トップへ戻る

【スタッドレスタイヤをレンタル】旅行や帰省?スタッドレスタイヤはレンタルが賢いかも!

【スタッドレスタイヤをレンタル】旅行や帰省?スタッドレスタイヤはレンタルが賢いかも!

重たい・デカい・手が汚れる、と、タイヤの取り扱いは面倒が重なるもの。冬期間のドライブの安心感を支えるスタッドレスタイヤですが、積雪の少ない地方にお住まいなら、スタッドレスが役立つ機会は一年に数回程度かもしれませんね。近頃、わざわざスタッドレスを購入せずに、レンタルで必要な時だけ使用するという選択肢を選択する方も増えている様子です。注意点などもまとめてご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


冬の間はスタッドレスタイヤが安心!でも面倒も山積みかも…

横浜ゴム アイスガード6試乗会

一見普通のサマータイヤと変わらない見た目なのに、凍結路面や積雪路面でも頼もしいグリップ性能を発揮してくれることで、冬のドライブの強い味方となってくれるスタッドレスタイヤ。

積雪地帯にお住まいの方はもちろん、普段雪が積もらない地域でも予防的に装着している方も多いことでしょう。

しかし、そんなスタッドレスタイヤ、冬の間の安心感は代え難いものがあるとはいえ、意外と使用には面倒もつきまといます。

スタッドレスタイヤを購入した後で、ユーザーが困りがちな面倒ポイントをまとめました。

夏タイヤと冬タイヤ、保管場所の確保が大変!

カー用品店 タイヤ販売 イメージ

タイヤを履き替えるということは、履き替える前に装着していたタイヤをどこかに保管しておかなくてはならないということ。春夏秋シーズン中はスタッドレスタイヤ、冬シーズン中はサマータイヤをどこかに保管する必要がありますよね。

DIYでタイヤ交換を済ませる方なら、ご自宅の物置やベランダなどで保管するケースが多いと思われますが、かなりのスペースを保管タイヤに占領されてしまっていてどうにかしたい、とお思いの方も多いのではないでしょうか。

またタイヤショップなどにタイヤ交換を任せる方なら、タイヤ預かりサービスを利用されている場合もあることでしょう。その場合タイヤを持ち運んだり収納したりする面倒はないものの、保管料の出費が意外と痛いものですよね。

スタッドレスへの交換、DIYは面倒だしショップは混雑!

タイヤ交換 イメージ

タイヤの履き替えは、DIYでも作業可能ではあるものの、工具を揃える面倒や、ある程度力も必要で大変ですし、重量のあるタイヤとホイールのセットを運んだりするのも骨が折れ、休日に作業したらもう日が暮れてる…なんていう面倒もあります。

また、初雪後の休日などでは、カー用品店などではスタッドレスタイヤへの交換希望が集中してしまうこともあり、予約がなかなか取れなかったり、交換までかなり待ち時間が発生してしまうことも。このご時世、できるだけ人混みは避けたいですよね。

大径化進むタイヤサイズ、購入費用も高騰!

《画像提供:Response 》レクサス LC500コンバーチブル

力強くスポーティな印象の大径タイヤが近年流行しており、車種によっては20インチや21インチといったタイヤサイズが標準装備されている場合もあります。見た目はかっこいい大径タイヤですが、スタッドレスタイヤを購入しようと思うと、驚くほど高額で困ってしまうこともありそうです。

交換時の手間が少なくなるホイールとスタッドレスタイヤのセットですが、ホイールももちろん大径のものは価格がお高めなので、問題はさらに深刻化。

純正サイズでは予算オーバーの場合、干渉などのない限りはサイズダウンしたスタッドレスタイヤを選択することも選択肢ではあるものの、見た目的に許せない!というこだわり派のオーナーさんもいらっしゃることでしょう。

【家電で流行中!】スタッドレスも使う時だけレンタルが経済的

《画像提供:Response 》整備工場 イメージ

近年では、高級家電やブランドバッグなどを、必要な期間だけレンタルして価格負担を抑えることが隠れたトレンドになっているようです。そんな流れが、スタッドレスタイヤにも到来していることはご存知でしたか?

