トップへ戻る

【どれがいい?】マイカー購入にお悩みの女性におすすめしたいSUV10選

【どれがいい?】マイカー購入にお悩みの女性におすすめしたいSUV10選

男性・女性によって車に求めるものはデザイン・性能・価格的にも異なるはず。そこで当記事ではポイントを絞って、筆者が考える女性にオススメのSUVを10台ご紹介します。SUVが気になっているけど、何を購入すればいいか迷ってしまう…そんな貴女に!気になるSUVがあれば幸いです。(※情報は2019年10月現在のものです)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車好きな筆者が考える 女性にオススメなSUVの基準

男性・女性によって車に求めるものはデザイン・性能・価格的にも異なるはず。そこで当記事ではポイントを絞って、筆者が考える女性にオススメのSUVを10台ご紹介します。
※情報は2019年10月現在のものです

女性にオススメなSUVの基準① カラーバリエーションが豊富

カラーバリエーションが豊富か否かはクルマ選びの際に男性も女性も重要視するポイントです。しかし事実として、男性と女性では好むカラーリングにも違いがあります。

その点を考慮すると、ブラックやホワイトといったシンプルなカラーリングよりも、ピンクやイエローといったカラフルな色、さらにはツートンカラーなどを選択することができるかどうかは、気になるところではないでしょうか。

女性にオススメなSUVの基準② 乗り降りのしやすさ

乗り降りのし易さもチェック項目です。

男性・女性に関わらず乗り降りが容易にできるに越したことはありません。しかし女性の場合、長いスカートを着ている方などもいるでしょう。

乗り降りのしやすい車に乗っておくと、そういった際の移動が少しでも楽になるので、要チェックです。

女性にオススメなSUVの基準③ 座席・シートが広い

座席が広いという点もひとつの注目要素です。

座席が広いことのメリットは、車内で広々と過ごすことができる点にあります。特に複数で乗り合わせて出かける際などに窮屈さを感じさせないような作りが重要ですね。また、お子さんがいらっしゃる場合はその広さやシートアレンジなどがより気になってくるのではないでしょうか。

また、荷物を多く運ぶ際に置き場所としても活用できますので、足元に荷物を置く必要がなくなります。

ただし、座席が広くなると同時に車体サイズも大きくなることが往々にしてあります。その点も併せてチェックしておくと良いです。

女性にオススメなSUVの基準④ 燃費性能に優れている!

燃費性能に優れていることを重視するユーザーは、男性よりも女性のほうが多いことでしょう。

筆者もいろいろと車を所有している人と話してきましたが、総じて男性は燃費性能よりもスポーツ性にこだわりを持ち、女性はデザインや燃費性能に興味を持っている人が多い印象です。結婚していて子供がいる家庭の場合、さらに燃費などを気にするようになっているかと思われます。

SUVの場合、車両重量が重たく燃費性能が特別高いということはあまりありません。しかし軽自動車ベースのSUVですと燃費性能はぐんと高くなります。

女性にオススメなSUVの基準⑤ 運転に便利な機能、安全機能が充実

安全機能が充実しているかどうかも選ぶ際のポイントとなるでしょう。

どれだけ気をつけていても、運転中にヒヤッとするシーンに遭遇することは必ずあります。そのような時にとっさに対応することができる方は大丈夫かと思いますが、残念ながら誰しもがそのように対応することができるわけではありません。

人によっては、安全装備が充実した車を選ぶことも今日のクルマ選びでは必須項目と言えるでしょう。

なお、同じ車種でもグレードによって安全機能が異なる場合は往々にしてありますので、グレード間比較を行うことも大切です。

女性におすすめしたいSUV10選

1台目:スズキ ハスラー

スズキ ハスラー ワンダラー(シフォンアイボリーメタリック ウッディ2トーンルーフ)

スズキ ハスラー ワンダラー(シフォンアイボリーメタリック ウッディ2トーンルーフ)

