目次へ戻る

トヨタ RAV4にPHV(プラグインハイブリッド)発売!走行性能や魅力は?

トヨタ RAV4にPHV(プラグインハイブリッド)発売!走行性能や魅力は?

2020年6月8日にトヨタのクロスオーバーSUV「RAV4 PHV」(プラグインハイブリッド車)がデビューしました。 すでに発売のRAV4にはハイブリッドも設定されていましたが、今回の発売はプラグインハイブリッドの発売になります。 そんな気になるラインナップRAV4 PHVにはどんな魅力が詰まっているのでしょうか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ RAV4 PHVの魅力とは?

トヨタ RAV4 PHV(プロトタイプ)

2019年5月に現行の5代目になるトヨタ「RAV4」が発売されました。クロスオーバーSUVと呼ばれており、ラインナップではすでにハイブリッドも設定されていましたが、今回プラグインハイブリッド車が追加で設定されました。

ハイブリッド仕様をベースにし、フロントモーターとインバーターを高出力化しました。大容量で高出力な新型リチウムイオンバッテリーと組み合わせを実現し、システム最高出力は225kW(306PS)を達成しました。

0から100km/h加速は6.0秒を実現しています。

では、そんな魅力的なRAV4 PHVの優れた加速性能についてまずは詳しく見て行きましょう。

トヨタ RAV4 PHV 優れた加速性能!

トヨタ RAV4 PHV(プロトタイプ)

新開発のプラグインハイブリッドシステムが生み出すパワーは、E-Four(電気式4WDシステム)によって余すことなく四輪に分配しています。

搭載されているモーターはフロント側が134kW、リア側が40kWもあり、ハイブリッドモードでは、エンジンでアシストし、システム最高出力はRAV4ハイブリッドよりも更に62kW上の225kWとハイパワーになっています。

電気モーターだけで95km走行する実力があるので驚きです。力強いパワーがRAV4 PHVの武器にもなっています。

坂道や山道もなんなく駆け上ってしまうほどの威力があります。

トヨタ RAV4 PHVのメリットはズバリ「経済的」

RAV4 PHVのメリットは「経済的」に優れている点があげられます。けれど、購入時に支払金額が高くなってしまうのではと思われる方も多いのではないでしょうか。

RAV4 PHVは、購入時に優遇を受けられるんです。エコカー減税をはじめ税制優遇を受けられます。ですのでイニシャルコストは大幅に節約することができます。

自宅のコンセントから充電することができるので、EVモードで走行するのならば、ガソリンを一切使わないでお出かけすることができます。

ですので、日常は驚くほどの経済的な節約につながります。

トヨタ RAV4 PHVならではの利便性

RAV4 PHV(ブラウインハイブリッド)の利便性はいくつか挙げられます。

まずは、詳しい利便性について見て行きましょう。

緊急時などにも役立つ

緊急時の停電や災害時、アウトドアに役立ちます。

最大1,500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備。

ラゲージ内に設置されたアクセサリーコンセント+付属のヴィークルパワーコネクターを車両後方右側の普通充電インレットに差し込めば、外部給電用のコンセントとして利用できます。

充電が気軽にできる

自宅でも外出先でも気軽に充電できます。

付属の充電ケーブルとコンセントをつなぐだけで手軽に充電することができます。100Vの電源なら専用の配線工事が不要になります。

充電予約も可能

家電感覚で充電の予約が可能になっています。普通充電の開始時刻やクルマの出発時刻をあらかじめ設定することができます。

ディスプレイオーディオ画面やマルチインフォメーションディスプレイから充電の予約をすることが可能となっています。

スマホアプリ「MyTOYOTA」から次回予約の変更や、遠隔操作での充電を行うことも可能です。

PHVとHVは何が違う?

