トップへ戻る

VW ゴルフ|あのライバル車との比較、中古車・次期型情報も!

VW ゴルフ|あのライバル車との比較、中古車・次期型情報も!

世界中の自動車メーカーが、ハッチバック車の評価基準として継続的に利用しているとされるフォルクスワーゲン ゴルフ。日本でも「違いのわかる人」が乗るハッチバックとして、高い評価を得ていますね。しかし、いったいゴルフのどの部分がそこまで魅力的なのか、疑問に思われたことはありませんか? 一緒にその謎を紐解いていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


現代的ハッチバックの試金石、VW ゴルフ!

フォルクスワーゲン ゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフ

1974年の初代ゴルフ発売から、現行の7代目まで、40年以上も世界中で愛され続けるゴルフ。

人気は一部の好事家によるものではなく、現在まで歴代モデルが生産された台数は3,500万台以上と、世界でも3番目に多く生産された車名とされます。

パッと見た印象では、スマートなデザインで質感が高く、高品質な印象を受けはしますが、なぜそこまで愛されるのか、疑問に思われたことはありませんか?

フォルクスワーゲン ゴルフ カタログ

フォルクスワーゲン ゴルフ カタログ

もちろん、ポッと出の人気ではなく、40年以上も人気を継続させているのですから、ゴルフならではの魅力がたくさんあるはずです。

しかも、日本カーオブザイヤーを輸入車として初めて受賞するなど、その魅力は日本人にもぴったりハマるもののよう。

大まかにではありますが、そのゴルフならではの魅力を4点まとめましたので、ご紹介します。

ゴルフの魅力1. 落ち着いたスマートなスタイル

フォルクスワーゲン ゴルフ 初代(海外仕様)

フォルクスワーゲン ゴルフ 初代(海外仕様)

やはり、ゴルフを語る際は、普遍的かつドラマチックなそのスタイルを外しては語れないでしょう。

イタリアの伝説的カーデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロの手による初代ゴルフのデザインは、初代にして既に完成していました。

前輪駆動のメカニズムをボンネット下に収め、乗員と荷室を広く取る、合理的な2ボックススタイルのフォルム自体は、先行していた例がいくつもあったのですが、クリーンな面構成とシャープなラインによるハンサムなデザインは、ジウジアーロならではのものでした。

現在のゴルフにも見られる、存在感のあるCピラーなどの初代ゴルフの特徴を受け継ぎつつ、革新性も持たせながらデザインされてきた歴代のゴルフは、今やハンサムなだけでなく、高級感、ちょっぴりセクシーさまで感じるようなデザインへ進化しています。

ゴルフの魅力2. 大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ

フォルクスワーゲン ゴルフ GTE(欧州仕様)

フォルクスワーゲン ゴルフ GTE(欧州仕様)

欧州や日本の道路事情・駐車場事情において、使いやすさの限界サイズを外してこないのもゴルフの美点です。

どうしても、居住性向上や、衝突安全性向上のために、自動車メーカーとしては自動車の外寸はどんどん大きくしていきたいもの。しかし、フォルクスワーゲンは、ゴルフの扱いやすいサイズを無闇に大きくしてきませんでした。

もちろん初代から比べるとゴルフも大きくはなっているのですが、それでも日本で現在販売されている7代目では全長約4.3m、全幅約1.8mと、どんな場面でもしっくりくる黄金比のようなボディサイズ。

室内の程よい広さと走行安定性を両立させた、機能的なパッケージングです。

ゴルフの魅力3. スポーティなGTI、ハードコアなRも!

