トップへ戻る

新車でとにかく安い車をジャンル別まとめ!節約したいなら要チェック

新車でとにかく安い車をジャンル別まとめ!節約したいなら要チェック

燃費が良くなったり、安全機能や装備が標準装備となったりと、絶え間ない進化を続けている自動車。その分、価格もジワジワと上昇傾向にあり、新車って高くなったよな〜と感じている方も少なくないことでしょう。そこでこの記事では、さまざまなジャンルにおいてとにかく価格が安くておすすめの車種をピックアップしてご紹介していきます。バラエティ豊富なラインナップなので、お気に入りの車がきっと見つかるはずです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


最近の車、高くない?!軽が総額200万超えのケースも珍しくない

《画像提供:Response 》日産 ルークス ハイウェイスター

車両の前方や後方を常に確認して、もしもの瞬間には自動でブレーキをかけてくれる予防安全機能。高速道路などでハンドル操作や加減速操作をアシストしてくれる運転支援機能。さまざまな場所に標準装備されるエアバッグ。これらの最新機能が備わる現代の車は、快適性と安全性が非常に高くなっており、とても魅力的ですよね。

しかし、それらの最新機能が備わるということは、車両価格もこれまで以上に高くなっているということ。廉価な車両でも安全性などが飛躍的に向上しているとはいえ、近年では軽自動車でも上級モデルが人気で、支払い総額では200万円を軽く超えてしまうなんてケースも珍しくなくなってきているようです。

普通車の世界でも、近年はボディサイズの拡大傾向が止まりません。コンパクトカークラスでも3ナンバーサイズになっているモデルも多く、充実した装備もあって価格の上昇が続いているようです。

快適性や安全性に優れた最新の車が欲しいけど、新車は高すぎて…と思っている方も少なくないことでしょう。

しかし、リーズナブルな価格で最新機能をしっかり盛り込んだ「とにかく安い」車も、探してみればあるものです。

この記事では、価格が廉価なのに機能が充実したおすすめの車をジャンル別にご紹介していきますので、ぜひそれぞれチェックしてみてくださいね。

【ジャンル別】とにかく安くておすすめの車をご紹介!

ここからは、新車ながら車両価格が廉価で、それでいて機能面も充実したおすすめモデルを、ジャンル別にご紹介していきます。

豊富なラインナップでご紹介していくので、お気に入りの車がきっと見つかるはずです。

ご紹介していく車両価格は、税抜価格を記載しています。価格情報は2021年11月調べのものです。

【軽・78.2万円〜】ダイハツ ミライース:燃費もピカイチ

ダイハツ ミライース

まさに「激安」といった印象もあるダイハツ ミライースは、最廉価グレードの「B」2WD仕様ではなんと70万円台の価格設定となっています。4人が乗れて荷物も積める新車とは思えない低価格っぷりに、ダイハツの企業努力の凄さを感じますね。

ホイールはキャップなしのスチール、ボディカラーもスカイブルーとシルバーとホワイトのみと、割り切った設定となっている「B」ですが、キーレスエントリーやパワーウインドゥ、マニュアルエアコンといった基本の装備はしっかり網羅。普段乗りにも全く支障がないことでしょう。

《画像提供:Response 》ダイハツ ミライース

残念ながら「B」には予防安全機能が備わりませんが、ひとつ上位の「B“SA III”」にグレードアップすれば、自動ブレーキや誤発進抑制制御機能など充実の予防安全機能パッケージ「スマートアシストIII」が標準装備されます。それでいて税抜価格は2WD仕様で84.2万円と、まだまだ格安です。

価格が安いだけでなく、ミライースはれっきとしたエコカーの側面も持ちます。WLTCモード燃費は25.0km/Lと、ガソリン代もしっかりと節約できそうな点は、ミライースの大きな魅力です。

ダイハツ ミライースのスペックはこちら

【ダイハツ ミライース B 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,500mm
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量650kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリン 658cc
エンジン最高出力36kW(49PS)/6,800rpm
エンジン最大トルク57N・m(5.8kg・m)/5,200rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格782,000円(消費税抜)
(2021年11月現在 ダイハツ公式サイトより)

