目次へ戻る

【新型車情報満載!】レクサス最新ラインナップまとめ!

【新型車情報満載!】レクサス最新ラインナップまとめ!

国産車随一のプレミアムブランド、レクサスでは、ラインナップ各車に細やかな改良を毎年行う「イヤーモデル制」が取られており、2020年もさまざまな車種でかゆいところに手が届く改良が施されています。最新レクサスラインナップについて、詳しくご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【新車続々!】2020年、レクサス最新ラインナップまとめ

レクサス LF-30 エレクトリファイド(東京モーターショー2019 出展車両)

レクサス LF-30 エレクトリファイド(東京モーターショー2019 出展車両)

プレミアムブランドでありながら、「ベーシック」なトヨタ車の装備内容やデザイン力がどんどん充実していっており、以前までのような決定的な差が薄くなってきているように感じられるレクサス。

しかし、もちろんプレミアムブランドらしい魅力の数々は健在です。

2020年には主要車種であるLSとISの大幅改良も発表されるなど、今年後半まだまだ目が離せないレクサスの、最新ラインナップをご紹介します。

【2020年のレクサス・セダン編】セダンの活路を見出せるか?!

LS:魅力に磨きをかけるアップデート、自動運転も近い?!

レクサス LS500h 改良新型(海外仕様)

レクサス LS500h 改良新型(海外仕様)

レクサスのフラッグシップセダン、LSは、現行モデルの注文受付が終了となっており、発表済の大幅改良モデルの2,020年冬の発売開始が待たれています。

改良モデルは、内外装の意匠や乗り心地をより高度にアップデートするとともに、予防安全装備や運転支援機能の向上も実現。

今冬の発売には間に合わないのではないかとも噂されていますが、特定の条件下ではハンズオフ運転を可能にする「アドバンスド ドライブ」、ハンドル操作や加減速、シフトチェンジまで全操作を車にまかせられる「アドバンスド パーク」を統合した「レクサス チームメイト」の搭載が期待されます。

レクサス LS500h 改良新型(海外仕様)

内外装では、やや派手さがトーンダウンしたフォーマルな仕上がりを追求。新たに開発された外板色「銀影(ぎんえい)ラスター」は定番色であるシルバーながら粒子感のない独特な仕上がりで、人気色となることが予想されます。

現行モデルは、発売当初からの販売成績の急激な落ち込みが指摘されるなど、やや波乱の船出となっていましたので、大幅改良した新型LSで巻き返しなるか、強大なライバルにどこまで対抗できているのか、注目したいところです。

【レクサス LS(現行モデル)】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,235mm×1,900mm×1,450/1,460mm
WLTCモード燃費帯12.6〜13.6km/L(ハイブリッド)
新車価格帯(消費税込)10,404,000〜17,117,000円
(2020年10月現在 レクサス公式サイトより)

ES:予想以上の大ヒット、細やかな進化で人気維持

レクサス ES300h バージョンL(アイスエクリュマイカメタリック)

レクサス ES300h バージョンL(アイスエクリュマイカメタリック)

2018年10月の国内導入以降、レクサスセダンラインナップでは現在唯一のFFプラットフォームを活かした余裕たっぷりの室内空間と、エレガントでありながら精悍なエクステリアデザインなどの魅力で、一躍大ヒット車種となっているES。

2020年8月の改良では、新たにハイブリッド車の駆動バッテリーにリチウムイオンバッテリーを採用し、効率の向上によって燃費性能を向上させています。

また、以前はグレード別設定だったパーキングサポートブレーキやブラインドスポットモニターが全車標準装備となり、予防安全装備がより充実している点も嬉しいところですね。

レクサス ES デジタルアウターミラーディスプレイ

レクサス ES デジタルアウターミラーディスプレイ

また、国内仕様ESが量産車において世界で初めて装備したデジタルアウターミラーは、これまで豪華グレード「バージョンL」でしか選択ができませんでしたが、新たにスポーティな「Fスポーツ」でも選択可能になり、内外装のスポーティな専用意匠と先進装備を両立することができるようになりました。

その他、距離目安線の追加など、デジタルアウターミラーの使い勝手自体にも手が入った改良モデルは、これからもESの人気を継続させること間違いなしです。

【レクサス ES300h】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,975mm×1,865mm×1,445mm
WLTCモード燃費帯22.3km/L
新車価格帯(消費税込)5,990,000〜7,130,000円
(2020年10月現在 レクサス公式サイトより)

IS:走りも見た目も追求する欲張りセダン、ライバルは手強い!

