目次へ戻る

1年越しのフルレストアで蘇ったランボルギーニ ミウラ|レトロモビル2019

1年越しのフルレストアで蘇ったランボルギーニ ミウラ|レトロモビル2019

2019年2月6日、フランスで開催された「レトロモビル2019」にて、フルレストアしたランボルギーニのスーパーカー「ミウラ」を、オーナーであるジャン・トッドFIA(国際自動車連盟)会長に引き渡したと発表しました。画像と共にお届けします。


レトロモビル2019にて フルレストアされたミウラが発表された

2019年2月6~10日、フランス・パリで開催された「レトロモビル2019」(RETROMOBILE 2019)にて、ランボルギーニは国際自動車連盟会長であるジャン・トッド氏所有のランボルギーニ ミウラをフルレストアし、引き渡したという発表を行いました。

フルレストアにかかった期間は13ヶ月

フルレストアに要した期間は1年を超え、13ヶ月に渡る期間。

2016年にランボルギーニが立ち上げた「Polo Storico」がフルレストアを担当しています。

「Polo Storico」とは350 GTからディアブロ、すべてのクラシックランボルギーニの修復、認証を専門に行っている部門で、生産当時の特徴を可能な限り再現するため、正真正銘の「復元」を行うプロフェッショナルな部門です。

ランボルギーニ ミウラとは

ランボルギーニ「ミウラ」とは、どのような車種か、スーパーカー好きの方や車好きの方にとっては、語るまでもない車種かとは思いますが、簡単に説明を記載します。

フェラーリに対抗するため誕生したランボルギーニ ミウラ

ミウラが誕生したのは、ランボルギーニ創業の1963年から3年後の1966年。

フェラーリに対抗するスーパーカーとして開発し、1966年3月のジュネーブモータショーで発表されました。3.9リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載し、0~100km/h加速6.7秒、最高速280km/h、最大出力350hpの性能を発揮し、1966年当時では世界最速の車として命を受けました。

その後、ミウラは「S」、「SV」へと進化し、1973年10月にカスタムモデルを除いた製造を終えました。最後の車両の車体番号は4822で、ミウラ全体の生産台数は750台程となっています。

フルレストアで蘇ったミウラを画像でお届け

トッド氏の所有していたミウラSVは、ランボルギーニのイタリア本社に到着したとき、明らかに消耗の兆しを見せていたようですが「復元」を目標とし、フレーム、ボディ、インテリアなど、フルレストアに13か月の期間をかけて現代に蘇りました。

その画像を一覧でお届けします。

ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV
ランボルギーニ ミウラSV

最後に

以上、13ヶ月のフルレストアの結果、販売当時の姿を取り戻したランボルギーニ ミウラを紹介させて頂きました。

オーナーのジャン・トッド氏が所有していたミウラSVは1972年式ということで、47年も前の車がご覧のように蘇ったのです。

外装もさることながら、内装やエンジンに至るまで新車に近い姿を取り戻す「Polo Storico」の技術は、まさに「圧巻」といえるでしょう。

ランボルギーニ関する情報はこちらもチェック

新型ランボルギーニの情報はこちらから

関連するキーワード


ランボルギーニ 車種情報

関連する投稿


【世界に3台のみ?】ランボルギーニ ヴェネーノの価値や魅力を解説

【世界に3台のみ?】ランボルギーニ ヴェネーノの価値や魅力を解説

高級車として言わずと知れた「ランボルギーニ」。その中でも、世界に3台しかないのが「ヴェネーノ」です。今回は、「ランボルギーニ ヴェネーノ」の特徴やスペック、価格などを紹介していきます。


 ランボルギーニ ウラカン モデル別の価格、燃費を一覧で紹介|改良新型も

ランボルギーニ ウラカン モデル別の価格、燃費を一覧で紹介|改良新型も

ランボルギーニ ウラカンはガヤルドの後継車として2014年3月にジュネーブモーターショーにて正式発表され、日本ではその年の7月に発売されました。日本における販売価格や燃費や内装、各種仕様など気になるところをお伝えします。


アヴェンタドールはランボルギーニ最高モデル!特徴を徹底解剖!

アヴェンタドールはランボルギーニ最高モデル!特徴を徹底解剖!

アヴァンタドールは、ランボルギーニのスーパーカー。2018年には最高峰モデルであるアヴァンタドールSVJが発表されました。数あるスーパーカーの中でも、ランボルギーニの伝統が詰まったモデルには、多くの人を魅了する魅力が詰まっています。貴重なV型12気筒エンジンを積む、モンスターマシンの歴史や概要を解説していきましょう。


【怖いものなし】ランボルギーニ ウルスのコピー車発売!価格は?

【怖いものなし】ランボルギーニ ウルスのコピー車発売!価格は?

中国の自動車メーカー「Hansu Auto」が、ランボルギーニのクロスオーバーSUV『ウルス』そっくりのSUVを発売し話題となっています。過去にもポルシェのマカンやアウディのQ5などなど、さまざまなそっくり車がでてきましたが、果たして今回は…。


ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニのウラカン。ウラカンはランボルギーニの中でもヒット作と言われるガヤルドの後継車として登場しました。2シーターのV10ミッドシップカーです。クーペ、スパイダーがあり、クーペには高性能グレードとしてペルフォマンテが設定されています。本記事では、そんなウラカンの 価格・燃費・性能・気になる評価についてもまとめています。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。