トップへ戻る

ポルシェ初の電気自動車「タイカン」その機能性に迫る!

ポルシェ初の電気自動車「タイカン」その機能性に迫る!

ポルシェ初の電気自動車「タイカン」。ドイツの高級自動車メーカーであるポルシェが開発した最新電気自動車がどのような機能を備えているのか、気になりますよね。今回は電気自動車としての特徴やグレード比較など、ポルシェ「タイカン」についての詳しい情報をご紹介します。ポルシェ「タイカン」の購入に迷っている方や、電気自動車が気になっているという方はぜひ参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ポルシェ タイカンとは?

ポルシェ タイカン

ポルシェ タイカン

ポルシェ「タイカン」は、ポルシェ初のフル電動電気自動車です。グレードは上から「ターボS」「ターボ」「4S」があり、ポルシェの伝統を引き継ぎつつも今までにない4ドアのスポーツサルーンという新しいモデルの車です。

「タイカン」とはトルコ語で「元気のよい若馬」という意味を持ちます。ポルシェは車種のイメージを象徴するネーミングを選ぶことで有名なメーカーですが、まさにポルシェのエンブレムにある馬を象徴するネーミングとなっています。

タイカンの特徴

ポルシェ初の電気自動車である「タイカン」には、他の電気自動車に比べてどのような特徴があるのでしょうか。

ここではポルシェこだわりの装備や最新機能など、その特徴を5つご紹介します。ポルシェがメーカー初の電気自動車にかけたこだわりを、しっかりチェックしてください。

デザイン性

ポルシェ タイカン

ポルシェ タイカン

ポルシェの伝統的な力強さと抑揚に、ポルシェ初のピュアEVの4ドアセダンが融合した、先進的なデザインが特徴です。

正面から見ると平坦にも見えますが、滑らかな傾斜の「フライライン」と呼ばれるルーフはスポーツカーを思わせ、最新モデルの印象をより強く残します。

800Vの高性能バッテリー

ポルシェ タイカン

ポルシェ タイカン

かつての電気自動車は400Vのバッテリーがほとんどでしたが、ポルシェ「タイカン」はその倍の800Vの高性能バッテリーを搭載しています。

充電時間の短縮や航続距離の延長に効果があり、ポルシェが行ったテストによると「15分の充電で400kmの走行が可能」だそうです。

電気自動車にとって充電時間や航続距離、駆動性能は重要です。その点ポルシェ「タイカン」は、最高の駆動力を発揮してくれます。

充電も便利

ポルシェ タイカン

ポルシェ タイカン

800Vの高電圧による充電機能も便利です。「ポルシェ チャージング プランナー」システムを使うことで、目的地を設定する際に電力を抑えたルートを選択することができます。加えてバッテリーを最適な温度に調整したり、電力の消費を抑えたりしてくれます。

高出力充電が可能なため、270kWの充電を利用すれば22.5分で5%から80%にバッテリーを増やすことができます。

日本でポルシェ「タイカン」が納車される頃を目処に、ポルシェ販売店で急速充電ができるよう進められています。急速充電が実現すれば長距離移動も安心ですね。

車載型Apple Music

ポルシェ タイカン インテリア

ポルシェ タイカン インテリア

ポルシェ「タイカン」は、自動車では初のApple Musicが搭載されたモデルとして大きな注目を集めています。これはApple Musicとしても初の試みで、タイカンでは携帯電話などを接続する必要なく、直接車内「ポルシェアドバンスドコックピット」のタッチスクリーンでApple Musicの操作が可能になりました。

このコラボにより、携帯電話等に接続することなく、タイカン単体で5000万以上の楽曲を聴くことができるようになり、プレイリストやライブストリーミング、カスタムステーションの作成などさまざまな機能が車内に搭載されることとなります。音楽好きには堪らない仕様ですね。

ボイスパイロット

ポルシェ タイカン ステアリングホイール

ポルシェ タイカン ステアリングホイール

ポルシェ「タイカン」の機能性はデジタルの面においても充実しています。

ここでご紹介するボイスパイロットは、“Hey Porsche”と呼びかけるだけで起動するオンラインボイスコントロールで、オンラインサービスやアプリケーションなどの機能を扱うことができます。

「ポルシェアドバンスドコックピット」と呼ばれる特徴的なコックピットは、最大4つのディスプレイを搭載しており、直感的に操作できるドライバーに優しい設計となっています。このボイスパイロット機能により、ポルシェ「タイカン」のグレードを一気に拡張していると言っても過言ではありません。

ポルシェ タイカンのグレード比較

前述のとおり、ポルシェ「タイカン」には3つのグレードがあります。

上から「ターボS」「ターボ」「4S」となっていますが、こちらでは下位の「4S」から段階を上げてご紹介します。

4S

ポルシェ タイカン 4S

ポルシェ タイカン 4S

エントリーグレードとして発表された「4S」には軽量化されたリアモーターが搭載されており、「パフォーマンスバッテリー」と「パフォーマンスバッテリー Plus」の2種類からパワーユニットを選べます。