軽SUVの代名詞

軽自動車SUVとして、スズキの軽自動車ラインアップにおいても絶大な人気を誇るのがハスラーです。

ポップなエクステリアデザインとインテリアデザインで、ボディカラーのバリエーションも充実、別途料金かかりますが2トーンルーフ仕様車も用意されています。

原色寄りのカラーリングが多く、SUVの中ではまず比較的手に取りやすい、女性寄りの中性的な印象です。

角ばったボディ形状に少し丸みを与えたようなものとなっています。

スズキセーフティサポートで安全をサポート

スズキ・ハスラー

スズキ・ハスラー

スズキ セーフティサポートと呼ばれる予防安全技術が搭載されています。予防安全技術の内容は次の通り
・車線逸脱警報機能(Aを除くCVT車へ装備)
・ふらつき警報機能(Aを除くCVT車へ装備)
・先行車発進お知らせ機能(Aを除くCVT車へ装備)
・全方位モニター(全方位モニター用カメラパッケージ装着車向け)
・デュアルカメラブレーキサポート(Aを除くCVT車へ装備)
・誤発進抑制機能

軽自動車ということもあり車内のスペースは小型乗用車クラス以上と比べると小さいですが、後部座席を後ろまで持ってきて運転席・助手席をリクライニングさせればフルフラットスペースが生まれるようになっています。

長尺物も運べるようになっているので便利です。
室内寸法:長さ2,160mm x 幅1,295mm x 高さ1,250mm

コンパクトかつでも使えるSUVが欲しいという方には特におすすめです。

軽自動車トップクラスの燃費性能

燃費性能に注目すると、JC08モードで最大32.0km/Lの燃費性能を持つグレードが用意されています。

この数値より燃費性能の良い車種はありますが、軽自動車の中でもトップクラスの燃費と考えて良いでしょう。

車両価格は税抜1,019,000円~1,619,000円となっています。

近年の軽自動車は値上がりの傾向にありますが、その中では比較的お求めやすい価格帯とも言えるでしょう。

2台目:マツダ CX−30

マツダ CX-30 新型

マツダ CX-30 新型

新たに販売された新世代クロスオーバーSUV

新世代クロスオーバーSUVとして10月24日より販売されているのがマツダ CX-30です。

CX-5そしてCX-8と並んでマツダのSUVラインアップを支える新車種になります。

最新のSUVが欲しいわという貴女にピッタリのSUVですね。

マツダ CX-30 新型

マツダ CX-30 新型

ボディサイズ(全長×全幅×全高)と室内寸法(長さx幅x高さ)は次のようになっています。
ボディサイズ:4,395mm × 1,795mm × 1,540mm
室内寸法:1,830mm ×1,490mm × 1,210mm

全幅が3ナンバー車両の条件を満たしていることから分かる通り、車幅は広いです。室内寸法は幅が1,490mmあるので、横方向に余裕を持たせて使用することができでしょう。

リアシートには6 : 4分割可倒式シートバックが採用されており、長尺物を運ぶ際にも活用することができそうです。

荷物を多く積みたい方や、ファミリーカーとしても使える一台ですね。

ガソリン車とディーゼル車から選択可能

マツダ CX-30 新型

マツダ CX-30 新型

ガソリン車とディーゼル車の2種類に大きく分けられます。ガソリン車は4つのグレードから、ディーゼル車は3つのグレードから選択することが可能です。

価格帯はガソリン車で税抜2,175,000円~2,755,000円、ディーゼル車は税抜2,625,000円~3,005,000円となっています。

2020年1月下旬にはSKYACTIV-Xを搭載したグレードの販売が予定されています、こちらは全グレードオーバー300万円という高めの価格設定のようです。

サポカーS・ワイドに該当

マツダ CX-30 新型

マツダ CX-30 新型

やはり安全面も大事ですよね。

CX-30は、サポカーS・ワイドに該当する先進安全技術が全てのグレードに標準装備されています。内容は以下の通りです。

・スマート・ブレーキ・サポート
・AT誤発進抑制制御(前進時・後退時)
・アダプティブ・LED・ヘッドライトまたはハイビーム・コントロール
・車線逸脱警報システム
・スマートブレーキサポート(後退時)
・リアパーキングセンサー
・スマートブレーキサポート(後進時左右接近物)
・ブラインド スポット モニタリング
・後側方接近車両検知
・レーンキープ アシスト システム
・ドライバー アテンション アラート
・マツダ レーダー クルーズ コントロール

