目次へ戻る

エクリプスクロスに搭載「プラグインハイブリッド」とは?搭載車種も

エクリプスクロスに搭載「プラグインハイブリッド」とは?搭載車種も

新型エクリプスクロスの予約注文受付開始や、人気すぎて受注停止中のRAV4 PHVなど、話題沸騰中のプラグインハイブリッド。名前は聞いたことがあるけど、詳しくは知らないんだよね、なんて方は、この記事を読めばその虜となること間違いなしでしょう。ガソリン車の使い勝手と電気自動車の先進性を組み合わせたPHEVは、魅力がいっぱい。エクリプスクロスの発売前に、予習しておきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


コンセントで充電できるハイブリッド、PHEV。その魅力に迫る!

三菱 アウトランダーPHEV(英国仕様)

三菱 アウトランダーPHEV(英国仕様)

もはやエコカーとして代表的なハイブリッドカーは、減速時のエネルギーを回収してバッテリーに貯め、加速時に使うことが基本的な仕組みです。

そのため、走行状況や道路状況によってはあまり充電ができず、アシストを全然してくれなかったり、ハイブリッド方式によってはバッテリーを充電するためにエンジンが唸ってしまい、室内の静粛性も燃費もガタ落ちとなってしまう場合もありますよね。

そんなハイブリッドの弱みをまるっと解決した最新のエコカーこそ、「プラグインハイブリッド」。メーカーによってPHEV(プラグイン ハイブリッド エレクトリック ヴィークル)やPHV(プラグイン ハイブリッド ヴィークル)などと呼び方に揺れこそあれど、基本的な構成はどの車も同様です。

プラグインハイブリッドは、輸入車ではかなりラインナップが広がってきているほか、日本車でも最近ではRAV4 PHVが人気すぎて発売直後に受注を停止するなど、話題になっていますよね。

せっかくですので、そのメカニズムや魅力についてサラッと復習していきましょう。

ハイブリッドより断然長くEV走行可能!

三菱 エクリプスクロスPHEV エネルギーフロー表示

三菱 エクリプスクロスPHEV エネルギーフロー表示

プラグインハイブリッドとは、その名の通りプラグイン=充電ができるハイブリッドのことです。

ガソリンエンジンやディーゼルエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムをベースに充電可能としたものや、内燃機関は主に充電専用で使うものなど、複数の種類がありますが、どれにも共通するのは、電池の搭載量が一般的なハイブリッド車よりも多いということ。

また、ハイブリッド車は駆動用バッテリーを意図的に満充電することはなかなか難しいのですが、プラグインハイブリッド車なら、事前に充電しておけば常に満充電の状態から出発できます。

これによって、ハイブリッド車のEV走行モードは距離にして数km程度、速度が上がると使用不可になるものもあるなか、プラグインハイブリッド車なら距離にして数十km程度のEV走行レンジを持ち、法定速度内なら常時EV走行可能なものが一般的です。

数十キロとだけ聞くとそれだけ?とお思いかもしれませんが、実際に毎日車を運転される距離は、実は往復でも数十キロ圏内である方も多いのではないでしょうか。その場合ガソリン消費はゼロとなり、事実上フルEVと同じ使い勝手が実現できます。

もっと長距離を走れるフルEVは電池搭載量もかさんで価格も跳ね上がりますので、日常での使い勝手として、プラグインハイブリッドはコストパフォーマンスに非常に優れている特徴があります。

バッテリーを使い切ってもしっかり走れる

三菱 エクリプスクロスPHEV メーターパネル

三菱 エクリプスクロスPHEV メーターパネル

そして、内燃機関とハイブリッドシステムを搭載していることからもわかる通り、たとえ充電を使い切ってしまっても、ガソリンがある限り走行が可能な点がEVに対するアドバンテージ。

車両側と充電機器側、両方で技術的進化が続いており、フルEV車でも急速充電に必要な時間がかなり短縮されてきてはいますが、それでも早く出発したい時に数十分充電するのは結構面倒ですし、まだまだ少ない充電スポットに先客がいた場合、もっと長い時間待つこともあり得ます。

その点、プラグインハイブリッド車は、充電があるうちは静かで先進的なEV走行を楽しみつつ、充電を使い切ったらハイブリッド走行に切り替えることができるので、遠出だってヘッチャラです。

車種によっては、内燃機関を用いてバッテリーの充電を優先的に行うモードを搭載していたりするなど、フルEVとガソリン車/ディーゼル車の良い部分を兼ね備えた上で独自の魅力があるものも。

