トップへ戻る

メルセデスベンツ CLA、最新情報とおすすめグレードも!

メルセデスベンツ CLA、最新情報とおすすめグレードも!

メルセデスベンツのラインナップで最小級のサルーンの1台であるCLA クーペと、最小ワゴンとなるCLA シューティングブレークは、その妖艶なデザインと前輪駆動プラットフォームの組み合わせによる軽快な使い勝手で大人気となっています。2019年発売の2代目となる現行モデルはさらに魅力に磨きをかけたもはや傑作の印象。魅力と最新情報を詳しく見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


この妖艶さがバーゲン価格?! クーペデザインコンパクト、CLA

メルセデスベンツ CLA シューティングブレーク(欧州仕様)

メルセデスベンツ CLA シューティングブレーク(欧州仕様)

低く構えたノーズから、流れるようなラインがキャビンを通り抜け、流麗なルーフラインでふくよかなテールエンドを際立たせる。そんなクーペならではの外観の魅力を、実用的な4ドアボディで実現している「4ドアクーペ」こそ、メルセデスベンツ CLAです。

メルセデスベンツのサルーンラインナップでも最小クラスであるCLAは、先代となる初代が2013年にデビューして以降、その扱いやすいサイズとお手頃なお値段も相まって大ヒットを記録。現行モデルとなる2代目は2019年にデビューし、その魅力に磨きをかけています。

CLAの魅力を、サラッと復習していきましょう。

メルセデスベンツ CLAの魅力はこれだ!

CLAの魅力:流麗なエクステリア、兄貴分CLSもタジタジ!

メルセデスベンツ CLA クーペ

メルセデスベンツ CLA クーペ

もちろん一目で分かるそのスポーティなデザインこそ、CLAの最大の魅力といってもよいかもしれません。ホオジロザメの鼻先を思わせる逆スラントのノーズは低く抑えられ、サッシュレスのドアとルーフラインのもたらす流れるような弧の形はまさにクーペそのものですよね。

初代ではややずんぐりむっくり感もあった車両後半部は、新たにAクラスに実用派サルーンとなるAクラス セダンが設定されたこともあってか、キッパリとスポーティさを追求した軽快な印象に刷新されています。

極め付けはテールエンドで、もはや同じ部品のようにさえ見えるほどそっくりなテールランプによって、4ドアクーぺの兄貴分である「CLS」とは見分けがつかないほどの高級感あるテールエンドが魅力的。

どこまでも伸びやかでスポーティ、それでいて上品さも感じさせるようなエクステリアが、CLAの特徴です。

CLAの魅力:上級車種に引けを取らないインテリア

メルセデスベンツ CLA インテリア

メルセデスベンツ CLA インテリア

エクステリアで4ドアクーペのデザインの新境地に達しているCLA、インテリアでももちろんそのモダンな仕上がりは継続されています。

スクリーン2枚での構成自体は近年のメルセデスベンツでお馴染みのものながら、新たにインストゥメントクラスター全体のひさし部分をなくし、よりスッキリしたデザインを獲得していますね。

タービン型のエアアウトレットや、水平基調でありつつ豊かな曲線を描くダッシュボードのデザイン自体と相まって、もはやコンパクトクラスのインテリアとは思えない高級感が魅力的ですね。

もちろん、さまざまな色から間接照明色を自由に選べるアンビエントライトやパワーシートなどの豪華装備も選べる点は、高級ブランドらしいメルセデスベンツの車として当然の部分。毎日のドライブから気分が上がってしまいそうですね。

CLAの魅力:業界最先端の充実したテクノロジー

メルセデスベンツ CLA インテリア

メルセデスベンツ CLA インテリア

先行して導入されたAクラスでも大好評を得ている「MBUX(メルセデスベンツ ユーザー エクスペリエンス)」は、業界最先端の機能が満載な上に、全車で標準装備となる点が嬉しいところ。

10.25インチの大画面タッチスクリーンに直接タッチしたり、ステアリングホイール左スポークのタッチパッドで操作したり、センターコンソールに設置されたタッチパッドで操作したりとさまざまな入力方法が用意されているのに加えて、なんと自然対話式の音声認識機能まで搭載。

「ハイメルセデス!」というウェイクワードでMBUXに呼びかけてから、まるで人と会話するようにエアコンの操作をしたり、目的地設定をしたりすることが可能です。

そのほかにもカーテレマティクスサービスである「Mercedes me connect」による24時間緊急通報サービスやリモート車両モニタリングだけでなく、リモート車両操作まで可能な点も最新の車らしい先進感ある部分ですね。