フォルクスワーゲン ゴルフ R

フォルクスワーゲン ゴルフ R

実用性一辺倒でないところもゴルフの魅力。ベースモデルでも上質な走りの楽しさは実現されているのですが、よりスポーティさを求める要望にも常に応えてきました。

初代から継続してラインナップされているホットモデル「GTI」は、ハッチバックの実用性を保ちながら運転の楽しさも追求するという欲張りな車「ホットハッチ」の人気を沸騰させた先駆車の一台です。

また、普段は4気筒エンジンが収まっているゴルフのエンジンルームにも入る狭角V6エンジンを搭載した3代目ゴルフ VR6や、狭角V6を引き継ぎつつ市販車として初めてDSGギアボックスを搭載した4代目ゴルフ R32、4気筒ターボに切り替わった6代目ゴルフ Rなど、GTIよりも高度なスポーツ仕様も用意。

サイズの小ささに引け目を感じない、堂々と大型スポーツカーにも追いつけそうな走行性能を持つグレードを用意したことは、ゴルフが一般大衆の味方であることを如実に示していました。

ゴルフの魅力4. 未来を見据えたバリエーション、eゴルフやGTE

フォルクスワーゲン eゴルフ (e-HAYAMACATION 提供車両)

フォルクスワーゲン eゴルフ (e-HAYAMACATION 提供車両)

また、先進的なパワートレインの実現もゴルフは忘れていません。

初代の頃から「シティストーマー」としてEVの可能性を模索していたゴルフは、量販仕様となるeゴルフを2013年に発表。2017年には日本でも発売されました。

残念ながら現在では販売が終了していますが、ゴルフの先進的な思想を表した特徴的なモデルでした。

また、完全電気自動車への橋渡しとなるプラグインハイブリッド仕様車も、エコムード満載ではなくGTIを彷彿とさせるスポーティな「GTE」としてラインナップするなど、エコ一辺倒ではない姿勢もゴルフらしいですよね。

フォルクスワーゲン ゴルフのスペック

【フォルクスワーゲン ゴルフ TSI トレンドライン】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,265mm×1,800mm×1,480mm
ホイールベース2,635mm
最大乗車定員5名
車両重量1,240kg
燃費JC08モード:19.1km/L
エンジン種類直列4気筒ターボ 1,197cc
エンジン最高出力77kW(105PS)/4,500-5,500rpm
エンジン最大トルク175N・m(17.8kg・m)/1,400-4,000rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション7速DCT
新車価格2,619,000円(消費税込)
(2020年9月現在 フォルクスワーゲン公式サイトより)
【フォルクスワーゲン ゴルフ TDI ハイライン マイスター】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,265mm×1,800mm×1,480mm
ホイールベース2,635mm
最大乗車定員5名
車両重量1,430kg
燃費WLTCモード:18.9km/L
エンジン種類直列4気筒ディーゼルターボ 1,968cc
エンジン最高出力110kW(150PS)/3,500-4,000rpm
エンジン最大トルク340N・m(34.7kg・m)/1,750-3,000rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション7速DCT
新車価格3,980,000円(消費税込)
(2020年9月現在 フォルクスワーゲン公式サイトより)
【フォルクスワーゲン ゴルフ GTE】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,265mm×1,800mm×1,480mm
ホイールベース2,635mm
最大乗車定員5名
車両重量1,580kg
充電電力使用時走行距離(プラグインレンジ)国土交通省審査値:45.0km
電力消費率国土交通省審査値:5.32km/kWh
ハイブリッド燃費JC08モード:19.9km/L
エンジン種類直列4気筒ターボ 1,394cc
エンジン最高出力110kW(150PS)/5,000-6,000rpm
エンジン最大トルク250N・m(25.5kg・m)/1,500-3,500rpm
モーター最高出力80kW(109PS)
モーター最大トルク330N・m(33.6kg・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション6速DCT
新車価格4,849,000円(消費税込)
(2020年9月現在 フォルクスワーゲン公式サイトより)
【フォルクスワーゲン ゴルフ R】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,275mm×1,800mm×1,465mm
ホイールベース2,635mm
最大乗車定員5名
車両重量1,510kg
燃費JC08モード:13.0km/L
エンジン種類直列4気筒ディーゼルターボ 1,984cc
エンジン最高出力228kW(310PS)/5,500-6,500rpm
エンジン最大トルク400N・m(40.8kg・m)/2,000-5,400rpm
駆動方式フルタイム四輪駆動(4WD)
トランスミッション7速DCT
新車価格5,909,000円(消費税込)
(2020年9月現在 フォルクスワーゲン公式サイトより)

