目次へ戻る

ポルシェ唯一のステーションワゴン「パナメーラ スポーツツーリスモ」

ポルシェ唯一のステーションワゴン「パナメーラ スポーツツーリスモ」

本記事ではポルシェのステーションワゴンの「パナメーラ スポーツツーリスモ」について見ていきます。2017年に発売されたパナメーラの気になる性能と外装・内装をご紹介したいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ステーションワゴンとは?

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ(プロトタイプ)

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ(プロトタイプ)

1900年代初頭から、セダンとバンの良いところを融合したようなスタイルを持った車のスタイルをステーションワゴンと呼ぶようになったようです。

エンジンルームとキャビン部分の、2BOXの構造を持つ車で、後部座席の後ろに広い荷物室を持つもの大きな特徴です。

ステーションワゴンの多くは、セダンのようにフロント部分にエンジンを搭載し、後部トランク部分までルーフを伸ばし、客室と貨物スペースを一体化したスタイルの車のことを、ステーションワゴンと呼ばれるようになったようです。

一般の商用車によく見かけるバンとは、形状が似ていることから混合されがちですが、その用途・装備の違いで区別される事が多いのが現状です。

きちんとした定義としてステーションワゴンが存在するものではなく、その用途・形状において呼称されているカテゴリーの車の事です。

日常の生活から、キャンプや釣り、そしてその多くは欧州などでは、車格の大きさやカーゴ部分の使い勝手の良さから長距離の移動に使用される事も多く、一部では特に大きい車格のステーションワゴンをロングツアラーと呼ぶこともあるようです。

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモの性能

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ(プロトタイプ)

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ(プロトタイプ)

現在ポルシェが販売している4人乗り以上の多目的車としては、SUVに分類されるマカンシリーズ、カイエンシリーズ、グランツーリスモに分類されるパナメーラ、そしてステーションワゴンのパナメーラ スポーツツーリスモに分かれます。

パナメーラ スポーツツーリスモは先に述べた通り、パナメーラとスポーツツーリスモの2タイプのモデルが存在します。

グランツーリスモは、一見しただけではステーションワゴンとは思えないほどのスポーティさを残しつつ、その機能はステーションワゴンの条件を満たしております。

とはいえ、そこはポルシェのつくるステーションワゴンだけのことはあり、走行性能はどのモデルも一般のいわゆるスポーツモデルに決して引けを取るものではありません。

パナメーラ スポーツツーリスモには多くのモデルが存在しますが、そのスタンダードモデルであるパナメーラ 4 スポーツツーリスモでさえ出力だけを見ても、243 kW/330 PSとさすがポルシェと思えるパワーを誇っています。

上位モデルになればその出力は更に驚きの出力404 kW/550 PSまで高められており、その加速力は、0 - 100 km/h加速で3.4秒とまさにポルシェならでは走行性能をまったく犠牲にするどころか代表するほどの走行スペックを与えているのです。

ポルシェは決してパワーのみを追及しているメーカーではなく、パナメーラシリーズでは、E ハイブリッドと呼ばれる電動化モデルもラインナップに存在しています。

また、パラメーラのスタイリングも豊富でまるでセダンのようなパナメーラから、まさによりスポーティなGTSシリーズのようなモデルまで、その種類は豊富です

まるでパナメーラ一車種だけでも一つのメーカーのように、モデルの種類は多く、選択肢はかなりひろく好みの一台は必ず存在することでしょう。

ポルシェ パナメーラ 4 スポーツツーリスモのスペック

【ポルシェ パナメーラ 4 スポーツツーリスモ】スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,050mm×1,935mm×1,425mm
ホイールベース2,950mm
車両重量1,815kg
燃費JC08モード:-km/L
エンジン種類V型6気筒・ターボ
最高出力243kW(330PS)/5,400-6,400rpm
最大トルク450N・m/1340-4,900rpm
駆動方式四輪駆動
トランスミッション8速PDK


情報は2020年4月現在の公式サイトより

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモの外装・内装

内装も外装も決してポルシェはポルシェらしさを忘れていません、ポルシェの哲学に妥協の文字は見当たらないのです。

それがどのような用途に使われる車であっても、その用途に合ったあった最高のポルシェを。

ポルシェはあくまでポルシェらしさを追及します。

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモの外装

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ(プロトタイプ)

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ(プロトタイプ)

ポルシェのフォルムを継承しつつ、その機能性は十分にして最高これがポルシェのポルシェたる所以です。スポーティセダンと呼ぶ事に何の抵抗も感じないことでしょう。

新型パナメーラは全長で5メートルを超えるサイズでありながら、大きさというよりゆとりを感じさせてくれるサイズです。

トランクスペースは520リッターの大きさを持ち、小旅行なら楽こなす実力の持ち主でありながらも、エクステリアは、ポルシェにしては少し大きな4ドアセダンにしか見えません。

Panamera GTS ModelsとPanamera Turbo Modelsこの二つのシリーズはスタンダードなパナメーラに比べると少し異質です。

同じパナメーラの系統とは思えない顔とスタイルを持ち合わせています。ステーションワゴンと呼ぶならむしろこの二つのシリーズがその代表かもしれません。

長く伸びたルーフとサイドシルエットはセダンでもなくスポーツでもなく、4ドアステーションワゴンのシルエットと呼ぶにふさわしいものが与えられていますが、やはり随所にポルシェらしさもふんだんに盛り込まれており、さすがポルシェが形作ったステーションワゴンと呼ぶにふさわしい出来栄えです。

