トップへ戻る

 レクサスRX 高級ミドルサイズSUVのフルモデルチェンジは2021年!?最新情報

レクサスRX 高級ミドルサイズSUVのフルモデルチェンジは2021年!?最新情報

レクサスRXは2019年8月29日にマイナーチェンジが行われました。ミドルサイズの高級SUVとして人気がありますが、そろそろフルモデルチェンジの噂も…。フルモデルチェンジはあるのでしょうか?今回はレクサスRXのフルモデルチェンジの情報、現行モデルの外装・内装・価格・グレードについて徹底調査しました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサスRXフルモデルチェンジは2021年?

レクサス RX

レクサスRXはレクサスの人気SUVです。

新型やモデルチェンジといった最新情報が気になるところですよね。そんなレクサスRXですが、2021年にフルモデルチェンジが予想されているとの情報をキャッチしました。

ミドルサイズSUVの「レクサスRX」はレクサスの中でも人気の車種です。2015年に4代目の現行モデルが発売されてから販売台数を伸ばし続けていますが、既に発売から5年が経過していることから、フルモデルチェンジの情報がささやかれています。

2017年12月には待望の3列シートの追加がされ、7人乗りモデルで使い勝手の良いSUVとしてますます売れているRX。

では、人気のあるレクサスRXの詳しいフルモデルチェンジの歴史を紐解いていきましょう。

レクサスRXフルモデルチェンジの歴史

レクサスRXフルモデルチェンジの歴史
①1998年初代モデル登場→2003年フルモデルチェンジ(5年で代替)
②2003年2代目モデル登場→2009年フルモデルチェンジ(6年で代替)
③2009年3代目モデル登場→2015年フルモデルチェンジ(6年で代替)

今までのフルモデルチェンジを振返ってみると、5~6年の間隔でフルモデルチェンジが行われていることがわかります。

ですのでこの計算で行いけば、次のフルモデルチェンジは2021年ごろになるのでは?と言われているんです。

最新情報を期待しながら待ちましょう。

レクサスRXとは?

レクサスRX

1998年から発売されているレクサスRX。発売直後から北米市場で爆発的な人気モデルとなりました。現行モデルは2015年から発売されている4代目モデルとなります。

レクサスのSUVシリーズをサイズ順にみていくと、一番小さいサイズから

■UX→NX→RX→LX

の順番になります。それに伴い価格帯やサイズも上がってきます。レクサスのSUVシリーズの中でもとりわけ人気が高い車種が、レクサスRXになります。

レクサスRXのコンセプトは「RXでありながら、RXを超えていく」をコンセプトに開発されました。日本市場でもミドルサイズSUVとして特に人気があります。

では次にインテリアを詳しく見ていきましょう。

レクサスRX 内装(インテリア)

レクサスRX

レクサスRX

レクサスRX

レクサスRX

レクサス RX

レクサスRXの内装はとてもゴージャス!

レクサスRXの内装はとてもゴージャスの一言に尽きます。2019年8月のマイナーチェンジ後には、従来からあった7人乗りのRX450hLに、2列目シートをキャプテンシートとした6人乗りがオプションで設定されました。

2列目シートがキャプテンシートになることで、より豪華な空間になりラグジュアリー感がアップしました。

インテリアは、ナビゲーションのタッチディスプレイ化、USBソケットやスマートフォン収納の追加、タッチパッド式のリモートタッチの採用などを行う。中でも、マルチメディアシステムは、新たにタッチディスプレイを採用するとともに、スマートフォン連動機能として、Apple 「CarPlay」やグーグルの「Android Auto」に対応した。アプリケーションを音声で操作することが可能になるなど、利便性が向上している。

走行中のタッチパネル操作は、非常に不便で安全面においても問題がありますが、このモデルではシフトノブ後方にあるリモートタッチで操作が可能になりました。

停止時には、操作が容易なタッチパネルが使用できるので、使いやすさも各段にアップしています。
但し、リモートタッチは滑るような節度感のない操作感になります。

レクサスRXの安全性能もマイチェンでパワーアップ

予防安全装備はレクサスセーフティ+になります。マイナーチェンジ後のモデルでは、夜間の走行者検知と昼間の自転車検知機能がプラスされました。

この機能が追加されたことにより、より優れた安全性能を手に入れています。

では次にレクサスRXの外装について見ていきましょう。

レクサス RX 外装(エクステリア)

※下記のモデルはレクサスRX2020年モデルの米国改良新型モデルになります。

レクサス RX

レクサス RX

レクサス RX

レクサスRXは2015年に現行型の4代目がデビューしました。2019年8月のマイナーチェンジ後のレクサスRXでは、先ず目立つデザインアイコン「スピンドルグリル」の切り返し位置を高く置き、薄くシャープなアッパー部と分厚いロア部を対比させて採用されました。(※スピンドルグリル自体は2012年4月12日のマイナーチェンジで採用しています)

新しくなったスピンドルグリルは、押し出し感が強まった印象を受けます。スピンドルグリルの下の台形部分を大きくすることでクロスオーバーSUVらしいどっしり感を演出したデザインになっています。