PHVは家庭用コンセント(100V/200V)で充電することができます。例えば帰宅後、自宅のガレージで充電をすれば翌日フル充電になっており、ガソリンの消費量が圧倒的に少なく走行することができます。走行中の排気ガスの排出量も少なくて済むのです。

また、PHVはEVモードで長距離EV走行できる点も大きな違いとなっています。HV(ハイブリッド)モードで電気モーターとガソリンエンジンを併用して走行するという点には違いがありません。

ではRAV4 PHVの詳しいエクステリア(外装)を見て行きましょう。

トヨタ RAV4 PHV エクステリア(外装)

トヨタ RAV4 PHV(プロトタイプ)

トヨタ RAV4 PHVの外装の基本的デザインはプレミア感が漂っていると感じませんか。

フロントから見るマスクはフロントグリルとロアモールが低重心でスポーティな雰囲気を演出しています。

オートレベリング機能付きBi-Beam LEDヘッドランプ、先進感を強調しています。LEDデイライトは全グレード標準装備されています。

ワイパーは「ブラックトーン」がウォッシャー連動間欠雨滴感応式。「G“Z“」「G」はウォッシャー連動間欠式のみとなっています。

トヨタ RAV4 PHV BLACK TONE(プロトタイプ)

タイヤ&ホイールの各グレードの装備差は

・「ブラックトーン」・・・235/55R19タイヤ&19インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)
・「G“Z”」「G」・・・225/60R18タイヤ×18インチアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装)

では、次にRAV4 PHVのインテリア(内装)を見て行きしょう。

トヨタ RAV4 PHV インテリア(内装)

トヨタ RAV4 PHV(プロトタイプ)

インテリアはブラックを基調としたインパネやシート・センターコンソールなどにレッドステッチが施される専用デザインが使用されています。

シート表皮はしっとりとした質感の合皮皮革を採用しています。スポーティなデザインを感じさせるインテリアとなっています。

トヨタ RAV4 PHV(プロトタイプ)

・「ブラックトーン」・・・イルミネーテッドエントリーシステム、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能付き)、置くだけ充電が標準装備

・「G“Z”」・・・ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能付き)、置くだけ充電はメーカーオプション

・「G」・・・置くだけ充電はメーカーオプション

トヨタ RAV4 PHV 価格やスペック

トヨタ RAV4 PHV Gの基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高 mm)

4,600×1,855×1,690

ホイールベース(mm)

2,690

最低地上高(mm)195
乗車定員(名)

5

最高出力(kW(PS)/rpm)130(177)/6,000
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm)219(22.3)/3,600
燃費WLTCモード:22.2㎞/L

※新車情報は公式サイト調べ(2020年6月現在)

トヨタ RAV4 PHV 価格表

グレード価格(税込)
4,690,000円
G“Z”4.990,000円
ブラックトーン5,390,000円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年6月現在)

グレード構成と車両本体価格はベーシックの「G」が469万円、中間「G“Z”」が499万円、最上級グレードが「ブラックトーン」が539万円となっています。

新型ハリアーを上回る価格設定となっています。では、そんなRAV4 PHVの試乗記を詳しく見て行きましょう。

トヨタ RAV4 PHV 試乗記

グレードは19インチを履いた「ブラックトーン」と18インチの「G」。共に4WDのE-Fourである。前者はピラーから上の部分を黒く塗ったものだ。「アドベンチャー」というグレードに屋根を白くした2トーンがあるが、そのブラック版といったところだろう。白とは異なる高級感がこちらにはある。

で、走りはとにかく速い。スタートからアクセルの踏みしろに対しグイグイとトルクが発生してクルマを前へ押しやる。試乗会場がサーキットなのではじめから遠慮なく踏めた。そもそも走行安定性の高いRAV4だけに、その辺は安心材料となる。

事実、高速コーナーからタイトコーナーまでステアリングは正確だし、クルマの挙動も乱れない。おかげでどのタイミングでもブレーキを踏めるのが嬉しい。

試乗記を詳しくみるとわかるように、RAV4 PHVは、走行性能が優れていることがわかります。スタート時の発進のスムーズさや、コーナリングでもハンドルは安定感もあります。

走行安定性の高いRAV4 PHVがますます気になるところですよね。

まとめ

本記事では、トヨタ RAV4 PHVの内容を詳しくお伝えしてきました。

初期投資は高くなりますが、ランニングコストは圧倒的にリーズナブルです。補助金もあるので、かしこく購入できる可能性も高くなります。

気になった方は、ぜひ試乗しに出かけてみてください。RAV4 PHVに乗って、キャンプやアウトドアレジャーに出かけるのもおすすめですよ!