【軽・118.0万円〜】ホンダ N-WGN:充実装備でコスパがスゴい

ホンダ N-WGN

先ほどご紹介したミライースからはややジャンプアップとなる100万円台の価格ですが、それでもホンダ N-WGNは、その充実装備を思えば驚くほどのバーゲン価格で販売されています。

N-WGNは、安全機能パッケージ「Honda SENSING」や電子制御パーキングブレーキを全車で標準装備するなど、普通車もビックリの装備内容が見どころ。もっとも廉価な「G・Honda SENSING」でも、エアコンはフルオートタイプ、ウインドウガラスは全周UVカット機能付きと、快適性能も抜かりがありません。

ホンダ N-WGNカスタム

全車標準装備となるHonda SENSINGは、夜間の歩行者検知や横断中の自転車の検知にも対応する高機能なもので、さらに渋滞追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールと車線維持支援システムも備わるので、高速道路などでは半・自動運転といえるほどの運転アシストも可能。

これだけの装備内容で118.0万円からという価格設定は、もはや軽自動車では敵なしと思えるほどのコストパフォーマンスの良さです。スーパーハイトワゴンのN-BOXが人気を博していますが、割安ながら装備で上回るN-WGNにも、ぜひ注目しておきたいところです。

ホンダ N-WGNのスペックはこちら

【ホンダ N-WGN G・Honda SENSING FF】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,675mm
ホイールベース2,520mm
最大乗車定員4名
車両重量850kg
燃費WLTCモード:23.2km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリン 658cc
エンジン最高出力43kW(58PS)/7,300rpm
エンジン最大トルク65N・m(6.6kgf・m)/4,800rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,180,000円(消費税抜)
(2021年11月現在 ホンダ公式サイトより)

【小型・約126.8万円〜】トヨタ ヤリス:キビキビ走れる性能がイイ

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリスは、余裕のある普通車ながら、軽自動車を思わせる低価格から購入できる点がうれしい車です。先代にあたるヴィッツからは大幅にイメージを変更してスポーティな印象になったヤリスですが、廉価な価格はきちんと継承しており、「X“Bパッケージ”」では約126.8万円から購入可能となっています。

「X“Bパッケージ”」は予防安全装備なども省いた極端なグレードではあるものの、ひとつ上位の「X」グレードでも、1.0リッターエンジン車なら税抜132.3万円からと、まだまだ普通車として激安の価格帯。こちらは夜間歩行者検知にも対応するプリクラッシュセーフティなどを備えたトヨタセーフティセンスが標準装備されます。

トヨタ ヤリス

安かろう悪かろうではなく、独自の魅力が満載な点もヤリスの特徴。高剛性なボディと最適にチューニングされたサスペンションで、キビキビ走れて気持ちの良い走行性能が実現されています。

また、走りの良さに加えて燃費の良さもヤリスの特徴で、割高なハイブリッドはガソリンエンジン車トップクラスの低燃費を実現しているほか、リーズナブルな価格のガソリン車もクラスをリードする燃費性能を実現。割安な1.0リッターエンジン車は自動車税も安上がりで、維持費まで含めて節約ができます。

トヨタ ヤリスのスペックはこちら

【トヨタ ヤリス X “Bパッケージ”】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,940mm×1,695mm×1,500mm
ホイールベース2,550mm
最大乗車定員5名
車両重量940kg
燃費WLTCモード:20.2km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリン 996cc
エンジン最高出力51kW(69PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク92N・m(9.4kgf・m)/4,400rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,268,182円(消費税抜)
(2021年11月現在 トヨタ公式サイトより)

【小型・136.5万円〜】スズキ イグニス:こだわりデザインで満足感

《画像提供:Response 》スズキ イグニス(海外仕様車)

先ほどご紹介したヤリスよりもさらに短めの全長ながら、しっかりと5人が乗れる普通車となっているスズキ イグニス。愛嬌のある表情などこだわりのエクステリアデザインもあってか、コンパクトなサイズでも堂々とした存在感があります。

もっとも廉価な「ハイブリッドMG」2WD仕様のスズキセーフティサポート非装着車で136.5万円という低価格ながら、全車でマイルドハイブリッド仕様となるイグニスは、燃費性能も侮れません。軽量なボディに熱効率向上を追求したガソリンエンジンとCVTを組み合わせ、その上マイルドハイブリッドを搭載することで、頼もしい走行性能も実現されています。

