目次へ戻る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


わずか36.4%…。一般道の後部座席シートベルト着用率

平成20年6月から一般道でも後部座席のシートベルト着用が義務化されました。

しかし、今までの『高速道路だけ着用する』というイメージが強く残ってしまっているのか、後部座席というゆるみからか、義務化から9年経った今でも一般道での後部座席のシートベルト着用率は低いままなのです。

JAFと警察庁は、10月1日から10日までの間、全国881か所でシートベルト着用状況を調査をしました。

その結果、運転席と助手席のシートベルト着用率は高く、高速道路での運転席のシートベルト着用率は、99.5%と、ほぼ100%に近い結果となりました。

しかし、後部座席でのシートベルト着用率は一般道路で36.4%(前年比0.4ポイント増)と2002年の合同調査開始以来、過去最高とはなりましたが、依然として後席での着用率は低いままでした。

36.4%というのは、後部座席に座っている人の3人に2人がシートベルトをせず非着用ということです。

一般道でのシートベルト着用率

高速道路になると、74.4%(同2.6ポイント増)と、一般道に並び過去最高の結果ですが、4人に1人はシートベルトを着用していないという計算に。

一般道に比べると高い結果ですが、そもそも一般道のシートベルト着用が義務化される前から義務だった高速道路でのシートベルト着用で、4人に1人は着用していないという結果は、決して良いとは言えない結果となりました。

高速道路でのシートベルト着用率

後部座席でのシートベルトの着用率、過去3年の推移をまとめてみました。

僅かながらですが、年々後部座席のシートベルト着用率は上がっています。

しかし、一般道での着用が義務付けられて9年、10年目を迎えたというのにも関わらず半分にも満たない、全体の36.4%しか着用率がないという結果。

もう少しシートベルトに対し意識が必要かもしれませんね。

シートベルト着用率 1位は?都道府県別ランキング

後部座席のシートベルト着用率を都道府県別に見て、ランキング化しました。

後部座席のシートベルト着用率が高い都道府県ベスト3は…

一般道路
第3位 岐阜県…50.2%
第2位 長野県…52.4%
第1位 群馬県…57.2%

高速道路
第3位 福島県、和歌山県…92.4%
第2位 岡山県…93%
第1位 秋田県…93.2% 

という結果になりました。

そして後部座席のシートベルト着用率が低い都道府県ワースト3は…

一般道路
第3位 沖縄県…20.6%
第2位 佐賀県…15.1%
第1位 福井県…14.8%

高速道路
第3位 福井県…54.0%
第2位 大阪府…50.9%
第1位 沖縄県…33.2%

という結果になりました。

福井県と沖縄県は一般道路にも高速道路にもランクインするという結果に。

一般道路、高速道路共に1位とワースト1位の差を比べてみると、一般道路1位の群馬県とワースト1位の福井県との差は42.4%、高速道路1位の秋田県とワースト1位の沖縄県とでは60%も差がついてしまうという結果になりました。

後部座席のシートベルト非着用、もちろん罰則対象

ここまでシートベルトの着用率を紹介してきましたが、シートベルト着用は義務なので、もちろん着用しなかった場合は罰則の対象になります。

法律で定められているため、後部座席のシートベルトは『した方が良い』ではなく、『しなければならない』のです。

以下は道路交通法第71条の3です。

以下が罰則内容です。

自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。)を装着しないで自動車を運転してはならない。
(後略)
自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。以下この項において同じ。)に乗車させて自動車を運転してはならない。
(後略)

後部座席については、高速道路(高速自動車国道又は自動車専用道路)での違反は、行政処分の基礎点数1点が付されます。

シートベルト非着用による被害の拡大は被害者の過失とされるため、被害者であっても、損害賠償等の場面で十分な補償が受けられなくなる可能性があります。

運転している本人がシートベルトを着用していても、後部座席での着用をしていないと減点されてしまいます。

更に、シートベルト非着用で事故にあった場合、非着用側にも責任があるので十分な保証が受けられない可能性があるのです。

こんなに危険!JAFの検証動画

運転席や助手席のシートベルト非着用は危険というイメージを持っている人はたくさんいますが、後部座席となるとあまり危機感のない人が多くいることがデータから分かりました。

しかし、後部座席のシートベルトの非着用は非常に危険であるからこそ、法で定められているのです!

こちらはJAFが検証した後部座席のシートベルト非着用時の危険性を示した動画です。


後部座席のシートベルト非着用は様々な危険が潜んでいます。
自分自身に大きな被害があったり、車外放出、さらには前席の人にも被害が及ぶ可能性があります。


仮にシートベルト非着用で時速60kmで進んでいる車が壁等に激突した場合、高さ14mのビルから落ちるのと同じ衝撃を受けるそうです。
かなりの衝撃なので、車外に放出される危険性も増大します。

この動画でも、シートベルト非着用のダミーは前席のヘッドレストに強く頭を打ち付け、更に運転席のダミーをシートごと押しつぶしています。
運転席の人はシートベルトを着用していて自分自身が吹っ飛ぶことはなくても、エアーバックとシートに挟まれ、致命的なケガをする可能性があるのです。

最後に…

後部座席のシートベルト非着用の危険性はお分かりいただけたでしょうか?

