トップへ戻る

【カーシェア】カーシェアリングのデメリットとその解決法!

【カーシェア】カーシェアリングのデメリットとその解決法!

「数十分だけ、数時間だけ車を借りたい」 そんなニーズにこたえるサービスとして急成長してきているカーシェアリング。 安い値段で短い時間だけ車を借りられるとあって人気を集めていますが、いくつかのデメリットが存在するのも事実です。そこで今回は、カーシェアリングのデメリットとその解決法についてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


カーシェアとは

車画像

カーシェアとは

カーシェアリングとは、サービスを提供する企業の会員に登録した人同士が、専用のクルマを共同で利用(シェアリング)するサービスです。
その特徴はなんと言っても「気軽にクルマを使うことができる」点にあります。

マイカーを所有するとなると、駐車場代、税金、車検やメンテナンスの費用などさまざまな維持費がかかりますが、カーシェアリングだとこれらの費用はかかりません。
ガソリン代も基本的には無料です。

それに加えて、カーシェアリングではコインパーキングに併設されたステーションからクルマを借り、またそこに戻すというのが一般的な利用法ですので、24時間いつでもクルマを使うことができます。

また、レンタカーの場合は短くても数時間、ふつうは半日、1日といったスパンでクルマを借りることになりますが、カーシェアリングでは15~30分という短時間でも借りることができますので、少しだけクルマを使いたいケースなどでも非常に便利です。

このようにメリットだらけのカーシェアリングですが、残念ながらいくつかのデメリットが存在するのも事実です。
そこで今回は、カーシェアリングのデメリットとそれをカバーするための方法について紹介していきたいと思います。

カーシェアの主なデメリットと解決法

まずは主なデメリットとそれをカバーするための方法について紹介していきます。

ワンウェイ(乗り捨て)ができない(一部できるところも)

車画像

ワンウェイ(乗り捨て)ができない

レンタカーの場合、たとえば「東京の営業所でクルマを借りて静岡の営業所で返却する」といった借り方も、オプション料金を支払えば可能です(距離などの条件によってはオプション料金が不要の場合もあります)。

これは「ワンウェイ(乗り捨て)」と呼ばれるシステムで、片道だけクルマを利用したいという場合にはとても便利なサービスです。
ところが、カーシェアリングの場合、ワンウェイサービスを導入しているのは一部の企業のみで、原則としてクルマはその車両を借りたステーションに返却しなければなりません。

この方式では片道だけ利用したいときでも往復しなければならず、その分の時間的なロスが生じますし、その時間分の料金を支払わなくてはならないという意味で経済的にもロスが生まれることになってしまいます。

このデメリットをカバーするには、目的に応じてレンタカーとカーシェアリングを使い分けることです。
往復でクルマを使いたい場合にはカーシェアリングを利用し、逆に片道だけクルマを使いたい場合にはレンタカーを利用するようにすれば、両者のメリットを享受することができます。

希望の時間に借りられない時がある

24時間、いつでも使いたいときに使いたい時間だけクルマを借りることができるというのは、カーシェアリングの大きなメリットです。

しかし、冒頭でも説明したように、カーシェアリングはサービスに登録した複数の会員同士でクルマを共同利用するシステムです。

ですから、タイミングによっては予約をしようと思っても別の会員が先に予約を入れていて、希望の時間にクルマを借りることができないケースもあります。

こういったことも想定して、「とにかく早めに予約を入れておく」ことが大切です。

予約時間の1分前までであればキャンセル料がかからないカーシェアリングは珍しくありませんし、もっと早い場合でも1時間前までにキャンセルをすれば料金はかからないというのがふつうです。
予約・キャンセルの方法もスマホやパソコンの画面から、というのが一般的ですから、気兼ねなく行うことができます。

ですから、使うか使わないかはっきりしないというような場合は、早めにとりあえず予約を入れておきましょう。
そのうえで使わないことがはっきりしたら、その時点でキャンセルをすればいいわけです。

ただし、使う予定がほぼないのに予約を入れるというのは、他の会員に迷惑がかかることですからNGです。

また、「複数のカーシェアリングに会員登録しておく」というのも、いざというときにクルマが借りられない可能性を減らす方法です。
複数登録するおかげで会費がかさむというデメリットもありますが、サブの登録を月会費無料のカーシェアリングにすれば、この点は解消することができます。

返却時間が気になる

クルマを借りる際には返却時間をあらかじめ指定しておく必要があります。
時間を延長したいとなったとき、別の会員が次の予約を入れていなければ問題ありませんが、複数の会員でシェアリングしている以上いつもそううまくいくとは限りません。
次の予約が入っていれば、必ず時間までにクルマを返却しなくてはならなくなってしまいます。

このデメリットをカバーするためには、「時間を長めに予約しておく」ことです。

大手のカーシェアリングでは、たとえば6時間で予約していたとしても、実際に支払う料金は利用した時間分だけというシステムになっていることがよくあります。
このような料金システムになっているときは、迷わず時間に余裕を持って予約しておきましょう。

そうしておけば時間を気にせずにクルマを使うことができますし、もし予定よりも早くクルマを使う用事が終われば、予約時間よりも早く返却することでその分の費用も支払わずに済みます。
そのような料金システムになっていない場合でも、1~2時間程度の余裕を見て予約をしておけば、料金はかかってしまいますが、返却時間を気にすることは少なくなります。

利用の有無に関わらず月会費がかかる

車画像

利用の有無に関わらず月会費がかかる

カーシェアリングを利用するにあたっては月会費が必要になってきます。
ただ、月会費と同額の無料利用分がついてくるのが一般的です。
各社の月会費を見てみると、タイムズカーシェアなら880円、カレコなら980円、オリックスカーシェアなら840円となっていて、それと同額の無料利用分が付いてくるようになっています。

