トップへ戻る

トヨタ C-HRとライバルのガチンコ対決!キックス、ヤリス クロス

トヨタ C-HRとライバルのガチンコ対決!キックス、ヤリス クロス

2016年12月の鮮烈なデビューから早3年。C-HRは、モデルライフとしては後半戦に突入していると思われますが、未だにスタイリングは新鮮味が薄れない、個性的ながらも魅力的なものですよね。しかし、車は走ってナンボ。ライバル車種がどんどん後から参戦しているコンパクトSUV界において、C-HRは今、どこまで戦えるのでしょうか? 具体的にライバルと対決させてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


動力性能では、同じガソリンターボ同士でも排気量が大きく、ハイブリッド仕様まで用意されるC-HRが優ることはもはや当然。またC-HRには6速iMT仕様が用意されるなど、遊び心のあるバリエーションも魅力的ですよね。

しかし、燃費性能となるとロッキーも負けっぱなしではありません。小排気量と軽量ボディを存分に活かしたロッキーは、WLTCモード燃費で、2WD車で最高23.4km/L、4WD車でも21.2km/Lという低燃費。これはコンパクトSUVガソリン車のクラストップの燃費性能です。

C-HRは、車両重量比で約400kgほど重くなってしまうこともあり、1.2リッターターボエンジン車のWLTCモード燃費は、2WDのCVT仕様では14.9km/L、4WD仕様では14.3km/Lと、ロッキーと比較してしまうとかなり高燃費。

実燃費においても、15km/L台が狙えるロッキーに対して、C-HRターボは10km/L台前半に留まる場合が多いようですので、C-HRのハイブリッドという飛び道具を抜きにすれば、ロッキーの燃費性能は侮れません。

ダイハツ ロッキー メーターパネル

ダイハツ ロッキー メーターパネル

ロッキーは、四輪駆動システムとしてC-HRと同じ「ダイナミックトルクコントロール4WD」を装備するほか、全車185mmの最低地上高が確保され、アプローチ/デパーチャーアングルでも余裕のある数値を確保するなど、最大でも155mmの最低地上高でオンロード重視のC-HRとは異なりSUVらしさもアピールしています。

しかし、先進運転支援機能ではC-HRが圧勝。最新鋭の「トヨタセーフティセンス」を備えるC-HRは、全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールをCVT全車に標準装備するほか、ロッキーのものよりも高度な車線維持機能を全車標準装備。

余裕のある動力性能と相まって、ロングドライブでも疲れ知らずの快適性があります。

また、2020年8月の改良によって、C-HRのプリクラッシュセーフティは右折時の対向車や歩行者をも認識できる交差点シーン対応が追加された最新版にアップデートされており、ロッキーとの差はさらに大きくなっています。

価格編

ダイハツ ロッキー ダッシュボード

ダイハツ ロッキー ダッシュボード

2020年10月現在の税抜き新車価格では、C-HRが2,165,455円〜2,859,091円となっているのに対し、ロッキーはより小型なこともあり1,550,000円〜2,152,000円と、C-HRの最廉価グレードでもロッキーの最上級グレードより高くなってしまいます。

なんとその上ロッキーには、ハイビームの部分消灯が可能な「アダプティブドライビングビーム」や、後席のリクライニング機能など、C-HRでは選べない装備も用意されているのですから、コストパフォーマンスの良さは圧倒的。

無論、C-HRには、Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応の8インチディスプレイオーディオが全車標準装備されるほか、室内のイルミネーションなどの上級車らしい装備も用意されていますが、価格面ではもはやクラス違いといった印象すら感じますね。

【C-HR vs ロッキー】まとめ

ダイハツ ロッキー

ダイハツ ロッキー

SUVというくくりでロッキーと比較すると、もはや勝ち目なしといった印象もあるC-HR。

価格ではより廉価なのに、使い勝手や装備内容で負けてしまう面もあるなど、スペック表での比較ではロッキーの魅力がかなり際立ちますよね。

しかし、実用車としての魅力を最大限に追求したロッキーと、趣味の車としての魅力をも追求したC-HRでは、ややユーザー層が異なることも事実。

舗装路での痛快な走りと極まったスタイリングをお求めならC-HRに惹かれるでしょうし、実際に目にした時の存在感はC-HRの方が上でしょう。「SUVが欲しい」という基準ならばロッキーが選ばれそうですが、「C-HRが欲しい」とお思いの方は、C-HRを選んでも後悔はなさそうです。

ダイハツ ロッキーのスペック

【ダイハツ ロッキー プレミアム 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995mm×1,695mm×1,620mm
ホイールベース2,525mm
最大乗車定員5名
車両重量980kg
燃費WLTCモード:18.6km/L
エンジン種類直列3気筒ターボ 996cc
エンジン最高出力72kW(98PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク140N・m(14.3kg・m)/2,400-4,000rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,950,000円(消費税抜き)
(2020年10月現在 ダイハツ公式サイトより)

まとめ

トヨタ C-HR GRスポーツ

トヨタ C-HR GRスポーツ

現在のような幅広いラインナップのSUVがトヨタで販売されていなかった頃は、C-HRは小型SUVニーズ全体に対しての受け皿となって、販売台数を伸ばすことに成功しました。

しかし、トヨタだけでなく業界全体で小型SUVのラインナップが充実している今、C-HRは、その魅力が刺さる人にしか刺さらない、もはやスポーツクーペのような趣味性の高い車に変貌を遂げたように思います。

スペック上の比較では飛び抜けた魅力を持たなくなってきたC-HRではありますが、ほかの何にも似ていないスタイリングや高い走行性能は替え難いもの。気になった方は、ぜひ試乗をしてみてください。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。