目次へ戻る

1年越しのフルレストアで蘇ったランボルギーニ ミウラ|レトロモビル2019

1年越しのフルレストアで蘇ったランボルギーニ ミウラ|レトロモビル2019

2019年2月6日、フランスで開催された「レトロモビル2019」にて、フルレストアしたランボルギーニのスーパーカー「ミウラ」を、オーナーであるジャン・トッドFIA(国際自動車連盟)会長に引き渡したと発表しました。画像と共にお届けします。


レトロモビル2019にて フルレストアされたミウラが発表された

2019年2月6~10日、フランス・パリで開催された「レトロモビル2019」(RETROMOBILE 2019)にて、ランボルギーニは国際自動車連盟会長であるジャン・トッド氏所有のランボルギーニ ミウラをフルレストアし、引き渡したという発表を行いました。

フルレストアにかかった期間は13ヶ月

フルレストアに要した期間は1年を超え、13ヶ月に渡る期間。

2016年にランボルギーニが立ち上げた「Polo Storico」がフルレストアを担当しています。

「Polo Storico」とは350 GTからディアブロ、すべてのクラシックランボルギーニの修復、認証を専門に行っている部門で、生産当時の特徴を可能な限り再現するため、正真正銘の「復元」を行うプロフェッショナルな部門です。

ランボルギーニ ミウラとは

ランボルギーニ「ミウラ」とは、どのような車種か、スーパーカー好きの方や車好きの方にとっては、語るまでもない車種かとは思いますが、簡単に説明を記載します。

フェラーリに対抗するため誕生したランボルギーニ ミウラ

ミウラが誕生したのは、ランボルギーニ創業の1963年から3年後の1966年。

フェラーリに対抗するスーパーカーとして開発し、1966年3月のジュネーブモータショーで発表されました。3.9リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載し、0~100km/h加速6.7秒、最高速280km/h、最大出力350hpの性能を発揮し、1966年当時では世界最速の車として命を受けました。

その後、ミウラは「S」、「SV」へと進化し、1973年10月にカスタムモデルを除いた製造を終えました。最後の車両の車体番号は4822で、ミウラ全体の生産台数は750台程となっています。

フルレストアで蘇ったミウラを画像でお届け

トッド氏の所有していたミウラSVは、ランボルギーニのイタリア本社に到着したとき、明らかに消耗の兆しを見せていたようですが「復元」を目標とし、フレーム、ボディ、インテリアなど、フルレストアに13か月の期間をかけて現代に蘇りました。

その画像を一覧でお届けします。

ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV

最後に

以上、13ヶ月のフルレストアの結果、販売当時の姿を取り戻したランボルギーニ ミウラを紹介させて頂きました。

オーナーのジャン・トッド氏が所有していたミウラSVは1972年式ということで、47年も前の車がご覧のように蘇ったのです。

外装もさることながら、内装やエンジンに至るまで新車に近い姿を取り戻す「Polo Storico」の技術は、まさに「圧巻」といえるでしょう。

ランボルギーニ関する情報はこちらもチェック

新型ランボルギーニの情報はこちらから

関連するキーワード


ランボルギーニ

関連する投稿


ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニのウラカン。ウラカンはランボルギーニの中でもヒット作と言われるガヤルドの後継車として登場しました。2シーターのV10ミッドシップカーです。クーペ、スパイダーがあり、クーペには高性能グレードとしてペルフォマンテが設定されています。本記事では、そんなウラカンの 価格・燃費・性能・気になる評価についてもまとめています。


ランボルギーニ ガヤルドってどんな車?中古価格・性能・評判・名前の意味は

ランボルギーニ ガヤルドってどんな車?中古価格・性能・評判・名前の意味は

ランボルギーニのガヤルドとは、2003年-2013年までランボルギーニが製造していたスポーツカーです。ランボルギーニの歴史の中でも最もヒットした車種と言っても過言ではないガヤルド。本記事では、そんなガヤルドの中古価格・性能・評判・名前の意味などについてまとめています。


【ジュネーブモーターショー2019】ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター SVJ

【ジュネーブモーターショー2019】ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター SVJ

ランボルギーニは3月4日(日本時間3月5日)、スイスで開催したジュネーブモーターショー2019のプレビューイベントにおいて、『アヴェンタドールSVJロードスター』(Lamborghini Aventador SVJ Roadster)を初公開しました。


ランボルギーニ・ムルシエラゴとはどんな車?歴史やスペックを大解剖!

ランボルギーニ・ムルシエラゴとはどんな車?歴史やスペックを大解剖!

スーパーカーと言えば、カウンタックというほど名車となっているランボルギーニの出世作。名車カウンタックの最終形とも言えるのが、この「ムルシエラゴ」です。アウディ傘下に入って最初に発売された車種でもあり、ディアブロの後継車となるフラッグシップカー。ムルシエラゴの特徴やスペックを、モデルの歴史と共に紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】進化形!ウラカン・エボ・スパイダー登場

【ジュネーブモーターショー2019】進化形!ウラカン・エボ・スパイダー登場

ランボルギーニは2月26日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、『ウラカン・エボ・スパイダー』(Lamborghini Huracan EVO Spyder)を初公開すると発表しました。 ウラカン・エボ・スパイダーは、ランボルギーニ『ウラカン・スパイダー』の初の大幅改良モデル。大幅改良を機に、進化形であることを意味する「エボ」の名前が冠されています。


最新の投稿


ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

ホンダ S660新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

2015年4月に発売されたホンダの軽スポーツカー「S660」。当記事では、S660の新車・中古車価格の紹介から、基本スペックや実燃費、試乗評価、ユーザーからの評価口コミについてをまとめて掲載しています。


セゾンカードの自動車税の支払いで1,000ポイントプレゼントキャンペーン

セゾンカードの自動車税の支払いで1,000ポイントプレゼントキャンペーン

2019年の自動車税の支払い期間は2019年5月1(水)~5月31日(金)です。 自動車税の支払いをセゾンカードで行うことで1,000ポイント(5,000円相当)をゲットできるキャンペーンを見つけましたのでご紹介します。


【ガラスの油膜が気になる方へ】キイロビンの効果と使い方を解説

【ガラスの油膜が気になる方へ】キイロビンの効果と使い方を解説

みなさんはキイロビンについてご存知でしょうか。キイロビンは「油膜取りの代名詞」と言われるヒット商品です。 本記事ではキイロビンについて、そしてキイロビンで落とす油膜の説明をします。キイロビンの使い方や、キイロビンを使用した後に行うコーティングや、またコーティングを行わないと視界不良で事故を引き起こす可能性も!コーティング剤の種類、撥水と親水コーティングの違いについてもまとめています。


【ジュネーブモーターショー2019】その名はダ・ヴィンチ。イタルデザインのクーペ

【ジュネーブモーターショー2019】その名はダ・ヴィンチ。イタルデザインのクーペ

イタリアのデザイン工房で、フォルクスワーゲングループに属するイタルデザインは、ジュネーブモーターショー2019において、EVコンセプトカーの『ダ・ヴィンチ』(Italdesign DaVinci)を初公開しました。


レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

あの高級車レクサス。その中でも今人気の高いレクサスSUV。その内装・インテリアはどうなっているのか?気になる方は多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方のためにレクサスの現行SUVの内装画像をまとめました。比較検討の参考にしてみてくださいね。各車種の室内の広さやシートマテリアルについてもまとめています。