トップへ戻る

【豆知識】スペアタイヤが必要な理由やメンテナンス方法をご紹介

【豆知識】スペアタイヤが必要な理由やメンテナンス方法をご紹介

近年の新車には、パンク修理キットのみの搭載がメジャーになりつつあります。スペアタイヤを知らない人も増える中で今回の記事ではスペアタイヤについての必要性やその使い方などについて分かりやすく解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スペアタイヤとは?

スペアタイヤ

スペアタイヤって何?

スペアタイヤとは、自動車に装備されている細いタイヤと黄色のホイールが特徴的な応急処置用に開発されたタイヤです。

応急処置で使用するタイヤなので、「走行距離」や「速度」には規定が有り、標準タイヤとは全く別物のタイヤと認識しないといけません。

スペアタイヤは、一般的には前輪や後輪どこの場所でも装着することができます。交換方法も一般のタイヤ交換と手順が同じで、専用工具があれば誰でも短時間で交換することができ、タイヤも軽いので女性でもタイヤを持つことができます。

しかし、自動車の車種によってはスペアタイヤを装備する場所が設けられていないこともあるので、全ての国産車に適合していないので注意が必要です。

スペアタイヤの特徴

タイヤの空気圧をチェックする様子

空気圧もチェックしよう

急なパンクやバーストといったトラブル時にタイヤを付け替える必要があります。そんな時に必要となるシーンがスペアタイヤには多いです。

特にパンクの状態によって、走行が不可能になるケースもあり、外出先で身動きが取れなくなってしまったといった場面で対応する事ができたりしますので、スペアタイヤを積んでいるだけでも安心できます。

短い距離なら走行できる

応急タイヤのスペアタイヤは、速度に気をつければ一般道や高速道路も走行することが可能です。

速度に注意さえすれば、ハンドル操作の心配しなくても大丈夫です。

逆に、速度や乱暴な運転を行えば、ハンドル操作に支障をきたす可能性がありますので注意が必要です。

スペアタイヤは普通のタイヤより寿命が長い

一時的な使用目的で、スペアタイヤは使用されます。

タイヤのゴムは、アスファルトで削れ紫外線などで劣化し定期的に交換する認識ですが、スペアタイヤは一時的に使うので劣化するスピードは遅いです。

スペアタイヤ自体に規定の交換時期の決まりが無いので、スペアタイヤのゴムの状態で判断するのが一般的に多いでしょう。

タイヤがパンクした時などに使える

劣化したタイヤ

パンクしたタイヤを放っておくと大変なことに

スペアタイヤに変えることで、パンクしたタイヤの症状の悪化を抑えることができます。パンクしたタイヤで走行すると、タイヤの中のワイヤーに負担がかかります。

ワイヤーが切れてしまうと、修復不可能です。更にタイヤ以外にも、車体の重さに耐えきれずホイールまで変形する恐れがあります。

タイヤがパンクしてしまった時にスペアタイヤに履き替えることも可能です。

季節関係なく活躍する

スペアタイヤがあるだけで、大雨や雪などの原因で路面の状態が悪くても瞬時に対応することができます。立ち往生の心配もいらず、スペアタイヤに交換の作業を行えば柔軟に対応することができます。

一ヶ所がタイヤトラブルとなるだけで、車は簡単に安定性を失ってしまいハンドル操作にも影響します。

運転に自信があってもどの様な状況で運転するか誰も予想できないので、最善の状態にするのがお勧めです。

スペアタイヤのメリットとデメリット

メリット・デメリット

メリット・デメリットについて考えよう

メリット

スペアタイヤのメリットは、パンクしても安全に走行ができる事とパンクしてしまったタイヤの修復ができる可能性が高い事です。

新しいタイヤを買うリスクは減り、出費を抑え遠出をする方には万が一に備えることができるスペアタイヤは優れものです。

デメリット

デメリットもあります。

近年発売されている新車にはオプションで購入しないといけないので、タイヤのサイズによって価格が全く違っています。

スペアタイヤの準備をしても、パンクする機会が無ければスペアタイヤは不要と思ってしまいますが、あれば役立つのがスペアタイヤです。

スペアタイヤの使い方

タイヤ交換の様子

事前準備も大切

スペアタイヤの使用方法は、「タイヤがパンク」したり「安全に走行できない」時などに使用します。

スペアタイヤを自分で取り付けるには、安全な場所に自動車を移動させ車載工具が必須になります。自動車を一時的に持ち上げる「ジャッキ」にナットを締める「L型レンチ」などで取付けを行います。

自動車ごとにジャッキポイント(フレームにヘコミがある)が設けられているので確認しながら、危なくない場所で作業を行います。

スペアタイヤと車載工具の設置場所は、事前に確認すると困った時にスムーズに動くことができます。

スペアタイヤのメンテナンス方法

スペアタイヤ

スペアタイヤ

スペアタイヤのメンテナンス方法は、自分でも簡単にすることができます。

まず、スペアタイヤの保管場所は、室内のトランクルーム内にあるかトランクの真下などに装着されていることが多いです。日光が当たる場所に保管してあると、日焼けでタイヤのゴムが劣化することがあるので注意しましょう。

時間と共に「空気圧」も減っていきますので、こちらもこまめにチェックしておきましょう。

通常のタイヤに比べ約2倍近い空気が入っていますが、それでも放っておくと空気が減り、いざ付け替えて運転しようとしたら今度はバーストしたなどのトラブルに見舞われることもあります。

こちらはガソリンスタンドで空気を入れることができるので減っているとわかったら補充しましょう。

日焼けでひび割れを起こしていないか確認し、空気圧については最低でも年に1回点検を行うだけで安心して使用できます。

まとめ

空気圧の低いタイヤ

タイヤのメンテナンスを忘れずに!