レクサス IS350 Fスポーツ 改良新型(米国仕様)

レクサス IS350 Fスポーツ 改良新型(米国仕様)

LSと同じく、ISも現行モデルの販売は終了しており、発表済の大型改良モデルの2020年冬の発売が待たれている状況です。

エントリークラスのコンパクトセダンという売れ筋車種でありながら、近年は大きく改良が入ることもなく、惨憺たる販売成績となっていたIS。

改良モデルでは、プラットフォームとパワートレインをキャリーオーバーすることによる細かな熟成と、最新のレクサスデザインによるシャープな造形を追求します。

レクサス IS350 Fスポーツ 改良新型(米国仕様)

レクサス IS350 Fスポーツ 改良新型(米国仕様)

現行モデルよりも低く構えたスポーティな印象のエクステリアは、レクサスの最新トレンドに沿ったデザインに進化。車両幅いっぱいに点灯するテールランプや、小ぶりながら存在感のあるトランクリッドスポイラーが印象的ですね。

もちろん、インテリジェント・スポーツを掲げるISですから、走行性能の改善も余念がありません。新たにトヨタが開発テストコースとして準備した「トヨタテクニカルセンター下山」で丹念にチューニングが重ねられた結果、ドライバーの意思通りに走れる気持ちよさが実現されているとのこと。

実車を早く見てみたいものですね。

【レクサス IS(現行モデル)】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,680mm×1,810mm×1,430mm
JC08モード燃費帯10.4〜23.2
新車価格帯(消費税込)4,801,297〜6,517,500円
(2020年10月現在 レクサス公式サイトより)

【2020年のレクサス・SUV編】今やレクサスの大黒柱はSUV!

LX:ブランド随一の本格派、モデルライフ終盤に到達か

レクサス LX570(ソニックチタニウム)

レクサス LX570(ソニックチタニウム)

2015年から日本にも導入が開始されたフラッグシップSUV、LX570は、元を辿れば車両のデビュー自体は2007年。

大幅なスタイルチェンジによって現行レクサスラインナップとの整合性は確保されていますが、各部の仕上がりにやや古さを感じさせる点は否めません。

レクサス LX570(ソニックチタニウム)

レクサス LX570(ソニックチタニウム)

近年では国内仕様は改良が公表されておらず、イヤーモデル制を敷くレクサスとしては異例の対応。

もちろん、トヨタ ランドクルーザー譲りの本格的な走破性や、国産乗用車最大クラスの大排気量による余裕あるドライブフィールは魅力的ですが、ランドクルーザーと合わせてそろそろモデルチェンジの噂も聞かれます。

熟成の現行LXがV8エンジンを搭載するのに対し、新型ランドクルーザーではV6エンジンへのダウンサイズが予想されているなど、現行モデルの大らかな雰囲気がお気に入りの方は、お早めに手に入れておくことをお勧めいたします。

【レクサス LX570】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,080mm×1,980mm×1,910mm
WLTCモード燃費6.6km/L
新車価格(消費税込)11,356,481円
(2020年10月現在 レクサス公式サイトより)

RX:増え続けるライバルにも負けない高級感!

レクサス RX450h バージョンL(テレーンカーキマイカメタリック)

レクサス RX450h バージョンL(テレーンカーキマイカメタリック)

RXも、シャープで古びないデザインのため忘れがちですが、デビュー自体は2015年とやや古め。

とはいえ、サイズ的にも小さすぎず大きすぎず、レクサスらしい緻密な仕上がりもあって、定番高級SUVとしての地位は揺らいでいません。

2020年7月の改良では、グレード別装備となっていたパーキングサポートブレーキとブラインドスポットモニターを全車標準装備とするなど、予防安全装備が充実した点は嬉しいところです。

レクサス RX450hL バージョンL(グラファイトブラックガラスフレーク)

レクサス RX450hL バージョンL(グラファイトブラックガラスフレーク)

2019年の一部改良で搭載されたブレードスキャン アダプティブハイビームシステムなどの先進装備は、新型LSへの搭載が発表されてはいますが、新型LSの発売までは世界でもRXだけが装備している特別なもの。

国内外のライバルは増え続ける一方ですが、3列シートのRX450hLの設定も含めて、独自の世界観はまだまだ魅力的です。

【レクサス RX】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,890/5,000mm×1,895mm×1,710/1,725mm
WLTCモード燃費帯10.4〜15.6km/L
新車価格帯(消費税込)5,510,000〜7,960,000円
(2020年10月現在 レクサス公式サイトより)

NX:ハリアーの登場で、定番SUVの座が危うし?!

