トップへ戻る

トヨタ アクア|気になる価格・燃費・内装・中古車情報

トヨタ アクア|気になる価格・燃費・内装・中古車情報

言わずと知れた自動車メーカートヨタから販売されているハイブリッドカーの新型アクア。環境に配慮されたコンパクトカーとなり、狭い道が多い日本で軽自動車よりちょっと大きい車が欲しいそんな方にピッタリな車となっています。そんな新型アクアの気になる燃費と内装について詳しくみていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ アクアとは?

トヨタ トヨタアクア 2018年

トヨタ トヨタアクア 2018年

日本は自動車製造技術の実力が高く、日本車は世界の中でも高く評価されています。世界中でも日本車は活躍しているのですが、その中でも特に大きな影響力を持っているのがトヨタでしょう。

トヨタは日本の自動車メーカーの中で長年に渡り売り上げトップを記録していますし、言わずと知れた大手自動車メーカーとなります。

トヨタは数多くの人気車種を抱えており、新しい技術の開発にも力を入れ成長を続けています。そしてトヨタといえば、ハイブリッドカーは最も得意とするジャンルで、その技術力は非常に高く評価を得ています。

トヨタ アクア G ソフトレザーセレクション

トヨタ トヨタアクア 2018年

ハイブリッドカーといえば、トヨタと言われるほどにまで高い評価があり、プリウスやシエンタ、ヴォクシーなど様々なハイブリッド車が販売されている、実績のあるメーカーとなっています。

その中でも、ハイブリッドカーとして、特に人気なのは2019年に発売された、新型アクアではないでしょうか。

新型アクアはトヨタのハイブリッド車の中でも、走行性能、機能性はもちろん、非常に燃費性能が良く、環境にも配慮されたコンパクトカーです。更にモデルチェンジするたび魅力が増しているモデルでもあります。

トヨタ トヨタアクア 2018年

トヨタ トヨタアクア 2018年

また、アクアはコンパクトカー+ハイブリッドという画期的なスタイルを確立おり、ハイブリッドカーの枠組みをこえてベストセラーに選ばれています。

室内空間も十分広く、低燃費で利用できるという人の願いを叶え、提供しているクルマとなっています。

アクアのモデルチェンジは頻繁に行われており、その度に改良が施されています。現行のアクアも日々進化を遂げている1台です。

トヨタ アクアの燃費

トヨタ トヨタアクア 2018年

トヨタ トヨタアクア 2018年

燃費について見ても新型アクアは良好とされており、トップレベルの燃費の良さに注目されています。

先代アクアの燃費はJC08モード37km/Lと国内トップの燃費の良さを持っていました。しかし、2016年に発売となるライバル車「日産ノートe-POWER」によりトップの座を奪われてしまいました。

その後、アクアはマイナーチェンジにより燃費効率が向上し、再びトップの座を奪還しています。

2019年発売の最新のアクアでは、最も安い価格グレード「L」が、改良後に38km/Lと先代より向上しています。「S」と「G」グレードは歩行者保護の法規対応などにより、車両重量が増したことで燃費は34.4km/Lと先代よりも少し落ちていますが、他車種と比較して全く問題ない低燃費と言えます。

製造技術として、車両の小型化や軽量化が施されていることで、空気抵抗を減らし、走行への影響が抑え、余分なエンジンパワーに負担をかけことを改善の基にして新型アクアは製造されています。

トヨタ アクアの内装

トヨタ アクア G ソフトレザーセレクション

トヨタ アクア G ソフトレザーセレクション

次はアクアの内装について詳しく説明していきます。歴代のアクアは基本的には黒を貴重とした内装で、シックな感じに仕上がっています。

機能的で無駄なものを削っているので、エアコンやカーナビなどを操作がしやすいことが1つの利点といえます。

ワンタッチで操作可能なので、運転の妨げにならないですし、スムーズに操作をすることができることもその1つです。

モニターとスイッチ類は1つの場所にまとめてあるので、目線を動かさずに目的地を設定して、行き先を確認することができます。

シートカラーも黒がメインで、上質な肌触りで自然な仕上がりとなっているため体感も完璧となっています。

スペース

トヨタ アクア G ソフトレザーセレクション

トヨタ アクア G ソフトレザーセレクション

気になるアクアの室内スペースですが、コンパクトカーなので空間は制限されているのですが、天井が高くて、全幅も広く乗り心地からしてそれほど狭さを感じることはありません。

室内空間は軽自動車よりも広く、大人が4人乗車しても楽ですし、ラゲッジスペースも広く確保されているので、大量の荷物が積み込めることができるので安心です。奥行きのある内装で、実際の数字よりも広く感じるのがアクアの特徴となります。

トヨタのハイブリッドカーには、アクアの他にもプリウスという人気車種がありますが、プリウスとアクアに共通している点があります。その点について紹介したいと思います。

内装はどちらも同じような雰囲気で、黒を基調としています。シンプルですが使い勝手がよく、体を動かさなくても全てのボタン操作などが、できるようなセッティングされています。

