トップへ戻る

おしゃれな軽自動車10選!おすすめ車種と料金相場を徹底紹介

おしゃれな軽自動車10選!おすすめ車種と料金相場を徹底紹介

一昔前は「軽自動車はダサい」というイメージを持っていた人も多くいました。しかし現在は、軽自動車が逆に人気を集めているのをご存じでしょうか?若い人でも、あえて軽自動車を選ぶ人が増えています。今回は、これから中古車の購入を検討している人に向け、おしゃれな軽自動車のおすすめや価格相場を紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


個性的でおしゃれな軽自動車はたくさんある!

個性的でおしゃれな軽自動車はたくさんある!

個性的でおしゃれな軽自動車はたくさんある!

一昔前は、デートで利用しようものなら大ブーイングを食らっていた軽自動車。ダサい、かっこ悪いという印象が強く、「軽自動車に乗っている男性とは付き合いたくない!」という女性も少なくありませんでした。
ですが時代は変わり、現在はおしゃれな軽自動車のラインアップも増え、老若男女問わずに選ばれる人気の自動車タイプとして親しまれています。中には「これも軽自動車なの!?」とつい驚いてしまうようなファッショナブルなデザインの車もあるのです。

今から買うならこれ!おしゃれ・個性的・レトロな軽自動車10選と価格相場

今から軽自動車を買うならぜひ検討してほしい、おすすめの車種を10台紹介します。タイプもさまざまなので、好みのものが見つかるのではないでしょうか。

ホンダ N-BOX

《画像提供:Response 》ホンダN-BOX

まずは軽自動車の王様ともいわれている「ホンダ N-BOX」。軽自動車とは思えない空間の広さを作りあげ、快適な乗り心地で発売当初から話題になりました。

乗心地の良さは広さだけではありません。衝突軽減ブレーキを採用することで滑らかなブレーキを可能にしています。また、夜でも明るく見通せるLEDヘッドランプ標準装備、ふとした瞬間の事故を防止する後方誤発進抑制機能を取り付けるなど、安全対策も万全です。

カラーバリエーションも豊富で、洗練されたクラシカルなデザインの軽自動車をお探しの方にぴったりです。本体価格は新車の場合、1,317,000円(税抜)から。中古の場合120万円〜150万円が相場で、オプションの有無、走行距離によっても中古車価格は異なります。

人気車種であるために中古でも値崩れしにくく、かなり古い年式のものでも50万円ほどです。人気のある車種やカラーだと100万円以上の価格が基本となっています。

※新車価格は、2022年5月現在 ホンダ公式サイトより

※中古車価格は車情報サイトResponse中古車価格より(2022年5月現在)

ダイハツ タント

《画像提供:Response 》ダイハツ タント 新型(X)

「新時代のライフパートナー」を合い言葉に作られた、老若男女問わずに人気のスタイルを確立している軽自動車が、ダイハツのタントです。大幅に改良されたエンジンをはじめ、世界初のスプリットギアを利用した新CTVを採用することで、軽自動車とは思えないパワーを可能にしています。

室内空間の広さもお墨付きで、4人フル乗車してもなお広々としたスペースを確保。大量の荷物を載せる余裕まである、軽自動車の常識を覆した一台といえるでしょう。新車価格は1,130,000円(税抜)、中古車価格で安いものでは50万円からありますが、価格相場は75万円〜90万円となっています。

※新車価格は、2022年5月現在 ダイハツ公式サイトより

※中古車価格は車情報サイトResponse中古車価格より(2022年5月現在)

スズキ エブリィ

《画像提供:Response 》スズキ・エブリイ GA

軽自動車は燃費が悪いという常識を覆した軽自動車として親しまれているのが、スズキのエブリィです。

搭載エンジンは660ccのNAとターボを利用し、加速力も抜群。燃費性能を極限まで高めながらも、収納スペースを豊富に用意し、快適性も確保しています。

新車価格で901,000円(税抜)、中古車相場では70万円〜90万円程となりますので、コスパ良く買える軽自動車をお探しの方におすすめです。

※新車価格は、2022年5月現在 スズキ公式サイトより

※中古車価格は車情報サイトResponse中古車価格より(2022年5月現在)

スズキ スペーシアカスタム

《画像提供:Response 》スペーシアカスタム

乗っているだけでワクワクしてくるような工夫が各所に施されている、スズキのスペーシアカスタムも人気の軽自動車です。軽自動車初、フロンドガラス投影式のヘッドアップディスプレイが採用されている他、後退時ブレーキサポートなどスズキセーフティサポートも惜しみなく搭載。安全性とかっこ良さをマッチさせた、次世代の軽ワゴンとして愛されています。

