トップへ戻る

ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターといえば、日本ではマツダのロードスターが最初に思い浮かぶことでしょう。しかし、海外では少し違います。ロードスターとはいったい何を意味するのか?日本と海外のロードスターの違いとは?価格・中古車価格は?などと気になる疑問についていくつか例を挙げて紹介していきます。(※情報は2019年8月のものです)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ロードスターの意味とは?

マツダ ロードスター 次期型(NE型)予想CG

マツダ ロードスター 次期型(NE型)予想CG

海外でロードスターといえば、スポーツの外観やキャラクターに重点を置いた、オープンな2人乗りの車のことを指します。

国産・外車 人気のロードスターは?

それでは、現在発表されている国内外のロードスターに関して、それぞれの車の価格や特徴などを車種別に見ていきましょう。

ロードスターND(マツダ)

マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車

マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車

最初に紹介するのは、日本のロードスター。今から30年前の平成元(1989)年に誕生し、ライトウェイトFRタイプのスポーツカーとして初期型から最新型まで今なお根強い人気を誇っています。

コンセプトは「人馬一体」。マツダの技術陣が愛情をこめて開発し、それまでのオープンカータイプのスポーツカーは重厚な走りが常識でしたが、マツダはそれを大きく覆し数多くの改良を経てより進化していく存在になりました。

現在では国内外問わず多くのファンに愛され、マツダの主力車として成長しています。

・特徴:電動パワーステアリングシステム、アイドリングストップ機能、減速エネルギー回生システム、車線逸脱警報システムシなどを装備。

・基本スペック:重量1100キログラム、排気量1997cc、最高出力158ps/6000rpm、最大トルク20.4kgf/4600rpm

JC08モード燃費:17.2~18.6km/l

マツダロードスター中古車情報(2015年式~)
平均価格 約217.8万円
価格帯 約128万円~354万円
※自動車情報サイトResponse中古車情報より(2019年8月現在)

RS・ソウルレッド
積載性/収納性が低評価なのは車の性質上仕方ないのですが、シートとドライビングポジションのせいか、疲れないです。
以前のCX-5だと2時間くらいで休憩してましたが、気付くと3~4時間くらい乗り続けてます。目が疲れるので意識して早めに休憩するようにしています。

燃費は普通に走って15km/Lくらい、エコランを意識して17km/Lといったところで、JC08の15.6km/Lに対して、大きな乖離はなく、ときどき回しすぎてもこの燃費なので大満足です。

以上、日本を代表するマツダ ロードスターについて紹介しました。ここからは海外のロードスターについて紹介します。

BMW Z4

BMW Z4 ロードスター 新型

BMW Z4 ロードスター 新型

BMWといえばドイツで最大手ともいえる自動車メーカーで、とりわけスポーツカーの開発に関しては造詣が深いため古くからの歴史を有しています。それ故に国内外問わず多くの方々から人気を博しているのもその証拠です。

ロードスターという意味では、2シーターカーという位置づけでの生産が行なわれており、そのフォルムと性能は国内外問わず愛され続けています。

日本でも安心して運転ができるよう、一部日本国内様に仕様を変更(国土交通省の省令適合済)して生産されていますので、ロードスターを購入を検討している方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

・特徴:ステアリングはラック&ピニオン式、回転数反応式パワーステアリングを装備。
・基本スペック(sDrive 20iモデル):排気量2L、エンジン直列4気筒DOHCターボ、最大出力197ps/4200rps、最大トルク32.6kgm/4500rpm

JC08モード燃費:10~13.4km/l
10・15モード燃費:9.7~12.8km/l

BMWZ4(2009年式~2016年式)
平均価格 約244.7万円
価格帯 約120万円~538.8万円
※自動車情報サイトResponse中古車情報より(2019年8月現在)

MINI ロードスター

MINI ロードスター

MINI ロードスター

ここではミニのロードスターについて紹介していきます。新車に関してはすでに生産を終了している関係で、現在見ることができるのは中古市場で展開している程度です。ここでは、過去に発売された車種という意味でのロードスターを紹介していきましょう。

ミニクーペをベースとして2012年から発売されたものの、2015年になってからはメーカーの事情により製造を担っていたイギリス国内の工場そのものが他車種の製造へ変更するために惜しまれつつも製造は終了されました。

しかし、現在では中古車を中心にディーラーで販売しているほか、国内外の愛好家たちによって大事に整備されています。生産開始からわずか4年という短すぎる歴史に幕を下ろすことになりましたが、それはまさに美人薄命といっても過言ではありません。

特徴:ステアリングは低重心、幌は手動式(基本2名で開閉を行うようになっている)。
基本スペック:排気量1598cc、エンジン直列4気筒DOHC、最大出力122ps、最大トルク160Nm

JC08モード燃費:13~19km/l
10・15モード燃費:15.6~20.5km/l

ミニロードスター中古車情報(2012年式~2015年式)
平均価格 約162.8万円
価格帯 約137.5万円~169.8万円
※自動車情報サイトResponse中古車情報より(2019年8月現在)

