トップへ戻る

【豆知識】フォーミュラeとは何だろう?

【豆知識】フォーミュラeとは何だろう?

皆さんは、フォーミュラeをご存じでしょうか?フォーミュラeは、電気自動車のF1とも呼ばれる今注目のモータースポーツです。この記事では、モータースポーツの最高峰と言われるF1との違い、共通点、フォーミュラeの果たす役割と今後の課題についてお伝えします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


フォーミュラeが注目される理由とは?

日産のフォーミュラeマシン

フォーミュラeが注目される理由は、「電気自動車を使用したモータースポーツの最高峰だから」と言えるでしょう。

フォーミュラeは世界唯一のEV自動車レースとして、2014年に国際自動車連盟(FIA)が中国で初めてシリーズを開催しました。

フォーミュラeのレースは「e-Prix」と呼ばれ、世界の大都市やリゾート地などの市街地で開催されるのが特徴とされています。シーズンは12月~年明け7月までの年間十数戦程度が開催されています。

フォーミュラeが必要とされる理由

フォーミュラE 第5戦 香港ePrix

必要とされるポイントとしては、レース理念であるリサイクルやエコを様々な視点から「レースを見ている側に環境保護を意識させること」にあります。

理念
  • 観戦者は公共交通機関を利用してもらう(会場には駐車場がありません)
  • 1レース1セットだけで走行するリサイクルが可能となっているタイヤを使用する
  • 100%再生可能な燃料を使用する
  • 自宅からのオンラインライブ360度の観戦を提供する

【必要な理由その1】化石燃料を使わず環境に配慮

レースは、上記の理念を基に開催されています。

また、F1のように化石燃料を使用せずに地球温暖化問題に配慮して行われている点も理念の一つといえるでしょう。F1では化石燃料を燃焼させCO2を排出させますが、フォーミュラeの電気自動車の場合は化石燃料の代わりに100%電動でバッテリーから給電して走行します。

そのため、CO2も発生しませんし騒音もでません。環境問題に配慮されているといえるのはそれだけではなく、上記の理由から市街地での開催なども可能となるのです。

【必要な理由その2】電気自動車(EV)の開発・普及

フォーミュラeの理念でも述べた通り、環境問題を考え電気自動車の普及を促進することを目指しているわけですが、どのような形で促進が図られているのかというと、レースにおいて使用される電動化技術を一般車にフィードバックすることでより、高性能な電気自動車を開発することができるわけです。

現在では、ほとんどの大手自動車メーカーやサプライヤーがフォーミュラeに参加しており、レーシングカーの開発プログラムなどを最先端技術のテストヘッドとして使用してレースにおいて性能が実証された技術をすぐに普通自動車に投入しています。

そのため、FIAの技術ロードマップはパワートレインの効率化にポイントをおき自動車メーカーも普通自動車の開発過程において超効率的なパワートレインの開発に力を入れています。

このことからわかるように、自動車メーカーや関連企業の参加や協賛が増えておりこのバックアップを受けてどんどん電動化技術のブラッシュアップにつながっているのが現状です。

フォーミュラeの問題点

日産e.dams、 フォーミュラE

環境問題に配慮し、電気自動車の開発にも貢献しているフォーミュラeですが、問題点もあります。

例えば、電気自動車の製造段階での問題としては、工場での製造の際に二酸化炭素(CO2)が排出されてしまいます。

その量としては、ガソリン小型自動車の製造・リサイクルで1台あたり5,000kgの二酸化炭素(CO2)量が排出されます。電気自動車の製造では1台あたり10,000kgの二酸化炭素(CO2)量が排出されます。

このことからもわかるように、全てにおいて環境に優しいわけではないということです。

そして、電気自動車への移行に必要な課題としは、動力面での改善が必要です。2014年の時点でのフォーミュラeのレース中は1台のバッテリー容量が少なく途中でクルマを乗り換える必要がありましたが、2018年に導入された「Gen2」により45分フォーマットのレース1回を戦える容量を使用。2022年に導入予定の「Gen3」ではレース中の急速充電が可能になるように開発が進められています。