レクサス NX300h 特別仕様車”スパイス&シック”(マーキュリーグレーマイカ)

レクサス NX300h 特別仕様車”スパイス&シック”(マーキュリーグレーマイカ)

サイズ的にガチンコのライバルとなるトヨタ ハリアーの快進撃に対し、2014年デビューのNXはやや苦戦しているところ。

発売以降レクサス最量販車種のひとつとして活躍してきたNXですが、新たに登場した子分のUXよりも、ハリアーとの競合が心配されます。

レクサス NX300h Fスポーツ 特別仕様車”クール&ブライト”(ヒートブルーコントラストレイヤリング)

レクサス NX300h Fスポーツ 特別仕様車”クール&ブライト”(ヒートブルーコントラストレイヤリング)

2020年7月の改良では、グレード別装備となっていたパーキングサポートブレーキを全車標準装備としたほか、マルチメディアシステムが待望のApple CarPlay・Android Auto対応のものにアップグレードし、現代的装備も獲得。

レクサスらしいシャープなデザインと余裕のある走行性能で、ライバルにどこまで対抗できるか、今後も注視したいところです。

【レクサス NX】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,640mm×1,845mm×1,645mm
WLTCモード燃費帯11.2〜17.8km/L
新車価格帯(消費税込)4,811,000〜6,127,000円
(2020年10月現在 レクサス公式サイトより)

UX:弱点だったユーティリティ性を大改善、人気を維持なるか

レクサス UX250h 特別仕様車”アーバンエレガンス”(ソニッククォーツ)

レクサス UX250h 特別仕様車”アーバンエレガンス”(ソニッククォーツ)

2018年11月の発売以降、売れ筋のコンパクトSUVであることや都市型SUVというキャラクター性もあってか、大人気車種となっているUX。発売から1年半以上経過し、街中で見かける機会も多くなってきました。

そんなUXで弱点とされていたのが、全高を抑えたフォルムの影響か、主に荷室容量の不足でした。

2020年1月の改良では、ガソリンターボのUX200にローデッキタイプを追加設定するなど異例のランニングチェンジが行われていましたが、10月の改良では250hにも2段階タイプのデッキボードを標準設定とし、下段設定時には268Lの荷室容量を確保しました。

レクサス UX250h 特別仕様車”アーバンエレガンス”(ソニッククォーツ)

レクサス UX250h 特別仕様車”アーバンエレガンス”(ソニッククォーツ)

その他、グレード別装備となっていたパーキングサポートブレーキを全車標準装備とするなど、予防安全装備が充実した点は嬉しいところです。

ライバル多数で各社売れ筋の小型SUVは、どのメーカーのものでも、それぞれのブランドの特色が色濃く表れているのが特徴的ですよね。UXもレクサスらしい先鋭の仕上がりで、人気が継続することでしょう。

【レクサス UX】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,495mm×1,840mm×1,540mm
WLTCモード燃費帯22.3km/L
新車価格帯(消費税込)3,973,000〜5,449,000円
(2020年10月現在 レクサス公式サイトより)

【2020年のレクサス・クーペ編】日本メーカー随一の充実っぷり

LC:コンバーチブル追加で孤高の高級クーペはさらなる高みへ

レクサス LC500 コンバーチブル(ホワイトノーヴァガラスフレーク)

レクサス LC500 コンバーチブル(ホワイトノーヴァガラスフレーク)

2017年の発売で、世間のレクサスに対するプレミアムイメージを一段と引き上げることに成功しているLC。未来感すら感じさせる魅力的な外観だけでなく、走行性能の高さも世界的に評価された部分でした。

そんなLCに、満を持してコンバーチブルモデルが追加。ルーフはホロ素材ながらクローズド時の静粛性を追求した4層構造で、ルーフ開閉時の動きのエレガントさまで追求された完璧な仕上がりは、ブランドフラッグシップクーペのコンバーチブルに恥じない仕上がりです。

レクサス LC500(ラディアントレッドコントラストレイヤリング 海外仕様)

レクサス LC500(ラディアントレッドコントラストレイヤリング 海外仕様)

LC本体も、もちろん改良が続けられており、2020年6月の改良では、フロントサスペンションロアアームをアルミ化、リヤスタビライザーバーを中空化するなど、これを一部改良と呼んでしまっていいのか?!と思うような改良内容で乗り心地を向上。

