トップへ戻る

【今が買い!】最新の軽 おすすめ3選!個性際立つ実力派揃い

【今が買い!】最新の軽 おすすめ3選!個性際立つ実力派揃い

定番のスーパーハイトワゴンたちがチヤホヤされ続ける軽の世界ですので、非常に魅力的な他の選択肢を見逃してしまっているかもしれません。そこで、今こそ選びたい、魅力極まる個性派3台のおすすめ車をご紹介します。存在意義を究極まで突き詰めたようなそれぞれの実力は、もはや軽自動車の枠に収まらないほどかも。流れにまかせて定番車を買ってしまう前に、ぜひチェックしてみてくださいね。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


今やライバルは普通車。今こそ買いたい最新の軽自動車!

ホンダ N-ONE プレミアムツアラー

ホンダ N-ONE プレミアムツアラー

ここ数年の軽自動車のクオリティアップには、目を見張るものがあります。

もはや小型車を超えるほどに充実の安全装備や、ターボ車でなくてもしっかり走れる動力性能、ミニバンや高級セダンを思わせる室内空間の余裕など、あらゆるワガママが実現できる軽自動車が勢揃いしているので、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

さらに、市場での人気はN-BOXやスペーシア、タントに代表されるスーパーハイトワゴンに集中している面もあり、これでいっか、と思ってしまう方も多そうです。

しかし! 実力派の軽自動車は、スーパーハイトワゴンだけに限定されるものではありません。この記事では、実力十分、魅力極まる別の選択肢を3台ご紹介していきます。

【ダイハツ ウェイク】軽最大級の室内空間と安定の走り!CMも話題

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク

スーパーハイトワゴンのビッグネームたちに押されて、やや忘れられている感もあるのが、全高1,835mmでもはやウルトラハイトワゴンと呼びたくなるほどのこちら、ダイハツ ウェイクです。

1,800mm前後が一般的なスーパーハイトワゴンよりもさらにひとまわり高い全高となっているウェイクは、見るからにノッポなスタイリングがユニーク。全幅は軽規格で定められているのでどの車も同じということもあって、ウェイクの縦長感は少しコミカルな印象すら受けますね。

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク

そんな高い全高を活かした室内は、軽最大という1,455mmの室内高に活かされています。小学生くらいのお子さんなら立ったまま楽々着替えまでできそうなその室内はもはや圧巻。

参考までに、一般的な5ナンバーミニバンのトヨタ ノアや、泣く子も黙る高級ミニバン アルファードでも室内高は1,400mmに留まるので、少なくとも頭上空間に関してはウェイクの圧勝と言えるでしょう。

ダイハツ ウェイク 荷室

ダイハツ ウェイク 荷室

室内だけでなく、荷室にも役立つその背の高さは、深さのある荷室床下のアンダートランクも合わせて軽として究極の使い勝手を実現。なんと2WD仕様では、高さがある上にかさばるゴルフバッグが立てた状態で荷室に積載できるなど、軽として前代未聞のユーティリティ性がウェイクの持ち味です。

上下調整式のデッキボードを備えたグレードなら、荷室からダッシュボード下までフルフラットな床面を実現できるなど、最近流行の兆しのある車中泊にもしっかり対応できる室内空間は、どんな風に活用しようかと想像力をかき立てられますね。

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク

これだけの独自の商品力を備えつつ、意外とおトクな新車価格が設定されている点もウェイクの美点。ターボエンジンを搭載した最上級グレードの4WD仕様でも200万円をきるという価格は、軽として高めであることは否めませんが、主力のスーパーハイトワゴン系よりも若干割安となっています。

豊富なカラーバリエーションやオプション類で、自分好みの仕様に仕立てやすい点もウェイクのポイント。若干デビューから時間が経っているとはいえ、まだまだ注目に値する珠玉の一台です。

ダイハツ ウェイクのスペック

【ダイハツ ウェイク D“SA III”】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,835mm
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量990kg
燃費WLTCモード:17.4km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリン 658cc
エンジン最高出力38kW(52PS)/6,800rpm
エンジン最大トルク60N・m(6.1kg・m)/5,200rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格

1,310,000円(消費税抜き)

(2020年12月現在 ダイハツ公式サイトより)

【ホンダ N-ONE】変わってない外観も変わった中身も魅力的!

