トップへ戻る

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


CX-8のインテリアの特徴とボディの大きさ

マツダ CX-8⦅画像提供:Response⦆

マツダ初の3列シートを設定するSUVのCX-8には、シートの種類により、キャプテンシート仕様で室内がより快適な空間になる6人乗りと、ベンチシート仕様により楽しくレジャーを楽しめる7人乗りが用途により選べるようになっています。

そして、マツダの、日本国内向け最上位モデルという位置付けの車種でもあることから、高品質で高機能なインテリアが特徴となっています。

CX-8のボディサイズは、CX-5と比べると全長で355mm、ホイールベースで230mm大きくなっており、その分が荷室を含む室内スペースに割り当てられています。そのため、3列目のシートを補助席的にではなく、6人~7人が快適に乗車できる居住性となっています。

CX-8 グレードによるインテリアの違い

マツダ CX-8 エクスクルーシブモード⦅画像提供:Response⦆

CX-8には、ベースグレードの「25S」「XD」、充実装備の「PROACTIVE」、美しさと高性能の「L Package」、そして「25T」「XD」には最上級グレード「Exclusive Mode」があり、さらに特別仕様車の「Smart Edition」と「Black Tone Edition」が設定されています。

2.5Lガソリンエンジン(SKYACTIV-G 2.5)車と、2.2Lディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 2.2)車はほぼ同じグレード構成で、2.5Lのターボエンジン(SKYACTIV-G 2.5T)車のみ Exclusive Modeだけの設定になります。

そして「25S」と「XD」は7人乗りのみですが、他のグレードではすべて6人乗りと、7人乗りが選べます。

【マツダ CX-8】グレード名と車両本体価格(消費税抜き)

グレード名エンジン乗車人数  2WD  4WD
25S
SKYACTIV-G 2.5
7人2,722,000円
2,937,000円
25S Smart Edition
SKYACTIV-G 2.5
6/7人
2,852,000円
3,067,000円
25S PROACTIVE
SKYACTIV-G 2.5
6/7人
3,132,000円
3,347,000円
25S Black Tone Edition
SKYACTIV-G 2.5
6/7人
3,347,000円
3,503,000円
25S L Package
SKYACTIV-G 2.5
6/7人
3,636,000円
3,851,000円
25T Exclusive Mode
SKYACTIV-G 2.5T
7人
4,180,000円
4,395,000円
25T Exclusive Mode
SKYACTIV-G 2.5T
6人
4,330,000円
4,545,000円
XDSKYACTIV-D 2.2
7人
3,070,000円
3,285,000円
XD Smart Edition
SKYACTIV-D 2.2
6/7人
3,200,000円
3,415,000円
XD PROACTIVE
SKYACTIV-D 2.2
6/7人
3,480,000円
3,695,000円
XD Black Tone Edition
SKYACTIV-D 2.2
6/7人
3,636,000円
3,851,000円
XD L Package
SKYACTIV-D 2.2
6/7人
3,984,000円
4,199,000円
XD Exclusive Mode
SKYACTIV-D 2.2
7人
4,180,000円
4,395,000円
XD Exclusive Mode
SKYACTIV-D 2.2
6人
4,330,000円
4,545,000円

(2021年5月現在 マツダ公式サイトより)

充実した機能のベースグレード 25SとXDのインテリア

マツダ CX-8⦅画像提供:Response⦆

2.5Lガソリンエンジンの「25S」と、クリーンディーゼルエンジンの「XD」は、2列目キャプテンシートの6人乗りは設定されず、7人乗りの6:4分割可動式ベンチシートとなります。

インテリアは黒を基調とした落ち着いたイメージで、シート地はブラックのスクエアクロスメッシュで、ガンメタリックのインパネデコレーションパネル、シフトノブとステアリングは本革巻となっています。

より快適な室内「PROACTIVE」のインテリア

マツダ CX-8 XD PROACTIVE⦅画像提供:Response⦆

「PROACTIVE」は、2列目7人乗りの6:4分割可動式ベンチシートに加えて、キャプテンシートの6人乗りも選べるようになります。

インパネデコレーションパネルは、ウォームシルバーのヘアラインとサテンクロームメッキに変わり、ステアリングはヒーター付きとなり、リアドアウインドーにはシェードが装備されるなど快適性がアップされます。

また、合皮製のニーレストパッド、ドアアームレスト、フロントセンターコンソールアームレストはディープレッドとなり、ブラックで統一されたベースグレードと一転して華やかな印象のインテリアとなっています。

高級感と機能を極めた「L Package」のインテリア

マツダ CX-8 L Package⦅画像提供:Response⦆

「L Package」シリーズは、ナッパレザーのシート地になり、シートのカラーもブラックに加えレッドも選べ、フラッグシップらしいゴージャスな雰囲気になります。ワンタッチウォークイン機構(7人乗り)も備わります。