ルックスに違わない最上の乗り心地にさらに磨きをかけています。

【レクサス LC】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,770mm×1,920mm×1,345/1,350mm
WLTCモード燃費帯8.0〜14.4km/L
新車価格帯(消費税込)13,500,000〜15,000,000円
(2020年10月現在 レクサス公式サイトより)

RC F:Fライン車種は今や一台だけ!際立つスポーツ感

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ(ホワイトノーヴァガラスフレーク)

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ(ホワイトノーヴァガラスフレーク)

GS Fが生産終了してしまった今、レクサスのスポーツライン「F」の名を冠する車はRC Fの一台だけとなってしまいました。

5.0リッター V型8気筒自然吸気エンジンの魅惑の回転フィールはそのままに、2020年9月の改良では、オプション装備だったクリアランスソナー&バックソナーを標準装備化するなど、便利装備が追加されています。

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ(ソニッククロム)

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ(ソニッククロム)

また、ライバルメーカーからの遅れが指摘されていたインフォテインメントディスプレイでのApple CarPlay・Android Auto対応もようやくなされ、いよいよ現代車らしい装備が勢揃いしたかという印象のRC F。

新たに設定されたボディカラー「ソニッククロム」の深い輝きとともに、唯一のFモデルとしての威厳を保ち続けています。

【レクサス RC F】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,710mm×1,845mm×1,390mm
WLTCモード燃費8.5km/L
新車価格帯(消費税込)10,420,000〜14,320,000円
(2020年10月現在 レクサス公式サイトより)

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【最新版】2020年後半に発売が予測される国産新型車情報

【最新版】2020年後半に発売が予測される国産新型車情報

2020年も後半後半に突入し、すでにトヨタ ハリアーや日産 キックス、ダイハツ タフトといった注目の新型車も既に発売されています。そしてこの後年末にかけてまだまだ新型が登場予定です。そこで、注目の新型車とフルモデルチェンジモデルを現状で分かる限りご紹介します。本命はこれからですよ!


【レクサス×ミニバン!?】レクサス LM、アル・ヴェルとの違いは?

【レクサス×ミニバン!?】レクサス LM、アル・ヴェルとの違いは?

今や、高級車の世界ではSUVは定番車種となっており、ハイエンドのメーカーですらラインナップしていますよね。我らが日本のレクサスは、高級SUVももちろんラインナップしていますが、さらにラインナップを広げるべく、新たにミニバンの世界にまで進出しています。アルファードベースとなるLMの魅力と、日本導入に関する情報まで、詳しく見ていきます。


【日本を代表する高級車】レクサス LSの系譜から新型情報まで徹底紹介

【日本を代表する高級車】レクサス LSの系譜から新型情報まで徹底紹介

世界で認められる日本の高級車といえば、レクサス LSでしょう。日本で開発されながら、世界中で愛されるレクサスのフラッグシップは、30年とまだまだ高級車の歴史としては短めですが、すでに「日本の高級車」というテーマを確立している感すらあります。歴史を作った歴代LSの系譜と、すでに大幅改良が発表されている新型LSの注目ポイントについて、ご紹介します。


【圧倒的高級感】レクサス RX、ハリアー登場でも負けてないポイントは?

【圧倒的高級感】レクサス RX、ハリアー登場でも負けてないポイントは?

高級SUV市場では、今年登場のハリアーが大人気となっています。それにも負けず、いまだに輝きと高級感とを放ち続けているのがレクサスの上級SUV、RX。新型ハリアーと交差点で横に並んだって負けていないラグジュアリーさを持つRXに、どんな魅力があるのか、徹底的に紹介していきます。


最新の投稿


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

イタリアの車といえば走行性能の高さや情熱的なデザインが特徴的ですが、実は高級車の世界でも有名なブランドを多く持っています。また、今やセレブや要人が移動する時に使う車は、ハイエンドセダンではなく、ハイエンドSUVの方が多くなっているように思いませんか。高められた車高による室内の余裕と、路上でも抜群の存在感を持つSUVは、次世代の高級車として既に定着している印象もありますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イタリア車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

近年ではドイツ製高級車が市場を席巻していますが、イギリスの高級車もその独特の雰囲気や仕立て、長い歴史で高級車として定評を持っていますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イギリス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

どこへでも乗っていけそうな自由さが魅力的なSUV。世界的に大人気が継続していますが、その広い室内空間を活用して3列シートを有するものもあります。いざというときは大人数で冒険にも出かけられるし、普段は3列目を格納して広々とした荷室を実現できるなど、ユーティリティ性の高さに磨きをかけた3列シートSUVをまとめてご紹介します。


アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。