「パフォーマンスバッテリー」は最大出力が320kWで、ローンチコントロールの際は390kWのオーバーブーストを出力します。「パフォーマンスバッテリー Plus」は、総容量93kWhで33個のセルモジュールが含まれています。

ターボ

ポルシェ タイカン ターボ

ポルシェ タイカン ターボ

ポルシェ「タイカン」のグレードの中でミドルに位置する「ターボ」。上位の「ターボS」に比べるとパワーは劣りますが、最大出力はターボSと同じ460kWです。

「ターボS」と比較すると落ちるスペックも見受けられますが、十分な走りが期待できるグレードです。

ターボS

ポルシェ タイカン ターボS

ポルシェ タイカン ターボS

ポルシェ「タイカン」の最高グレード「ターボS」。最大出力460kW、ローンチコントロールの際のオーバーブースト出力は560kW、最大トルクは1,050N・m、0km/h〜100km/h 2.8秒とスポーツカーとしても十分なスピードを発揮します。

0km/h〜200km/hの加速を26回繰り返しても加速性能が劣らない頑丈さも魅力です。

※ターボというネーミングは速さを強調するためだけのものであり、内燃機関の搭載はありません。

電気自動車としての性能は?

ポルシェ タイカン

ポルシェ タイカン

800Vの高性能バッテリーを搭載したポルシェ「タイカン」。その性能に期待は高まりますが、電気自動車でもっともも気になる航続距離は、充電時間や走行環境によって異なります。

ガソリン車にずっと乗っていた方からすると、電気自動車がどれくらいの性能で駆動するか、イメージがつきにくいのではないでしょうか。

もし事前にしっかりとチェックしておきたい方は、公式サイトで航続距離インジケーターで確認ができるので、こちらを参考にしてください。

ポルシェ タイカンの価格帯

ポルシェ タイカン

ポルシェ タイカン

前述のとおりポルシェ タイカンには「ターボS」「ターボ」「4S」といった3つのグレードがあります。

価格帯はトップの「ターボS」が2454万1000円、ミドルの「ターボ」が2023万1000円、「4S」が1448万1000円となっています。

(2020年11月現在 ポルシェ公式サイトより)

まとめ

ポルシェ タイカン

ポルシェ タイカン

今回はポルシェ初の電気自動車「タイカン」の特徴についてご紹介しました。最新技術を多数搭載した自信作であることが伺えます。

驚異的なスピード感や車内搭載Apple Music、ボイスパイロットなど、現代だからこそ実現した技術を駆使した最新ポルシェ。まだ電気自動車に乗ったことがない方も、きっとその快適なドライブライフに満足できるはずです。

気になる方はぜひチェックしてください。

関連する投稿


シューティングブレークとは?昔と今で意味が違うってホント?

シューティングブレークとは?昔と今で意味が違うってホント?

車を探しているときに「シューティングブレーク」という言葉を見たことがあるかもしれません。ワゴンの形の1つになっていますが、登場したときと現在では意味合いが異なっています。今回は、シューティングブレークとはどんな車なのか、また代表的な車をご紹介します。


【兄弟車徹底比較】ポルシェ カイエンとマカンの違いは?

【兄弟車徹底比較】ポルシェ カイエンとマカンの違いは?

SUVでカイエンとマカンという兄弟車があるのはご存知でしたか?どちらが高いのか、どちらが大きいのかなど、どのような違いがあるのかパッと聞いただけではわからないですよね。今回は、カイエンとマカンの違いを知りたい方のために、この2台を徹底比較し、解剖していきます。本記事でご購入でお悩みの方の参考にもなれば嬉しいです。


ポルシェ パナメーラ改良新型 新PHV登場 日本価格1877万円から

ポルシェ パナメーラ改良新型 新PHV登場 日本価格1877万円から

ポルシェは8月26日、改良新型『パナメーラ』(Porsche Panamera)をデジタルワールドプレミア。そこでプラグインハイブリッド車(PHV)のラインナップに、新たに「パナメーラ 4S E-ハイブリッド」を追加すると発表しました。気になる最新情報をお届けします。


ポルシェ唯一のステーションワゴン「パナメーラ スポーツツーリスモ」

ポルシェ唯一のステーションワゴン「パナメーラ スポーツツーリスモ」

本記事ではポルシェのステーションワゴンの「パナメーラ スポーツツーリスモ」について見ていきます。2017年に発売されたパナメーラの気になる性能と外装・内装をご紹介したいと思います。


【2020年度版】ポルシェのスポーツカー、クーペ一覧

【2020年度版】ポルシェのスポーツカー、クーペ一覧

ポルシェは、クルマ好きでなくてもその名を知らない人はいないというほど有名なドイツの自動車メーカーです。一般用の車のほか、モータースポーツ用の車両開発にも力を注いでいます。今回は、ポルシェのつくるスポーツカー、クーペについて紹介します。


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えようとしている令和ですが、平成には多くの名車が誕生しました。そこで、平成に誕生し令和を迎えることなく姿を消した個性ある名車を思い出してもらうことにしました。あなたの知らない車があるかもしれないし、中古車で買える車種もありますよ!


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。