この先充電インフラの発展によってフルEVの使い勝手が飛躍的に向上するまでは、プラグインハイブリッドの優位性は揺らがないことでしょう。

駆動も発電も効率よく担当するエンジン

三菱 アウトランダーPHEV エンジンルーム

三菱 アウトランダーPHEV エンジンルーム

先進的でエコなモーター駆動ですが、低回転からのパンチ力に定評がある反面、高回転域では効率がガクッと落ちてしまう難点があります。

これは、街乗り主体でストップ&ゴーが多い乗り方をする場合には問題になりませんが、ロングドライブで高速道路を利用する際などには意外とネックな部分。走行レンジが気になって、交通の流れになかなか乗れないEVオーナーの方も多いことでしょう。

その点、プラグインハイブリッド車は内燃機関を搭載しているのがまたも役立ちます。車種にもよりますが、高速域などエンジン駆動の方が効率的な運転シーンでは、エンジン駆動ができることが一般的で、低速域のパンチあるモーター駆動と、高速域でも伸びのあるエンジン駆動の両方を味わうことができます。

無論、最高速度が向上するといった目的ではなく、総合的に見てエネルギー効率を向上させるためではありますが、高速道路を使ってガンガン遠出したい!という方にも、プラグインハイブリッドはかなりおすすめです。

アウトドアに、緊急時に、役立つ給電機能

三菱 アウトランダーPHEV(2013年型)

三菱 アウトランダーPHEV(2013年型)

こちらは一部ハイブリッド車でも可能なのですが、プラグインハイブリッド車は、その大容量な駆動用電池を利用した高出力の給電が可能な場合も多いです。

さらに、エンジンで駆動用電池の充電が可能な車種では長期間の給電も実現。

三菱 アウトランダーPHEVの例では、車からご家庭に電源を供給するV2H機器を利用した場合、駆動用電池満充電の状態では一般家庭1日分の電力に相当する10kWhが給電でき、エンジン発電も組み合わせると最大で約10日分もの電力供給が可能と試算されているほど。

停電や災害避難時など、いざという時にも頼れる相棒として大活躍してくれそうな実力の持ち主です。

まだまだ選択肢は少なめ!PHEV採用車種をご紹介!

三菱:アウトランダーPHEV、エクリプスクロスPHEV

三菱 エクリプスクロスPHEV

三菱 エクリプスクロスPHEV

メーカーとして、SUVに注力していく方針を発表している三菱は、SUVにおけるPHEVのパイオニア。アウトランダーPHEVを2013年に発売して以降継続して販売しているほか、新たにエクリプスクロスPHEVの追加も発表されています。

なんとアウトランダーPHEVは、グローバル累計販売台数で20万台を2019年に達成しており、環境先進国の多い欧州で2015年から4年連続トップセラーのプラグインハイブリッド車となっているなど、その性能は高く評価されています。

発表された新型エクリプスクロスPHEVも、アウトランダーPHEVと同様のメカニズムを使用することが発表されており、余裕ある動力性能と優れたEV走行レンジを両立していることがうかがえますね。

三菱 アウトランダーPHEV

三菱 アウトランダーPHEV

SUVらしさ、三菱らしさを兼ね備えたこれらPHEVの特徴は、前後2モーター式の四輪駆動であること。

2.4リッターエンジンとフロントモーターで前輪を駆動し、リヤモーターで後輪を駆動するこのシステムは、モーターによる緻密なトルク制御が可能なため、ランサーエボリューションなどで三菱が磨いてきたスポーツ志向の四輪駆動制御「S-AWC」の進化にもつながりました。

悪路走破性や滑りやすい雪道などで役立つだけの四輪駆動ではなく、車体の揺すられを低減したり、思い通りの旋回を可能としたり、運転して楽しい四輪駆動を実現している三菱のPHEV。

エクリプスクロスPHEVとの二段構えとなって、その人気にはさらに火がつくことでしょう。

【三菱 アウトランダーPHEV】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,695mm×1,800mm×1,710mm
EV走行換算距離(WLTCモード)57.6km
電力量消費率(WLTCモード)4.68km/kWh
ハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)16.4km/L
駆動用バッテリー総電力量13.8kWh
新車価格帯(消費税込)3.939,100〜5,294,300円
(2020年10月現在 三菱公式サイトより)
【三菱 エクリプスクロスPHEV】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,545mm×1,805mm×1,685mm
EV走行換算距離(WLTCモード)57.3km
ハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)16.4km/L
(2020年10月現在 三菱公式サイトより)

トヨタ:プリウスPHV、RAV4 PHV

トヨタ プリウスPHV

トヨタ プリウスPHV

プリウスPHVをリース販売ながら2009年から市場投入するなど、国内市場ではプラグインハイブリッドの先駆者であるトヨタ。

3代目プリウスをベースとした初代プリウスPHVでは、外観上でベースのプリウスとの差異があまりなかったのですが、現行の2代目プリウスPHVやRAV4 PHVでは、その先進性をデザインでもしっかりアピールしています。

