目次へ戻る

1年越しのフルレストアで蘇ったランボルギーニ ミウラ|レトロモビル2019

1年越しのフルレストアで蘇ったランボルギーニ ミウラ|レトロモビル2019

2019年2月6日、フランスで開催された「レトロモビル2019」にて、フルレストアしたランボルギーニのスーパーカー「ミウラ」を、オーナーであるジャン・トッドFIA(国際自動車連盟)会長に引き渡したと発表しました。画像と共にお届けします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レトロモビル2019にて フルレストアされたミウラが発表された

2019年2月6~10日、フランス・パリで開催された「レトロモビル2019」(RETROMOBILE 2019)にて、ランボルギーニは国際自動車連盟会長であるジャン・トッド氏所有のランボルギーニ ミウラをフルレストアし、引き渡したという発表を行いました。

フルレストアにかかった期間は13ヶ月

フルレストアに要した期間は1年を超え、13ヶ月に渡る期間。

2016年にランボルギーニが立ち上げた「Polo Storico」がフルレストアを担当しています。

「Polo Storico」とは350 GTからディアブロ、すべてのクラシックランボルギーニの修復、認証を専門に行っている部門で、生産当時の特徴を可能な限り再現するため、正真正銘の「復元」を行うプロフェッショナルな部門です。

ランボルギーニ ミウラとは

ランボルギーニ「ミウラ」とは、どのような車種か、スーパーカー好きの方や車好きの方にとっては、語るまでもない車種かとは思いますが、簡単に説明を記載します。

フェラーリに対抗するため誕生したランボルギーニ ミウラ

ミウラが誕生したのは、ランボルギーニ創業の1963年から3年後の1966年。

フェラーリに対抗するスーパーカーとして開発し、1966年3月のジュネーブモータショーで発表されました。3.9リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載し、0~100km/h加速6.7秒、最高速280km/h、最大出力350hpの性能を発揮し、1966年当時では世界最速の車として命を受けました。

その後、ミウラは「S」、「SV」へと進化し、1973年10月にカスタムモデルを除いた製造を終えました。最後の車両の車体番号は4822で、ミウラ全体の生産台数は750台程となっています。

フルレストアで蘇ったミウラを画像でお届け

トッド氏の所有していたミウラSVは、ランボルギーニのイタリア本社に到着したとき、明らかに消耗の兆しを見せていたようですが「復元」を目標とし、フレーム、ボディ、インテリアなど、フルレストアに13か月の期間をかけて現代に蘇りました。

その画像を一覧でお届けします。

ランボルギーニ ミウラSV

ランボルギーニ ミウラSV

ランボルギーニ ミウラSV

ランボルギーニ ミウラSV

ランボルギーニ ミウラSV

ランボルギーニ ミウラSV

ランボルギーニ ミウラSV

最後に

以上、13ヶ月のフルレストアの結果、販売当時の姿を取り戻したランボルギーニ ミウラを紹介させて頂きました。

オーナーのジャン・トッド氏が所有していたミウラSVは1972年式ということで、47年も前の車がご覧のように蘇ったのです。

外装もさることながら、内装やエンジンに至るまで新車に近い姿を取り戻す「Polo Storico」の技術は、まさに「圧巻」といえるでしょう。

ランボルギーニ関する情報はこちらもチェック

新型ランボルギーニの情報はこちらから

関連するキーワード


ランボルギーニ 車種情報

関連する投稿


ランボルギーニ・カウンタック|歴史から中古車情報まで

ランボルギーニ・カウンタック|歴史から中古車情報まで

今でこそよく聞く言葉にスーパーカーと呼ばれる車がありますが、このカウンタックもそのスーパーカーと呼ばれるきっかけを作った一台で間違いないでしょう。本記事では、フェラーリの宿命のライバルとも呼ばれるランボルギーニの代名詞とも言えるこのカウンタックについて、今一度振り返ってみましょう。


スーパーカー界の暴れ牛!アヴェンタドール

スーパーカー界の暴れ牛!アヴェンタドール

1970年代スーパーカーブームの火付け役といっても過言ではないカウンタックを製造したメーカーがランボルギーニとなります。いくつかあるランボルギーニの車から今回はアヴェンタドールについて紹介したいと思います。


ランボルギーニ・ ウルスの性能・外装・内装・価格

ランボルギーニ・ ウルスの性能・外装・内装・価格

世界的に有名なランボルギーニ。本記事では、ランボルギーニのSUV「ランボルギーニ・ ウルス」について詳しくご紹介します。


ランボルギーニ・ミウラ|その性能と魅力とは

ランボルギーニ・ミウラ|その性能と魅力とは

スーパーカーの起源には色々ありますがその一説となるのが「ランボルギーニ ミウラ」となります。どんな車なのか紹介していきたいと思います。


ランボルギーニのヒット車種「ガヤルド」ってどんな車?

ランボルギーニのヒット車種「ガヤルド」ってどんな車?

数々のスーパーカーを発売してきたランボルギーニ。その中でも人気の高い一台がガヤルドです。今回はガヤルドについて価格やスペック、性能などについてご紹介いたします。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。