トップへ戻る

エンジンルームの洗浄方法とは?必要性についても徹底解説!

エンジンルームの洗浄方法とは?必要性についても徹底解説!

洗車をされる方は多いですが、エンジンルームの洗浄はあまりメジャーではありません。しかし、エンジンルームの洗浄は、車のメンテナンスにおいて非常に重要な役割を果たします。今回はエンジンルームの洗浄について解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


エンジンルームの洗浄方法

エンジンルーム

エンジンルーム

洗車はしたことがあるけどエンジンルームの洗浄方法は知らないという方は多いのではないでしょうか。多くの方は、エンジンルームを洗浄しようと考えたことすらないと思います。しかし、エンジンルームを洗浄すると様々なメリットがあります。

今回は、エンジンルームの洗浄方法について詳しく解説をしていきます。

専門的な機材は必要ない

まず、エンジンルームの洗浄に専門的な機材は必要ありません。よく自動車の整備士の方が利用するような専門的な道具がないと洗浄できないと勘違いしやすいのですが、そのようなことはないので安心してください。

あると便利な道具としては、タイヤ用の使い捨てシートやボディー用の使い捨てシートです。これらがあれば、エンジンルームの天板や樹脂などについた油性の汚れを落とし、そのまま捨てることができるので非常に便利です。

これらの使い捨てシートに関しては、カー用品店で購入できます。もし無い場合は普通のクロスでも掃除自体は可能です。

エンジンルームの掃除手順

エンジンルームの掃除手順について確認をしましょう。

まず、ボンネットを開けて固定します。しっかりと固定しないと掃除している最中にボンネットが閉じてしまい危険です。ボンネットを開けたまま固定できる作りになっているので問題はないですが、念のため作業に入る前にグラグラしていないか確認しましょう。

そして、エンジンは必ず停止した状態にしましょう。間違ってもエンジンをかけた状態のまま作業をしてはいけません。エンジンルーム内の温度もチェックが必要です。

冷めた状態で掃除をしないと危険なので、必ず冷ましてから掃除を行いましょう。エンジンをかけた直後だと熱くなっている可能性が高いので、ボンネットを開けた状態にしてしばらく放置しておくのがおすすめです。

そして、先ほど紹介したタイヤ用の使い捨てシートやボディー用の使い捨てシートで汚れている箇所を拭いていきます。基本的にはこれだけです。しばらくエンジンルームの掃除を行っていないと、予想以上に汚れていることもあります。使い捨てシートは余分に用意をしておいた方が良いでしょう。

また、タイヤ用の使い捨てシートとボディー用の使い捨てシートでは材質が異なります。冷却水のバイパスのアッパーやアンダーホースに関しては、タイヤ用使い捨てシートを利用すると艶が戻るのでおすすめです。ボディー用使い捨てシートにはワックス成分が含まれています。そのため、水を使って洗浄が難しい箇所でもしっかりと艶を出しながら拭くことができます。

このように使う使い捨てシートの種類を工夫しながら掃除を行うと、よりエンジンルームを綺麗にできるので参考にしてください。

注意点としては、エンジンルームを掃除する際に細かい部品に触れないようにすることです。エンジンを切っているので自分が怪我をすることはありませんが、壊してしまう可能性はあります。目につく部分の汚れだけを拭き取り、パーツに関しては過度に触らずそのままにしておいた方が賢明でしょう。

エンジンルームの掃除の必要性

車の清掃メンテナンス

車の清掃メンテナンス

エンジンルームは非常に簡単に掃除ができます。しかし、そもそもエンジンルームに掃除が必要なのか疑問に感じる方も多いでしょう。

ここでは、エンジンルームの掃除の必要性について詳しく解説をします。

エンジンルームの役割

エンジンルームの掃除の必要性を知るためには、エンジンルームの役割について理解しておく必要があります。エンジンルームは、その名の通りエンジンを格納する機関室です。一般的には車の前部にあることが多いです。

エンジンがスムーズにかからないという経験をしたことがある方は多いでしょう。それはエンジンルーム内での異常が原因となっているケースがほとんどです。エンジンルームには様々な部品が取り付けられており、エンジンを動かすための重要な役割を果たしています。

トラブルの早期発見につながる

エンジンルームを洗浄する際は、部品を壊さないようにしなくてはいけません。しかし、逆に考えるとエンジンルームを洗浄する際に、様々な部品をチェックするということになります。

つまり、エンジンルームの洗浄を通して、部品に異常がないかを確認することができるのです。もちろん、見ただけでは異常がわからない部品も数多くあります。

しかし、ウォッシャータンクやブレーキリザーバータンクなどは、液量を確認するだけでいいので不備を発見しやすいです。こういった箇所を確認して、事前にトラブルを防ぎましょう。

