トップへ戻る

【最新情報】スバル フォレスター改良新型・価格・試乗記・口コミも!

【最新情報】スバル フォレスター改良新型・価格・試乗記・口コミも!

スバルが2020年10月22日にフォレスターの改良新型を発売しました。フォレスターの改良新型では新型レヴォーグで搭載された新開発のエンジン搭載も気になるところです。フォレスター改良新型の最新情報・価格・試乗記などをまとめてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバル フォレスターとはどんな車?

スバル フォレスター

フォレスターはスバルが製造・販売するクロスオーバーSUVとして、1997年2月に発売を開始しました。車名は世界共通となっています。

現行型は5代目となり、2018年7月19日から販売開始され、2020年10月22日には改良モデルが発売されました。2代目レヴォーグで初採用された新開発のエンジンが搭載されています。

その詳しい内容を見ていきましょう。

【10月22日】フォレスター改良新型発売!

スバル フォレスター

SUBARU(スバル)は10月22日、ミドルサイズSUV『フォレスター』の改良モデルを発表した。

今回の改良では、最上級スポーツグレード「スポーツ」を追加。力強い走りと環境性能を両立した新開発1.8リットル直噴ターボDITエンジンを搭載する。さらに電動技術eBOXER搭載グレードを「Xブレーク」「ツーリング」に拡大。Xブレークには新制御のモーターアシスト、eアクティブシフトコントロールを採用した。

新グレードのスポーツでは、新開発エンジンに加えて、専用開発のダンパーとコイルスプリングを採用し、SUVでありながら質感の高いスポーティな走りを実現した。エクステリアでは、ブラック塗装のフロントグリルや、ダークメタリック塗装のアルミホイール等でコーディネート。インテリアではホールド性などの機能性に優れたウルトラスエード2本革シートを採用。最上級スポーツグレードにふさわしい仕様とした。

2020年10月22日に改良モデルが発表されました。2代目レヴォーグで初採用された新開発の1.8L直墳ターボ「DIT」エンジンCB18型を搭載した「SPORT」が新設定されました。

本グレードは専用ダンパーやコイルスプリングが採用されたほか、外観はフロントグリルを加飾付のブラック塗装、フロントフォグランプカバー(加飾付)、ルーフスポイラー(LEDハイマウントストップランプ内蔵)、ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)をグレーメタリック塗装、18インチアルミホイールをダークメタリック塗装でコーディネートされ、内装には東レの「ウルトラスエード」と本革を組み合わせたシートが採用により、随所にブラックやシルバーのステッチが施されました。

その他にも「平成30年排出ガス基準25%低減レベル(★★★)」認定を取得し、2020年度燃費基準を達成しています。

併せて「Touring」と「X-BREAK」にはe-BOXERが搭載され、「X-BREAK」にはモーターアシスト「e-アクティブシフトコントロール」も同時に採用されています。燃費性能も向上され「2020年度燃費基準+10%」を達成しました。


スバル フォレスター改良新型外装(エクステリア)

スバル フォレスター

スバル フォレスター

スバル フォレスターの外装は、SUVらしさがあふれているデザイン性の高さ、存在感、力強さ、機能性があふれています。

ボディカラーが一部変更となり「ダークグレー・メタリック」に替わって「マグネタイトグレー・メタリック」が設定されました。

「SPORT」の設定に伴って「Premium」が廃止となったことで2.5L車が廃止されました。

スバル フォレスター改良新型内装(インテリア)

スバル フォレスター

スバル フォレスター

また、ドライバーモニタリングシステムを全グレードに設定。ドライバーが乗り込むと、インパネセンターバイザーに内蔵されたカメラがドライバーの顔を認識し、シートポジションやドアミラー角度、空調などを自動的に再現するなど、安全運転を支援するとともに、おもてなしも提供する。

車内にドライバーが乗り込むと、インパネセンターバイザーに内蔵されたカメラがドライバーの顔を認識してくれて、シートポジション・ドアミラー角度・空調を自動的に再現するドライバーモニタリングシステムが採用されました。

「Advance」と新グレードの「SPORT」に標準装備されています。「Touring」と「X-BREAK」にメーカーオプションに設定されました。

スバル フォレスタースペック・価格

【スバル フォレスター X-BREAK】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,625mm×1,815mm×1,730mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員5名
車両重量1,630kg
燃費WLTCモード:14.0km/L
価格(消費税込)3,058,000円

(2020年11月現在スバル公式サイトより)

スバル フォレスター試乗記!