また、両車とも内装をカスタマイズするパーツも豊富にあり、トヨタ純正のものから社外品まで多々あります。パーツはインターネットでも購入できますし、カタログで注文することもできるので気になるものがあれば探しやすいラインナップとなっています。

コンフォート

アクアも最新のコンフォート路線を継承しています。その1つがUVカットガラスの採用されたアクアのフロントガラスなどに現れています。

UVカットガラスは、日焼けの原因となる紫外線をカットしてくれるので、日焼けなどの紫外線影響を避けたい方には最適となります。

日差しの中の暑さのもととなる赤外線をカットするIRカット機能付きガラスの用意もあるため、エアコンを効きやすくすることもできます。

また、アクアのエアコンにはファンを作動させると肌に優しいナノイーを発生させる装置が組み込まれています。ナノイーとは水に包まれている電気を帯びたイオンで、体に負担をかけない優しいものです。

アクアは鍵を取り出さなくてもすぐに開錠することができます。スマートキーをポケットやバッグに入れておけばドアを軽く握るだけで開錠してくれます。

これは意外と便利な機能で、子育て中のお母さんがお子様を車に乗せる際や、買い物で両手がふさがっている時に役立ちます。

小さい子どもがいると目を離すことができないので、この機能があると非常に便利です。スマートキーなので鍵を差し込む必要は無いです。エンジンも一手間なくかけることができます。

コックピット

トヨタ アクア S(内装色:レッド)

トヨタ アクア S(内装色:レッド)

新型アクアのコックピットも見所があります。中心には高精細なモニターを装備していて、一目で車の状態を知ることが可能となります。

アクアにはエコモードがあり、エコ運転をサポートする機能が搭載されています。運転中もこれを確認することができるので安心してドライビングを楽しめます。

表示切り替えはステアリングスイッチで切り替えが可能なので、運転中にステアリングから手を離すことなく、切り替えることができます。

アクアは運転中に視線が動かないように工夫されていて、ドライバーの視界の中に全てのスイッチが配置されています。

運転中に視線を動かしてしまうと安全上問題があるため、アクアはドライバーの目線にたち、安全性を確保します。

トヨタ アクアのスペック

【トヨタ アクア L】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,050×1,695×1,455mm
ホイールベース2,550mm
最大乗車定員5名
車両重量1,060kg
燃費JC08モード:38.0km/L
交流電力量消費率JC08モード:-Wh/km
エンジン種類直列4気筒
最高出力54kW(74PS)/4,800rpm
最大トルク111N・m(11.3kgf・m)/3,600-4,400rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力45kW(61PS)
最大トルク169N・m(17.2kgf・m)
駆動方式前輪駆動
トランスミッション電気式無段変速機

情報は2020年4月現在の公式サイトより

トヨタ アクアの新車・中古車価格

トヨタ アクアの新車価格、新車価格は以下のようになっています。

トヨタ アクアの新車価格

【特別仕様車】メーカー希望小売価格(消費税込)

Crossover“Glam”
2,198,900円
S“Style Black”
2,087,800円
S“GLAMPER”
1,966,800円
S“Business Package”
1,952,500円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

【ハイブリッド】メーカー希望小売価格(消費税込)

G“GR SPORT・17インチパッケージ”
2,581,700円
G“GR SPORT”
2,372,700円
G“ソフトレザーセレクション”
2,125,200円
G
2,097,700円
Crossover
2,097,700円
S1,921,700円
L1,818,300円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

トヨタ アクアの中古車価格

トヨタ アクアの中古車価格は、35万円〜274.5万円となっています。

グレードや状態、物によりますが、新車で購入するよりも比較的お安く購入できます。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

2021年に新型アクア登場か?!

2021年には、新型アクアの登場が予定されています。

今までマイナーチェンジは施されてきましたが、フルモデルチェンジは初代アクアから考えると10年ぶりとなり、待ち望んでいたファンの方達も多いことでしょう。

新型アクアでは、「TNGA」プラットフォームが採用されるようで、5ナンバーでありながら居住性の向上が期待できます。

燃費もJC08モードで45.0km/L程度が予想される高性能のクルマとなっており、登場が待ち遠しいですね!

まとめ

トヨタ アクア G ソフトレザーセレクション

トヨタ アクア G ソフトレザーセレクション

2019年にマイナーチェンジを受けたばかりのアクアですので、今考えられる最新の技術が注ぎ込まれています、燃費も非常に満足のいく数値を公表しておりますし、ロングドライブに威力を発揮しそうです。

プリウスでは少し大きいけど手頃なハイブリッド車をお探しの方には、是非ご検討する1台にアクアをお加えになる事をお薦めします。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 アクア

関連する投稿


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。