【日本のライバルと徹底比較】VW ゴルフ vs トヨタ カローラ

フォルクスワーゲン ゴルフ TSI コンフォートライン テックエディション

フォルクスワーゲン ゴルフ TSI コンフォートライン テックエディション

冒頭でお伝えした、世界累計生産台数ランキングの1位は、我らが日本のトヨタ カローラとされています。

カローラは出自はセダンではありますが、長い歴史の中でハッチバックボディも継続してラインナップ。

特に最新型のハッチバック、カローラスポーツはゴルフともバッチリ比較できるライバルですので、詳しく比べてみましょう。

【ゴルフ vs カローラスポーツ】内外装・使い勝手編

フォルクスワーゲン ゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフ

デザインは好みによる部分が大きいため、どちらが優れているとは言い難いのですが、ゴルフが完全に勝ってしまう部分は実用性。

カローラスポーツはかなりキャビンが絞り込まれており、ハッチバックの傾斜角もキツめ。カローラスポーツの荷室も、ゴルフバッグが収納可能など十分に使える空間は用意されていますが、見比べるとゴルフの荷室の広さはゴルフの圧勝と言えそうです。

また、カローラスポーツはそのスポーティなデザインゆえ、リヤバンパーの張り出しが大きい点も、荷物の出し入れで気を遣うところです。

トヨタ カローラスポーツ

トヨタ カローラスポーツ

しかし、そんな不便を押してまで乗りたくなる挑戦的なデザインとなったカローラスポーツは、セダンの「カローラ」、ワゴンの「カローラツーリング」とともに、これがカローラ?!と驚くほどの変革を遂げた点は見逃せないかもしれません。

内外装ともに大幅にデザインが向上したカローラスポーツは、ゴルフのような作り込まれた精緻感とは異なる印象ですが、街中でのインパクトはかなりのもの。

どちらも5人が乗れる実用性がありますので、欧州車らしいシックな印象のゴルフか、もはやマンガの秘密兵器のようなトンガったデザインのカローラスポーツか、お好みのデザインを選ばれると良いでしょう。

【ゴルフ vs カローラスポーツ】走行性能編

フォルクスワーゲン ゴルフ TGI(欧州仕様)

フォルクスワーゲン ゴルフ TGI(欧州仕様)

スペック表に現れる性能としては、ゴルフはカローラスポーツに追い付かれている印象。

特にカローラスポーツのハイブリッド仕様では燃費性能がよく、プラグインハイブリッドのゴルフ GTEではEV走行が可能とはいえ、ハイブリッド燃費では圧倒的な差をつけられています。

また、同じ1.2リッターのダウンサイジングターボエンジン搭載車でも、出力とトルク、燃費の全てでカローラスポーツが上となっています。

しかし、燃費のカタログ値よりも普段の使い勝手をとった印象のゴルフは、コンパクトなハッチバックとは思えない高級車のごとく安定した乗り心地が持ち味。この安定感には、カローラスポーツは及ばないかもしれません。

トヨタ カローラスポーツ

トヨタ カローラスポーツ

カローラスポーツに対してのアドバンテージは、ゴルフのグレード展開の多さもあります。

1.2リッターターボの小排気量モデルから、クリーンディーゼルのTDI、スポーティなGTI、プラグインハイブリッドのGTE、スポーツカーも真っ青の動力性能を誇るRまでバリエーションが豊かなので、ご希望の動力性能を選びやすいのがポイント。

カローラスポーツには、海外仕様ではよりパワフルな2.0リッターハイブリッドなどの用意もあるのですが、国内仕様は1.8リッターハイブリッドと1.2リッターガソリンターボの2種類のみ。もう少しパンチ力のあるグレードの追加が望まれるところです。