日産 エクストレイル

SGP(スバルグローバルプラットフォーム)の採用は、『インプレッサ』同様に走りの素性を大幅に高め、新旧で乗り較べるとひとクラス上がったほどの、走りの上質感、なめらかさ、安定感が体感できる。その素性がもっとも端的に実感できるのが、このX-BREAKではないか、と思う。

特にいいのは、オンロードでの路面状況を問わず煽られ感のないフラットな乗り味で、上級の『アウトバック』に迫る、ゆったりしたドライバビリティに仕上げられている。車重自体は「e-BOXER」を搭載する「アドバンス」グレードより軽いのだが、乗り味にはむしろ重厚な味わいすらある。

どうやらこの車重とサスペンションの設定に、専用のオールシーズンタイヤ(BSエコピア H/L 422 Plus、225/60R17 99H・日本製、空気圧:前/後=230/220kPa)の縦バネ、ケース剛性が巧く調和しているようで、このしっとりとした乗り味が生み出されているようだ。舗装路を通常のペースで走る限りタイヤのグリップに不満を覚えることもなく、やや重めの保舵力のステアリングも、安心感のある手応えになっている。

ドライバーの意に反することがないパワートレイン
ダルさがなく自然な身のこなしのボディに、2.5リットルの水平対向エンジンも十二分な役を果たす。CVTとの組み合わせだが、加減速のマナーが自然で、ドライバーの意に反することがないからだ。出足のトルクも問題なく、回すと快活な音とパワー感を発揮してくれるのもわかった。

スバル フォレスターの試乗記を見てみると、快活な走りを実現しているなどの試乗記を見かけました。快活な音もフォレスターの魅力の一つなのかもしれません。

スバル フォレスター口コミや評価は?

スバル フォレスターの口コミをSNSを中心に探してみましたが、新しく発売されたSPORTの口コミを多く見かけました。

どれもかっこいい外観の写真がたくさんアップされており、見ていると欲しくなってしまいますよね。

スバル フォレスターライバル3選

スバル フォレスターはミドルサイズSUVになります。その他のメーカーでもライバル車がたくさんあります。ここでは、マツダ CX-5、日産 エクストレイル、トヨタ RAV4のライバル3車種を厳選してご紹介していきます。

マツダ CX-5

マツダ CX-5

マツダ CX-5は、初代が2012年2月16日から発売されている、クロスオーバーSUVになります。現行型は2017年より発売されている2代目です。

初代モデルから5年足らずで初のフルモデルチェンジを果たしました。エクステリアは台形フォルムを基調とし、前後トレッドを初代から10mm拡大しました。

シグネチャーウィングの立体感を強めたつくりと、先端をヘッドランプ下側に通すデザインとなっています。フロントグリルも立体形状を組み合わせたデザインとなっており、若い世代の人気も集めたデザインとなっています。

CX-5はスタイリッシュな外観がとても人気のある車種となっています。マツダでも特に人気のある車種ですので、強力なライバル車となることでしょう。

【マツダ CX-5 XD 2WD 6EC-AT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,545mm×1,840mm×1,690mm
ホイールベース2,700mm
最大乗車定員5名
車両重量1,610kg
燃費WLTCモード:17.4km/L
価格(消費税込)2,937,000円

(2020年11月現在マツダ公式サイトより)

日産 エクストレイル

日産 エクストレイル 20Xi レザーエディション Vセレクション

エクストレイルは日産が2000年から発売しているミドルサイズSUVとなります。その歴史はすでに20年となっています。

現行型は3代目で2013年から発売されています。2020年10月7日には一部仕様向上が発表され、11月5日より発売されました。

外観は「20Xi」グレードでフロントグリル、バンパー下部(フロント・リア共に)ドアロアモール、バッグドアフィニッシャーをダーククローム化としました。

アウトドアハンドルをボディカラーも同色に変更され、アルミホイールも全車ダークカラーに変更となりました。

エクストレイルが発売されて以来20年のロングセラー車種ということもあり、常にミドルサイズSUVの中でも比較対象に該当する人気車種となっています。リーズナブルな価格帯も魅力的の一つです。

【日産 エクストレイル 20S HYBRID】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690mm×1,820mm×1,730mm
ホイールベース2,705mm
最大乗車定員5名
車両重量1,660kg
燃費WLTCモード:13.8km/L
価格(消費税込)2,975,500円

(2020年11月現在日産公式サイトより)