このことからも伺えるのは、このような開発によるコストの高騰化です。2019年からポルシェやメルセデスの参入により開発競争が過熱する恐れがあります。

開発競争が過熱すれば、開発コストも上昇していくのは当然の流れとなっていきます。開発コストが高くなれば、結果的にモータースポーツの撤退も視野に入れるメーカーも現れる可能性もあがるということになります。

次の項ではその他の問題点をそれぞれに分けてご紹介していきます。

【フォーミュラeの問題点その1】厳しすぎる?!電池残量

フォーミュラeのレースでは、最初の4シーズンまでクルマに電力を供給するバッテリーが45分持たなかったのは上記でも少し触れましたが、それまでのレースにおいてはドライバーがレースの途中でピットインをする必要がありました。

降車の際に邪魔になるハンドルを引き抜き車外に飛び出し、バッテリーが切れたクルマからフル充電されたクルマに乗り換えるわけです。これは、電池残量がなく仕方がないこととはいえ、電気自動車の電力供給の問題を目の当たりにする光景といえたでしょう。

これは、普通自動車においても同じ問題となるわけですからクリアしなければならないものでした。しかし、ルシッド社によって開発されたカーボンファイバー製の外板に包まれたバッテリーが誕生したことで、これまでの2倍近い54kWhの出力を可能にしました。

しかし、未だ最高速度はF1の時速350km以上には及ばない280kmではありますが、バッテリーの容量や冷却に課題を克服することができればF1に追いつくこともそう遠くないのでないでしょうか。

特に全個体電池が搭載されるようになると飛躍的に性能が伸びるのは間違いないでしょう。

【フォーミュラeの問題点その2】ペナルティの基準

2つ目の問題点として挙げられるのは、レースでのペナルティの基準についてです。

マシン空力デバイスがほとんどなく、レースの大半が狭いストリートサーキットで行われることから、平均的なシングルシーターシリーズに比べ多くのクラッシュや接触が発生しているのが現状です。

しかし、レースにおいてクラッシュや接触が多いことが当たり前の状況でペナルティ基準が一貫しておらず、明確でないとドライバーからの不満が噴出しています。例えば、第6戦の三亜ePrixでもクラッシュやペナルティの審議が多発しました。

レース終盤にセバスチャン・ブエミとディ・グラッシ、フラインスが絡んだ多重クラッシュにおいて、ディ・グラッシ、フラインスがリタイアに6番手でチェッカーを受けたブエミに10秒のタイム加算ペナルティが課せられ、8位に降格されました。

このレースでも、ペナルティの基準が明確でないとドライバーのSNSでの不満が爆発するなどの騒動になり話題となりましたが、フォーミュラeでは、レース後のペナルティ・リザルト変更も多いためレース運営の点での改善策が必要とされているのが現状です。

まとめ

BMW i8 ロードスター がベースのフォーミュラEセーフティカー

注目が集っているモータースポーツとしてフォーミュラeをご紹介してきました。

ガソリンやディーゼルに代わる次世代の電気自動車の開発と普及を目的に行われているわけですが、環境問題への課題、電気自動車の開発などの課題なども多々あることがわかります。

しかし、どんどん進化してきていることも確かです。この先、どのような進化が見られるのか、どのようにフォーミュラeが変わっていくのかという事もモータースポーツファンだけに限らずとも期待ができるのではないでしょうか。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


【交通安全協会】入会は任意、会費を払うメリットは?実はお得?

【交通安全協会】入会は任意、会費を払うメリットは?実はお得?

免許証の交付や更新時などに入会できる「交通安全協会」ですが、そもそも入会は任意なのか義務なのかといった疑問から、チャイルドシートの無料レンタルや協賛店の割引などの入会メリット、会費を紹介します。また、入会と退会の方法についても記載しています。


駐車違反の反則金はいくら?標識がなくても駐車禁止の場所は?

駐車違反の反則金はいくら?標識がなくても駐車禁止の場所は?