しかし、月に一度も利用しなかった場合には無料利用分がむだになってしまいます。

そこで、月会費の支払はなしで、会員資格だけは保有したいという方にはオリックスカーシェアの「個人Bプラン」やカレコの「月会費無料プラン」などがおすすめです。
これなら月会費0円で利用可能です。

前の人の使用状況によっては汚れていることがある

車画像

前の人の使用状況によっては汚れていることがある

カーシェアリングではレンタカーのように毎回クリーニングが入るわけではないので、たまたまマナーの悪い人の後に予約を入れてしまうとクルマが汚れていることもあります。
その場合はクルマに用意されているお掃除キットを使いましょう。

なお、自分が使い終えたら次の方のためにも座席やジュースホルダーに残ったゴミは片づけましょう。

自宅の近くにステーションがない場合も・・・

風景画像

自宅の近くにステーションがない場合、離れたステーションまで行かないといけない

カーシェアリングではステーション(車を借りる拠点)と呼ばれるところまで車を取りに行かなければなりません。「自宅からステーションが遠い」なんてこともあるはず。

また、タイムズカーシェア、オリックスカーシェアなどには駐輪・駐車スペースもないため、ステーションまで車でつれてきてもらうか、タクシーやバスなどの公共交通機関を使って向かうようにしましょう。

引っ越しを考えている方は、ステーションが近くにあるかなども見逃さないようにしましょう。

最近ではマンションの駐車場がステーションになっている場合もあるので、そのようなマンションに住むことができたら、思い切ってマイカーからカーシェアリングに乗り換えてみるのもいいかもしれません。

通常チャイルドシートは用意されていない

チャイルドシート画像

カーシェアリング各社では、ジュニアシートが標準装備されています。
しかし、ジュニアシートとは4歳以上を対象にしたシートです。

もし3歳以下のお子さんを乗せる場合には、自分でチャイルドシートを用意するしかありません。
その場合には、持ち運びに便利で取り外しが簡単なものを選ぶといいでしょう。

なお、地域限定とはなりますがチャイルドシート付きのカーシェアリングもあります。

ペットは乗車禁止

車画像

ペットも家族の一員として大切な存在ですよね。
数年前までは、一部のカーシェアリングの会社で規定通りのかごの中に入れれば大丈夫でしたが、今はどの会社もペットを乗せることが禁止になっています。

ですから、出かけるときはペットホテルに預けるか友人などに預けることをおすすめします。
どうしてもペットを乗せる場合には、ペット可能なレンタカー会社から車を借りるといいでしょう。

まとめ

車画像

カーシェアリング

今回は、カーシェアリングのデメリットとその解決方法についてご紹介してきました。

ここまで見てきたようにカーシェアリングにはいくつかのデメリットは存在するものの、それを上回るメリットが多々あります。

ぜひデメリットを上手にカバーしながら、カーシェアリングをうまく使いこなせるようになりましょう!

関連するキーワード


カーシェア カーライフ

関連する投稿


【カーシェア会社を比較】サッと借りてパッと使える!人気カーシェア会社3社を大比較

【カーシェア会社を比較】サッと借りてパッと使える!人気カーシェア会社3社を大比較

自家用車のある生活は便利ではあるものの、税金や保険料など、維持費の負担が大きくて大変な面もあります。そこで近年大いに広がりを見せているのが、スマホなどからサッと予約して必要な時間だけ車を使うことができる「カーシェア」。都市部の駅周辺などを中心に、カーシェアステーションを見かける機会も多いですよね。そんなカーシェア会社の中でも人気の3社を詳しくチェックして比較してみましょう。


カーリースやカーシェアで多様化するカーライフ、おすすめはどっち?

カーリースやカーシェアで多様化するカーライフ、おすすめはどっち?

近年では、映画配信サービスや音楽配信サービス、またソフトウェアライセンスなど、月額料金を支払うだけで実際の商品は購入せずに利用できるというサブスクリプション型のサービスがどんどん広がってきていますね。自動車でも所有形態の変化がだんだんと進んでおり、自分に合ったサービスを柔軟に選択しやすくなってきています。話題の所有形態の中でも、カーリースとカーシェアに絞ってご紹介します。


広がるカーシェア、乗り捨てってできるの?カーシェアの基本から解説

広がるカーシェア、乗り捨てってできるの?カーシェアの基本から解説

自動車そのものを買うのではなく、利用する時間に合わせて借りるカーシェアは、カーライフにつきものの諸費用の負担をなくしつつレンタカーよりも気軽に利用できることからじわじわと勢力を拡大しています。しかし、お近くのカーシェアステーションを見たときに、乗り捨て(ワンウェイ)利用はできるのかな?と疑問に思ったことはありませんか。乗り捨てが便利な利用方法も合わせて、現状をご紹介します。


【免許停止】免停とは?免停になる違反点数 免停期間 講習の内容ほか解説

【免許停止】免停とは?免停になる違反点数 免停期間 講習の内容ほか解説

何かしらの交通違反を犯してしまい、点数が加算されると免許停止(免停)となってしまいます。免停となる点数、免停期間は?免停講習はどのようなことするの?など免停あるあるな疑問をわかりやすくまとめています。免停になってしまった場合どうなるの?わかりやすくご紹介しています。


【ゴールド免許】憧れの優良運転者免許証の取得条件は?

【ゴールド免許】憧れの優良運転者免許証の取得条件は?

優良ドライバーであることを意味する「ゴールド免許」。このゴールド免許を取得するにはどういった条件があるのか。また、最短何年で取得できて、取得後のメリットはどういったものがあるのか。ゴールド免許を取得する際や取得後の注意点などについて解説しています。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。