来年1月には新たなグレードが追加されるので、CX-30に興味をお持ちの方は要チェックです。

3台目:マツダ CX-5

『CX-5』改良新型モデル

『CX-5』改良新型モデル

マツダで人気のSUV

マツダ CX-5 XD Exclusive Mode 4WD 6AT

マツダ CX-5 XD Exclusive Mode 4WD 6AT

次にオススメする車種は引き続きマツダのSUVで、CX-5になります。

マツダのカーラインアップでも人気の高い車種であるCX-5は、一目見ただけで存在感の高さがうかがえるデザインです。

マツダらしいデザインが如実に表れていて、運転席周りに関しては質感とその気にさせるタコメーターデザインなど、男性の方はもとより、女性の方でも満足できるものとなっているのではないでしょうか。

マツダ CX-5 XD Exclusive Mode 4WD 6AT

マツダ CX-5 XD Exclusive Mode 4WD 6AT

マツダ CX-5 XD Exclusive Mode 4WD 6AT

マツダ CX-5 XD Exclusive Mode 4WD 6AT

ボディサイズと荷室寸法は次の通りです。

・ボディサイズ:全長4,545×全幅1,840×全高1,690
・室内寸法:長さ1,890×幅1,540×高さ1,265(電動サンルーフを付けると1,215mm)

先ほど紹介したCX-30と比べてCX-5のほうがボディサイズ・室内寸法ともに大きくなっています。

ロングドライブでも身体が疲れないように着座姿勢を人間工学に基づいて設計、ドライブ時の快適性は高そうです。

リアシートは40:20:40の分割可倒式ですので、場面に応じた使い分けもできます。多彩なシートアレンジができるという点は、のちのち、かなり重宝しますよね。

マツダ CX-5 XD Exclusive Mode 4WD 6AT

マツダ CX-5 XD Exclusive Mode 4WD 6AT

ガソリン車とディーゼル車から選択可能

ガソリン車とディーゼル車に大きく分けられ、ガソリン車には6つのグレードが、そしてディーゼル車には5つのグレードが用意されています。

特にガソリンエンジンには2.0Lエンジンモデルと2.5Lエンジンモデル、そして2.5Lターボエンジンモデルが用意されていますので、選ぶ際には要チェックです。

価格帯はガソリン車が税抜2,380,000円~3,290,000円、ディーゼル車が税抜2,670,000円~3,595,000円となっています。

カタログ上の燃費性能はガソリン車で12.2~14.6km/L、ディーゼル車で16.6~19.4km/Lとなっています(WLTCモード測定)

4台目:トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

お洒落なSUV

トヨタ ハリアーターボ

トヨタ ハリアーターボ

トヨタのSUVラインアップの中でもオシャレ度・上品さはピカイチと名高いSUVとして存在感を示しているのがハリアーです。

クロスオーバーSUVらしい都会的で洗練されたエクステリアデザインからは高級感も醸し出されています。

SUVと聞くと、少しアクティブなイメージが強いという方も多いかもしれませんが、都会派・インテリ感のあるSUVをお探しであればハリアーは本当におすすめな一台と言えます。

インテリアデザインはシンプルでありながらスタイリッシュで、誰を乗せても満足してドライブできること間違いなしです。

ボディカラーは6種類ほど用意されていて、ダークレッドやホワイトパールにブラックなどの落ち着きのあるカラーリングがメインとなっています。大人の雰囲気全開という印象です。

一部グレードには運転席オートスライドアウェイと呼ばれる、降車時に運転席が自動的に後方へ移動する機能も搭載されているなど、利便性の高さも伺えます。

ガソリン車とハイブリッド車を用意

トヨタ・ハリアー・プログレス・スタイルブルーイッシュ

トヨタ・ハリアー・プログレス・スタイルブルーイッシュ

関連するキーワード


SUV

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダが力を入れるSUVシリーズは、12月17日のCX-30の商品改良によって、全シリーズの新型が出揃いました。そこで、マツダのどのSUVが自分にピッタリなのか分かるように、様々な角度から比較してみました。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。