トップへ戻る

パワーウェイトレシオって何?パワーウェイトレシオが小さい車は?

パワーウェイトレシオって何?パワーウェイトレシオが小さい車は?

車の動力性能を評価する際に時折パワーウェイトレシオと言う言葉が出てきます。このパワーウェイトレシオとは何を表しどんな意味があるのでしょうか?今回はパワーウェイトレシオについて見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


パワーウェイトレシオとは?

《写真提供:response》メルセデスベンツ SLS AMG クーペ ブラックシリーズ

パワーウェイトレシオは、加速力の目安として用いられる数値で、車の重量に対して馬力の大きさを示すものです。

一般的には、馬力が同じ2台の車を比べると、車重が軽ければ軽いほど加速力に優れることが多くなります。もちろん加速性能は馬力と重量だけで決まるものではなく、駆動方式やギア比などによっても大きく影響されるのですが、パワーウェイトレシオはそれらの影響を一旦無視した「目安」として用いられます。

パワーウェイトレシオは大きい方が良いのか?

BMW《写真提供:response》BMW M6 改良新型

日本でよく用いられる単位馬力あたりの重量を示すパワーウェイトレシオは、大きくなれば加速力がおちます。逆に小さいほど加速力はあがります。パワーウェイトレシオは数値が小さいほうが一般的に高性能という事になります。

パワーウェイトレシオの計算法

《写真提供:response》ランボルギーニ アヴェンタドールSVJ

パワーウェイトレシオでは「車両重量÷出力」で算出される数値のことを言い、単位はkg/PSで表します。そして1馬力あたりどれくらい重量を負担するのかを表すことができます。

算出された数値が小さければ小さい程加速力に優れているとされており、加速性能を示す数値として表されます。例えば車両重量1,000kg(1t)エンジンの最高出力が100PSで計算すると、パワーウェイトは、1,000kg÷100PS=10kg/PSという計算になります。

しかし、馬力の最高出力が100PSではなく200PSだとすると、パワーウェイトレシオは1,000kg÷200PS=5.0kg/PSという計算になります。

軽い車はパワーウェイトレシオが小さい

自動車の動力性能の良し悪しは、エンジンの最高出力を見ればわかるような気がしますが、実際には様々な要素が影響するため、馬力だけを見ても判断できません。そこで、単位馬力あたりの重量を計算したパワーウェイトレシオを用いればより現実的な比較が可能になります。

150馬力のあるエンジンを搭載している自動車でイメージしてみましょう。その車の車重が1,000kgだとするとパワーウェイトレシオは約6.7kg/PSとなりますが、車重が1,500kgとした場合のパワーウェイトレシオは10kg/PSまで悪化します。

出力だけを見ると、どちらの車種も同じ馬力のエンジンなので加速性能は同等に思えてしまいますが、パワーウェイトレシオを用いれば、出力が同じなら車重が軽い車の方が加速力に優れていそうなことがイメージしやすくなりますね。

このように、パワーウェイトレシオを向上させる方法は、エンジンの最高出力を向上させるだけではなく、車重を軽く抑えることも効果があります。

パワーウェイトレシオが小さい車5選

《写真提供:response》ヴェイロン16.4スーパースポーツ

ここでは、パワーウエイトレシオが優れているとされるクルマを紹介していきます。

パガーニ ウアイラ

《写真提供:response》《photo by Pagani》パガーニ・ウアイラ ・ロードスター BC

オラチオ・パガー二が率いるパガー二アウトモビリが、ゾンダの後続モデルとして2012年にデビューとなったモデルがウアイラになります。ゾンダと同様にレーシングプロトタイプの様なスタイルで、エレガントな要素を組み合わせています。

4灯ヘッドライトやリアエンド中央の4本出しエキゾーストなどは引き継いでいますが、ドアなどはルーフの中央まで切れ込んだ本格的なガルウィング式を採用しています。

また、車体ボディの四隅にフラップが備えられる事で、空力的に車体をコントロールすることができ安定した走りを実現し、運転席の後ろ側に搭載されているパワーユニットは、ゾンダ同様にメルセデスAMG製のV型12気筒DOHCであり、ツインターボ化されることで最高出力は標準仕様でも730PSを達成しています。