プリウスPHVは、もとより超低燃費・超高効率のプリウスをベースにしているのですから、燃費の良さはお墨付き。EV走行レンジはやや短めではありますが、それを補ってあまりあるハイブリッド燃費の良さが特徴です。

トヨタ RAV4 PHV

トヨタ RAV4 PHV

また、車重が重くなりがちで空気抵抗的にも不利な大型SUVにおいて、100km近い「使える」EVレンジを実現したのがRAV4 PHV。EVレンジだけでなく、2シータースポーツカーのGRスープラに迫るほどの加速性能の高さも話題になりました。

人気のSUVにトップクラスの性能のプラグインハイブリッドシステムを搭載したパッケージ性の良さもあってか、搭載する電池量の多さが災いしてか、あまりの需要の多さに電池生産が間に合わず。現在は受注停止しているほどの人気となっているRAV4 PHV。

車としての仕上がりは魅力的ですが、自動車業界全体が直面している、世界的な電池生産キャパシティの逼迫が見え隠れする車となっています。

【トヨタ プリウスPHV】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,645mm×1,760mm×1,470mm
EV走行換算距離(WLTCモード)60.0km
電力量消費率(WLTCモード)9.35km/kWh
ハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)30.3km/L
駆動用バッテリー総電力量8.8kWh
新車価格帯(消費税込)3,313,000〜4,392,000円
(2020年10月現在 トヨタ公式サイトより)
【トヨタ RAV4 PHV】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,600mm×1,855mm×1,690/1,695mm
EV走行換算距離(WLTCモード)95.0km
電力量消費率(WLTCモード)6.45km/kWh
ハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)22.2km/L
駆動用バッテリー総電力量18.1kWh
新車価格帯(消費税込)4,690,000〜5,390,000円
(2020年10月現在 トヨタ公式サイトより)

ホンダ:クラリティPHEV

ホンダ クラリティPHEV

ホンダ クラリティPHEV

全長5mに迫る堂々たるセダンボディと、リヤフェンダーのスパッツなどの奇抜なディテールが特徴的なクラリティPHEVは、現在ホンダがラインナップする唯一のプラグインハイブリッド車です。

先行してデビューしたクラリティ フューエルセルでは燃料電池とモーターの組み合わせでしたが、こちらはガソリンエンジンを装備しており、現在の水素ステーションの設置数を考えればこちらが一般向け仕様と言えるでしょう。

その特徴はなんといってもEVレンジの長さで、なんとWLTCモードでも100kmを超えるカタログ値となっており、もしかすると数年単位でガソリンを使わない方もいらっしゃるのではと思うほどの実用的な数値となっています。

ホンダ クラリティPHEV

ホンダ クラリティPHEV

奇抜なスタイリングは、もちろん空力性能を究極に突き詰めた結果であり、個性的ながら未来の車っぽさも感じられますよね。

流れるようなルーフラインでスポーティなフォルムながら、大型セダンらしく5人がゆったり座れる室内空間が確保されているほか、荷室容量も512Lとかなり高度なユーティリティ性を誇ります。

残念ながらフューエルセルとPHEVともに、街中で見かけることはほぼ皆無なほどに販売面では苦戦しているようなのですが、その優れた性能を思えばもっと注目されて然るべき車に思えますよね。

【ホンダ クラリティPHEV】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,915mm×1,875mm×1,480mm
EV走行換算距離(WLTCモード)101.0km
電力量消費率(WLTCモード)6.76km/kWh
ハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)24.2km/L
駆動用バッテリー総電力量17.0kWh
新車価格(消費税込)5,989,500円
(2020年10月現在 ホンダ公式サイトより)

輸入車はラインナップ豊富! BMW、メルセデスベンツ、ボルボほか

ボルボ XC90 リチャージプラグインハイブリッドT8(海外仕様)

ボルボ XC90 リチャージプラグインハイブリッドT8(海外仕様)

国内メーカーがやや二の足を踏んでいるようにも感じられるのに対し、主に欧州の自動車メーカーはプラグインハイブリッドの導入にかなり積極的で、コンパクトカーからSUV、大型高級セダンまで、幅広くラインナップされています。

これは欧州各国で環境規制が厳しさを増しており、電動車両への優遇がかなり大きく、純内燃機関車両へのペナルティがかなり大きくなってきていることが要因と思われますが、ユーザーとしては選択肢が広がってくれるのは嬉しいことですよね。

