目次へ戻る

ホンダ 新型インサイトの燃費・内装などを詳しくご紹介

ホンダ 新型インサイトの燃費・内装などを詳しくご紹介

ホンダから販売されているハイブリッドで環境にやさしいエコカー「新型インサイト」が気になっている方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな新型インサイトの燃費や内装などの詳細をご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダ新型インサイトとはどんな車?

ホンダ インサイト 新型 2019年

ホンダ インサイト 新型 2019年

インサイトはホンダが製造、販売しているハイブリッドタイプの乗用車です。

初代インサイトの発売が開始されたのは1999年で、2代目のインサイトは2009年に販売開始されています。

現在販売されている新型インサイトは、通算で3代目のモデルに該当するもので、2018年から販売が開始されています。

2代目までのインサイトに採用されていたハッチバックスタイルから、4ドアタイプのセダンに変更されているのが、新型インサイトの大きな特徴です。

新型インサイトには2種類のタイプがあり、価格が低額なのが「LX」です。メーカー希望小売価格は消費税込みで3,322,000円(2020年3月現在公式サイトより)です。

高額なタイプの新型インサイトが「EX」で、メーカー希望小売価格は消費税込みで3,564,000円(2020年3月現在公式サイトより)となっています。

LXとEXは燃費などの面でそれぞれ性能の違いがあります。

乗り心地の快適さや室内の広さにもこだわってデザインされている車です。

最新の安全運転支援システムである「Honda SENSING」が全てのタイプに標準で装備されているので、ドライバーが運転しやすくなっているのも新型インサイトの特徴です。

ホンダ新型インサイトのスペック

【ホンダ インサイト LX】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)mm4,675×1,820×1,410mm
ホイールベース2,700mm
最大乗車定員5名
車両重量1,370kg
燃費JC08モード:34.2km/L
エンジン種類水冷直列4気筒横置
最高出力80kW(109PS)/6,000rpm
最大トルク134N・m(13.7kgf・m)/5,000rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力96kW(131PS)/4,000-8,000rpm
最大トルク267N・m(27.2kgf・m)/0-3,000rpm
駆動方式FF
トランスミッション電気式無段変速機

ホンダ新型のインサイト燃費

ホンダ インサイト 新型 2019年

ホンダ インサイト 新型 2019年

燃費は、車のグレードなどによって燃費性能がそれぞれ異なります。

LXの場合、JC08モードを使用して運転した場合の燃費は、1リットルあたり34.2キロメートルです。WLTCモードの場合、1リットルで28.4キロメートルの距離を走行できます。

EXの場合、JC08モードを使用して運転した場合の燃費は、1リットルあたり31.4キロメートルです。WLTCモードの場合、1リットルで25.6キロメートルの距離を走行できます。


グレード

燃料消費率

LX

JC08モード:34.2km/L

WLTCモード:28.4km/L

EX

JC08モード:31.4km/L

WLTCモード:25.6km/L

ホンダ新型インサイトの内装や装備

ホンダ新型インサイトの内装や装備は、コックピットやシートのデザインが全体的にシンプルにまとまっているのが特徴です。

ドライバーが運転しやすいようにさまざまな装備が搭載されており、シートも快適に運転がしやすいように、工夫されたデザインが採用されています。

ここでは、コックピット・インパネ周りやシートデザイン、ラゲッジルームなどの各部分に分けて、新型インサイトの内装や装備の特徴を詳しく紹介します。

コックピット・インパネ周り

ホンダ インサイト インパネ 2019年

ホンダ インサイト インパネ 2019年

新型インサイトは、コックピットやインパネ周りも使いやすいようにデザインされています。運転席の前面に搭載されているマルチインフォメーション・ディスプレイは、大型のディスプレイが採用されているので、文字や画像などが見やすいのが特徴です。