お住まいの地域は普段積雪しないし、夜間は運転しない。そんな方なら、一年の間でも限られた時期しか使わないスタッドレスタイヤは、購入するよりもレンタルでお得に済ませるのが経済的かもしれません。

スタッドレスタイヤのレンタル、詳しくご紹介していきましょう。

スタッドレスタイヤをレンタルするメリット4点はコレだ

《画像提供:Response 》タイヤ交換 イメージ

丸ごと購入よりも格安!必要期間だけの出費で経済的

当然ながら新品で4本揃えてスタッドレスタイヤを購入するよりも、レンタルの方が費用負担が小さく済むので、スタッドレスタイヤが必要な時にも気軽に利用できる点がメリットでしょう。

特に寒さが厳しい時期に限って装着したり、積雪地帯へお出かけの際にだけ装着したりと、スタッドレスタイヤが確実に必要となる期間の分だけをレンタル料として支払うので、経済的ですね。

スタッドレスタイヤは購入すれば複数シーズン利用し続けることも可能なので、毎年確実にスタッドレスに履き替える必要のある方ならレンタルを利用するうまみは減りそうですが、利用シーンにマッチすればかなりお得になることでしょう。

使い慣れた自分の愛車で安心の冬ドライブができる

スタッドレスタイヤをお持ちでない方でも、普段乗っている車にレンタルのスタッドレスタイヤを装着することで、積雪地帯や寒さが厳しい地域にも行くことができるようになる点もメリットでしょう。

冬季はレンタカーにスタッドレスタイヤが装着される場合も多いですが、使い慣れない車を運転するのは緊張するもの。雪道でのドライブというだけでも緊張してしまいますので、できるだけ慣れた愛車を利用できるとうれしいですよね。

ペットを飼っている方なら、レンタカーでは利用できない場合が多いので、ペットも連れてのドライブ旅行をしたくても、ペット対応のレンタカー探しで苦労してしまうことでしょう。そんな場合でも、レンタルのスタッドレスタイヤで愛車を活用すれば、冬のドライブ旅行でもペットを気兼ねなく連れて行けそうです。

目的地までのドライブ途中で交換すれば、時間も節約!

スタッドレスタイヤのレンタルに対応しているお店は、都市圏周辺であったり、都市圏から積雪地帯への入り口周辺にあることが多く、目的地へのドライブの途中のお店で予約しておけば、わざわざ事前にスタッドレスタイヤ交換のために店舗に赴く必要がなくてスムーズです。

ウィンタースポーツを楽しみに雪山を訪れたり、寒さの厳しい地域へ帰省したりと、タイヤ交換にあまり時間をかけることなく、目的地での楽しい時間を最大限満喫することができそうです。

スタッドレスの保管場所不要!車でお店に向かうだけ

スタッドレスタイヤが必要な間はその安心感を得られるのに、スタッドレスタイヤが必要でなくなったら保管場所や保管料を気にする必要がない点もレンタルのメリットでしょう。

スタッドレスタイヤを購入した場合、自宅で広いスペースを占領されながら保管するか、手痛い保管料を支払いながら冬までタイヤショップなどで保管してもらうかのどちらかが必要です。

保管場所を確保する必要なく、持ち運んだりする苦労もなくスタッドレスタイヤが利用できるのは、かなり嬉しいポイントでしょう。

スタッドレスタイヤのレンタル対応のお店はどこにある?

グッドイヤー アイスナビ7

スタッドレスタイヤのレンタルに対応するお店は、先ほどもご紹介した通り、都市圏や、都市圏から積雪地帯への入り口周辺にあることが多いようです。

これは、積雪地帯の方ならスタッドレスタイヤを購入していることが多いことを考えると、納得ですよね。

「お住まいの地域名 スタッドレス レンタル」などと検索してみると、意外とお住まいの近くのお店でも対応していたりすることが判明するかもしれませんよ。

スタッドレスをレンタルする!予約から利用中までの流れまとめ

《画像提供:Response 》横浜ゴム アイスガード

お店も見つけて、スタッドレスタイヤが必要な期間もはっきりしているなら、まずはレンタルの予約を取りましょう。予約の際は、レンタル期間だけでなく、愛車のタイヤサイズも伝える必要があります。事前に現在装着しているタイヤのサイドウォールでタイヤサイズを確認して、メモしておきましょう。

予約は前日までで締め切ってしまう店舗も多いようですし、あまり予約が遅くなると、希望している期間のレンタル在庫がなくなってしまうおそれもあります。お店に予約可能期間の確認を取るとともに、早めに予約を済ませるのがおすすめです。

予約した日になったら、愛車を運転してお店を訪問するだけ。免許証や車検証などを確認されますので、すぐに見せられるよう準備しておくとスムーズでしょう。後はお店でサマータイヤの取り外しと、レンタルするスタッドレスタイヤの取り付けを行ってもらえます。

レンタル期間の終了までにお店を訪れ、スタッドレスタイヤを取り外してもらって、保管してもらっていたサマータイヤを取り付けてもらえばレンタルは終了。

営業時間内に返却が間に合わない、1日延長したいなどの場合は、早めにお店に連絡することが大事です。

まとめ

タイヤ交換 イメージ

購入するとなると高額になりがちなスタッドレスタイヤをレンタルするメリットをご紹介してきました。

冬場のドライブは緊張感も高まりがち。安心感をもたらしてくれるスタッドレスタイヤを状況に応じてレンタルすることで、あなたもご家族も愛車も、より安全に冬のドライブを楽しめることでしょう。

お近くのタイヤショップなどがスタッドレスタイヤのレンタルに対応していないか、早速確認してみては。

よくある質問

スタッドレスって買うとどれくらいの値段なの?

