トップへ戻る

今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

生活が一変した今、これまで以上に自動車にかける予算も抑えたいと思う人も多いでしょう。そこで今、新車よりも断然リーズナブルな中古車が注目されています。この記事では中古車でもけっして見劣りしないメーカー別の魅力的な中古車をご紹介します。今回はホンダ車の中から人気のある中古車から5車種を厳選してみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダの中古車の特徴

ホンダの特徴は、軽自動車からコンパクトカーやミニバン、そしてスポーツカーまで豊富なラインナップが揃っていることです。

その全てがOEM(相手先ブランド供給車両)ではなく、自社生産であることも特徴と言えるでしょう。これはトヨタや日産にもないことで、そのため全てのクラスにホンダイズムが根付いているのです。

中古車を見ると、トヨタ、日産につぐ流通台数があり、現在は生産されていないモデルも多いのが特徴となっており、新車では販売が思わしくなかった車種も中古車市場では一定の人気を博しています。

今回はそんなホンダのラインナップの中から中古車をご紹介しますが、選択の基準は新車での販売ランキング上位車種としました。また、それぞれの前モデルも紹介します。

※なお、販売ランキングは日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会の発表による2019年度(4月~3月)の車名別販売台数統計情報によります。


1. N-BOX

なんといっても国産車でもっとも売れている車種であるN-BOXは、そのままもっとも人気のある車種と言って良いでしょう。その人気の要因は広く使い勝手の良い室内とホンダセンシングによる安全性能、そして軽自動車を超えた質感です。

N-BOXは、安全運転支援システムの「ホンダ・センシング」が2019年10月において衝突軽減ブレーキ(CMBS)の性能が向上されていて、横断自転車に対応し、街灯のない夜間の歩行者検知精度を高めています。

このように、最新のモデルは安全装備に関しては1年も経つと飛躍的な向上を見せており、新車を購入したくなる大きな要因となっています。

N-BOXの新車価格

 メーカー希望小売価格

タイプ消費税込み価格
消費税抜き価格
N-BOX
1,339,800〜2,016,600円
1,218,000〜2,016,600円
N-BOXカスタム
1,746,800~2,129,600円
1,588,000~1,936,000円

新車価格は20206月現在のメーカー公式サイトによるものです。

N-BOX現行モデルの中古車(2017年8月〜)

N-BOX現行2020年式モデル

新車での車両価格は1,411,300円からあるものの、人気のあるカスタムは1,746,800円から、ターボ車にいたっては1,996,500円と、軽自動車の魅力のひとつである低価格とはいえません。

その結果、下位グレードで我慢している人もいるのではないでしょうか?では、現行モデルの中古車ではどうなのでしょう。

さすがに買取価格も下取り価格も高いN-BOXだけあって、中古車相場も高いものがありますが、カスタマイズされた個体を除けば、1~2年落ちでもぐっとお買い得感が出ています。

カスタムも丁度1年落ちの2019年6月登録の車種が約110万円から見つける事も可能です。また、N-BOXは発売以来、大きな改良は行っていないので、新車と比較しても見劣りしないのも魅力です。

N-BOX現行モデルの中古車相場

N-BOX現行モデル

N-BOX現行モデルの中古車 消費税込本体価格

年式2017~2018年式2018〜2020年式
N-BOX標準車57.8〜177.0万円72.5〜199.9万円
N-BOXカスタム95~205万円95.5〜269.8万円

中古車相場は、20206月現在のレスポンス中古車検索によるものです。



N-BOX初代モデルの中古車(2011年12月~2017年8月)

N-BOX2012年式初代モデル

中古車の魅力である低価格を目指すなら、現行の2代目モデルではなく初代を狙いましょう。現在のN-BOXの快進撃の発端となった初代モデルは、安全装備こそ現行モデルには及びませんが、その他の使い勝手や室内の広さは見劣りしません。