Aクラスでは廉価グレードで7インチに縮小されるコクピットディスプレイが、CLAでは全車10.25インチの大画面が搭載される点は見逃せないポイントです。

CLAの魅力:シューティングブレークにAMG、豊富なグレード展開

メルセデスベンツ CLA シューティングブレーク(欧州仕様)

メルセデスベンツ CLA シューティングブレーク(欧州仕様)

初代のモデルライフ途中で追加され、より高まったユーティリティ性と、もはやクラスに敵無しというほどの優雅なフォルムが好評を博したクーペスタイルのワゴン「シューティングブレーク」は、2代目モデルでももちろん継続設定されています。

兄貴分であるCLSの現行モデルにはシューティングブレークが設定されていないこともあり、現在メルセデスベンツ唯一となるCLA シューティングブレークは、CクラスやEクラスのステーションワゴンとは比べ物にならないほど寝かせられたリアピラーの優雅さが魅力的ですよね。

また、こちらも先代モデルで好評を博したAMGモデルももちろん続投。なんと400馬力オーバーという脅威的なハイパワーを誇る2.0リッター 直列4気筒ターボエンジンを搭載したAMG CLA45S 4MATIC+や、300馬力オーバーのパンチを有するAMG CLA35 4MATICがラインナップされています。

これらモデルは、ハイパワーなエンジンなどAMGチューンが隅々まで行き届いていつつも、CLAおよびCLA シューティングブレークの使い勝手の良さはそのままな点が嬉しいところ。四輪駆動の4MATICも装備されるので、ハイパワーを持て余さない実力派です。

メルセデスベンツ CLAのスペック

【メルセデスベンツ CLA180】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690mm×1,830mm×1,430mm
ホイールベース2,730mm
最大乗車定員5名
車両重量1,420kg
燃費WLTCモード:15.3km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンタターボ 1,331cc
エンジン最高出力100kW(136PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク200N・m(20.4kgf・m)/1,460-4,000rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション7速DCT
新車価格4,720,000円(消費税込)
(2020年11月現在 メルセデスベンツ公式サイトより)
【メルセデスAMG CLA45S 4MATIC+ シューティングブレーク】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690mm×1,855mm×1,415mm
ホイールベース2,730mm
最大乗車定員5名
車両重量1,700kg
燃費WLTCモード:11.3km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンタターボ 1,991cc
エンジン最高出力310kW(421PS)/6,750rpm
エンジン最大トルク500N・m(51.0kgf・m)/5,000-5,250rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッション8速DCT
新車価格8,750,000円(消費税込)
(2020年11月現在 メルセデスベンツ公式サイトより)

メルセデスベンツ CLAの最新情報!欧州ではPHVもスタンバイ

メルセデスベンツ CLA250e(欧州仕様)

メルセデスベンツ CLA250e(欧州仕様)

国内向けにはまだ発表されていませんが、欧州市場では、CLA クーペ、CLA シューティングブレークともに、PHV仕様となる250eが追加されています。

1.3リッター 直列4気筒ガソリンターボエンジンとモーターの組み合わせとなるこのプラグインハイブリッド仕様は、システム出力で218hpの最高出力と45.9kg・mの最大トルクを発揮。

EVモードでの走行距離は、NEDC(新欧州サイクル)値で最大79km、最高速度も140km/hとかなり実用的なプラグインハイブリッドとなっている模様。

業界最先端のMBUXインフォテインメントを利用して、「近くの充電ステーションを見つけて」と話しかけることで充電ステーションを探せるなど、日常の使い勝手の良さもメルセデスベンツならではの優れたものになっている様子です。

現在日本国内に導入されているプラグインハイブリッドの「EQパワー」モデルはCクラス・GLC以上の設定となっており、コンパクトクラスであるCLAなどEQパワーモデルの早期国内導入も期待されますね。

どれを選べばいいの?! CLA、おすすめグレードはこれだ

メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(欧州仕様)

メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(欧州仕様)

メルセデスのサルーンラインナップでは比較的リーズナブルな400万円台から選べるCLA180に始まり、トップモデルとなるAMG CLA45S 4MATIC+ シューティングブレークではもはや900万円台に迫ろうかという、グレード展開と価格帯の豊富さが嬉しくも悩ましいCLA。