エンジンは、マイルドハイブリッドを採用しているため、心地良い走行を実感できるでしょう。スペックが高い分、価格帯は新車で1,512,000円(税抜)、中古車価格は140〜160万円前後ではありますが、その分ワクワクと楽しい旅路を約束してくれます。

※新車価格は、2022年5月現在 スズキ公式サイトより

※中古車価格は車情報サイトResponse中古車価格より(2022年5月現在)

日産 ルークス

《画像提供:Response 》日産 ルークス ハイウェイスター

日産が企画開発を行い、最高峰の軽自動車を作りあげたのがルークスです。どの年代からも人気の高い車種ですが、中でもファミリー層に特化した作りになっており、より快適に、より安全に使えるように、各所に工夫が施されています。

大人4人が乗っても広々と過ごせる快適空間は、クラストップレベルの広さを実現しており、軽自動車とは思えない乗り心地です。サイズが大きめに作られた後席のスライドドアは、大量の荷物の運び入れや、お子様が乗り降りする際にも安心。

運転支援技術プロパイロットを採用した、前方衝突予測警報(インテリジェント FCW)を搭載することで、安全走行を可能にしました。

価格帯相場は新車で1,287,000円(税抜)、中古車相場は160万円程です。

※新車価格は、2022年5月現在 日産公式サイトより

※中古車価格は車情報サイトResponse中古車価格より(2022年5月現在)

ダイハツ タフト

《画像提供:Response 》ダイハツ タフト

日常からレジャーまで、さまざまなシーンで大活躍する軽自動車としてダイハツから販売されているのが、タフトです。どんな山道にも対応できる大径タイヤに、高い最低地上高で、アウトドアシーンでも大活躍。

ガラスサンルーフで作られたスカイフィールトップが標準装備されており、視界が常にクリアです。シーンに合わせて自在にカスタム可能なフレキシブルスペースを採用し、後部座席の利便性が究極まで高められています。

万が一の時に活躍する予防安全機能、スマートアシストも最新システムを採用しており、安全性能が高いのも特徴です。価格帯相場は新車で1,230,000円(税抜)、中古車価格は100万円からが相場です。

※新車価格は、2022年5月現在 ダイハツ公式サイトより

※中古車価格は車情報サイトResponse中古車価格より(2022年5月現在)

ダイハツ ミライース

《画像提供:Response 》ダイハツ ミライース

高い燃費性能を誇るダイハツ ミライースは、その低燃費さから「第三のエコカー」として軽自動車の常識を覆したモデルです。初代モデルから80kgもの軽量化が図られたことで、燃費性能だけでなく走行性も格段にアップ。JC08モード利用で、35.2km/Lの燃費を可能としています。

燃費性能のみならず、室内の快適性や安全装備も充実しており、痒いところに手が届くモデルです。軽自動車では初めて採用された、スイッチ式のトランクオープナーも装備しており、利便性を高めています。

価格帯は新車で782,000円(税抜)、中古車価格は45万円〜70万円前後が相場です。

※新車価格は、2022年5月現在 ダイハツ公式サイトより

※中古車価格は車情報サイトResponse中古車価格より(2022年5月現在)

スズキ ハスラー

《画像提供:Response 》ハスラー 新型(ハイブリッドターボ X)

一目見ればわかるクールなデザインと、機能性を追求した人気の軽自動車モデルがスズキのハスラーです。ハスラーはその機能性が特に人気を博しています。

衝突被害軽減ブレーキ・デュアルカメラブレーキサポートは、夜間の歩行者も検知する優秀なシステムを搭載している他、後退時ブレーキサポート、アダプティブクルーズコントロールなど、ドライバーの負担を減らす各種サポートシステムが採用されています。

初心者ドライバーも安心して運転できる環境が整っています。前後左右の安全性を確保するとともに、広々とした室内空間を作り出している、見事なバランスの軽クロスオーバーといえるでしょう。

価格帯は新車で1,241,000円(税抜)、中古車相場は100万円からとなります。

※新車価格は、2022年5月現在 スズキ公式サイトより

※中古車価格は車情報サイトResponse中古車価格より(2022年5月現在)

ダイハツ ミラ トコット

《画像提供:Response 》ダイハツ ミラトコット

運転慣れしていないドライバーでも扱いやすいボディサイズにこだわり、狭い道でもサクサクと進める作りが人気のモデルがダイハツのミラ トコットです。運転のしやすさを極限まで追求した結果、ドライバー死角がほとんどなく、スマートな走りを可能にしています。