《画像提供:Response 》スズキ イグニス

プロテクター風の造形を取り込んだ前後バンパーや、180mmと余裕のある最低地上高もあって、コンパクトSUV的なアクティブ感も感じさせるイグニス。4WD車では、グリップコントロールやヒルディセントコントロールが標準で備わるなど、装備面でもSUVらしさが感じられます。

小型な車でもこだわりの強い車を多くラインナップするスズキの車だけに、イグニスも車内外にこだわりが満載で、廉価な価格設定ながら愛車として自慢したくなってしまうようなキャラクター性がうれしいところですね。

スズキ イグニスのスペックはこちら

【スズキ イグニス ハイブリッドMG 2WD スズキセーフティサポート非装着車】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,700mm×1,660mm×1,605mm
ホイールベース2,435mm
最大乗車定員5名
車両重量850kg
燃費WLTCモード:19.8km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1,242cc
エンジン最高出力67kW(91PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク118N・m(12.0kg・m)/4,400rpm
モーター種類直流同期電動機
モーター最高出力2.3kW(3.1PS)/1,000rpm
モーター最大トルク50N・m(5.1kg・m)/100rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,365,000円(消費税抜)
(2021年11月現在 スズキ公式サイトより)

【SUV・約151.5万円〜】ダイハツ ロッキー:使えるSUVが安い!

ダイハツ ロッキー

見るからにタフさを感じさせるSUVながら、「L」2WD仕様では約151.5万円からという格安な価格設定が特徴的なのがダイハツ ロッキーです。付加価値が高く、専用装備も多くなりがちなSUVは価格帯も上昇しがちですが、ロッキーは200万円を大きく割り込む低価格がうれしいですね。

5ナンバーサイズに収まる扱いやすいボディサイズのロッキーですが、SUVだからこそ期待したい室内のユーティリティ性はしっかり確保。前後席の間隔や荷室容量がしっかり確保されているので、荷物を満載してのドライブでもゆとりが生まれます。

ダイハツ ロッキー HEV

新たに登場したハイブリッド「e-SMART HYBRID」搭載車の燃費の良さもロッキーの注目ポイントではありますが、廉価な価格設定がうれしいのはガソリンエンジン車。2WD仕様では1.2リッター、4WD仕様では1.0リッターターボと性格に合わせて使い分けられたパワートレインは、軽量なロッキーのボディを力強く加速させます。

SUVだからこそ期待したいアクティブなイメージや使い勝手に優れた機能はしっかり満たしつつ、コンパクトなサイズだからこそ求めたい経済性の高さも両立したロッキー。価格の安さも相まって、SUVでトップクラスの売れ行きを示していることも納得ですね。

ダイハツ ロッキーのスペックはこちら

【ダイハツ ロッキー L 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995mm×1,695mm×1,620mm
ホイールベース2,525mm
最大乗車定員5名
車両重量970kg
燃費WLTCモード:20.7km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリン 1,196cc
エンジン最高出力64kW(87PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク113N・m(11.5kg・m)/4,500rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,515,455円(消費税抜)
(2021年11月現在 ダイハツ公式サイトより)

【ミニバン・約169.0万円〜】トヨタ シエンタ:7人乗れて低価格

《画像提供:Response 》トヨタ シエンタ

多人数が一度で移動でき、ファミリーにもぴったりな3列シートのミニバン。大型な上級モデルでは価格が高くなりがちですが、扱いやすい5ナンバーサイズのコンパクトミニバンであるトヨタ シエンタは、3列シートの「X」ガソリン車2WD仕様でも約169.0万円からという低価格設定となっています。

「X」系グレードはトヨタセーフティセンスがメーカーオプション設定にとどまる上、サイド/カーテンエアバッグは全車でオプション設定にとどまるなど、安全性能面ではやや遅れも見られるシエンタ。どちらもオプションで忘れずに追加しておきたいところですね。

《画像提供:Response 》トヨタ シエンタ

シエンタの3列目シートは、使わないときは2列目シート下にすっきりと収納できるので、フラットな荷室が確保でき、荷物を満載するのにもぴったり。お買い物やレジャーのお供にも使いやすく、多彩な使い勝手が魅力的です。

