記念保存できる

思い出の品にもできる

思い出の品にもできる

オリンピックナンバープレートは、2020年しか使えないなどの制限はありません。当然、オリンピック終了後も使っている車を廃車するまでは使用可能となっております。

逆に、オリンピックナンバーから元のナンバープレートや別のナンバープレートに変更することも当然可能です。

その場合は、取り外したオリンピックナンバープレートに不正使用防止穴を開けておけば、記念品として手元に置いておくことも可能です。

オリンピック終了後には家で飾っておくのも良い思い出の品となること間違いなしです!

まとめ

国立競技場の聖火台

東京オリンピックを盛り上げよう!

一生のうちに何度経験できるかわからない自国でのオリンピックなので、今回のオリンピックでぜひ記念にナンバープレートを購入し、みんなで盛り上げていきましょう。

未来の子供たちに将来自慢できる記念すべきナンバープレートになるかもしれませんよ!

関連するキーワード


ナンバープレート 豆知識

関連する投稿


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。


車の整備士の資格について解説!専門学校や給料は?

車の整備士の資格について解説!専門学校や給料は?

自動車をお持ちの方なら必ずお世話になったことのある整備士という職業の方、整備士さんのお仕事とはどのようなものなのでしょうか?整備士になるためには何が必要なのか、を今回はご紹介します。


高齢者マークとは?義務の有無は?何歳からつける?徹底解説

高齢者マークとは?義務の有無は?何歳からつける?徹底解説

車の前後によく見るステッカーなどに、若葉マークや高齢者マークというものがあります、この高齢者マークとはいったい何のためにあるのでしょうか?今回はこの高齢者マークについて説明いたします。


ドグミッションとは何?他のミッションとの違いや特徴

ドグミッションとは何?他のミッションとの違いや特徴

車のシフトレバーは、 一般的にインパネシフトにあるものは多いですが、マニュアルとなればフロアになります。しかし車の中には、ドグミッションを採用している車もあります。ではドグミッションとはどのようなミッションでしょうか?またその他のミッションとの違いは何なのかご紹介します。


モノコックとは?基本情報や特徴、ラダーフレームとの違いをご紹介!

モノコックとは?基本情報や特徴、ラダーフレームとの違いをご紹介!

皆さんはモノコックという言葉を聞いたことがありますか?航空機に始まりを持つ構造で、現在ではクルマや鉄道などにも採用されている技術です。今回はクルマにおけるモノコックボディ構造を、ラダーフレームと呼ばれる構造と比較しながらご紹介します。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。