【ゴルフ vs カローラスポーツ】価格編

フォルクスワーゲン ゴルフ インテリア

フォルクスワーゲン ゴルフ インテリア

先ほどもお伝えした通り、ゴルフのグレード展開は、上を見ればキリがないほど幅広いもの。そこで、1.2リッターターボ同士と、ゴルフのクリーンディーゼル搭載仕様であるTDIとカローラスポーツのハイブリッド仕様で、2020年9月現在の税込新車価格を比べてみましょう。

まず、エントリーグレードの役割もある1.2リッターターボ。ゴルフはTSIトレンドラインが最も廉価なグレードで、261.9万円が設定されています。対するカローラスポーツは、なんと6MT仕様のG“X”が最も廉価で216.9万円と、45万円ほど安い計算に。

その上、ゴルフ TSI トレンドラインではプリクラッシュブレーキなどの予防安全装備は標準装備なものの、アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストといった便利装備はオプションに留まるので、装備内容を揃えようと思うとさらに価格差が広がってしまいます。

トヨタ カローラスポーツ インテリア

トヨタ カローラスポーツ インテリア

また、ゴルフTDIとカローラスポーツハイブリッドのトップグレード同士では、ゴルフ TDI ハイライン マイスターが398.0万円、カローラスポーツ ハイブリッド G“Z”が284.1万円と、差額は100万円を超えてしまいます。

ゴルフの走行性能の高さはご紹介した通りではありますが、それ以外の装備面では、ゴルフ TDI ハイライン マイスターには電動レザーシートやパーキングアシストが標準装備となるくらいでしか差がなく、コストパフォーマンスではやはり日本車が圧勝してしまいますね。

この差額分の価値をゴルフに見出すかどうかはオーナー次第です。カローラスポーツのトップグレードを買うくらいのつもりで、欧州ハッチバック車の本質としてゴルフ TSIトレンドラインを選ぶのも面白そうですね。

トヨタ カローラスポーツのスペック

【トヨタ カローラスポーツ ハイブリッド G“Z”】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,375mm×1,790mm×1,460mm
ホイールベース2,640mm
最大乗車定員5名
車両重量1,390kg
燃費WLTCモード:25.6km/L
エンジン種類直列4気筒 1,797cc
エンジン最高出力72kW(98PS)/5,200rpm
エンジン最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/3,600rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力53kW(72PS)
モーター最大トルク163N・m(16.6kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格2,841,000円(消費税込)
(2020年9月現在 トヨタ公式サイトより)

欧州で既にデビューしている新型ゴルフをご紹介!

フォルクスワーゲン ゴルフ 新型

フォルクスワーゲン ゴルフ 新型

2019年末から欧州での発売が開始されている新型ゴルフ。現在日本で販売されている7代目の後継にあたり、ゴルフの伝統を受け継ぎつつも様々な新機軸が満載です。

まず一番驚きなのはスタイリングの変化かもしれませんね。ゴルフと分かるデザインながらも、7代目よりも睨みのきいた細目のヘッドライトはかなり低い位置に設置され、ボンネットがより伸びやかに長くなった印象を与えますね。

フォルクスワーゲン ゴルフ 新型

フォルクスワーゲン ゴルフ 新型

リヤスタイルも、ゴルフらしさはそのままに、ふくよかな曲面でありながらより直線的でシャープになった印象。新たに凹凸がなくシンプルになったVWエンブレムも備わり、新世代の車であることが伝わってくる仕上がりですね。

フォルクスワーゲン ゴルフ 新型 インテリア

フォルクスワーゲン ゴルフ 新型 インテリア

室内では、まるでハイエンドな高級車を思わせる、電子制御シフトレバーの小ささが印象的。その分センターコンソールには活用できるスペースが増え、小物入れが追加されていますね。

また、評判の高いデジタルドライバーズディスプレイも引き続き搭載されており、インテリア全体を通してクリーンでミニマルな印象。

新たにマイルドハイブリッド仕様の設定や、新開発のクリーンディーゼルも欧州では設定される、8代目の新型ゴルフ。

日本導入時期は未定となっていますが、続報に期待したいところです。

VW ゴルフの中古車価格まとめ

フォルクスワーゲン ゴルフ R(2014年型)