道路交通法の改定から9年、もうすぐ10年になりますがまだまだ浸透の浅い後部座席のシートベルト着用。

運転手のみなさんは後部座席へのシートベルト着用の呼びかけを怠ることで、自分自身はシートベルトを着用していても後ろからの衝撃で致命的なケガをする可能性があるので、後部座席の人のためにも、自分自身のためにもシートベルト着用の呼びかけ、確認をしていきましょう。

仮に事故に遭ってしまっても、命を守るためにどの座席でもシートベルトの着用を心がけ、近い将来、運転席や助手席のように後部座席のシートベルト着用が当たり前になっていくと良いですね。

関連するキーワード


JAF

関連する投稿


【一覧】JAF会員が使えるジャンル別優待施設

【一覧】JAF会員が使えるジャンル別優待施設

JAFには実は優待施設があることをご存知ですか?カフェやレストラン遊園地や道の駅など、JAF会員が使える優待施設一覧をご紹介します。


せっかちなイメージそのまま?クラクションを鳴らし過ぎる都道府県。上位は…

せっかちなイメージそのまま?クラクションを鳴らし過ぎる都道府県。上位は…

こちらの記事では、2016年の6月15日から30日の16日間、JAFのホームページ内で実施された交通マナーに関するアンケート結果、「不要なクラクションを鳴らす車が多いと思うか」という設問に焦点をあてて、ランキング化しています。また、クラクションに関連する道路交通法や、不要なクラクションの危険性も紹介したいと思います。


【交通ルール】信号のない横断歩道。2年連続で9割超がルール無視…

【交通ルール】信号のない横断歩道。2年連続で9割超がルール無視…

【10/24更新】2017年6月から、JAFが「信号機のない横断歩道における実態アンケート調査」を実施しています。過去に実施された交通マナーに関するアンケートでも取り上げられていた問題ですが、「横断歩道」に関する法律・ルールを再度知っていただくと共に、関連するデータ等を記事にしています。アンケート結果も随時反映します。


10年振りに使用率 減…。チャイルドシートの正しい選び方と取付け方

10年振りに使用率 減…。チャイルドシートの正しい選び方と取付け方

子供の安全を守るためのチャイルドシート・ジュニアシート。2017年の使用率は2016年と比べると0.1ポイント減という結果になり、10年振りに使用率が低下してしまったと発表されました。こちらの記事では、調査結果の概要から、チャイルドシート、ジュニアシートの正しい取り付け方についてご紹介していきます。


旧車・絶版車好き必聴!?バイクの音を楽しむ「名車図鑑」に新作!

旧車・絶版車好き必聴!?バイクの音を楽しむ「名車図鑑」に新作!

JAFではホームページ内にて「バイクの音を楽しむ『名車図鑑』」というコンテンツを公開しています。2017年7月14日に、第2弾として2台のバイクが追加されました。追加されたモデルと共に、懐かしの旧車・名車の紹介をしています。


最新の投稿


三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱の電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』が一部改良されて発売されました。 驚いたのが軽自動車から小型車(登録車)へ変更されて発売されたことです。何故、税金面でも不利になる登録車へわざわざ変更されたのでしょうか?不思議に感じたので調べてみました。


これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

ホンダアクセスは、主に女性ドライバーに向けてトータルコーディネートを提案するコレクションの第5弾「バーバパパ コレクション」を5月31日より全国のホンダカーズから発売すると発表しました。画像を見てしまったら、バーバパパコレクションを思わず大人買いしてしまうかも!?


【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

本記事では車の燃料であるガソリン種類、レギュラー・ハイオク、ディーゼル車の燃料である軽油の違いについてを説明しています。合わせてガソリン車に軽油を入れてしまう、ディーゼル車にガソリンを入れてしまうなど、指定されている燃料以外の燃料を入れてしまった場合、どうなるのかについても紹介しています。


日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

セレナe-POWERの人気が沸騰中です。販売台数において、ミニバントップの座を死守し続けるセレナは、e-POWERを投入してからは、さらに独走状態に入っています。そこで、今なぜセレナe-POWERを買うのか?その理由を5つにまとめてみました。これを読めば貴方もセレナe-POWERを買いたくなるでしょう!


【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

ホンダが、今夏に発表を予定している軽バン「N-VAN(エヌ バン)」に関する情報を4月20日本日、Hondaホームページで先行公開されました。今わかっている最新情報をお届けいたします!!