流れるようなシルエットはあくまでデザインだけのものではなく、空力をきちんと計算された結果のスタイルです。

それはあたかも、ポルシェが作ればステーションワゴンさえも、タフさと速さを兼ね備えたスーパースポーツの一つであるがごとく存在しています。

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモの内装

ポルシェ パナメーラ・スポーツツーリスモの内装

ポルシェ パナメーラ・スポーツツーリスモの内装

ポルシェの内装の豪華さ、機能性はどのモデルを見ても考え得る最上の材質で最高の仕上がりで送り出されています、それはシフトノブの材質にも表れています。

その取り付け位置もドライビングポジショニングから計算された、一番には運転しやすさを追及したはてにたどり着いたものなのです。

本革がふんだんに使用されているのにも本革でなければならない理由がポルシェにはあるのです。ポルシェは材質にも拘ってその上にも研究されつくされた答えが凝縮されているのです。

シートはただ単に座るものではなく、いかに長時間のドライブでも快適に過ごせるかが求めています。

一見豪華さだけが先行しがちですが、ポルシェにはこれらの材質と形が譲れない、最高の形をお届けするにはこれしかないといったもの全てが計画され計算の末に形になったのです。

そして、豪華さはそれらのことを求めた結果の副産物なのです。

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモのカスタム

ポルシェパナメーラのカスタムパーツはエクステリアを自分好みに仕上げるための、エアロパーツからアルミホイールリアスポイラーをはじめ、豊富に各カスタムショップなどから世界に一つだけのパーツが販売されています。

究極のカスタムはパナメーラの最上位機種 パナメーラターボ S E ハイブリッド スポーツツーリスモモデルを選択するということが、世界で一番贅沢なポルシェパナメーラのカスタムなのかもしれません。

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモの新車・中古車価格

続いてはパナメーラ スポーツツーリスモの新車価格、中古車価格について見ていきましょう。

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモの新車価格

車両本体価格(消費税込)

パナメーラ 4 スポーツツーリスモ
13,312,037円
パナメーラ 4S スポーツツーリスモ
17,559,259円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモの中古車価格

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモの中古車価格は、1,200万円〜1,820万円となっています。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

まとめ

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ(プロトタイプ)

ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ(プロトタイプ)

ポルシェがステーションワゴンを発売していることは、特筆すべきことなのかもしれません。レースでの速さは勿論、ポルシェに多くの人が求めることはその気にさえなればアクセル踏み込めばポルシェは忠実にスピードの向こう側の世界に連れて行ってくれる車だということです。

その世界を覗く人は多くはありませんが、その準備は出来ている車なのです。多くのポルシェオーナーには各世界の著名人が名を連ねています。

ポルシェの車は、ステータスだけではなくオーナーにしか味わえない充足感と達成感はやはり他の追随を許しません。それはこのステーションワゴンというカテゴリーの車でさえもポルシェが作れば輝きが違うのです。

関連する投稿


【8月20日より先行予約開始】スバルの新型レヴォーグ発売はいつ?

【8月20日より先行予約開始】スバルの新型レヴォーグ発売はいつ?

スバルが誇るスポーツワゴンレヴォーグがついに新型となって登場です。スバルはいよいよ新型「レヴォーグ」生産の準備開始しました。現行モデルでも素晴らしい走行性能を持つレヴォーグですが、2020年秋に発売されるという新型は、どんな進化を遂げたのでしょうか?現在発表されている情報をもとに全力でご紹介します。(※2020年7月更新しました)


【2020年度版】メルセデス・ベンツ ステーションワゴン一覧まとめ

【2020年度版】メルセデス・ベンツ ステーションワゴン一覧まとめ

贅沢なラゲッジスペースを確保しながら、高級感を維持した外観が魅力的なメルセデス・ベンツのステーションワゴン。今回は、メルセデス・ベンツのステーションワゴンの特徴・スペックをご紹介します。


【2020年度】アウディのステーションワゴン一覧

【2020年度】アウディのステーションワゴン一覧

最近話題になっているソロキャンプ。自然の中で焚火を眺め癒されるのはいいですよね。でも本格的にテントで寝るのはちょっと抵抗がある方には車中泊に適しているステーションワゴンがオススメです。その中でも今回は、アウディのステーションワゴンをいくつかご紹介したいと思います。


【2020年度】ボルボのステーションワゴン一覧

【2020年度】ボルボのステーションワゴン一覧

ボルボは、北欧スウェーデンを本拠地とする老舗自動車メーカーです。日本で人気が高まってきたのは比較的最近の話ですが、ボルボの自動車生産の歴史は古く、100年近い歴史を持っています。そのボルボのラインアップの中でも、今回はステーションワゴンを取り上げてご紹介します。


【2020年度版】スバル ステーションワゴン一覧まとめ

【2020年度版】スバル ステーションワゴン一覧まとめ

アウトドアでの活動などに便利なラゲッジスペースをたっぷりと確保しながら、都会的なデザインが魅力的なステーションワゴン。スバルでもステーションワゴンが発売されているのですが、3車種あることから、どれを選べばいいのか迷うところでしょう。今回は、3車種のステーションワゴンの特徴とスペックをまとめています。


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。