トップへ戻る

車のACCとは?詳しく解説!

車のACCとは?詳しく解説!

みなさんはACCという言葉を聞いたことがありますか?ACCは、簡単に言えば運転を手助けしてくれる機能です。今回は、そのACCについて分かりやすく説明していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ACCとは?

渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール) イメージ図

渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール) イメージ図

ACCとはアダプティブ・クルーズ・コントロールの略で、安全運転支援システムになります。自動車に装備された安全機能のひとつで、車間距離を保ちながら走行するのを助けてくれます。

具体的には車に搭載されたカメラや各種センサーによって得られた情報からコンピュータが判断し、前車との距離を一定に保つように自動的にアクセルやブレーキ操作が行われます。ドライバーの負担が軽減され、車間距離を保つことで安全を確保することができます。

操作方法はメーカーごとに違いますが、ハンドルに付いているボタンを押してスイッチを入れる方式が多くみられます。これは、高速道路や自動車専用道路などで長時間にわたり連続運転をする時に使用するための装備となります。

ACCの機能その1

メーカーごとに細かな点で違いがありますが、基本的な機能は同じになります。運転中に作動させると、前車との一定の車間距離を保ちながら自動的にブレーキやアクセル操作が行われて追従走行をしてくれます。

前車がいなければ、設定された任意の速度を保って走行します。前車が一定以下の速度に減速または停止した場合は解除されます。渋滞などで一定以下の速度で走行したり停止と発進を繰り返すような場合は、何度もスイッチを入れ直す必要がでてきます。

ACCの機能その2

最近は一部の車種で、「全車速追従機能」が付いたACCが搭載されています。これは前車が一定以下の速度に減速しても解除されずに、前車に追従してくれるという便利な機能となります。

前車が完全に停止して再発進した場合でも、一定時間内であれば自動的にブレーキを解除して再発進します。全車速追従機能はノロノロ運転をしたり停止と発進を繰り返すような場合でもスイッチを入れ直す必要がありません。渋滞が発生した時でもドライバーの負担を軽減してくれます。

ACCによるメリット・デメリット

ダイハツ ロッキースマートアシストACC追従

ダイハツ ロッキースマートアシストACC追従

ACCによるメリット

高速道路や自動車専用道路を走行中にACCを使用することには、大きなメリットがあります。この機能はドライバーの代わりに自動運転をしてくれるようなものではありませんが、ブレーキとアクセル操作を肩代わりすることで負担を軽減してくれます。

その結果、安全運転のために周囲の状況確認に集中する事ができます。高速道路で長時間にわたり運転を続けると、ドライバーの速度感覚が麻痺し前車との車間距離が狭くなってしまい、事故が起こりやすくなってしまいます。

ACCを活用すれば安全な車間距離を自動的にキープしてくれるので、事故を未然に予防できるというメリットがあるうえに、常に一定の速度で低速走行をしてくれます。

人間は疲労が蓄積すると無駄な加減速をする傾向があり、燃費が悪くなってしまいます。この機能を活用し一定の速度で走行することで、燃費が向上するという利点もあります。

高速道路には信号や交差点がありませんが、自然に渋滞が発生するケースが少なくありません。高速道路などでカーブや坂にさしかかるとドライバーは無意識に速度を落とすことがあり、後続車との車間距離が短くなります。

この時に後続車が前車よりも速度を落とすと、次々に減速が波及して自然渋滞が発生します。全ての車がこの機能を活用して常に一定の車間距離を保って同じ速度で走行を続けることで、自然渋滞を防ぐことができるという可能性があります。

ACCによるデメリット

高速道路で長時間走行をするような場合にドライバーの負担を軽減してくれますが、弱点やデメリットも存在します。自動車のコンピューターはカメラなどを用いて前車の位置を把握しますが、急な飛び出しに対応することができません。

これに加えてコンピューターは事故が起こりやすい状況に直面しても人間のように危険予測をすることができないので、状況によっては危険回避のためにドライバーが減速操作をする必要があります。

前車との車間距離を把握するためにカメラやレーダーなどが使用されますが、降雨・降雪・霧などの悪天候時や逆光が生じるような状況だと、センサー類が正常に作動しない恐れがあるので使用できない事があります。