しかも、現行モデルと並んでも、現行モデルオーナー以外は違いが判らないほど外観も似ているので旧型でも気になりません。

そして、2011年から2017年まで発売されたので、幅広い価格帯から選べるのが魅力で、20万円台から探すことも可能なのです。

また、初代モデルでは標準車とカスタムや4WD、そしてターボ車との価格差が少なくなることから、好みのグレードが選びやすくなるのも中古車ならではです。

N-BOX初代モデルの中古車相場

N-BOXカスタム2012年式初代モデル

N-BOX初代モデルの中古車 消費税込本体価格

年式2012~2013年式2014~2015年式2016~2017年式
N-BOX標準車18.0〜189.0万円18.0〜138.0万円42.5〜155.8万円
N-BOXカスタム29.5〜157.0万円29.9〜169.8万円59.5〜189.0万円

中古車相場は、20206月現在のレスポンス中古車検索によるものです。


2. フィット

フィット現行モデル

現行モデルは、シンプルな内外装のデザインに、歴代モデルから引き継がれた優れた性能と機能に加えて心地よさを提案し、「ベーシック」、「ホーム」、「ネス」、「クロスター」、「リュクス」というライフスタイルやライフステージに合わせた5タイプを用意しました。

最大の特徴は、進化したハイブリッドシステム「e:HEV」の採用と、「ホンダセンシング」は、誤発進抑制機能を後方にも対応するとともに、オートハイビームと近距離衝突軽減ブレーキを追加し、機能が増えています。

さらに、車載通信モジュールの「ホンダコネクト」が搭載されるなど、性能が強化されるなど、最新技術を盛り込んだ魅力ある車種となっており、発売以来好評な販売を記録しています。

2020年2月に発売された新型フィットには、「ベーシック」、「ホーム」、「ネス」、「クロスター」、「リュクス」という5タイプに、それぞれ1.3Lガソリンエンジンと、1.5Lハイブリッドシステム「e:HEV」が設定されています。

また、そのすべてにFF車と4WDが選択でき、さらに最大で25パターン(ツートンカラー含む)のボディカラーが選べるのが新車のメリットです。

フィットの新車価格

フィット現行モデル(NESS)

フィットメーカー希望小売価格

エンジンタイプ消費税込み価格
消費税抜き価格
1.3L車 
1,486,100〜2,186,800円
1,351,000〜1,988,000円
1.5Lハイブリッド車 
1,926,100〜2,536,600円
1,751,000〜 2,306,000円

新車価格は20206月現在のメーカー公式サイトによるものです

フィット現行モデルの中古車(2020年2月~)

フィット現行モデル

2020年2月に発売されたばかりの現行モデルのフィットですが、すでに中古車市場には多くの現行モデルが出回っています。

登録はされているので中古車なのですが、走行距離もゼロに近くほぼ新車と言ってもいい状態なので、一般的にはこのような中古車は「未使用車」と呼ばれ、新車では納期に時間がかかる人気車を希望する人にとっては人気があります。

ただし、発売から数か月が過ぎただけなので価格は新車に近く、中古車としての魅力はあまり感じられません。

具体的にはノーマル状態で新車価格の10~30万円安く、カーナビなどのオプションがついて新車と同額、またはそれ以上というケースが多くなります。

フィット現行モデルの中古車相場

フィット現行モデル(NESS)

 フィット現行モデルの中古車相場 

タイプ2020年式
1.3L車 
127.8〜259.8万円
ハイブリッド車 
169.0〜265.8万円

※中古車相場は、2020年6月現在のレスポンス中古車検索によるものです。


フィット前モデルの中古車(2013年9月~2020年2月)

フィット2017年式 ハイブリッドS ホンダセンシング

前モデルとなる3代目フィットは、燃費性能こそプリウスやアクアといったトヨタのハイブリッド勢にかないませんが、その機能性や使い勝手の良さは定評があり、ファミリー層から年配の方まで広く親しまれている車種です。