フォルクスワーゲン ゴルフ R(2014年型)

新車価格がなかなか値が張ることは既にお伝えしましたので、中古車価格の概要をご紹介します。

現行7代目はまさにモデルライフ終盤、新型モデルがいつ導入されるかという状況ですので、お買い得な中古車も数多くラインナップされている印象です。

ゴルフは日本でも非常に高い人気を誇る車なこともあり、2020年9月現在、1,531台もの豊富な在庫が確認できます。現行モデルに限れば、平均価格は180.6万円と、新車価格に比べてグッとお手頃感が出ますよね。

もちろん車両価格は高めになりますが、ゴルフのフラッグシップグレードであるRやスポーティなGTI、プラグインハイブリッドのGTEの中古車も確認できます。

フルEVよりも安心感のあるプラグインハイブリッド、GTEは、現在8台と在庫僅少。もしかすると、将来には7代目ゴルフ随一の稀少グレードとして、自慢できるグレードになるかもしれませんね。

まとめ

フォルクスワーゲン ゴルフ GTE(欧州仕様)

フォルクスワーゲン ゴルフ GTE(欧州仕様)

フォルクスワーゲン ゴルフの魅力をお伝えしてきましたが、いかがでしたか。ゴルフがハッチバック界で特別視されるほど、トータルバランスに優れた実用車であることがご理解頂けたかと思います。

実際、街中で見かけても、輸入車だぞ!という押し出し感ではなくスマートな印象を感じますよね。

欧州車はモデルライフ終盤にこそ熟成が進んで最高の仕上がりになる、とも言われます。7代目ゴルフが円熟の今、ゴルフを愛車に選ばれてはいかがでしょう。

関連する投稿


新型フォルクスワーゲン ゴルフ8|価格は日本で発売されるのはいつ?

新型フォルクスワーゲン ゴルフ8|価格は日本で発売されるのはいつ?

新型フォルクスワーゲンゴルフ8の発売時期が国内では遅れるそうです。これはコロナウイルスの影響が大きいのだとか。また、ドイツでは2019年にフルモデルチェンジが行われ発売されていますが、国内ではどうやら2021年の発売が濃厚そうです。今回は一足先にゴルフ8について書いていきます。


2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年もまだまだコロナの影響は色濃く、ニューノーマルを模索する1年となりそうな予感がしますが、気晴らしに発表が予想される新型車に思いを馳せてみるのはいかがでしょう。大混乱だった2020年の間も着々と開発を進めることに成功した新型車たちは、自動車の未来がどんな風に変わっていくのかを教えてくれる重要な一台となること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


VWとはどのようなメーカー?概要や売れ筋車種をご紹介!

VWとはどのようなメーカー?概要や売れ筋車種をご紹介!

VWは日本でも人気が高く街中でも見ることが多い海外の自動車メーカーです。さまざまのタイプのモデルがラインナップしているだけでなく、価格帯も幅があるので、どのようなモデルを購入すべきか迷っている方も多いでしょう。またVWというメーカーの始まりについて知らない方も多いでしょう。この記事では、VWのメーカーの概要から人気車種をご紹介します。


ワーゲンバスの魅力や選ぶメリット、価格について解説

ワーゲンバスの魅力や選ぶメリット、価格について解説

フォルクスワーゲンが開発した「タイプ2」と呼ばれるバン型の車で、60年以上前の車とは思えないほどの高い人気が現在でも維持されています。現在は中古車しか入手する手段がない車種ではありますが、その魅力について詳しく知りたいという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ワーゲンバスの魅力や選ぶメリット、価格などについて徹底解説します。


外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

アウトドアに使いやすいSUVを探している方にとって、国産車とは違った個性的なエクステリアでラグジュアリーな外車のSUVは魅力的です。しかし価格が高いと感じるモデルもありますし、どんなメーカーがどんな車種を販売しているのか分かりにくいこともあるでしょう。そこで今回の記事では、外車のSUVにはどんな種類があるのか、主なメーカーと代表的なモデルをご紹介します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。