トップへ戻る

ホンダ シャトルってどんな車?評判、ライバル車との比較も!

ホンダ シャトルってどんな車?評判、ライバル車との比較も!

ホンダのステーションワゴンのシャトルは、色々な意味においてお手頃といえるのではないでしょうか。このクラスの中でも室内空間の広さは最大クラスですが、5ナンバーというコスパの良さは大きな魅力です。今回はこのシャトルについて解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダ シャトルってどんな車?

ホンダ フィットシャトル

ホンダ フィットシャトル

ホンダのコンパクトカーの代表格といえばフィットを連想される方は多いでしょう。そのシャシーを流用しラゲッジルームを拡大して、2011年に発売されたワゴンモデルがフィット・シャトルになります。

そのコンセプトを受け継いで、2015年5月15日に「フィット」という冠を外して登場したホンダ シャトル。ワゴンの独自価値を強調するホンダのシャトルに対する意気込みが強く感じられます。

小型ステーションワゴンのシャトルは、ワゴン車としての使い勝手を向上させるため、5ナンバーの車両でありながら、3ナンバー車両と同等の荷室容量を確保しています。

5ナンバーサイズの扱いやすい、ボディ・燃費性能・センタータンクレイアウトによる多彩なシートアレンジもさることながら、パワーユニットは1.5リットル直噴DOHC i-VTECエンジンと、ハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-DCD」が用意されています。

また、5ナンバーステーションワゴンのハイブリッド車としては、初の4WDが設定されているのも見逃せません。

ハイブリッド車を好み、趣味などで大きな荷物を載せる方に向いています。また、多様なパーツなどが用意されていることから、カスタマイズを楽しみたい方にも魅力のある車になっています。

ホンダ シャトルの使いやすさについて

ホンダ・シャトル改良新型

ホンダ・シャトル改良新型

ホンダ シャトルの使いやすさは何といっても室内空間にあります。シャトルは扱いやすい5ナンバーサイズでありながら広々としたキャビンを実現し、前席には運転席と助手席を独立した空間に仕切るハイデッキセンターコンソールを採用。

後部座席下にある燃料タンクを前席下に配置する「センタータンクレイアウト」を採用することで、後席の頭上空間や膝まわりに余裕をもたせた居住空間を確保することが可能となりました。

ラゲッジスペースにいたっては、570リットル(床上540リットル、床下30リットル)と広大な荷室を確保しており、後席を倒せば床面は奥行き184センチとなり、容量は1,141リットルまで広がります。

ラゲッジの床面を開くと出てくるアンダートレイは、水や汚れに強いワイパブル仕様の収納スペースになっており、汚れた荷物と他の荷物をわけたい時や、ベビーカーや背の高い荷物を載せる際に便利です。

形の崩れてほしくない荷物があれば、後席のシートバックに「マルチユースバスケット」が設置されていますので、普段は折りたたまれている収納を広げて収納にすることができます。

大きな重い荷物は積み込みをする時が面倒ですが、シャトルは間口の広さも充分にとられているだけではなく、地上から荷室開口部までの高さが54センチに設定されており、重い荷物を高く持ち上げないように設計がされています。

ホンダ シャトルのグレード

ホンダ シャトル G

ホンダ シャトル G

シャトルには1.5L直噴ガソリンエンジンと1.5Lエンジン、高出力モーターを組み合わせたホンダのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-D CD」の2種類のパワートレインを採用しています。

ガソリンエンジンを搭載するグレードは「G・Honda SENSING」の1種類のみ。ハイブリッドシステムを搭載するグレードは、「HYBRID・Honda SENSING」「HYBRID X・Honda SENSING」「HYBRID Z・Honda SENSING」の3種類です。

いずれのグレードにも2WDと4WDが設定されています。

ホンダ シャトルのインテリア

シャトルの内装は、ブラック基調でまとめられ落ち着きのある印象です。ベースグレードである「G Honda SENSING」/「HYBRID Honda SENSING」には、カジュアルさを感じさせるブラックのファブリックシートを採用。

「HYBRID X Honda SENSING」のグレードには、手触りが良い上質な質感と、汚れにも強い機能性を併せ持つ素材へとバージョンがアップしています。プライムスムースとファブリックを組み合わせたコンビシートが標準装備になります。

その他にも、ドアライニングガーニッシュに高輝度シルバー塗装が追加され、ステンレス製のスポーツペダルが装備されます。

最上級グレードの「HYBRID Z Honda SENSING」では、シートはネイビーブラックのファブリックとプライムスムースのコンビネーションを採用。加えて、本革シートの選択も可能です。

最上級グレードに相応しく、インパネには木目調のガーニッシュをあしらい、インナードアハンドルにクロームメッキ、ドアライニングガーニッシュとセレクトレバーにはピアノブラック加飾が施されており、上級グレードを演出しています。

全車で収納も充実しており、ドライバーズポケット、フロントコンソールポケット、ドアポケットがついている他、ハイデッキセンターコンソールはドリンクホルダー2個とコンソールボックスがついていてタブレットを立てて収納することができます。

ホンダ シャトルのエクステリア

ホンダ シャトルはフォルムにもこだわっています。すっきりとした流線型のデザインが魅力的ですが、色もプレミアムベルベットパープル・パール、プレミアムクリスタルレッド・メタリック、クリスタルブラック・パール等色々とあって選びやすいことも特徴。