関連する投稿


新型レクサス IS最新情報!ビッグマイナーチェンジ4代目の発表が延期

新型レクサス IS最新情報!ビッグマイナーチェンジ4代目の発表が延期

新型レクサス ISは2013年から発売されているセダンになります。6月10日オンラインでの世界初披露が予定されていましたが、延期が決定。また、コロナ禍で発売が延期されるとの情報も。レクサス ISの最新情報をまとめてお伝えしていきます。


トヨタの新型ヤリス 最新情報を紹介!価格・スペック・燃費・内装は?

トヨタの新型ヤリス 最新情報を紹介!価格・スペック・燃費・内装は?

ついに発売されたトヨタの新世代コンパクトカーであるヤリス。TNGAを採用する初めてのコンパクトカーである点や驚愕の燃費性能、そしてスポーツ仕様のGR-FOURが今夏から納車されるなど、話題に尽きない車種となりました。それらをまとめて、詳しく見ていきましょう。


PHEVって何が得なの?燃費情報や自動車重量税を解説

PHEVって何が得なの?燃費情報や自動車重量税を解説

環境保全の活動が行われる昨今、PHEVは次世代の「環境にやさしい車」として注目されています。しかし、PHEVの特徴は「環境にやさしい」だけではなく、実は「家計にもやさしい車」となっています。本記事では、そんな環境にも家計にもやさしいPHEVの燃費情報や自動車重量税についてもご紹介していきます。


話題のPHEV!国内で買えるおすすめ車種5選

話題のPHEV!国内で買えるおすすめ車種5選

時代の流れから、望まれて登場したPHEV。「車の名前は聞いた事はあるが、どのような特徴があるのかわからない」という方もいらっしゃることでしょう。次世代自動車とうたわれるPHEVは、近年、世界的にも車種が増えてきているカテゴリーです。この記事では、PHEVのおすすめ車両の特徴を説明しながらご紹介します。


PHEVとは?ハイブリッドカーとの違いから充電方法まで

PHEVとは?ハイブリッドカーとの違いから充電方法まで

昨今では、環境に配慮したPHEVが注目されています。気になってはいるが、ハイブリッドカーとの違いやメリット・デメリットが分からないことで、購入をためらわれている方もいらっしゃるでしょう。今回は、そのような方に向けて、次世代自動車のPHEVがどのような車なのかを解説していきます。


最新の投稿


【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

日産にはコンパクトSUVから本格的SUV までラインナップされています。人気があるSUVですが、「日産のSUVにはどんな特徴があるのか」と迷う方もいるかもしれません。e-POWERやプロパイロットなど魅力的な機能を備えた日産のSUVをまとめてご紹介します!


【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

トヨタは2020年4月23日にオンライン上にて「ヤリスクロス」を初公開しました。そして7月中旬より先行予約が開始されるとの情報も。 新型コンパクトSUV市場はまたまた混戦の予感さえしています。「ヤリスクロス」とはどのようなクルマなのでしょうか。コンパクトSUV「ヤリスクロス」を徹底調査してお届けしていきます。


【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。


トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタのカローラシリーズはその時代のニーズにマッチしながら常に進化を遂げてきました。そんな中、トヨタは世界的なSUVブームに合わせて、カローラシリーズにコンパクトSUV「カローラクロス」を設定しタイで初公開しました。カローラクロスは日本で発売はされるのか?気になる情報をまとめてお伝えします。


【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

日本で唯一水平対向エンジンを採用しているスバル。低重心で安定した走りを実現しているスバルには、XV・フォレスター・レガシィ アウトバックと魅力的なモデルが揃っています。この記事では、2020年現行のスバルのSUVをまとめてご紹介します!中古のおすすめモデルもピックアップしますので、中古で探しているあなたも必見です。