具体的には以下のポイントに液量がおさまっているかをチェックすることで、不具合を確認することが可能です。

まず、バッテリーに関してですが、上限と下限の間まで液量がきているかをチェックしましょう。この液量が不足していると、バッテリーの寿命が縮まったり、バッテリーが上がったりといったトラブルが発生します。

次にラジエーターリザーバータンクです。これは、上限と下限の範囲内に冷却水の液面があるかを確認しましょう。冷却水が不足していると、オーバーヒートする可能性があります。

次にエンジンオイルレベルゲージです。これは、ゲージを引き抜いて付着しているエンジンオイルを拭き取りましょう。そして、再度ゲージを差し込んで引き抜き、オイルが上限と下限の間にきているかをチェックします。オイルが不足していると、潤滑不足でエンジンの焼き付きが起こる可能性があります。

続いてウィンドーウォッシャータンクです。これはフロントガラス洗浄に使用する液量がたりているかを確認します。目で見て確認することも可能ですが、実際にフロント洗浄を行ってみて液が出ないようであれば補充をしましょう。

最後にブレーキリザーバータンクです。タンク側面にある上限と下限の間に液面があるかを確認しましょう。これが下限に近いとブレーキパッドが減っている可能性があるので注意が必要です。

これら以外の部品に関しては、自分で不具合をチェックするのが難しいです。後述しますが、気になるという方は、専門家に依頼するのをおすすめします。

エンジンルームの洗浄をお願いする場合は?

自動車整備士

自動車整備士

エンジンルームの洗浄は自分でも簡単に行えます。しかし、汚い場所ではあるので、触れたくないという方もいるでしょう。

ここでは、エンジンルームの洗浄を誰かにお願いする場合について解説をしていきます。

ディーラーやガソリンスタンドに相談

一番おすすめなのは、ディーラーやガソリンスタンドに相談することです。ほとんどのディーラーやガソリンスタンドでは、エンジンルームの洗浄を行ってくれます。

もちろん、有料ではあるので依頼をする際は複数の場所を比べた方が良いでしょう。

エンジンルームの洗浄は非常に簡単なのですが、誤って部品を壊してしまう可能性があり、修理するまで車に乗ることができません。非常に面倒な事態になる場合もあります。

こういったリスクが気になるという方は、ディーラーやガソリンスタンドを利用した方が良いでしょう。ディーラーやガソリンスタンドを利用すると、自分では気づかない部品の不具合を発見してくれるというメリットもあります。

あまりにも長期間エンジンルームの洗浄を行っていない場合は、メンテナンスを兼ねてディーラーやガソリンスタンドにお願いしてみてはいかがでしょうか。

出張サービスもある

エンジンルーム洗浄を依頼する場所によっては、出張サービスに対応している場合があります。自分でガソリンスタンドなどに足を運ぶのが面倒という方におすすめです。

出張サービスを利用する際には、ある程度の作業スペースが必要となります。あまりないケースではありますが、月極駐車場などを借りている場合は他の方の迷惑にならないように十分な配慮をしましょう。

車本体の洗車とまとめて依頼が可能

ディーラーやガソリンスタンドによっては洗車と一緒に依頼できるケースもあります。

洗車をディーラーやガソリンスタンドに依頼をしている人は多いでしょう。そのついでに、エンジンルームの洗浄も依頼してみるのもおすすめです。洗車だけにかかる時間とさほど変わらずエンジンルームの洗浄も行ってくれます。

車の外見から中身まで綺麗になるので、エンジンルームの洗浄は洗車と一緒に行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

自動車のエンジンルーム

エンジンルームのメンテナンスもお忘れなく

エンジンルームの洗浄は非常に重要です。自分でも簡単に行うことができるので、洗車などを自分で行っているという方は、そのついでにエンジンルームの洗浄も行ってみることをおすすめします。

また、メンテナンスの一環としてディーラーやガソリンスタンドのような専門家に依頼をするのも良いでしょう。専門家に依頼をすると、不具合があった部品をその場で発注してくれたりします。自分で手配をする手間がかかりませんし、トラブルの早期発見にも繋がるので一石二鳥です。

車検をしたからといって、次の車検までの間トラブルが一切発生しないとは限りません。トラブルを未然に防ぎ、安全に車を運転するためにも適切なタイミングでエンジンルームの洗浄を行い、車の状態を良好に保ちましょう。

関連するキーワード


エンジン メンテナンス

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

バッテリーは、クルマの中でも、トラブルが起こりやすい箇所のひとつです。それでも、普段からバッテリーを充電しておけば、かなりの程度、トラブルを防ぐことができます。そこで今回は、バッテリー充電器についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。