運転する時に必要なさまざまな情報を大きな文字で表示できるので、運転しながら見やすいデザインになっています。

複数の情報を切り替えて表示することができ、ハイブリッドシステムのエネルギーフローや、安全支援情報なども表示させることができます。

インサイト メーターのデザイン

インサイト メーターのデザイン

ドライバー注意力モニターなどもディスプレイに表示することができ、ドライバーがより安全に運転できるように配慮されている車です。

ドライバーがハンドルを握ったままの状態でも操作がしやすいように、ディスプレイの操作にはレフトセレクターホイールが採用されています。

ホイールは指で上下に動かすことで、ディスプレイの表示を変えることができるので、ドライバーは運転しながらさまざまな情報を確認することができます。

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

エレクトリックギアセレクターは、指先のちょっとした動きだけで、直感的にシフト操作ができるようになっています。

感覚的に車を操作できることにより、ドライバーがより快適に車を運転できるようになっている設計です。

ギアセレクターは操作感にもこだわって設計されていて、P・N・Dは押すことで作動するようになっています。Rは引くことで作動するようになっていて、人間の自然な感覚に合うように操作の方法が変えられているギアセレクターです。

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ドライバーがよりスムーズに運転できるように、新型インサイトはアームレストの位置も工夫してデザインされています。

ギアセレクターとアームレストの高さを合わせることにより、ドライバーがよりスムーズにギアの操作ができるのが使いやすいポイントです。

ホンダ新型インサイトのシートデザイン

インサイトEXブラックスタイル

インサイトEXブラックスタイル

新型インサイトはシートデザインも工夫を凝らしてデザインされています。低全高スタイリングの車体に、余裕を持って乗ることができるシートの空間があります。

長時間乗っていても車内で快適に過ごすことができるように、疲れにくさにも配慮してシートのデザインがされています。

フロントシートとリアシートでそれぞれシートの乗り心地を微妙に変化させていることも、新型インサイトのシートデザインの特徴です。

インサイトEXブラックスタイル

インサイトEXブラックスタイル

フロントシートでは、座る人がシートに包まれているような心地良さを感じることができるように、座席がデザインされています。

座る人が、背もたれの部分から足の裏側まで、全身をシートに抱きしめられているような感覚を感じられるように、デザインされているシートです。体の中心だけでなく肩やサイドの部分も、包み込まれているような感覚があります。

インサイトEXブラックスタイル

インサイトEXブラックスタイル

リアシートは座る人がくつろいで乗ることができるようにデザインされているのが特徴です。つま先から膝の周囲の部分に十分なスペースを設けることで、座っている人が余裕を持って座れるようになっています。

頭の上の空間にも十分なスペースを確保することで、リアシートに座っている人がより快適に、移動できるようになっているデザインです。

長時間の移動でも、ゆっくりとくつろぎながら、リアシートに座ることができます。細かな部分にも気を配ってデザインされているので、快適に乗ることができる空間になっています。

ホンダ インサイト EX

ホンダ インサイト EX

乗っている人がより気持ちよく車内で過ごせるように、電動でシートを動かすことができる機能も新型インサイトには搭載されています。

運転席には8ウェイパワーシートが採用されているので、スライドやリクライニング、ハイトなどの調整を、スイッチ一つで簡単にすることができます。

助手席にも4ウェイパワーシートが採用されているので、スライドやリクライニングがそれぞれできるようになっています。運転する人の体格に合わせて、ドライビングポジションを変更することができる便利なシートです。

また、気温が低い日でもドライバーが快適に運転できるように、運転席と助手席は暖房設備もつけられています。

温度は3段階に調整できるので、その日の気温に合わせて調整することが可能です。運転席と助手席で別々に温度の調整もできるので、乗る人みんなが快適に過ごすことができます。

ホンダ新型インサイトのラゲッジルーム

ホンダ インサイト EX

ホンダ インサイト EX

ホンダ新型インサイトはラゲッジルームも十分な広さがあります。外観からは想像がつかないような広いスペースを持っているラゲッジルームです。

ラゲッジルームのスペースの確保は、エンジンルームのレイアウトを最適化することにより実現しています。一般的にはトランクスペース内に置かれることの多いリチウムイオンバッテリーを後席下に置くことで、ラゲッジルームをより広く取れるようになりました。

使いやすいのも新型インサイトのラゲッジルームの特徴で、開口部が広いために、物を出し入れする際にも、荷物を移動させやすくなっています。ゴルフバッグならば、四個まで積み込むことができる広いスペースがあります。

519リットルの容量があるために、大きなものをまとめて運ぶ際にも便利な車です。リアシートはトランクスルー機構がついているために、シートを倒すことで、長さのある荷物も積み込むことができます。

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

6対4の割合で左右のシートを別々に動かすことができるので、リアシートに人が乗っている状態でも、トランクスルーができるようになっています。

コンソールトレーはサイズの大きいものが使用されているために、5.5インチサイズのスマートフォンを収納することも可能です。スマートフォンの充電も簡単にすることができます。