国内でプラグインハイブリッド車をラインナップしている輸入車メーカーは、幅広い車種に設定しているBMWを筆頭に、メルセデスベンツ、アウディ、ボルボ、ポルシェ、ランドローバー、フォルクスワーゲンなどがあり、その数は増えていく一方。

これからも目が離せません。

まとめ

三菱 エクリプスクロスPHEV

三菱 エクリプスクロスPHEV

ガソリン車の使い勝手はそのままに、EVの先進性や楽しさをも兼ね備えた贅沢なエコカー、プラグインハイブリッド車についてご紹介してきました。

日本車はプラグインハイブリッド車があまり増加しておらず、ややもどかしい印象もありますが、プラグインハイブリッドが最適なエコカーであるユーザーはかなり多いと思われるので、今後各社からどんどん発売されていくことでしょう。

逆に考えれば、今プラグインハイブリッドに乗っているオーナーは、最先端の先進エコカーを選んでいる先見性のある方々ということとも言えますね。

エクリプスクロスPHEVの発売で、プラグインハイブリッド旋風が吹いてくれることを祈りましょう。

関連する投稿


【買うならどれ?】トヨタ プリウス、PHV、α 選び方を徹底指南!

【買うならどれ?】トヨタ プリウス、PHV、α 選び方を徹底指南!

もはやエコカーの代表格となったトヨタ プリウス。近年はハイブリッド搭載車が増えていますが、燃費特化車として究極の低燃費を実現しつつ、余裕のある室内で使い勝手もいいプリウスの魅力は大きいですね。しかしそんなプリウス、バリエーションが豊富すぎて、どれを選べばいいのか悩んでしまいませんか? この記事では、それぞれの魅力と、どれを選べば失敗しないかをご紹介していきます。


キャンプにぴったりのSUVは?積載性、防水性を調査!

キャンプにぴったりのSUVは?積載性、防水性を調査!

SUVは人気のジャンルでもあり、数多くの車種がラインアップしています。コンパクトSUVやラグジュアリーなモデルまで多種多様です。その中で、キャンプにSUVを活用したいという方も多いでしょう。この記事では、キャンプにおすすめのSUVをピックアップしてご紹介します。積載量や悪路での走破性など複数のポイントからSUVを選らんでみました。


大型のSUVのおすすめは?大人数でも大量荷物でもOKな1台!

大型のSUVのおすすめは?大人数でも大量荷物でもOKな1台!

大人数が乗れる車として、人気があるのはミニバン。車内空間も広く、大人数で乗車することも可能なのが魅力です。しかし最近では大型のSUVも数多くラインアップしており、大人数乗りたい方やたくさんの荷物を載せたい方が選ぶときの選択肢になっています。この記事では、国産車と輸入車に分けて大型のSUVのおすすめ車種をご紹介します。


トヨタ RAV4にPHV(プラグインハイブリッド)発売!走行性能や魅力は?

トヨタ RAV4にPHV(プラグインハイブリッド)発売!走行性能や魅力は?

2020年6月8日にトヨタのクロスオーバーSUV「RAV4 PHV」(プラグインハイブリッド車)がデビューしました。 すでに発売のRAV4にはハイブリッドも設定されていましたが、今回の発売はプラグインハイブリッドの発売になります。 そんな気になるラインナップRAV4 PHVにはどんな魅力が詰まっているのでしょうか。


軽自動車のおすすめハイブリッドモデル9選!

軽自動車のおすすめハイブリッドモデル9選!

軽自動車にもハイブリッド車があるのをご存知ですか?今回は、気になる人気現行車種の4WD車・ターボ車の情報、新車・中古車価格を見ていきたいと思います。


最新の投稿


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

イタリアの車といえば走行性能の高さや情熱的なデザインが特徴的ですが、実は高級車の世界でも有名なブランドを多く持っています。また、今やセレブや要人が移動する時に使う車は、ハイエンドセダンではなく、ハイエンドSUVの方が多くなっているように思いませんか。高められた車高による室内の余裕と、路上でも抜群の存在感を持つSUVは、次世代の高級車として既に定着している印象もありますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イタリア車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

近年ではドイツ製高級車が市場を席巻していますが、イギリスの高級車もその独特の雰囲気や仕立て、長い歴史で高級車として定評を持っていますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イギリス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

どこへでも乗っていけそうな自由さが魅力的なSUV。世界的に大人気が継続していますが、その広い室内空間を活用して3列シートを有するものもあります。いざというときは大人数で冒険にも出かけられるし、普段は3列目を格納して広々とした荷室を実現できるなど、ユーティリティ性の高さに磨きをかけた3列シートSUVをまとめてご紹介します。


アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。