トップへ戻る

高級SUVの人気車種!厳選したおすすめ5車種を紹介

高級SUVの人気車種!厳選したおすすめ5車種を紹介

高級SUVというと、みなさんはどんな車を連想しますか。今やSUVは大から小まで本当にたくさんの車種があります。そして最近のクルマの流行と言えばSUVですよね。 その中でも今回は、高級SUVを中心に選りすぐりで5選お伝えしていきます。ぜひ、高級SUVをご検討中の方は参考にしてみてくださいね。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


高級SUVとは?

高級SUVと言えば、みなさんはどのような車種を想像されますか。パッと思いつくのは、高級な外車を思いつく方が多いのではないでしょうか、そんな私も外車を想像してしまいます。

まずは「高級SUV」というということで、SUVの定義から価格帯まで掘り下げてお伝えしていきます。

SUVとはどんな車?

そもそもSUVとは、「スポーツ・ユーティリティ・ビークル(Sport Utility Vehicle)」の略で、自動車の形態の一つとして考えられています。

日本語訳では「スポーツ用多目的車」とも訳されますが、通常ではSUVと訳して呼ばれています。SUVには様々な車種が存在しますが、そもそも明確な定義は存在していません。

現在、一般的にSUVと呼ばれているものは、

・ピックアップトラックの荷台にシェルと呼ばれる居住や、居室空間を作ったもの
・地上高を高くしたりラダーフレーム構造を採用したもの
・モノコック構造でSUV風の外観を持つ車

と大きく分けて3つに考えられています。では、そんな高級SUVに位置する車の価格帯はどのくらいになっているのでしょうか。

価格帯はどのくらい?

高級SUVということで考えられる価格帯ですが、だいたい1,000万円前後ぐらいと考えられているのではないでしょうか。

日本で考えられる高級車の価格帯は約400万円以上と考える人が多いようですが、そもそもが個人の見解によって異なりますよね。

ここでは、1,000万円前後ぐらいを高級SUVと考えていきましょう。では、そんな高級SUVはどんな人に向いている車なのでしょうか。

どんな人に向いてる?

そもそもSUVは、セダンなどの乗用車と比較すると、基本的に最低地上高は高くなります。雪道や段差、悪路走行などボディの下面を擦る心配もなくなるため、ウィンタースポーツ(スキー・スノーボード)やアウトドアなどのレジゃーの趣味がある方へ向いている車となります。

そして、高級SUVとして考えるのならば、セレブの方や年収が高い方に向いている車として考えられますよね。

アウトドアが趣味で、年収が高い方に向いているのが高級SUVとしてのカテゴリーのようです。次に、高級SUVを厳選して5選ピックアップしてお伝えしていきます。

どんなおすすめ車種があるのでしょうか。

高級SUVおすすめ5選

高級SUVと言っても、各メーカーからたくさんの車種が発売されています。今回は、その中でもおすすめ5選をお伝えしていきます。

ランドローバー レンジローバー

ランドローバー・レンジローバー

まず、高級SUVとして海外セレブの方にも人気の高い、ランドローバー・レンジローバーをご紹介していきます。

ランドローバー・レンジローバーは、イギリス・ランドローバー社が生産している高級車のオールパーパスフルタイム4WDで、ランドローバーブランドのフラッグシップモデルになります。

初代モデルは1970年に発売され、現行車は4代目となり、2013年から販売されています。

5mを超えるボディですが、2列シートの5人乗りが基本的なつくりとなっています。

2列目もエグゼクティブクラスシートと固定式センターコンソール付きのエグゼクティブクラスコンフォートプラスシート、ベンチシートの3タイプが用意されており、普段は定員5名のエグゼクティブクラスシートでもセンター部分を倒すと、4名乗車になり、贅沢な空間を味わうことができます。

優れた走行性能に加えて、伝統と気品を合せたデザイン性の高さは、古くから高級SUVの人気車種となっています。

ランドローバー・レンジローバーのスペック

【ランドローバー・レンジローバー ヴォーグ ディーゼル】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,005mm×1,985mm×1,865mm
ホイールベース2,920mm
最大乗車定員5名
車両重量2,390kg
燃費JC08モード:12.4km/L
価格(消費税抜き)13,572,728円
(2020年8月現在 ランドローバー公式サイトより)

レクサス LX

LX570

次にご紹介するのは、LX(エルエックス)です。LXはトヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」が販売するフラッグシップSUVになります。

1996年に発売された初代モデルから国外専用車種となっていましたが、現行の三代目モデルのマイナーチェンジを期に、2015年から日本市場導入が始まりました。

トヨタ・ランドクルーザーをベースに走行性の高さと高級サルーンのようなラグジュアリーなスペースやインテリアも特徴的となっています。

2列シート5人乗り・3列シート8人乗りも用意されています。V型8気筒の5.7リッターエンジンは車体の重さを感じる事無くスムーズでストレスフリーな走行が楽しめます。