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4ハイブリッド

RAV4はトヨタ自動車が生産・販売しているクロスオーバーSUVになります。4代目は海外専売車となっていましたが、2019年4月10日より発売の現行型、5代目より再び日本市場に投入されました。

「TNGA」による「GA-Kプラットフォーム」を採用され、パワートレインが刷新されました。2020年8月7日には日本仕様が一部改良されました。ディスプレイオーディオ(DA)とDCM(車載通信機)を全車標準装備としました。

2020年10月2日には、日本仕様に特別仕様車「Adventure"OFFROAD Packege”」が設定されました。アドベンチャーをベースとして、ルーフレールをブリッジ型に変え、専用サスペンションの採用で最低地上高をベース車よりも10mmアップしました。

RAV4は2019-2020年のカーオブザイヤーにも選出された魅力的な車ですので、強力なライバル車になるに違いないでしょう。

【トヨタ RAV4 HYBRID G】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,600mm×1,855mm×1,685mm
ホイールベース2,690mm
最大乗車定員5名
車両重量1,690kg
燃費WLTCモード:20.6km/L
価格(消費税込)4,029,000円

(2020年11月現在トヨタ公式サイトより)

まとめ

スバル フォレスターの最新情報をまとめてご紹介してきました。

2018年から現行型が発売されていますが、2020年10月22日には改良新型のフォレスターが発売されました。その気になる最新情報もまとめています。

ライバル3車種も併せてご紹介していますので、ミドルサイズSUVは種類も多く、フォレスターも含めてどれにしようかとお悩みの方の参考になればうれしく思います。

お気に入りのSUVを見つけて、ステキなカーライフをお過ごしくださいね。

関連する投稿


新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

大変だった2020年が終わり、遂にやってきた2021年。今年から新たに社会人となられる方は、これまでとは異なったさまざまな困難にも遭遇するかもしれません。せめて車選びだけでもお手伝いさせていただきたく、新社会人の方にもぴったりなおすすめ車をタイプ別にまとめてみました。お値段は控えめでも充実したカーライフが送れること必至ですので、ご参考にしてみてください。


【今こそ買いたい】最新ハイブリッドSUV 厳選3選!個性満点なエコSUV

【今こそ買いたい】最新ハイブリッドSUV 厳選3選!個性満点なエコSUV

今やSUVはアウトドア向けのニッチな用途だけでなく、毎日の足として利用されることも多いファミリーカー。世界的なブームを背景に、日本国内でも販売台数がグングン伸びていますが、それによって結構ご近所でも車種がかぶりやすくなってきていますよね。そこでおすすめしたいのが、個性際立つ最新ハイブリッドSUV。高い魅力を備えつつ低燃費でおサイフにも優しい3台をご紹介します。


レクサスのSUV 最新情報を徹底追跡!話題のEV、人気車次期型情報まで

レクサスのSUV 最新情報を徹底追跡!話題のEV、人気車次期型情報まで

国内で唯一の国産高級車ブランドであるレクサスのSUVは、桁違いの高級感と充実の装備ですでに大人気となっていますね。しかし、そんなレクサスのSUVにもモデルチェンジラッシュがやって来そうな時期となっています。そこでこの記事では、最新のレクサスSUVの情報と、近々発表が予測されている新型車の最新情報をまとめてみました。煌めくレクサスのSUVを買う前に、ぜひチェックしてくださいね。


トヨタのSUVにはどんな種類があるの?話題の車種を徹底解説

トヨタのSUVにはどんな種類があるの?話題の車種を徹底解説

トヨタのSUVは用途に合わせたさまざまな車種が展開されており、ボディサイズやターゲットなども車種によって異なります。トヨタのSUVにはどんな車種があるのか気になっているという方もいるのではないでしょうか。最近登場したばかりのヤリスクロスや今後国内導入が予測されているカローラクロスなど、新たなSUVも続々と登場しています。そこで今回はトヨタのSUVの特徴や、話題の車種について徹底解説します。


SUV流行の真相に迫る!魅力はどこ?デメリットも含めて徹底解説

SUV流行の真相に迫る!魅力はどこ?デメリットも含めて徹底解説

全世界的なSUV流行の勢いはとどまることを知らず、もちろん国内市場でもSUVタイプの車がこれまでないほどの人気を誇っています。需要を反映してか、各自動車メーカーもラインナップをSUV重視にどんどん転換しているほど。そこまで人気のSUVですが、一体どんな魅力がユーザーの支持を得ているのでしょうか? メリットとデメリットも含めて、最新おすすめ車とともにご紹介していきます。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。