ホンダ N360(左)、N-ONE 初代(中)、N-ONE 新型(右)

ホンダ N360(左)、N-ONE 初代(中)、N-ONE 新型(右)

なんとボディデザインがモデルチェンジ前と後でほぼ変わらないという、前代未聞のフルモデルチェンジを果たしたホンダのプレミアム軽セダン、N-ONE。外観は変わっていないように見えますが、細かなディテールの違いがしっかりあり、より高級感と存在感のあるデザインへ進化していますね。

ヘッドライトの意匠などはわかりやすい部分で、軽自動車初搭載となるLEDデイタイムランニングランプの輝きは、一目で新型モデルを見分けるポイントの一つ。細かな部分ではアンテナの位置も運転席頭上に移されるなど、間違い探しのように差異を見つけるのも楽しそうですね。

ホンダ N-ONE プレミアムツアラー

ホンダ N-ONE プレミアムツアラー

そんな変化の少ないデザインに対して、中身は大幅な進化をしている点がポイント。長寿モデルだった先代から8年経ったこともあり、プラットフォームを一新。より乗り心地や操縦性が向上した走りは、すでに定評のある普通車を思わせる上質さにさらに磨きがかかっています。

また、こちらも先代モデルではデビュー年度の古さを感じさせる部分だった予防安全・運転支援装備も最新級にしっかりアップグレード。すでに定評のある「ホンダセンシング」の最新仕様を搭載するので、自転車や夜間の歩行者にまで対応する自動ブレーキなどが備わります。

ホンダ N-ONE RS ダッシュボード

ホンダ N-ONE RS ダッシュボード

FF方式の軽自動車として初採用となる6速MT車の設定も大きな特徴の一つ。気持ちよく吹け上がるターボエンジンと合わせて、積極的にマニュアルを選びたくなる点は、新型N-ONEを選ぶ大きな理由の一つとなるでしょう。

また、CVT車で新たに渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロールが標準装備されることに加えて、なんと6速MT車でもアダプティブクルーズコントロールが標準装備される点は大きなトピック。

軽のマニュアル車はおろか、普通車であってもマニュアル車では一般的なクルーズコントロールしか選べない例もありますので、N-ONEがやはり軽を超えた存在であることがわかりますね。

ホンダ N-ONE RS

ホンダ N-ONE RS

リーズナブルさが信条と思われる軽セダンながら、価格的には200万円超えのグレードまで用意されるN-ONEは、一見コスパの悪い車に写ってしまう点が難点の一つ。

軽自動車としてこれ以上望めないほど充実した標準装備や、新たなプラットフォームでさらに極まった走行性能など、商品としての秀逸さに対する対価としてはむしろリーズナブルと思えるN-ONEは、スーパーハイトワゴンに食傷気味のあなたにこそぜひおすすめしたい新車です。

ホンダ N-ONEのスペック

【ホンダ N-ONE RS 6MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,545mm
ホイールベース2,520mm
最大乗車定員4名
車両重量840kg
燃費WLTCモード:21.6km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 658cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク104N・m(10.6kgf・m)/2,600rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション6速MT
新車価格1,818,000円(消費税抜き)
(2020年12月現在 ホンダ公式サイトより)

【スズキ アルトワークス】軽最速?! カスタムシーンも高揚中

スズキ アルトワークス

スズキ アルトワークス

アルトとしては2014年発売、ワークスも2015年に発売開始と、ややデビュー時期としては古めとなるアルトワークス。しかしそのパフォーマンスは現在でもホットハッチとして第一線級のものなのです。

その秘訣は現行乗用車として随一の軽量ボディ。車重は最も軽い2WD 5MT仕様で670kg、4WD 5AGS仕様でも740kgに抑えられているので、自主規制値いっぱいの64PSの出力を最大限に活かしたパフォーマンスがアルトワークスの持ち味です。