特に、初代から続くセンタータンクレイアウトによる室内空間の広さは最大のポイントとなっています。わずか2年落ちの2018年式であっても60万円台から探せるので、非常にコスパが良い車種と言えます。

エンジンは1.3Lと1.5Lのガソリンエンジンに加え、新型ハイブリッドシステムの「SPORT HYBRID i-DCD」によって燃費性能を最大で37.2km/L(JC08モード)まで高めています。

2017年6月にマイナーチェンジを受け、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を新たに採用して現行モデルに迫る安全性能を得ているので、中古車選びの重要なポイントとなっています。


フィット前モデルの中古車相場

フィットハイブリッド2013年式

 フィット前モデル 中古車相場(消費税込

年式2013~2015年式2016~2018年式2019~2020年式
1.3L1.5L車
25.5〜180.0万円49.0〜196.4万円55.0〜204.8万円
ハイブリッド車
29.0〜154.0万円56.8〜219.8万円79.9〜229.8万円

中古車相場と文中の中古車価格は、20206月現在のレスポンス中古車検索によるものです。


3. フリード

フリード現行モデル

フリードが支持される理由は、フィットベースのコンパクトなボディサイズながらも、本格ミニバンと同じく3列シートを備えていることです。また、多彩なシートアレンジが可能となっていて、全列で大人が快適に過ごせる広々したスペースになっていることです。

また、2列シート車の「フリード+ (フリードプラス)」では超低床化を実現し、6:4分割のダブルフォールダウン機構やユーティリティボードを採用し、車中泊も可能になるなど、広い室内スペースを活かした新しいカーライフを楽しめる車種となっています。

パワートレインには、1.5Lガソリン車とスポーツハイブリッドi-DCDを採用し、WLTCモード燃費では、ガソリン車は17.0km/L、ハイブリッド車は20.8km/Lを達成しています。

また、2019年10月にマイナーモデルチェンジされ、新グレードの「クロスター」が新設されるとともに、後方誤発進抑制機能を追加した「ホンダ・センシング」は全車標準装備されています。

フリード現行モデルの新車価格

フリード現行モデル クロスター

フリード メーカー希望小売価格

タイプ消費税込み価格
消費税抜き価格
フリード 
1,997,600~2,972,200円 
 1,816,000~2,702,000円
フリードハイブリッド  
2,561,900~3,278,000円
2,329,000~2,980,000円
フリード+
2,182,400~2,638,900円
1,984,000~ 2,399,000円
フリード+ハイブリッド 
2,583,900~3,040,400円
2,349,000~2,764,000円

新車価格は20206月現在のメーカー公式サイトによるものです。

フリード現行モデルの中古車(2016年9月~)

2016年式フリードプラス ハイブリッド

現行モデルは、2019年10月にマイナーモデルチェンジされており、新グレードの「クロスター」が新設されたことと、後方誤発進抑制機能を追加した「ホンダ・センシング」は全車標準装備されています。

クロスターが気に入っている方や安全機能を重視したい方は、この最新型を探すことが必要となります。ただし、発売から間もないので、新車と比べても大きな価格の開きはありません。

これらにこだわらなければ、2016年の発売直後のモデルでも新車と大きな内容の差はなく、新車と比べるとグレードによっては約100万円もの差額があり、かなりの買い得感があります。

フリード現行モデルの中古車相場

2019年式フリード

 フリード現行モデル 中古車相場(消費税込)

年式2016〜2017年式2018〜2020年式
フリード1.5L
95.8〜253.8万円
119.9〜289.9万円
フリードハイブリッド
115.9〜295.8万円
129.0〜313.5万円
フリード+ 1.5L
80.0〜230.8万円
119.0〜258.9万円
フリード+ ハイブリッド
119.9〜249.8万円
139.0〜279.8万円

中古車相場と文中の中古車価格は、20206月現在のレスポンス中古車検索によるものです。

フリード前モデルの中古車(2008年5月~2016年9月)

