トップへ戻る

フィアット500X 走りもデザインも魅力的なSUV 

フィアット500X 走りもデザインも魅力的なSUV 

イタリアの自動車メーカーフィアットから2015年にコンパクトSUVが販売されました。大きめのタイヤと最低地上高が高いSUVらしい見た目の中に、どこか可愛らしさがある「フィアット500X(チンクェチェントエックス)」。このクルマの性能や、外装・内装といったスペックを見ていきたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


フィアットとは?

フィアット 500X 2019年

フィアット 500X 2019年

フィアットという車を知っている人はどのくらいいるのでしょうか。

車に詳しい人であれば認知度は高いですが、それ以外の人は何となく聞いたことがある程度という人が多いでしょう。

フィアットは1899年に創業されたイタリアの自動車メーカーで、日本でもいくつかの車種の扱いがあります。その愛くるしいフォルムやデザイン性の高さなどで、高く評価されています。

フィアット 500X 2019年

フィアット 500X 2019年

SUVとは?

フィアット 500X 2019年  フロント

フィアット 500X 2019年 フロント

SUVとはスポーツユーティリティビークルの略称で、日本語ではスポーツ用多目的車と呼ぶことが多いようです。

日本車だと長い歴史があるランドクルーザー、パジェロなどを思い浮かべる人が多いかもしれないです。輸入車だとポルシェのカイエンや、ランドローバーのレンジローバーなどが有名です。

SUVのメリットとデメリット

フィアット 500X タイヤとホイール

フィアット 500X タイヤとホイール

SUVのメリットは、頑丈でタフなフレームと、車高の高さです。また、悪路でも問題なく走ることができる点が魅力と言えます。

日本は基本的に道路がしっかりと舗装されているので、悪路を走行する機会が少ないですが、その分アウトドアなどで、アクティブな走りが楽しめます。

また、最近ではややマイルドな雰囲気がある都会派のSUVが人気を集めています。

長所はありますが、短所もあるということを理解しておく必要があります。想像以上に車に重さがあるほか、その重たいボディを加速させるために大排気量のエンジンを搭載しています。

これにより、燃費はどうしても低下しがちになるほか、SUVは全体的に価格は高くなってしまうのもデメリットと言えるでしょう。

フィアット500Xとは?

フィアット500X

フィアット500X

フィアット フィアット 500X 2019年 バック

フィアット フィアット 500X 2019年 バック

フィアット500X(チンクェチェントエックス)とはどんな車なのでしょうか。

フィアットの500Xは、フィアットとアメリカのクライスラーが共同で開発を行いました。

フロントマスクは愛嬌のある、存在感のあるデザインになっています。

かわいらしいデザインはもちろん、マイナーチェンジで搭載された新開発の1.3リットル直列4気筒ターボエンジンは以前よりも増して軽快な走りを提供してくれます。

フィアット500Xのスペック

フィアット 500X 2019年 新エンジン

フィアット 500X 2019年 新エンジン

【フィアット 500X グレード】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)mm4,280mm×1,795mm×1,610mm(ホイールベース:2,570mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,410kg
燃費WLTCモード:13,5km/L
エンジン種類直列4気筒 マルチエア 16バイブ インタークーラー付ターボ
最高出力(kW(PS)/rpm)111kW(151PS)/5,500rpm
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)270N・m(27,5kg・m)/1,850rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッション6速乾式デュアルクラッチオートマチック

フィアット500Xの外装・内装

フィアット 500X 2019年 メーター部分

フィアット 500X 2019年 メーター部分

次はフィアット500Xの外装・内装について見ていきましょう。

フィアット500Xの外装

フィアット 500X 新型

フィアット 500X 新型

フィアット 500X 2019年 リア部分

フィアット 500X 2019年 リア部分

フィアット500Xの内装

フィアット 500X 2019年  内装

フィアット 500X 2019年  内装

フィアット 500X 新型

フィアット 500X 新型

フィアット 500X 新型

フィアット 500X 新型

フィアット 500X 新型

フィアット 500X 新型

フィアット 500X 新型

フィアット 500X 新型

フィアット500Xの内装も非常にお洒落な仕上がりになっています。内装は都会的でスタイリッシュで、まさにイタリアの車といった印象を受けます。

フィアット500Xの試乗記・口コミ評価

今度の『500X』はかなりいい!というのが試乗後の素直な感想。そもそも悪いクルマではないが、明らかに走りが楽しくなっていた。

新型の目玉はこのタイミングで採用された新エンジン。マイナーチェンジではあるが、クルマの性格が変わったと言っても過言ではない。

で、これが走らすと気持ちがいい。低速から大きなトルクが発生してスムーズに走り出すというのもそうだが、これまで以上にエンジンの出力に抑揚がある。回転計の針と同期するフィーリングはクルマ好きなら好まずにはいられない。走りにながら思わずニヤケてしまう感触がある。

さらにいうと、ハンドリングも気持ちよくなっている。ステアリング操作に対する足回りの反応と追従するボディはクイックで、コーナリングが楽しくなるほどだ。今回ボディ剛性のアップ等は正式にリリースされていないが、かなり手が入っている気がする。サスペンションの取り付け剛性も上がっているに違いない。

まとめ

フィアット 500X 2018年

フィアット 500X 2018年

500Xはフィアットの良いところを引き継ぎながら、SUV特有のワイルドな要素を上手く取り入れたSUVと言えます。

パワフルなエンジンを搭載しているほか、都会派SUVを求めている方にも、おしゃれなSUVを求めている方にもピッタリの車です。

気になる方はぜひ、販売店などで試乗してみてくださいね。

関連する投稿


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

2020年12月に大幅改良を発表し、同日より発売された三菱のコンパクトSUV「新型エクリプスクロス」が大人気で、評価も非常に高くなっています。今回はそんな新型エクリプスクロスの人気の理由とスペック、そして中古車相場をご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。