ポルシェ 918スパイダー

《写真提供:response》ポルシェ 918スパイダー

ニュルブルクリンク北コースにおいて、公道走行可能な市販車として初めて7分切りのラップタイムを達成したことが目を引く918スパイダーではありますが、918スパイダーの目的は速さだけではありません。今後量産車に使用するテストベッドとしての役割も大きいとされています。

かつての959やカレラGTなどと同様の大義を背負って開発されました。その内容は極めて革新的でありボディについては軽量かつ高剛性なCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製となっています。

918スパイダーのパワートレインは、最高612PSを実現するV型8気筒4.6Lユニットと156PSを発生させることができる電気モーターで後輪を駆動させ、さらには前輪駆動用として129PSのモーターを備えている1台となります。

ケータハム セブン 620R

《写真提供:response》ケータハム セブン 620R

ロータス セブンに端を発するケータハム セブンは、改良を重ねながら70年代から販売が続いているクラシックスポーツカーです。

そんなセブンの最強モデルとなる「620R」は、スーパーチャージャーをつけたフォード製のデュラテック2.0Lエンジンを搭載し、カーボン製の各パーツでさらに軽量化が進められたこともあって、史上最高に刺激的なセブンの1台となっています。

620Rという車名は、1トンあたりの最高出力に由来するものとなっており、2.0リッターエンジンの310PSというハイパワーと、約0.5トンという軽量な車重が車名からもアピールされています。

駆動するのは後輪だけ、トランスミッションは6速シーケンシャル式のみラインナップという点からも、ハードコアなスポーツカーらしさを感じさせますね。。

マクラーレン P1

《写真提供:response》マクラーレン P1 GT

車好きな方なら、マクラーレンと聞けばF1を思い浮かべる事でしょう。しかし、マクラーレンは、それのみならず市販車部門も存在するメーカーとなります。つまり、公道を走行できるスーパーカーの製造・販売も行っています。

その中でもマクラーレンP1は2013年から2015年にかけて販売された一台です。この3年間で375台が製造されました。

マクラーレンP1に積まれたエンジンは最高出力737PSでしたが、ハイブリッドシステムのモーターアシストを加えると916馬力にも達しています。

車重は約1,500kgとされているので、パワーウェイトレシオは約1.63kg/PSとなります。

ブガッティ・ヴェイロン

《写真提供:response》ヴェイロン 16.4スーパースポーツ

ブガッティ ヴェイロンは、世界でもトップクラスの性能とエクスクルーシブさを兼ね備えたまさにハイパーカーといった車で、2005年の市販仕様発表以降、シリーズ全体でも400台あまりしか生産されませんでした。国内にも数台流通したようですが、その中の一台は北野武(ビートたけし)が所有していたと噂されています。

この車を買うには「購入審査」を通る必要がありました。この審査に通った人のみが購入できるシステムとなっていたとされています。これはブガッティがいかに自社ブランドを大事にしてきたかの証ではないでしょうか。

ブガッティ・ヴェイロンは8.0L W16気筒エンジンに4機のターボを搭載したモンスター級の車でした。

最高出力は1,001PS/6,000rpmのエンジンで、約1,888kgの車体を動かせていました。したがってパワーウェイトレシオは約1.88kg/PSという事になります。

F1などはもちろん別格

《写真提供:response》《Photo by Matthias Schrader - Pool/Getty Images Sport/ゲッティイメージズ》F1アイフェルGP

パワーウェイトレシオに関しても、やはり車の最高峰であるF1の数値はとんでもないものとなっています。

現在では、F1も多くの規制が入り、以前とは異なっていますが、1986年のウィリアムズFW11は540Kgの重量に1000PS以上のエンジンを搭載し、パワーウェイトレシオは0.54以下になると思われます。やはりF1は別格ですね。

まとめ

《写真提供:response》《撮影 平川亮》トヨタ スープラ 新型

今回はパワーウェイトレシオについて紹介してきました。クルマのスペック等を確認する際はそこに載っている数字やトルクだけではなくパワーウェイトレシオなども確認し、計算までできれば他のクルマとの比較することもできるので、是非チャレンジしてみてください。

こちらの記事もおすすめ!

関連するキーワード


豆知識 エンジン

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。