スズキ アルトワークス インテリア

スズキ アルトワークス インテリア

現在販売されている軽スポーツカーといえば、どちらも2シーターオープンであるダイハツ コペンとホンダ S660が一番に浮かびそうですが、コペンで850〜870kg、S660で830〜850kgと、どちらもアルトワークスよりも100kg近く重い仕上がり。

そのためパフォーマンス的にはむしろアルトワークスの軽快なピックアップが目立つほか、それらライバル二台では選べない四輪駆動の安定したトラクション性能が選択できる点、そして何よりリヤシートを備えた5ドア4人乗りである点など、アルトワークスの魅力が際立ちます。

スズキ アルトワークス

スズキ アルトワークス

軽最速クラスの名をほしいままにするアルトワークスは、ベース車のアルト同様の高い使い勝手も魅力の一つ。セダンボディだからと侮れない室内の余裕は、軽量さと高剛性を両立する新プラットフォーム「ハーテクト」を採用したからこそのメリットでしょう。

余裕だけでなくレカロ社製のセミバケットシートや、白地のメーターに備わるブーストインジケーターなど、スポーツカーとして気分を高揚させる装備も満載。軽だからと我慢することのない、本気のスポーツカー体験が可能になっています。

スズキ アルトワークス GP(東京オートサロン2016 出展車両)

スズキ アルトワークス GP(東京オートサロン2016 出展車両)

そんなハイパフォーマンスと実用性を両立したアルトワークスは、アフターマーケットパーツ業界からも大人気。ターボ車らしくブーストアップするなど、アルトワークスを巡るチューニングの勢いは、往年のアルトワークスへの熱の高まりを感じさせるちょっと懐かしいもので、最近の軽自動車ではなかなか見ることができませんよね。

スズキ アルトワークスのスペック

【スズキ アルトワークス 4WD 5MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,500mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量720kg
燃費WLTCモード:20.6km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 658cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク100N・m(10.2kg・m)/3,000rpm
駆動方式四輪駆動(フルタイム4WD)
トランスミッション5速MT
新車価格1,498,000円(消費税抜き)
(2020年12月現在 スズキ公式サイトより)

まとめ

日産 ルークス ハイウェイスター

日産 ルークス ハイウェイスター

軽自動車の中でも、見落とされがちな個性派の3台をご紹介してきました。どれも独自の魅力がいっぱいで、軽自動車の底力を感じさせてくれる車たちですよね。

もちろん、ご紹介した3台以外にも魅力的なモデルがたくさん。室内の広さをとるのか、低価格をとるのか、はたまた低燃費を追求するのか、それぞれの要望に応じた最適な車がきっと用意されていますので、しっかり探してみてくださいね。

関連する投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


【2022年最新】スライドドア軽自動車の現行モデルまとめ!人気車続々

【2022年最新】スライドドア軽自動車の現行モデルまとめ!人気車続々

軽自動車人気が止まりません。ボディのサイズや排気量に制限がある軽自動車は日本にしか存在しない規格ですが、近年では普通車並みにゆとりのある室内を持つスライドドアモデルが特に人気で、軽自動車の販売において主力となっています。この記事では、そんな最新のスライドドア軽自動車を現行全車種まとめてご紹介します。その使い勝手の良さや経済性の良さに、あなたも驚いてしまうこと間違いなしです。


新車でとにかく安い車をジャンル別まとめ!節約したいなら要チェック

新車でとにかく安い車をジャンル別まとめ!節約したいなら要チェック

燃費が良くなったり、安全機能や装備が標準装備となったりと、絶え間ない進化を続けている自動車。その分、価格もジワジワと上昇傾向にあり、新車って高くなったよな〜と感じている方も少なくないことでしょう。そこでこの記事では、さまざまなジャンルにおいてとにかく価格が安くておすすめの車種をピックアップしてご紹介していきます。バラエティ豊富なラインナップなので、お気に入りの車がきっと見つかるはずです。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。