2008年式フリード

2008年に発売された初代となる前モデルは、3列シートとスライドドアを備える5ナンバーサイズミニバンとして一大ブームメントを起こし、2011年にはハイブリッド車の投入でさらに人気を獲得しました。

10年以上経過したモデルもあることから、中古車相場は一桁台も珍しくなく、ハイブリッドも手軽な価格になるなど、ミニバン初心者には最適な車種と言えます。

フリード前モデルの中古車相場

2011年式フリードハイブリッド

 フリード前モデル 中古車相場(消費税込)

年式2008~2010年式2011~2013年式2014~2016年式
フリード1.5L車
0.003〜142.4万円

5.9〜147.9万円

43.8〜198.0万円
フリードハイブリッド車
2011年10月発売
29.0〜165.0万円
52.5〜198.0万円

中古車相場と文中の中古車価格は、20206月現在のレスポンス中古車検索によるものです。

4. ヴェゼル

ヴェゼル ハイブリッドRS

2013年12月に発売されたヴェゼルは、3代目フィットをベースに開発されたコンパクトSUVです。その特徴は、SUVの力強さとクーペのようなシルエット、そしてコンパクカーの使いやすさや低燃費ジャンルを超えた価値をもたせた車種であることです。

従来のSUVになかったサイズ感と低価格路線で、SUVの壁を低くしてファミリーカーとしても受け入れられ、2014~2016年に3年連続、そして2019年にもSUV新車登録販売台数第1位を獲得
するヒットを記録しました。

パワートレインは、ガソリン車、ハイブリッド車ともに1.5Lエンジンを搭載、ハイブリッド車は、軽量コンパクトな「SPORT HYBRID i-DCD」を採用しています。

2020年6月現在では、1.5Lガソリンエンジン、1.5LVTECターボ、ハイブリッドというパワーユニットが揃い、RSやモデューロXというスポーツグレードもラインナップされています。

また、「ホンダ・センシング」が多くのグレードに標準装備化されるなど、新車ならではの魅力を備えています。

ヴェゼル新車価格

ヴェゼル・ツーリング・モデューロX

 ヴェゼル メーカー希望小売価格

タイプ消費税込み価格
消費税抜き価格
1.5L 2,001,389〜2,520,833円
1,819,445〜2,291,667円
ハイブリッド
2,393,518〜3,617,900円
2,175,926〜3,289,000円
1.5LVTECターボ
2,956,800~3,528,800円
 2,688,000~3,208,000円

新車価格は20206月現在のメーカー公式サイトによるものです。

ヴェゼルの中古車(2013年12月~)

ヴェゼル2014年式

発売から7年目となるヴェゼルですが、人気車種だけに中古車相場も非常に高いものがあります。

しかし、2015年までのモデルならハイブリッドでも100万円前後の車種も多いので、現行モデルながらも買い得感があります。

大きな変更としては2016年2月の一部改良で、安全運転支援システムの「ホンダ・センシング」が採用され、2018年2月のマイナーチェンジでは、フロントバンパーとグリル、そしてヘッドライトのデザインを変更し、走行性能や燃費性能も向上しています。

さらに、2019年1月には、ターボエンジン搭載タイプの「TOURING・Honda SENSING」が追加設定されています。

これら改良や追加設定がされた年式を境に、価格で選ぶか装備で選ぶかという中古車選びのポイントとなりえます。

ヴェゼルの中古車相場

ヴェゼルS 2014年式

関連する投稿


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

レジェンドは、ホンダの最新技術が投入されたフラッグシップセダンです。ホンダが、創業以来初めて手がけた2リッターを超える高級車であり、「伝説」となることを願って名付けられました。今回は、レジェンドの詳細情報をまとめています。


歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

ホンダを代表するセダンであるアコードは、世界120以上の国や地域で販売され、累計2,000万台以上を販売してきた名車です。時代のニーズをとらえながら、支持を集めてきました。今回は、その歴代モデルから、最新モデルまで紹介します。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。