インパネデコレーションパネルがメタルウッド/サテンクロームメッキになり、グローブボックスには植毛加工がほどこされていたり、シフトレバーまわりや室内にLEDランプを採用したりなど、上位グレードにふさわしく細部までこだわりが光るラグジュアリーな内装となっています。

インテリアの装備には、運転席と助手席のシートには、熱をこもりにくくして夏のドライブを快適にするベンチレーション機能や、前席に加えセカンドシートヒーターも完備。

さらに、ボーズサウンドシステム+10スピーカーなど、快適に過ごせる装備が盛りだくさんとなります。

快適性に磨きをかけた最上級グレード「Exclusive Mode」のインテリア

マツダ CX-8 Exclusive Mode⦅画像提供:Response⦆

エクスクルーシブモードはそれまでの最上級グレードであった「L Package」の上のクラスを意識したグレードです。

インテリアでは「L Package」同等の機能に加えて、シート地にオーバーン(赤系)とピュアホワイトが選べるナッパレザーが採用され、シートバックサイドにはキルティングパターンが施されてブラックパイプのアクセントもあるなど、高級感にあふれたインテリアとなっています。

CX-8 特別仕様車のインテリア

CX-8には上記したグレードのほかに特別仕様車が設定されています。ともにベース車にプラスする価格以上に充実した装備とインテリアとなっています。

お買い得特別仕様車「Smart Edition」のインテリア

マツダ CX-8 スマートエディション⦅画像提供:Response⦆

約40万円もの差がある「25S」「XD」と「PROACTIVE」のちょうど中間に位置するのが特別仕様車の「Smart Edition」です

「Smart Edition」のインテリアは、ヒーテッドドアミラーや360度ビューモニターなどを標準装備しており、パワーシートとシートヒーターがないぐらいの十分な装備です。

また、ブラック基調のインテリアは「25S」「XD」と同じですが、6人乗り仕様も選べるのが特長です。

他のマツダ車同様にCX-8でもやはり、特別仕様車「Smart Edition」は最高のお買い得モデルとなっています。特にミニバンのかわりにと思われる人には、この装備と性能で税抜きながら25S Smart Editionが2,852,000円(2WD車)、XD Smart Edition3,200,000円というのは(2WD車)朗報です。

スポーティさを増した特別仕様車「Black Tone Edition」のインテリア

マツダ CX-8 ブラックトーンエディション⦅画像提供:Response⦆

スポーティさを表現した「Black Tone Edition」のインテリアは、PROACTIVEがベースとなり、赤色を強調した素材やパーツを採用しています。

シート地にはレッドステッチで加飾されたグランリュクス+合成皮革を使用、ニーレストパッド/ドアアームレスト/フロントセンターコンソールアームレストにはレッドステッチ加飾の合成皮革が使われています。

また、セカンドシート ワンタッチウォークイン機構(7人乗り)も装備されています。

CX-8の荷室をチェック

マツダ CX-8の荷室(エクスクルーシブモード)⦅画像提供:Response⦆

CX-8とCX-5のボディサイズの比較表


全長室内長ホイールベース
CX-84,900mm2,690mm2,930mm
CX-54,545mm1,890mm2,700mm


3列シート車は室内スペースが広い反面、荷室の収納力が少ない場合があります。ではCX-8はどうなのでしょう。

CX-8はサードシート乗員のつま先をセカンドシートの下に入れられるスペースを確保しているなど、3列全てが快適に過ごせる空間になっています。

そして、3列シートが標準装備のCX-8では、サードシートが可倒式になっておりフルフラットにすることもできます。また、セカンドシートを前に倒すことでさらに大容量ラゲッジスペースが実現します。

さらに、サードシートはストラップを引くだけでヘッドレストがたためる構造のため楽に倒すことが可能で、ゴルフバックなら2個分、またはA型ベビーカーなら1台が収納可能なスペースを確保しています。

加えて、フロア下には307mmもの深い収納スペースも備えられ、汚れがちなカーケア用品や背の高い荷物の収納にも便利です。

この荷室とシートアレンジにより、室内空間とともに十分な荷室を確保できるのがCX-8の魅力といえます。

まとめ

マツダのミニバンに替わるSUVとして誕生したCX-8は、広く使い勝手のよい利便性を備えています。そして、ファミリーカーとして利用するか、居心地のいいプレミアムカーとして利用するかで、選ぶインテリアも変わってきます。

同じボディ、同じエンジンでも大きな価格差があるのは、インテリアの違いによるところが大きく、その差は約100万円にもなります。そして、インテリアの違いを知ることで、グレード選びにも役に立つはずです。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


最新の投稿


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。