まずボディ形状では、今やブランド唯一となったシューティングブレークは、見た目だけでなく、荷室容量や後席頭上空間など実用性が向上している点が非常に魅力的です。しかし、どうせクーペスタイルを選ぶのなら、多少実用性を犠牲にしてもよりスポーティなCLA クーペを選ばれるのも、通の選択肢かもしれませんね。

搭載エンジンでは、新たに追加された200dがおすすめです。クリーンディーゼル搭載なので、一つ上級のグレードに当たるガソリン車の250に届こうかという低速からパンチのあるトルクを楽しみつつ、税制面や補助金面でおトクな点も見逃せません。

メルセデスベンツ CLA 新車・中古車価格まとめ

メルセデスベンツ CLA クーペ

メルセデスベンツ CLA クーペ

CLAの2020年11月現在の税込新車価格は、クーペがCLA180の472万円からCLA45S 4MATIC+の865万円まで、シューティングブレークがCLA180 シューティングブレークの483万円からCLA45S 4MATIC+ シューティングブレークの875万円までとなっています。

クーペとシューティングブレークの価格差は、同等グレード比でシューティングブレークが約10万円高とかなり小さめ。荷物満載にする機会があったり、より唯一無二の見た目がお好みの方はシューティングブレークを、スポーティな印象がお好みの方はクーペをと、気軽に選べる点が嬉しいところです。

中古車では、先代モデルの在庫も含まれることを考えれば比較的少数となるCLA クーペで282台、CLA シューティングブレークで240台の在庫が確認できます。スペシャルティカーらしい、やや稀少な存在となっていますね。

現行モデルに限った中古車平均価格では、クーペが477.6万円で、価格帯としては435.0〜578.0万円。シューティングブレークで510.5万円で、価格帯としては465.0〜588.0万円となっています。

どちらもデビューから間もないこともあり、新車価格から値落ちしていませんし、現行モデルの在庫台数はシューティングブレークでたった19台など、まだまだ少なめとなっています。

中古車の価格帯変化という目線では、もう少し長期的に観察していく必要がありそうですね。

まとめ

メルセデスベンツ CLA クーペ

メルセデスベンツ CLA クーペ

メルセデスベンツのコンパクトレンジ随一のスペシャル感が魅力的な、CLAに関してご紹介してきました。

初代モデルでも高級感とスポーティさの組み合わせはもはや敵無しといった印象でしたが、2代目ではさらに洗練が進み、もはや他メーカーだけでなく自メーカーの兄貴分まで喰ってしまうのでは?!と心配になるほどの仕上がりです。

街中でも扱いやすいサイズでありながら、伸びやかなデザインは都会でも注目の的になれること間違いなしでしょう。

関連するキーワード


メルセデスベンツ 車種情報

関連する投稿


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年もまだまだコロナの影響は色濃く、ニューノーマルを模索する1年となりそうな予感がしますが、気晴らしに発表が予想される新型車に思いを馳せてみるのはいかがでしょう。大混乱だった2020年の間も着々と開発を進めることに成功した新型車たちは、自動車の未来がどんな風に変わっていくのかを教えてくれる重要な一台となること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

今どきのクルマはどれも良く出来ていて、もはや大きな欠点のあるクルマなんてありません。一方で、クルマの平均的なレベルが上がるにしたがって、クルマに乗って感動したり、感心したりする事も少なくなって来たような気がします。でも、世界には一度ハンドルを握ると、「おおっ!スゴいっ!」と感じるドライビングフィールのクルマが、まだまだ沢山あります。 クルマはやっぱりドキドキ・ワクワクするもの。そんなクルマたちをご紹介いたしましょう!


メルセデス・ベンツってどんなメーカー?人気モデルや最新情報まで

メルセデス・ベンツってどんなメーカー?人気モデルや最新情報まで

高級車の代表といえば、メルセデス・ベンツが思い浮かぶ方も多いでしょう。高い走行性能と高級感、また質のよさからラグジュアリーカーとして世界的に知られているメーカーです。しかしメルセデス・ベンツとはどのような歴史がある会社でしょうか?この記事では、どのようにクラス分けされているのか、メルセデス・ベンツの概要からラインナップの詳細まで解説します。


2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

毎年のようにさまざまな自動車メーカーからニューモデルが発売されています。2020年にもたくさんの車が発売されて話題を呼びました。車の購入を考える際には、現在販売されているモデルだけでなくこれから発売される予定の車が気になるという方も多いでしょう。そこで、ここでは2021年に発売されることが予想される車についてご紹介します。2020年から2021年にかけて新車の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。