スペアタイヤは、車によってはオプションの設定になっています。また近年では、パンク修理キットが主流になってきています。

パンク修理キットを使用したパンクタイヤは完全修復することができず、理解せずに使用してしまう人もいます。

スペアタイヤは、あれば非常に便利なので一台に一つ準備するのがお勧めです。後からでもスペアタイヤは販売店などで購入することが可能なので、一度装備されていないか確認してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


【エンジンオイル】入れすぎた場合どうなる?見方は?確認方法と対処法まとめ

【エンジンオイル】入れすぎた場合どうなる?見方は?確認方法と対処法まとめ

エンジンオイル交換の際に、エンジンオイルを規定量よりも入れ過ぎてしまったらどうなるのでしょうか?本記事ではエンジンオイルをエンジンに入れすぎた場合のエンジンへの影響、エンジンオイルの量を測る方法や、エンジンオイルを入れすぎてしまった場合の対処法を掲載しています。


【交通安全協会】入会は任意、会費を払うメリットは?実はお得?

【交通安全協会】入会は任意、会費を払うメリットは?実はお得?

免許証の交付や更新時などに入会できる「交通安全協会」ですが、そもそも入会は任意なのか義務なのかといった疑問から、チャイルドシートの無料レンタルや協賛店の割引などの入会メリット、会費を紹介します。また、入会と退会の方法についても記載しています。


駐車違反の反則金はいくら?標識がなくても駐車禁止の場所は?

駐車違反の反則金はいくら?標識がなくても駐車禁止の場所は?

当記事では駐車禁止違反(駐禁)について、違反をしてしまった際の反則金・罰金、違反点数などの罰則内容から、駐車禁止のステッカーを貼られてしまった場合にどうすればいいのか等の対処方法、駐禁の反則金の支払いについてや、違反をしてしまった場合はすぐに出頭すべきか否か等をまとめて掲載しています。(※情報は2022年7月現在のものです)


車のエアコンが効かない場合と臭いや異音の原因と対処法は?上手なエアコンの使い方も紹介

車のエアコンが効かない場合と臭いや異音の原因と対処法は?上手なエアコンの使い方も紹介

季節によっては欠かせないカーエアコン。しかし、冷えない・効かないと感じることはありませんか?臭いや異音が気になっている方もいるかと思います。この記事では、車のエアコンの故障の原因や上手に使うための方法などを紹介!この記事を読んで、カーエアコンを上手に使いこなしましょう。


車のエアコンガス チャージ・補充方法は?入れ方や料金を徹底解説

車のエアコンガス チャージ・補充方法は?入れ方や料金を徹底解説

季節の変化で気温が変わると必要になるのが車のエアコン。今回は、そのエアコンのために補充が必要なエアコンガスについて、漏れる原因や確認方法から、セルフでの補充方法、補充にかかる料金について解説します。


最新の投稿


【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

女性が運転していたらより一層かっこいい。そんな車を国内外の多様なジャンルの車から国産車5台、輸入車5台をピックアップしました。貴女に似合うピッタリの一台が見つけてください。


【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

車には様々なボディタイプがありますが、多くの人が車と聞いて最初に思い浮かべる、最もオーソドックスな形状の車がセダンです。最近のセダンは流れるルーフラインでクーペのような美しいデザインも多く、セダンの定義やイメージも時代とともに少しずつ変わってきています。この記事では、現在販売されている新車のセダンで販売台数ランキングトップ5の国産車と輸入車をそれぞれ5台ずつ、計10台紹介します。


【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

昨今アウトドアや車中泊の人気が高まっていますが、気軽に車中泊を始めるなら「軽バン」がおすすめです。もともとは「仕事用」のイメージが強い軽バンですが、実はいろいろな種類があります。この記事では車中泊におすすめの軽バンを5台紹介します。


【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

昨今、各メーカーが最も力を入れてるジャンルの一つであるといっても過言ではないSUV。悪路走破性能に特化した本格クロカンSUVはもちろんのこと、都市型クロスオーバーSUVや高級感溢れるフラッグシップモデル、さらには一風変わったこだわりのデザインの車種まで、国産&輸入のかっこいいSUVを10車種紹介します。


【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

市場には、リセールバリュー(再販価値)の高い車と低い車があります。購入時にリセールバリューの高い車を選べば、新車販売価格は高額であっても、所有期間中に目減りする資産価値、すなわち自分の持ち出し分は意外と少なくなる可能性も。この記事では、リセールバリューの高いおすすめの5車種を紹介します。