サイズや銘柄にもよるため一概には言えませんが、人気の最新国産スタッドレスタイヤだと、軽自動車サイズでも1本5,000〜10,000円程度、タイヤサイズが大きめなSUV向けのものだと1本3万円以上となる場合もあるようです。タイヤだけでなく、ホイールも合わせて買うとさらに出費がかさみますね。

スタッドレスのレンタルって、どれくらいの期間が一般的なの?

スタッドレスタイヤのレンタル価格は、1泊2日から3泊4日程度が基本料金として設定されている場合が多いようです。具体的な利用シーンとしては、ウィンタースポーツを楽しむ旅行であったり、年末年始の帰省などが考えられそうですね。利用が長期にわたる予定なら、レンタルと購入の価格差も縮んできますので、見極めが必要でしょう。

スタッドレスを履いてればチェーンはいらないよね?

スタッドレスタイヤは幅広い冬季の路面に対応できるものの、スタックしてしまった際の緊急脱出用としてチェーンも合わせて携行しておくと安心なほか、豪雪地帯などをはじめとして、冬用タイヤに合わせてチェーンの装着も求められる「チェーン規制」が行われる場合もあります。

こちらの記事もおすすめ!

関連するキーワード


スタッドレスタイヤ

関連する投稿


【中古スタッドレスタイヤ】安い・安全・安心三拍子揃う中古タイヤを探せ!見逃せない4項目とは

【中古スタッドレスタイヤ】安い・安全・安心三拍子揃う中古タイヤを探せ!見逃せない4項目とは

冬のドライブで安心感をもたらしてくれるスタッドレスタイヤ。しかし、タイヤは4本セットでは意外と高く、購入には二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるのでは。しかし、新品をお探しの方でも一度チェックしておきたいのが、お買い得な中古タイヤの世界です。スタッドレスタイヤは使われる期間が限られることもあるので、中古在庫も豊富。安心な中古スタッドレス選びの基準をご紹介します。


横置き縦置き?正しい保管方法でスタッドレスタイヤを長持ちさせよう!

横置き縦置き?正しい保管方法でスタッドレスタイヤを長持ちさせよう!

冬のドライブに安心感をもたらしてくれるスタッドレスタイヤですが、春が来るとサマータイヤに履き替えて、スタッドレスは保管する方がほとんどでしょう。春夏秋と長期間にわたって保管されるスタッドレス、保管中に劣化が進んでしまうと、冬が来るまでの間にダメになっていたなんてことも!この記事でご紹介する適切な保管方法と、保管明けのチェック項目を覚えておきましょう。


スタッドレスタイヤの交換時期がいつがベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

スタッドレスタイヤの交換時期がいつがベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

愛車のタイヤをサマータイヤとスタッドレスタイヤで季節ごとに履き替えている方も多いです。しかし、多くの人に馴染みのあるサマータイヤと「冬専用」のスタッドレスタイヤとでは、寿命の判断基準が異なることは知っていましたか。また、普段はしまってあるスタッドレス、保管方法によっては劣化を加速させてしまっているかも。この記事で、スタッドレスについて詳しくなってしまいましょう。


オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

近年注目が高まっているのがオールシーズンタイヤです。スタッドレスタイヤほどの雪道での性能はないですが、履き替えずに雪道に対応できる性能が特徴となっています。今回は冬用タイヤとして定番のスタッドレスタイヤとの違いや各メーカーの特徴をご紹介します。


雪対策でできることは?雪道の危険性と運転の注意点

雪対策でできることは?雪道の危険性と運転の注意点

雪対策は、積雪量にかかわりなく施しておく必要があります。雪が降ることがほとんどない地域では、少しの降雪があるだけで交通渋滞が発生したり、車を動かすことができなくなることもあるからです。雪道を運転することにはどのような危険が潜んでいるのか理解して、雪対策が大切です。この記事では、雪対策として講じておきたいポイントをご紹介します。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。