高級SUVの中でも、人数もたくさん乗れるというのは、レジャーに出かける時など本当に便利でうれしい車ですよね。

レクサスLXのスペック

【レクサスLX3列シート・8人乗り】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,080mm×1,980mm×1,910mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員8名
車両重量2,730kg
燃費WLTCモード:6.6km/L
価格(消費税抜き)10,324,074円
(2020年8月現在 レクサス公式サイトより)

メルセデス・ベンツ Gクラス

メルセデスベンツ Gクラス

3番目にご紹介するGクラスも、かねてよりセレブに人気のある車種になります。

メルセデスベンツ Gクラスはドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツのブランドで展開している最高峰SUVになります。「G」とはドイツ語でオフローダーを意味する「ゲレンデヴァーゲン」(Gelandawagen)の頭文字になります。

2018年より新型になったことで、車両の基本性能も大幅にアップされ、魅力も更に増しました。初代から引き継がれたスクエアなスタイルは、近年のSUVにはない存在感や無骨さも外観の印象の一つとなっています。

エンジンは3.0Lのディーゼルターボと4.0Lのガソリンツインターボが選択でき、走りもパワフルで堪能できる1台となっています。Gクラスを見つけると、「カッコイイ」とパッと目に止まる印象は引き継がれており、とても魅力的な外観であることがわかります。

メルセデス・ベンツ・Gクラスのスペック

【メルセデスベンツ G350d】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,575mm×1,860mm×1,970mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員5名
車両重量2,460kg
燃費WLTCモード:9.9km/L
価格(消費税抜き)11,245,455円
(2020年8月現在 メルセデス・ベンツ公式サイトより)

BMW X5

BMW X5

4番目にご紹介するX5(エックスファイブ)も、とても人気のある高級SUVの車種です。X5はドイツの自動車メーカーBMWが製造・販売しているSUVになります。

初代はBMW初のSUVになり、BMWが初の商標登録した「SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)」の造語を用いることで、まったく新しいカテゴリーの自動車であるとBMWが主張しました。

初代は2000年に発売され、現行型は4代目で2019年から販売されています。X5はSAVのラインナップの中でも最も古い歴史を持つ、アッパーミドルクラスに属するモデルとなります。

インテリアはウッドパネルやレザーシートでラグジュアリーな空間を作りだしています。インパネ部分に搭載された大型の高解像度カラー・ワイド・ディスプレイは明るく。視認性も高くなっています。

歴史も古く、継続的に人気があるモデルとなっています。こんなカッコイイモデルを見ると、どれにしようかますます悩んでしまいますよね。

BMW・X5のスペック

【BMW X5 xDrive35d】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,935mm×2,005mm×1,770mm
ホイールベース2,975mm
最大乗車定員5名
車両重量2,180kg
燃費WLTCモード:11.7km/L
価格(消費税抜き)8,527,273円
(2020年8月現在 BMW公式サイトより)

ポルシェ マカン

ポルシェ マカン

最後にご紹介するのはポルシェマカンです。マカンはドイツの自動車メーカーポルシェが製造する高級SUVになります。

日本においては2014年から販売開始されます。日本仕様においては全て右ハンドルになります。

マカンはカイエンよりも一回り小さなモデルとして市場へ導入されました。コンパクトSUVの市場ブームにピッタリとハマった車と言えます。

エクステリアはカイエンと比較すると、よりスポーティな印象が強くなっています。1,000万以上の価格帯はマカンGTS、もしくはマカンターボになります。

コンパクトだけれど、スポーティでアクティブな女性にピッタリな高級コンパクトSUVになります。

ポルシェ マカンのスペック

【ポルシェ マカン】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,695mm×1,925mm×1,624mm
ホイールベース2,805mm
最大乗車定員5名
車両重量2,040kg
燃費JC08モード:-km/L
価格(消費税抜き)6,700,000円
(2020年8月現在 ポルシェ公式サイトより)

ここまで魅力的な高級SUVをお伝えしてきました。高級SUVの市場も魅力的な車種がたくさんあるので、どれにしようか、本当に悩んでしまいますよね。

ご自身のサイズや価格帯に合ったステキな1台に巡り合えるといいですね。

まとめ

本記事では、高級SUVにスポットをあて、おすすめ5選をお伝えしてきました。どれもかっこいいSUVばかりですよね。

一度は乗ってみたいかっこいいSUVばかりです。気になった車種があればまず、試乗にディーラーへ出かけてみるのもいいかもしれません。

リサーチして、お気に入りの一台が見つかるといいですね。

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダが力を入れるSUVシリーズは、12月17日のCX-30の商品改良によって、全シリーズの新型が出揃いました。そこで、マツダのどのSUVが自分にピッタリなのか分かるように、様々な角度から比較してみました。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。