高速道路を走行中にこの機能を使用すればドライバーはアクセルとブレーキ操作の必要がなくなるので、長時間にわたり単調なハンドル操作を繰り返すことになります。単調な運転操作が続くと、眠気を感じやすくなるというデメリットがでてます。

この機能を活用すれば運転の負担が軽減されますが、それでもドライバーは一定時間ごとに休憩をすることが必須となってきます。

ACCには他の呼び方も

ホンダ N-BOX ホンダ センシング

ホンダ N-BOX ホンダ センシング

一般的に前車との車間距離を一定に保つ機能をACCと呼びますが、メーカーごとに違う呼び方をする場合があります。例えば、トヨタ(レクサスも含む)であれば「レーダークルーズコントロール」と呼ばれています。

他にも、日産「インテリジェントクルーズコントロール」スバル「アイサイト」三菱自動車「e-Assist」などと呼ばれることもあります。自動車メーカーごとに呼び方が違うのは、特許や付加的な機能の有無などが関係しています。

メーカーによる内容の違い

日本で販売されている多くの乗用車にはACCが装備されていて、基本的な機能(全車速追従・定速走行)は同になります。それでも、他の付加的な機能についてはメーカーにより内容の点で違いがあります。ここでは一部のメーカーをご紹介します。

ACCの基本的な機能は信号や交差点のない自動車専用道路でしか作動しないので、高速道路を運転する機会がほとんどないドライバーは恩恵を受けることができません。ただし、一部のメーカーは一般道で低速走行をしている時でも安全運転を支援するシステムを実用化して、市販車に装備しています。

高速道路を利用しないドライバーも活用する機会があります。この便利な機能の内容は自動車メーカーや車種ごとに違いがあるので、新車を購入する場合や実際に運転する前にきちんと確認するようにしましょう。

日産

日産は一部の車種にプロパイロットと呼ばれる機能を備えており、アクセルとブレーキ操作に加えて車線に沿ってハンドル操作もアシストしてくれます。

最新型の「プロパイロット2.0」は高速道路で車線変更をする場合や、完全に手放し状態でも運転を継続する機能を備えています。

スバル

スバルのアイサイトには、車線追従・緊急自動ブレーキ・AT車誤発進防止機能なども付いています。

これらに加えて、前方の信号を読み取ってドライバーに知らせてくれる便利な機能もあります。

三菱自動車

三菱自動車のe-Assist(イーアシスト)には、歩行者や自転車も検知可能な衝突被害軽減ブレーキや、踏み間違い衝突防止アシスト機能が付いています。

最新型のイーアシストは、時速60km以上で走行中に車線から逸脱するのを防止する「車線逸脱防止支援機能」や、2台前を走行する車両の位置をレーダーで検知して前車の減速を予想する「前方衝突予測警報」も備えています。

まとめ

家族でドライブ

安心・安全なドライブを!

現在は多くの車にACCが装備されているので、高速道路を長時間にわたり走行する場合に利用することができます。この機能を上手に活用すれば負担が軽減されて事故防止に役立ちますが、ドライバーの注意義務がなくなる訳ではありません。

この機能を使用する場合は機能の限界をきちんと理解した上で、安全運転を心がけることであなた自身だけではなく、同乗者の友人や家族の命を守る事に繋がるのではないでしょうか。

関連するキーワード


豆知識 テクノロジー

関連する投稿


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。


縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

歩道と車道の間に設置されている縁石は、歩行者が行き来する歩道と車道を明確に分けるために必要なものです。しかし縁石があるために駐車場から出られない場合や、縁石に乗り上げてしまうなどのケースに遭遇することもあります。そこでこの記事では、縁石の概要から切り下げ工事について、また車で乗り上げてしまったときの対処法を解説します。


クリープ現象ってなに?なぜあるの? 覚えておきたい車のキホン!

クリープ現象ってなに?なぜあるの? 覚えておきたい車のキホン!

いまや販売される車のほとんどに搭載されているオートマチックトランスミッション。マニュアル車のような忙しない操作が必要ない簡単さから人気となっていますが、オートマ特有の現象「クリープ」に関して深く考えてみたことはありますか。なぜクリープは発生するの?どうやって車が動いているの?トランスミッションのない電気自動車でもクリープするの? この記事で学んでいきましょう。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。