当記事では駐車禁止違反(駐禁)について、違反をしてしまった際の反則金・罰金、違反点数などの罰則内容から、駐車禁止のステッカーを貼られてしまった場合にどうすればいいのか等の対処方法、駐禁の反則金の支払いについてや、違反をしてしまった場合はすぐに出頭すべきか否か等をまとめて掲載しています。(※情報は2022年7月現在のものです)


車のエアコンガス チャージ・補充方法は?入れ方や料金を徹底解説

車のエアコンガス チャージ・補充方法は?入れ方や料金を徹底解説

季節の変化で気温が変わると必要になるのが車のエアコン。今回は、そのエアコンのために補充が必要なエアコンガスについて、漏れる原因や確認方法から、セルフでの補充方法、補充にかかる料金について解説します。


免許停止(免停)とは?免停になる違反点数や免停期間、講習に関する疑問を解決

免許停止(免停)とは?免停になる違反点数や免停期間、講習に関する疑問を解決

交通違反や交通事故によって違反点数が加算され、一定の点数を超えると免許停止(免停)になります。免停となる点数や免停期間、免停講習はどのようなことをするのかなど、免停に関する疑問をわかりやすく紹介します。


金融車とは?相場より安く販売される理由と知っておくべきデメリットを解説

金融車とは?相場より安く販売される理由と知っておくべきデメリットを解説

車を安く購入する方法にはさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く販売されていることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてわかりやすく解説します。


最新の投稿


【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

輸入車の定番と言われるメルセデスやBMWほどには敷居が高くなく、しかし品質イメージはドイツ車であることを主張してくるアウディ。そのアウディから販売されているSUVは7車種もあり、アウディでSUVを購入したいという方は迷ってしまうことでしょう。こちらでは、それぞれのスペックを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。


車の個人売買ってどうやるの?やり方や流れ、トラブルを避けるポイントを解説

車の個人売買ってどうやるの?やり方や流れ、トラブルを避けるポイントを解説

車の購入を考えている方の中には、車を安く買う方法として「個人売買」に興味を持っている方が多いのではないでしょうか。普通に買うより安く買えるらしいけれど、いつもの買い方とどう違うのか、どんなトラブルやリスクがあるのか、どんな流れで自分の車になるのか、など分からない事や不安がたくさんあってなかなか踏み切れない方もいると思います。この記事では、実際に個人売買で車を購入・売却した実体験も踏まえて、個人売買の具体的な手順やメリット・デメリット、注意点などを紹介します。


自動車の衝突事故を検出する新機能がiPhone 14シリーズ全モデルに搭載!

自動車の衝突事故を検出する新機能がiPhone 14シリーズ全モデルに搭載!

2022年9月に発売されたiPhone 14シリーズ全モデルには、自動車の重大な衝突事故を検出して、緊急通報サービスに自動で連絡してくれる新機能の「衝突事故検出」機能を搭載。今回は「衝突事故検出」機能の検出する仕組みや特徴、なぜ自動車事故の想定した機能を搭載したのかを解説していきます。


スバル ソルテラのスペック、価格、内外装、補助金、bZ4Xとの違いまで徹底解説!

スバル ソルテラのスペック、価格、内外装、補助金、bZ4Xとの違いまで徹底解説!

スバルのソルテラは、スバル社では初となる新型EVクロスオーバーSUVです。2022年5月12日に発売開始されましたが、トヨタ自動車とBEV(バッテリー式電気自動車)を共同開発したことから注目が集まっています。ここでは、発売されてまだ間もないソルテラについて、スペックと価格、納期ついてまとめて解説します。


ランクル超え!米国トヨタ フルサイズSUV「セコイア」2022年晩夏発売!

ランクル超え!米国トヨタ フルサイズSUV「セコイア」2022年晩夏発売!

大型SUVセグメントとして人気の高いトヨタのセコイア2023年モデルが、2022年夏に、米国トヨタで発売が決まりました。日本での正規販売は予定されていませんが、走行性能の高さにハイクオリティな安全装備が搭載されるので、逆輸入ユーザーが続出するのではないかと期待があります。今回の記事ではフルサイズSUV「セコイア」について、装備やグレードなどをさまざまな観点から紹介します。