衝突回避支援システムであるスマートアシストⅢを採用した他、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグを全車種標準装備。いざという時の安全性も確保しているのが特徴です。

一般的な街の運転のみならず、山道や急な坂道も運転がしやすいように、660ccのNAユニット、CVTを組み合わせたエンジンを採用。どんな道でもスイスイと駆け抜けられ、ストレス無く走れるでしょう。

カラーバリエーションも非常に豊富で、ファッショナブルなモデルをお探しの方にぴったり。価格帯相場は新車で1,057,000円(税抜)、中古車価格は100万円前後が相場です。

※新車価格は、2022年5月現在 ダイハツ公式サイトより

※中古車価格は車情報サイトResponse中古車価格より(2022年5月現在)

ダイハツ ムーヴキャンパス

《画像提供:Response 》ダイハツ ムーヴキャンバス G メイクアップ VS SA III

ライフスタイルを楽しむ女性に向けて企画開発された、キュートでおしゃれなデザインの軽ワゴンといえば、ダイハツ ムーヴキャンパス。見た目のおしゃれさもさることながら、利便性も確かなモデルです。

後席シート下や足元空間を有効活用できる置きラクボックスを搭載した他、クラス初となる両側スライドドアを採用し、大きな荷物も楽々積みこめます。まるでミニバスのようなクラシカルなデザインと利便性で、ファミリー層にも人気の軽自動車です。

価格帯相場は新車で1,300,000円(税抜)、中古車相場は130万円からとなります。

※新車価格は、2022年5月現在 ダイハツ公式サイトより

※中古車価格は車情報サイトResponse中古車価格より(2022年5月現在)

将来売る時のことも考えた車の購入を

将来売る時のことも考えた車の購入を

将来売る時のことも考えた車の購入を

軽自動車を購入する際、考えてほしいのが将来的に売る時のこと。買うタイミングでは買うことで頭がいっぱいになりがちですが、将来手放す時のことも考えておきましょう。

需要がある車ほど高く売れますので、売る時の需要を考えて購入するといいでしょう。例えばカラーリングについて、偏った需要のカラーだと売却時にどうしても値段が付きにくくなります。ブラックやシルバーなどは需要が高く、何年後でも買い取り手がつきやすいですが、ピンクなど極端に可愛らしいカラーは、購入者が女性に限定されるため買取価格が下がりやすい傾向があります。

将来少しでも高く売りたい場合には、リセールバリューの高いものを選ぶのがおすすめです。ただし、車は高い買い物であり、何度も変えるものではありません。リセールバリューが低くても気に入った車に乗りたい場合には、傷をつけないように気を付けたり、車内を禁煙にするなど、普段の扱い方次第で価値が下がりにくくなります。

将来の売却における価値を下げないためには、お気に入りの一台を選んで大切に乗ることを考えてみてください。

まとめ

《画像提供:Response 》スズキ スペーシア/スペーシアカスタム

軽自動車=ダサい時代は終わり、軽自動車を積極的に購入するオーナーが増えています。見た目、性能、価格と、さまざまな部分で好条件の車が多く、納得の一台を見つけることができるでしょう。

おしゃれでクラシカル、ファッショナブルなデザインの軽自動車を選ぶのか、機能性抜群、安全性能に特化した軽自動車を選ぶのか、こちらはオーナーの好みです。

一度購入した車は数年以上の付き合いになりますので、ぜひとも満足のいく一台を見つけてみてください。また、将来的に車を手放すことを考えて、購入時には需要が高い車を選ぶことも大切です。

こちらの記事もおすすめ!

マイクロカー(ミニカー)とは?おすすめ車種やコンパクトなボディの魅力を解説 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5778

1人乗り専用自動車「マイクロカー(ミニカー)」とは、軽自動車よりもボディや排気量が小さい、都市部の移動にマッチした車です。今回は、マイクロカー(ミニカー)のメリットとデメリット、およびおすすめの車種を紹介します。

おすすめの可愛い車5選!可愛い車を選ぶポイントも紹介 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5758

さまざまなデザインがある車ですが、今回は「可愛い」に注目!「可愛い」にテーマを絞って紹介します。みなさんご存じの通り、車の種類やデザインは多種多様。車選びに迷う前に、可愛い車を選ぶポイントや可愛い車種などについて、事前に知っておきましょう。

2022年度版スズキの軽自動車情報!価格から性能まで全部解説! | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/4116

