トップへ戻る

【豆知識】スペアタイヤが必要な理由やメンテナンス方法をご紹介

【豆知識】スペアタイヤが必要な理由やメンテナンス方法をご紹介

近年の新車には、パンク修理キットのみの搭載がメジャーになりつつあります。スペアタイヤを知らない人も増える中で今回の記事ではスペアタイヤについての必要性やその使い方などについて分かりやすく解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スペアタイヤとは?

スペアタイヤ

スペアタイヤって何?

スペアタイヤとは、自動車に装備されている細いタイヤと黄色のホイールが特徴的な応急処置用に開発されたタイヤです。

応急処置で使用するタイヤなので、「走行距離」や「速度」には規定が有り、標準タイヤとは全く別物のタイヤと認識しないといけません。

スペアタイヤは、一般的には前輪や後輪どこの場所でも装着することができます。交換方法も一般のタイヤ交換と手順が同じで、専用工具があれば誰でも短時間で交換することができ、タイヤも軽いので女性でもタイヤを持つことができます。

しかし、自動車の車種によってはスペアタイヤを装備する場所が設けられていないこともあるので、全ての国産車に適合していないので注意が必要です。

スペアタイヤの特徴

タイヤの空気圧をチェックする様子

空気圧もチェックしよう

急なパンクやバーストといったトラブル時にタイヤを付け替える必要があります。そんな時に必要となるシーンがスペアタイヤには多いです。

特にパンクの状態によって、走行が不可能になるケースもあり、外出先で身動きが取れなくなってしまったといった場面で対応する事ができたりしますので、スペアタイヤを積んでいるだけでも安心できます。

短い距離なら走行できる

応急タイヤのスペアタイヤは、速度に気をつければ一般道や高速道路も走行することが可能です。

速度に注意さえすれば、ハンドル操作の心配しなくても大丈夫です。

逆に、速度や乱暴な運転を行えば、ハンドル操作に支障をきたす可能性がありますので注意が必要です。

スペアタイヤは普通のタイヤより寿命が長い

一時的な使用目的で、スペアタイヤは使用されます。

タイヤのゴムは、アスファルトで削れ紫外線などで劣化し定期的に交換する認識ですが、スペアタイヤは一時的に使うので劣化するスピードは遅いです。

スペアタイヤ自体に規定の交換時期の決まりが無いので、スペアタイヤのゴムの状態で判断するのが一般的に多いでしょう。

タイヤがパンクした時などに使える

劣化したタイヤ

パンクしたタイヤを放っておくと大変なことに

スペアタイヤに変えることで、パンクしたタイヤの症状の悪化を抑えることができます。パンクしたタイヤで走行すると、タイヤの中のワイヤーに負担がかかります。

ワイヤーが切れてしまうと、修復不可能です。更にタイヤ以外にも、車体の重さに耐えきれずホイールまで変形する恐れがあります。

タイヤがパンクしてしまった時にスペアタイヤに履き替えることも可能です。

季節関係なく活躍する

スペアタイヤがあるだけで、大雨や雪などの原因で路面の状態が悪くても瞬時に対応することができます。立ち往生の心配もいらず、スペアタイヤに交換の作業を行えば柔軟に対応することができます。

一ヶ所がタイヤトラブルとなるだけで、車は簡単に安定性を失ってしまいハンドル操作にも影響します。

運転に自信があってもどの様な状況で運転するか誰も予想できないので、最善の状態にするのがお勧めです。

スペアタイヤのメリットとデメリット

メリット・デメリット

メリット・デメリットについて考えよう

メリット

スペアタイヤのメリットは、パンクしても安全に走行ができる事とパンクしてしまったタイヤの修復ができる可能性が高い事です。

新しいタイヤを買うリスクは減り、出費を抑え遠出をする方には万が一に備えることができるスペアタイヤは優れものです。

デメリット

デメリットもあります。

近年発売されている新車にはオプションで購入しないといけないので、タイヤのサイズによって価格が全く違っています。

スペアタイヤの準備をしても、パンクする機会が無ければスペアタイヤは不要と思ってしまいますが、あれば役立つのがスペアタイヤです。

スペアタイヤの使い方

タイヤ交換の様子

事前準備も大切

スペアタイヤの使用方法は、「タイヤがパンク」したり「安全に走行できない」時などに使用します。

スペアタイヤを自分で取り付けるには、安全な場所に自動車を移動させ車載工具が必須になります。自動車を一時的に持ち上げる「ジャッキ」にナットを締める「L型レンチ」などで取付けを行います。

自動車ごとにジャッキポイント(フレームにヘコミがある)が設けられているので確認しながら、危なくない場所で作業を行います。

スペアタイヤと車載工具の設置場所は、事前に確認すると困った時にスムーズに動くことができます。

スペアタイヤのメンテナンス方法

スペアタイヤ

スペアタイヤ

スペアタイヤのメンテナンス方法は、自分でも簡単にすることができます。

まず、スペアタイヤの保管場所は、室内のトランクルーム内にあるかトランクの真下などに装着されていることが多いです。日光が当たる場所に保管してあると、日焼けでタイヤのゴムが劣化することがあるので注意しましょう。

時間と共に「空気圧」も減っていきますので、こちらもこまめにチェックしておきましょう。

通常のタイヤに比べ約2倍近い空気が入っていますが、それでも放っておくと空気が減り、いざ付け替えて運転しようとしたら今度はバーストしたなどのトラブルに見舞われることもあります。

こちらはガソリンスタンドで空気を入れることができるので減っているとわかったら補充しましょう。

日焼けでひび割れを起こしていないか確認し、空気圧については最低でも年に1回点検を行うだけで安心して使用できます。

まとめ

空気圧の低いタイヤ

タイヤのメンテナンスを忘れずに!

スペアタイヤは、車によってはオプションの設定になっています。また近年では、パンク修理キットが主流になってきています。

パンク修理キットを使用したパンクタイヤは完全修復することができず、理解せずに使用してしまう人もいます。

スペアタイヤは、あれば非常に便利なので一台に一つ準備するのがお勧めです。後からでもスペアタイヤは販売店などで購入することが可能なので、一度装備されていないか確認してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


【カーシェア会社を比較】サッと借りてパッと使える!人気カーシェア会社3社を大比較

【カーシェア会社を比較】サッと借りてパッと使える!人気カーシェア会社3社を大比較

自家用車のある生活は便利ではあるものの、税金や保険料など、維持費の負担が大きくて大変な面もあります。そこで近年大いに広がりを見せているのが、スマホなどからサッと予約して必要な時間だけ車を使うことができる「カーシェア」。都市部の駅周辺などを中心に、カーシェアステーションを見かける機会も多いですよね。そんなカーシェア会社の中でも人気の3社を詳しくチェックして比較してみましょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。