さらに低価格を追求するなら、2列シート仕様のファンベースを選ぶという手もあります。3列目シートを廃して荷室の使い勝手をさらに高めたファンベースなら、「ファンベースX」ガソリン車の2WD仕様で約165.3万円からと、より廉価な設定になっています。

トヨタ シエンタのスペックはこちら

【トヨタ シエンタ X(ガソリン車) 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,260mm×1,695mm×1,675mm
ホイールベース2,750mm
最大乗車定員7名
車両重量1,320kg
燃費WLTCモード:17.0km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリン 1,496cc
エンジン最高出力80kW(109PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク136N・m(13.9kgf・m)/4,400rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,690,182円(消費税抜)
(2021年11月現在 トヨタ公式サイトより)

まとめ

《画像提供:Response 》スズキ アルト 新型

とにかく安くておすすめの車をジャンル別にご紹介してきました。安全性能や燃費性能に妥協することなく、予算を下げても車選びが可能なことがお分かりいただけたはずです。

軽自動車からミニバンまで、充実の最新機能を体感することができるこれらのお買い得車。気になった車があれば、実車をぜひチェックしてみてくださいね。

よくある質問

新車の価格って年々上がってるの?

近年は自動ブレーキなどの安全機能が廉価グレードまで標準装備されることが一般的なことや、軽自動車では豪華装備が備わるモデルに人気が集まっていること、普通車ではサイズ向上などが続く傾向などが組み合わさって、さまざまなセグメントにおいて車両価格は少しずつ上昇しているようです。

軽自動車と普通車、維持費の違いは大きいの?

新車価格としては差が小さくなってきている感もある軽自動車と普通車のコンパクトカーですが、維持費面で大きく差があるのは自動車税額でしょう。軽自動車税額は軽自動車が10,800円なのに対し、普通車は排気量1リットル以下でも自動車税額は25,000円と、軽の2倍以上。保険料や高層道路料金なども軽自動車が安上がりになるケースが多く、総合的な維持費の安さが軽自動車の大きな魅力となっています。

関連するキーワード


新車 安い

関連する投稿


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。


激安中古高級車|超お買い得?それとも泥沼?今買いなのはどれ?

激安中古高級車|超お買い得?それとも泥沼?今買いなのはどれ?

憧れの高級車!一度は乗ってみたいですよね! 大丈夫です。乗れます。 世の中には、考えられないぐらい安く売られている、中古の高級車があります。 なんでこんなに安いの!?とびっくりするような、激安中古高級車の世界をご案内します!


2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

毎年のようにさまざまな自動車メーカーからニューモデルが発売されています。2020年にもたくさんの車が発売されて話題を呼びました。車の購入を考える際には、現在販売されているモデルだけでなくこれから発売される予定の車が気になるという方も多いでしょう。そこで、ここでは2021年に発売されることが予想される車についてご紹介します。2020年から2021年にかけて新車の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


価格帯別|安くても運転が最高に楽しいおすすめ現行車!100万~300万円

価格帯別|安くても運転が最高に楽しいおすすめ現行車!100万~300万円

車はただの移動手段と考える人もいれば、その移動手段を楽しくしてくれる相棒と考える人もいるはず。この記事では、100万円から300万円の価格帯で運転を楽しめる車をご紹介していきます。当然高いお金を払って高級車を選べば性能も高いですが、狙っていきたいのはコスパの良さ。日本車豊作の年と後年に振り返られそうな2020年の最新ドライバーズカーを、一緒にチェックしていきましょう。


【今が買い!】最新の軽 おすすめ3選!個性際立つ実力派揃い

【今が買い!】最新の軽 おすすめ3選!個性際立つ実力派揃い

定番のスーパーハイトワゴンたちがチヤホヤされ続ける軽の世界ですので、非常に魅力的な他の選択肢を見逃してしまっているかもしれません。そこで、今こそ選びたい、魅力極まる個性派3台のおすすめ車をご紹介します。存在意義を究極まで突き詰めたようなそれぞれの実力は、もはや軽自動車の枠に収まらないほどかも。流れにまかせて定番車を買ってしまう前に、ぜひチェックしてみてくださいね。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。