フロントバンパーは、立体的な造形から水平基調でフラットに近いシンプルな形状となっています。フォグランプもシャープな形状となっており、LEDフォグランプが採用されています。

リアバンパーはフロントバンパー同様に水平基調のデザインとなっており、リアゲート全体を見ても各パーツがそれぞれ主張せずシックなデザインとなっていて、リアビューはスタイリッシュになっています。

ホンダ シャトルのスペック

【ホンダ シャトル G・Honda SENSING】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,440mm×1,695mm×1,545mm
ホイールベース2,530mm
最大乗車定員5名
車両重量1,130kg
燃費WLTCモード:19.4km/L
エンジン種類水冷直列4気筒横置
最高出力95kW(129PS)/6,600rpm
最大トルク153N・m(15.6kgf・m)/4,600rpm
駆動方式FF
トランスミッション無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)
(2020年9月現在 ホンダ公式サイトより)

ホンダ シャトルの新車価格

ホンダ シャトルの新車価格をグレード別に見ていきましょう。こちらで表示する価格は全て消費税抜きの価格になります。

【ガソリンエンジン】

G・Honda SENSING(FF)
1,644,000円
G・Honda SENSING(4WD)
1,824,000円


手軽な価格を実現しているのがG系です。シャトルで唯一ハイブリッドシステムを搭載していないグレードとなります。ヘッドランプはハロゲンランプを採用。

フォグライトは装備されていません。必要最低限のシンプルな装備内容となっています。G系も他のグレードと同じく4WDを設定しています。こちらも必要最低限の装備内容となっています。

【ハイブリッド】

HYBRID・Honda SENSING(FF)
1,962,000円
HYBRID・Honda SENSING(4WD)
2,142,000円
HYBRID X・Honda SENSING(FF)
2,199,000円
HYBRID X・Honda SENSING(4WD)
2,379,000円
HYBRID Z・Honda SENSING(FF)
2,370,000円
HYBRID Z・Honda SENSING(4WD)
2,520,000円


HYBRID・Honda SENSINGのグレードからハイブリッドシステムが搭載されるとともに、燃費向上に貢献するようエコドライブをサポートする「エコアシスト」がティーチング機能付きになります。スマートキーシステム&パワースイッチが採用されているのもこのグレードからです。

X系では、LEDヘッドライトとLEDフォグランプが標準装備になります。さらにエクステリアにはクロームメッキのフロントバンパーロアガーニッシュが追加され、足回りはオプションでアルミホイールに変更することも可能です。

Z系はシャトルの中で唯一16インチアルミホイールが採用されているグレードです。X系と比較をすると、アルミ製ルーフレールやクロームメッキのサイドシルモール、クロームメッキアウタードアハンドルが標準装備となります。

(2020年10月現在 ホンダ公式サイトより)

ホンダ シャトルの中古車価格

ホンダ・シャトルの中古車価格についてもみていきましょう。2015年5月から現行モデルの平均価格自体は140万円台で、価格帯は50万円台からとなっており、探せばかなり安い車両を見つけることができるでしょう。

カラーや内装によっても大きく価格が変わります。ハイブリッドの方が人気が高くなっており、ハイブリッド車の方が平均価格も高くなっています。

情報は車情報サイトResponse中古車情報より(2020年10月現在)

ホンダ シャトルのライバル車

VWゴルフ ヴァリアント TSI ハイライン

VWゴルフ ヴァリアント TSI ハイライン

ホンダ・シャトルは色々なライバル車種があります。まず、トヨタのカローラツーリングとは、よく比較検討される傾向にあります。

カローラツーリングはサイズ的にも機能的にも似ていますが、ホンダ シャトルはよりオールラウンダーになっています。もちろん、ホンダ シャトルのベースモデルであるフィットなどもライバルといっても良いでしょう。

容量があることもあり、ミニバンとも購入時に比較検討されることもあります。スバルのレヴォーグなどもライバルとして意識されています。いずれにしても、多様に使えるホンダ シャトルゆえにライバルも必然的に多くなってきます。

ホンダ シャトルの評判

ホンダ シャトル G

ホンダ シャトル G

シャトルのハイブリッド車に搭載されている、アトキンソンサイクル採用の1.5L i-VTECエンジンは、高出力モーターと組み合わせることにより、満足のいくパワフルさが実現されていると高評価を得ています。

軽くアクセルを踏むだけでスムーズに発進してくれることや、低速から高速まで変速ショックを感じさせない心地よい走りとなっています。

全てのグレードで4WDが設定されているので、走行が不安定になりがちな雪道でも安心して走行できることを高評価と捉える方もいらっしゃいます。

まとめ

ホンダ シャトル G

ホンダ シャトル G

スポーティさが強く感じられるカローラツーリングに比べ、シャトルは高級感が演出されています。荷室の広さや快適な走りを求める方は、一度試乗してみるのもいいかもしれません。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 シャトル

関連する投稿


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

レジェンドは、ホンダの最新技術が投入されたフラッグシップセダンです。ホンダが、創業以来初めて手がけた2リッターを超える高級車であり、「伝説」となることを願って名付けられました。今回は、レジェンドの詳細情報をまとめています。


歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

ホンダを代表するセダンであるアコードは、世界120以上の国や地域で販売され、累計2,000万台以上を販売してきた名車です。時代のニーズをとらえながら、支持を集めてきました。今回は、その歴代モデルから、最新モデルまで紹介します。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。