ウィンカーも流れるウィンカーを採用。ヘッドライトも光源が3つある3眼式をを採用し、ロービーム・ハイビーム共にLEDライトにしています。

では、次にグレード別の価格とスペックを詳しくみていきましょう。

レクサスRXグレード別価格とスペック

レクサスRX現行モデル価格

グレード

価格

RX450hL


AWD
7,690,000円~

RX450h


バージョンL 2WD7,036,000円~
Fスポーツ 2WD7,176,000円~
ベースグレード 2WD6,047,000円~
バージョンL AWD
7,296,000円~
Fスポーツ AWD
7,436,000円~
ベースグレー AWD
6,307,000円~
RX300
バージョンL 2WD
5,961,000円~
Fスポーツ 2WD
5,801,000円~
ベースグレード 2WD
4,972,000円~
バージョンL AWD
6,221,000円~
Fスポーツ AWD
6,061,000円~
ベースグレード AWD
5,232,000円~

2020年3月現在公式サイト調べ

レクサスRXスペック一覧表


RX450hL

RX450h

RX300
全長×全幅×全高(mm)5,000×1,895×1,7254,890×1,895×1,710
4,890×1,895×1,710
燃費(JC08モード)17.8㎞/L18.2~18.8㎞/L11.2~11.8㎞/L
エンジン種類V型6気筒V型6気筒
直列4気筒インタークーラー付ターボ

総排気量

3,456L3,456L
1,998L
最高出力 kw(PS)/  rpm

193(262)/6000

193(262)/6000
175(238)/4800~5600
最大トルクN.m(kgf・m)rpm335(34.2)/4600335(34.2)/4600
350(35.7)/1650~4000
2020年3月現在公式サイト調べ

レクサスRX 中古車価格

レクサスRXの中古価格:89万円~815万円

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年2月現在)

年代と型式によって価格帯もかなり幅があります。ご自身に合った価格帯やデザインのものを選んでみてくださいね。

レクサスRX 口コミ・レビュー

女子ウケする?SUVについて詳しく知りたい方はこちら

レクサスRXの口コミをいろいろと調べてきましたが、おもに下記のようなものが多くあげられていました。

・女子ウケする
・かっこいいクルマ
・安定感がある
・運転しやすい

かっこいいクルマといった口コミが一番多くみられましたが、やはり乗っていると優越感が味わえる内装も外装もかっこいいクルマに違いありませんね。

気になった方は、試乗をしてチェックしてみてくださいね。

LEXUS ‐ 販売店検索

https://lexus.jp/dealership/

レクサス販売店をご紹介します。

レクサスRX 試乗記

※こちらはレクサスRXのマイナーチェンジ前のモデルでの試乗記になります。

レクサスRX

■長所
1. 2列シートRXの初期型と比べると劇的に改善された乗り心地。
2. いかにもレクサスというイメージの静粛性の高さ。
3. レクサス車の中では採光性が良く、室内が明るい。
4. 2.2トンの自重+多人数乗車も余裕でこなすV6ハイブリッドのパワー。
5. 3列目を折り畳むと荷室は広大で、レジャー用品などの積載能力は十分以上。

■短所
1. 最初から覚悟していたが3列目はさすがに狭かった(笑)
2. 運転支援システムのスペックが低い。
3. ミラーサイクル化されたV6を積むが燃費は期待値ほどには伸びない。
4. プレミアムSUVの激しい競争の中で相対的に陳腐化が著しい内外装。
5. 操縦性はさすがに鈍重。

3列目が狭いことはドライブ前にレクサス関係者から忠告されていた。が、片道500km、1000kmという旅ならいざ知らず、200kmにも満たない旅であれば、小柄な人に3列に乗ってもらえば大丈夫だろうという目算で、かまわずそれでドライブを強行した。その目算はあながち外れていなかった。狭いというネガはあまり気にならず、一方で2、3列目のパセンジャーはフロントシートバックに装備されたオプションの大型ディスプレイでテレビを見たりしながらわいわいと盛り上がるという、なかなか楽しい移動となった。

やはり静寂性が高いようですね。3列目は折りたたむと広いですが、人が乗る広さとしてはSUVの三列目はやはり狭いイメージが健在します。

そこはワンボックスとは異なるところですね。それ以外はとても魅力的な車ということが試乗記からも伝わってきました。

まとめ

レクサスRXのフルモデルチェンジの情報を主にリサーチして来ましたが、今までのフルモデルチェンジのパターンが5~6年毎にフルモデルチェンジされていることから、2021年にフルモデルチェンジする可能性が有力なのではと囁かれています。

今後の詳しい情報を期待して待ちたいですね。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 SUV RX

関連する投稿


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


スバル フォレスターの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

スバル フォレスターの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

ボクサーエンジンとシンメトリカルAWDの組み合わせで優れた走行性能を実現している人気SUV、スバル フォレスター。四輪駆動やSUVの世界で深い歴史を持つスバルならではの魅力がいっぱいのフォレスターですが、ほとんどのグレードがハイブリッド仕様となるなど、その燃費性能にも注目が集まっています。カタログ燃費や実燃費など、フォレスターの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


日産 エクストレイルの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 エクストレイルの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産が長い間育て続けてきた車名である「エクストレイル」は、流行のSUVクラスにおいてファンも多い車です。海外向けには新型モデルが発表されるなど、フルモデルチェンジの機運も高まっていることもあり、現行モデルはかなりお買い得に購入できる場合も増えている様子。現行エクストレイルのカタログ燃費と実燃費をご紹介しつつ、ライバル車種との比較を通して、気になる燃費情報を詳しくご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハリアーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

プレミアムSUVの定番車種、トヨタ ハリアーの人気が止まりません。都市部でこそ映える洗練されたデザインで人気を博してきたハリアーですが、サイズが比較的大きめなだけに、日々のガソリン代に直結する燃費性能が気になる方も少なくないのではないでしょうか。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較を通して、気になるハリアーの燃費性能を詳しくご紹介していきます。


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。