ラバーマットは取り外しをすることができ、滑りにくい仕様になっています。汚れがついた場合には取り外して洗浄することもできます。グローブボックスは照明装置がついているので、夜間でも物が取り出しやすくなっています。

まとめ

インサイトEXブラックスタイル

インサイトEXブラックスタイル

ホンダの新型インサイトは、快適性や運転しやすさにこだわってデザインされている人気の乗用車です。

ドライバーが運転しやすいように、電動でシートの位置を調整することができ、大型のディスプレイで各種の情報を確認することもできます。

ディスプレイの操作はホイールで簡単にできるので、操作しやすくなっています。座席はフロントシートとリアシートで座り心地が変えられていて、フロントシートは体が包み込まれるような座り心地があり、リアシートは体のまわりのスペースに余裕があります。

このようにインサイトは運転する人にも、乗車する人にも細やかな配慮のなされた、乗りやすく楽な車といえるのではないでしょうか。

関連する投稿


【最新】2021年以降発売が予測される新型車 新車情報

【最新】2021年以降発売が予測される新型車 新車情報

2021年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車が発売されるのか?本記事では2021年以降に発売が予測される国産車をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日など、気になる最新情報を徹底解説!随時更新です(※5月27日更新しました)


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年5月更新しました)


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。


ホンダのSUVクロスロード!歴代モデルとあせない魅力に迫る!

ホンダのSUVクロスロード!歴代モデルとあせない魅力に迫る!

ホンダのSUVのモデルの中でもひっそりと消滅していってしまったシリーズに入るクロスロード。初代モデルは1993年に発売、2代目は2007年に発売以降、2010年でその歴史に幕を閉じました。しかしながら、そんなクロスロード2代目は中古車市場では個性的なCUVとして人気があるんだとか。本記事ではそんなクロスロードについてご紹介いたします。(※2020年5月更新しました)


【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

東京モーターショー2019を写真とともに振り返っていきましょう!10月24日に始まり、11月4日に閉幕した東京モーターショー。約130万人の来場者数を記録し、大成功をおさめました。本記事では東京モーターショー2019の模様、出展車、コンパニオン情報をまとめて紹介します。気になる東京モーターショー2021の最新情報もまとめています。


最新の投稿


イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションとは?意味や仕組み 交換方法もご紹介

イグニッションという言葉を聞いたことがありますか?イグニッションは車を動かすために必要なものなんです。今回は、イグニッションについてご説明していきます。


軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車の車検費用はいくら?乗用車より安い?費用相場や手続き方法

軽自動車は乗用車よりも税金や重量税などが安価になるという傾向があります。今回は、定期的に行わなければならない車検の費用や内訳などについて解説します。


【保存版】トヨタのGRシリーズ

【保存版】トヨタのGRシリーズ

GRシリーズをご存知ですか?GRシリーズとは、世界中のモータースポーツに参戦するTOYOTA GAZOO Racing が極限で培った技術と情熱を惜しみなく注いだスポーツカーブランドなんです。GR、と一言で言っても、GRMN、GR、GRSPORT、GRPARTSと分かれていて、何が何やらよくわからない。そんな方のために本記事ではGRシリーズをわかりやすくまとめてみました。(2020年更新しました)


国際運転免許の取得方法、有効期間は?日本の免許証で運転できる国は?

国際運転免許の取得方法、有効期間は?日本の免許証で運転できる国は?

海外旅行や出張など、海外で車を運転する必要が生じたときに取得しなければならないのが国際免許です。面倒だと思う方も多いかもしれませんが、意外と取得は簡単です!本記事では国際免許の取得方法、費用、必要書類、有効期間、ジュネーブ条約の加盟国さらに国際免許が不要な国や地域(カリフォルニア、ハワイなど)のルールをご紹介します。


【コンパクトSUV対決!】ヤリスクロス VS Tクロス VS ロッキー

【コンパクトSUV対決!】ヤリスクロス VS Tクロス VS ロッキー

今、もっとも熱いのがコンパクトSUVです。トヨタの新型ヤリスのSUV版であるヤリスクロスも今年中にデビューすることが発表されました。そこでこの記事では、ライバルとなるコンパクトSUV、VWのTクロスとダイハツのロッキーと比較しています。今コンパクトSUVが気になっている方は参考にしてみてください。