トップへ戻る

モノコックとは?基本情報や特徴、ラダーフレームとの違いをご紹介!

モノコックとは?基本情報や特徴、ラダーフレームとの違いをご紹介!

皆さんはモノコックという言葉を聞いたことがありますか?航空機に始まりを持つ構造で、現在ではクルマや鉄道などにも採用されている技術です。今回はクルマにおけるモノコックボディ構造を、ラダーフレームと呼ばれる構造と比較しながらご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


モノコックとは?

ランボルギーニが自社開発したカーボンファイバー製モノコック

モノコックボディとは現代のクルマにおいて主流となっている車体構造の1つです。ボディとシャーシが一体構造となっていて、「卵の殻」や、難しい言葉だと「応力外皮構造」とも表現されています。

トヨタ ヤリスやホンダ フィットのようなコンパクトカーから、トヨタ 86や日産 GT-Rといったスポーツカーに至るまでモノコックボディが採用されており、以下で紹介するラダーフレームのクルマよりも普及率は高いです。

モノコック構造はクルマから生まれたものではなく、航空機の製造技術からクルマへ利用されたものです。

大型化した現代の航空機で採用されているのはセミモノコックと呼ばれる構造で、これは骨材に外板(クルマで言うところのボンネットやドアなど)を組み合わせた補強が施されています。

ラダーフレームとは?

スズキ ジムニーのラダーフレーム

モノコックボディと共にクルマのボディ構造の1つとして存在しているのがラダーフレームボディになります。上から見ると梯子(ラダー)のような形状をしているのがラダーフレームと呼ばれる理由です。

ラダーフレームはモノコックボディのクルマと比べて頑丈なところが大きな魅力となっています。フレームそのものが頑丈に作られているのがその理由です。酷く荒れた路面を走った際に強い衝撃がタイヤに伝わったとしても、フレームで一度衝撃が吸収されることでボディへの衝撃が緩和されます。

このように頑丈な点は大きなメリットなのですが、頑丈ゆえに車両重量が重くなりがちです。また、モノコックのクルマに乗っている時よりも衝撃を感じやすくなります。ラダーフレームのクルマの乗り心地はモノコックのクルマにはない独特なもので、乗り心地はあまり良いとは言えません。

トヨタ ランドクルーザーやスズキ ジムニーやメルセデスベンツ Gクラス、あと各種トラックなどにはラダーフレームが採用されています。

モノコックのメリット・デメリット

メリット:軽量かつ高剛性

モノコックボディのメリットとして挙げられるのは、軽量であること。特に軽さに関してはラダーフレームのクルマよりも明らかに優れているので動きも軽快です。軽いので燃費も良し。

またボディ自体が一体構造となっていることである程度の剛性を得ることにも成功しています。さらに床の位置を低くしやすいので、車内空間を広く確保できる点や乗り心地がラダーフレームのクルマより良い点も魅力です。

デメリット:破損した時の修理が大変

モノコックボディのデメリットは破損した時の修理が大変なことです。モノコックボディそのものに歪みが生じるとクルマ本来の走行性能に影響するアライメントにズレを生じさせます。

モノコックボディの修理には当該箇所のパーツを取り外したり、板金作業が必要となるので時間・手間・金が結構かかるのです。これを理由に廃車や乗り換えを検討する人もいます

ボディやフレームの歴史について

左の車両がランチア ラムダ ティーポ221カッサーロで、その右隣がランチア ラムダオッターヴィアセリエトルペードルンゴ

すでに述べましたように現代のクルマのほとんどはモノコックボディが採用されています。

しかし、クルマのボディの始まりはモノコックボディではなくラダーフレームのようなフレーム型です。これは馬車を真似して作られたと言われています。

クルマのフレームの歴史は木製フレームから始まりました。

その後スチール製のフレームが使われるようになりますが、フレーム上にエンジンやトランスミッションにサスペンションといった基本的なパーツが組み合わされていたのです。これは今でも継承されています。

世界で初めてモノコックボディが採用された乗用車は1922年に誕生したランチア ラムダという車種です。

モノコックボディを採用するだけでなく、前輪に独立懸架式が採用された最初の量産四輪乗用車でもあり、自動車工学に多大な影響を与えたと言われています。

モノコックとラダーフレームのクルマ、どちらを選ぶべき?

三菱 パジェロスポーツ

2020年6月時点で、国内で発売されている各自動車メーカーのラインアップを見ている限りだと、ラダーフレームが採用されているクルマ(乗用車)というのは前半で触れたランドクルーザーやジムニーにGクラスなどで、それ以外のクルマは大方モノコックボディです。

新車で購入する場合にはラダーフレームのクルマの選択肢は絞られると考えておきましょう。

ジムニーやGクラスのような重厚感の溢れるデザインが好きな人やオフロード走行で遊びたい人であれば、ラダーフレームのクルマを選ぶのはアリです。

このような理由のない人や、街乗りでの乗り心地を優先する人、車内が広くて燃費の良いクルマに乗りたい人はモノコックボディのクルマをおすすめします。

まとめ

モノコックボディとラダーフレームはそれぞれ一長一短。街中の一般的な道路を走る分にはモノコックボディのほうが有利ですし、本格的なオフロードコースや林道を走って遊びたいと思ったらラダーフレーム採用車が最適です。

これからクルマの購入を検討している方は、気になるクルマのフレームにどれだけこだわりがあるのかを調べてみてはいかがでしょうか?

関連するキーワード


フレーム 豆知識

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。