トップへ戻る

【豆知識】スペアタイヤが必要な理由やメンテナンス方法をご紹介

【豆知識】スペアタイヤが必要な理由やメンテナンス方法をご紹介

近年の新車には、パンク修理キットのみの搭載がメジャーになりつつあります。スペアタイヤを知らない人も増える中で今回の記事ではスペアタイヤについての必要性やその使い方などについて分かりやすく解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スペアタイヤとは?

スペアタイヤ

スペアタイヤって何?

スペアタイヤとは、自動車に装備されている細いタイヤと黄色のホイールが特徴的な応急処置用に開発されたタイヤです。

応急処置で使用するタイヤなので、「走行距離」や「速度」には規定が有り、標準タイヤとは全く別物のタイヤと認識しないといけません。

スペアタイヤは、一般的には前輪や後輪どこの場所でも装着することができます。交換方法も一般のタイヤ交換と手順が同じで、専用工具があれば誰でも短時間で交換することができ、タイヤも軽いので女性でもタイヤを持つことができます。

しかし、自動車の車種によってはスペアタイヤを装備する場所が設けられていないこともあるので、全ての国産車に適合していないので注意が必要です。

スペアタイヤの特徴

タイヤの空気圧をチェックする様子

空気圧もチェックしよう

急なパンクやバーストといったトラブル時にタイヤを付け替える必要があります。そんな時に必要となるシーンがスペアタイヤには多いです。

特にパンクの状態によって、走行が不可能になるケースもあり、外出先で身動きが取れなくなってしまったといった場面で対応する事ができたりしますので、スペアタイヤを積んでいるだけでも安心できます。

短い距離なら走行できる

応急タイヤのスペアタイヤは、速度に気をつければ一般道や高速道路も走行することが可能です。

速度に注意さえすれば、ハンドル操作の心配しなくても大丈夫です。

逆に、速度や乱暴な運転を行えば、ハンドル操作に支障をきたす可能性がありますので注意が必要です。

スペアタイヤは普通のタイヤより寿命が長い

一時的な使用目的で、スペアタイヤは使用されます。

タイヤのゴムは、アスファルトで削れ紫外線などで劣化し定期的に交換する認識ですが、スペアタイヤは一時的に使うので劣化するスピードは遅いです。

スペアタイヤ自体に規定の交換時期の決まりが無いので、スペアタイヤのゴムの状態で判断するのが一般的に多いでしょう。

タイヤがパンクした時などに使える

劣化したタイヤ

パンクしたタイヤを放っておくと大変なことに

スペアタイヤに変えることで、パンクしたタイヤの症状の悪化を抑えることができます。パンクしたタイヤで走行すると、タイヤの中のワイヤーに負担がかかります。

ワイヤーが切れてしまうと、修復不可能です。更にタイヤ以外にも、車体の重さに耐えきれずホイールまで変形する恐れがあります。

タイヤがパンクしてしまった時にスペアタイヤに履き替えることも可能です。

季節関係なく活躍する

スペアタイヤがあるだけで、大雨や雪などの原因で路面の状態が悪くても瞬時に対応することができます。立ち往生の心配もいらず、スペアタイヤに交換の作業を行えば柔軟に対応することができます。

一ヶ所がタイヤトラブルとなるだけで、車は簡単に安定性を失ってしまいハンドル操作にも影響します。

運転に自信があってもどの様な状況で運転するか誰も予想できないので、最善の状態にするのがお勧めです。

スペアタイヤのメリットとデメリット

メリット・デメリット

メリット・デメリットについて考えよう

メリット

スペアタイヤのメリットは、パンクしても安全に走行ができる事とパンクしてしまったタイヤの修復ができる可能性が高い事です。

新しいタイヤを買うリスクは減り、出費を抑え遠出をする方には万が一に備えることができるスペアタイヤは優れものです。

デメリット

デメリットもあります。

近年発売されている新車にはオプションで購入しないといけないので、タイヤのサイズによって価格が全く違っています。

スペアタイヤの準備をしても、パンクする機会が無ければスペアタイヤは不要と思ってしまいますが、あれば役立つのがスペアタイヤです。

スペアタイヤの使い方

タイヤ交換の様子

事前準備も大切

スペアタイヤの使用方法は、「タイヤがパンク」したり「安全に走行できない」時などに使用します。

スペアタイヤを自分で取り付けるには、安全な場所に自動車を移動させ車載工具が必須になります。自動車を一時的に持ち上げる「ジャッキ」にナットを締める「L型レンチ」などで取付けを行います。

自動車ごとにジャッキポイント(フレームにヘコミがある)が設けられているので確認しながら、危なくない場所で作業を行います。

スペアタイヤと車載工具の設置場所は、事前に確認すると困った時にスムーズに動くことができます。

スペアタイヤのメンテナンス方法

スペアタイヤ

スペアタイヤ

スペアタイヤのメンテナンス方法は、自分でも簡単にすることができます。

まず、スペアタイヤの保管場所は、室内のトランクルーム内にあるかトランクの真下などに装着されていることが多いです。日光が当たる場所に保管してあると、日焼けでタイヤのゴムが劣化することがあるので注意しましょう。

時間と共に「空気圧」も減っていきますので、こちらもこまめにチェックしておきましょう。

通常のタイヤに比べ約2倍近い空気が入っていますが、それでも放っておくと空気が減り、いざ付け替えて運転しようとしたら今度はバーストしたなどのトラブルに見舞われることもあります。

こちらはガソリンスタンドで空気を入れることができるので減っているとわかったら補充しましょう。

日焼けでひび割れを起こしていないか確認し、空気圧については最低でも年に1回点検を行うだけで安心して使用できます。

まとめ

空気圧の低いタイヤ

タイヤのメンテナンスを忘れずに!

スペアタイヤは、車によってはオプションの設定になっています。また近年では、パンク修理キットが主流になってきています。

パンク修理キットを使用したパンクタイヤは完全修復することができず、理解せずに使用してしまう人もいます。

スペアタイヤは、あれば非常に便利なので一台に一つ準備するのがお勧めです。後からでもスペアタイヤは販売店などで購入することが可能なので、一度装備されていないか確認してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。


高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。


廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

免許の自主返納が増え、クルマを手放す人が増えた今、廃車に困っている方は少なくないかもしれません。多くの方にとって、クルマを購入するより経験のない手続きです。今回は、廃車の手続き方法やどんな業者に頼めるかをまとめました。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。