室内広々のスーパーハイトワゴン、伝統的な軽自動車の様式を守るセダン、オフロード走行可能な超本格派SUVなど、多彩なラインナップのスズキの軽自動車たち。今回は、コンパクトでよく働く、海外でも知られ始めたスズキの軽自動車の魅力をお伝えします。

関連するキーワード


軽自動車

関連する投稿


2022年のおすすめ最新軽自動車5台!コスパも広さも欲張りたいならコレ

2022年のおすすめ最新軽自動車5台!コスパも広さも欲張りたいならコレ

軽自動車といえば節約志向でのみ選ぶ存在、という時代はとうの昔。現代の軽自動車は、税制面や保険料での優遇はそのままに、充実した予防安全機能や、軽量なボディを活かした抜群の低燃費性能、モデルによっては普通車顔負けのゆとりがうれしい室内空間を持つものもあり、これ1台でなんでもこなせてしまう万能っぷりが人気です。2022年に選びたい最新のおすすめ軽自動車を5台紹介していきます。


【新車情報】2022年発売が予想される新型車を大調査!各社期待の星が勢揃い

【新車情報】2022年発売が予想される新型車を大調査!各社期待の星が勢揃い

自動車の電動化がいよいよさらに進められていくであろう2022年ですが、国内に存在する各メーカーだけでなく、輸入車メーカーからも重要な新型車が多数登場する見込みとなっており、ぜひ注目しておきたいところですね。この記事では、2022年に登場が見込まれている新型車をまるっとご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。愛車候補のあの車も、モデルチェンジ直前かもしれませんよ。


【2022年最新】スライドドア軽自動車の現行モデルまとめ!人気車続々

【2022年最新】スライドドア軽自動車の現行モデルまとめ!人気車続々

軽自動車人気が止まりません。ボディのサイズや排気量に制限がある軽自動車は日本にしか存在しない規格ですが、近年では普通車並みにゆとりのある室内を持つスライドドアモデルが特に人気で、軽自動車の販売において主力となっています。この記事では、そんな最新のスライドドア軽自動車を現行全車種まとめてご紹介します。その使い勝手の良さや経済性の良さに、あなたも驚いてしまうこと間違いなしです。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。


最新の投稿


【2022年】ピックアップトラックの特徴と人気中古車おすすめ6選

【2022年】ピックアップトラックの特徴と人気中古車おすすめ6選

ピックアップトラックは、見た目がおしゃれでかっこよく、荷台がついているのでマウンテンバイクなどの大きなものを運ぶのにも適しています。そんな利点を生かして、アウトドアやレジャーを好む人から注目を集めています。ここでは、ピックアップトラックのメリットとデメリット、そして中古で買えるおすすめの車種を紹介します。


快適な車中泊ならハイエース!人気の理由とカスタム方法、おすすめグッズは?

快適な車中泊ならハイエース!人気の理由とカスタム方法、おすすめグッズは?

買い物はもちろん、アウトドアやキャンプなどにハイエースを愛用している人も多いのではないでしょうか。荷物も積めて長距離移動も便利、そんな多機能なハイエースを利用して車中泊を楽しんでいる人も増えています。ここでは、ハイエースが人気を集める理由と、車中泊のカスタムにかかる費用やおすすめグッズを紹介します。


速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

うっかり速度超過をして速度違反自動取締装置(以下オービス)が反応すると、スピード違反の罰則が科せられてしまいます。スピード違反には普段から注意を払うべきですが、急いでいる時や高速道路では、ついついスピードが上がりがち。うっかり違反をしてしまう前に、レーダー探知機を設置してみるのはいかがでしょうか。オービスの位置がわかれば、より注意力を高めることができるでしょう。


原点回帰の新型ステップワゴン!内装や快適性など特徴を解説

原点回帰の新型ステップワゴン!内装や快適性など特徴を解説

2022年5月27日に発売開始された新型ステップワゴン。1996年に登場した初代モデルから数えて6代目にあたるモデルで、ミドルサイズミニバン市場では、トヨタのヴォクシー・ノアや、日産のセレナと激しくシェアを争っています。新型ステップワゴンの実力や魅力について、ライバル車との違いを含めて解説します。


ETC利用明細はどこで確認する?確認手段やコンビニでの印刷方法を解説

ETC利用明細はどこで確認する?確認手段やコンビニでの印刷方法を解説

ETCの利用履歴を確認するときに不便さを感じている方は少なくないかもしれません。利用明細はどこで確認できるでしょうか?今回は、ETCカードの利用履歴を確認手段やコンビニでの印刷方法を解説します。