MINIには先にハッチバックをベースにした『カブリオレ』が設定されているが、2012年1月(発売は3月)に『クーペ』をベースにした新しいオープンモデルとして『ロードスター』が追加された。

ロードスターは搭載エンジンなどの違いによって3グレードがある。試乗したクーパーは自然吸気エンジンを搭載したベースグレードである。

ロードスターは乗車定員が2名であるのがカブリオレとの違いとなるほか、オープンカーの開放感だけでなくスポーティな走りも兼ね備えるモデルとしている。

テスラ ロードスター

テスラ ロードスター

テスラ ロードスター

では、最後にテスラのロードスターについて紹介します。テスラはアメリカのメーカーで主にアメリカ国内を中心に展開したため、日本ではあまりなじみのないメーカーというイメージが強くなっていました。ところが、状況はある一つの日本国内の中古車ディーラーによって大きく変化することになりました。

平成21(2009)年、日本のガリバーがアメリカを視察した時のこと、テスラのロードスターの性能に興味を持ち、試験的に導入することになったのがきっかけでした。いきなり導入するとしても国土交通省からの厳しい省令をクリアしなければならないことから、オークション方式で試験販売を行いました。

結果は好評で、省令をクリアしたあと平成22(2010)年に正式販売され、現在では東京にテスラのディーラーが開設され、多くのユーザーの心をつかんでいます。

そして、令和2(2020)年にはロードスターの新バージョン発売がアナウンスされ、将来の自動運転を想定してハードウェアを搭載することになっています。そのためこの車種はさらなるバージョンアップを経て進化を続けていることから、未来のスポーツカーとして成長し続けています。

特徴:新色は12色、自動運転対応ハードウェア搭載。
基本スペック:航続距離1000km。

テスラロードスター中古車情報(2008年式~)
平均価格 約519万円
価格帯 約454~548万円
※自動車情報サイトResponse中古車情報より(2019年8月現在)

テスラ・ロードスターの走りはその加速性能の高さに特徴がある。瞬時にトルクが立ち上がる電気モーターの加速は、ガソリン車とは比べ物にならないレベルである。

i-MiEVやリーフなども電気自動車らしい加速の良さは備えているが、テスラ・ロードスターの速さは別格。1万4000回転まで回るエンジン(モーター)は最高出力292ps、最大トルク40.9kg-mの動力性能を発揮し、大パワーの出入力が得意な電池の特性によってケタ違いの速さを見せる。

カタログデータでは3.7秒で時速97キロに達するとのことだが、アクセルを踏み込めば無限に伸びていくかのような加速を示すので、自制心を持って運転する必要がある。

まとめ

以上、国内外のロードスターを紹介しましたが、ミニに関しては会社事情に伴い残念ながら生産を終了しました。

しかし、まだまだ進化を続けているロードスターは国内外のメーカー関係なしに大勢の人たちから愛され続けています。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


CX-30って運転しやすいの?室内の広さは大丈夫?ガッツリ解説!

CX-30って運転しやすいの?室内の広さは大丈夫?ガッツリ解説!

マツダ CX-30って、最近はやりのSUVの中でもダントツにかっこいいですよね!CX-30の使い勝手って、どうなんでしょう?運転しやすいのでしょうか?ちゃんと人を乗せられるんでしょうか?一緒にチェックしていきましょう!


補助金でEVカー他が安く買える!?東京都「ZEV補助金」事業受付開始

補助金でEVカー他が安く買える!?東京都「ZEV補助金」事業受付開始

東京都は、電気自動車(EV)などを対象にした独自の「ゼロエミッションビークル(ZEV)補助金」事業の受付を開始したと発表しました。本記事では気になるZEV補助金についてご紹介しています。EVカーやFCVを購入しようと思っていた方はぜひ、本記事を読んでみてくださいね。


マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダのCX-30、超カッコいいSUVですよね!ですが、CX-30の燃費ってどんな感じなんでしょうか。特に、CX-30にはスカイアクティブXとディーゼルとガソリンと言う3種類のエンジンがあって、その比較も気になります。今回は、実際の燃費はどうなのかユーザーさんの声を拾ってみます!


マツダ CX-30の評価は?オーナーさんは満足してる?SNSで探ってみた!

マツダ CX-30の評価は?オーナーさんは満足してる?SNSで探ってみた!

ぶっちゃけ、マツダ CX-30を購入したオーナーさんは、クルマに満足してるんでしょうか?オーナーさん達の本音が見えるSNSを探って見ましょう!


最新の投稿


トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタの最高級車であるセンチュリーについて紹介します。圧倒的な高級感を誇る内外装の質感や、専用オプション、走行性能などについて解説します。また、高級モデルなので気になる価格などについても紹介します。


米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国を中心とした海外で販売されている大型ミニバンのシエナについての紹介記事です。歴代モデルの紹介や、2020年に発売された新型モデルの日本上陸の可能性などについても紹介します。


【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

化石燃料の使用を抑えるという世界的な動きの中、トヨタが提案した未来の自動車である水素燃料電池自動車、MIRAIについての紹介記事です。初代モデルと現行モデルの違いや、水素燃料電池自動車の仕組み、実用性などについて紹介します。


トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。