トップへ戻る

日産のミニバン セレナ 中古車価格まとめ

日産のミニバン セレナ 中古車価格まとめ

日産 セレナは、5ナンバークラスのミニバンとして、また、日産のファミリーカーを代表するクルマとしても人気があります。ここでは2005年から販売された3代目モデルから現行モデルまでのセレナの中古車情報を紹介しています。(※情報は2019年9月現在のものです)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産 セレナとは

3代目 日産 セレナNISMO

3代目 日産 セレナNISMO

日産 セレナは商用車のライトバンモデルであった日産 バネットコーチのフルモデルチェンジ版で、「バネットセレナ」として1991年より販売が開始されました。

※ただし、商用モデルについては、「バネットセレナ・カーゴ」として販売されました。

1994年のマイナーチェンジで、バネットセレナはセレナに正式車名を変更しました。
日産のセレナは、今やミニバンの常識であるスライドドアのパワーウインドウを世界で初めて採用した車でもあります。また、その後の2代目モデルでは乗用タイプのミニバンとして初めて両側スライドドアを採用しています。

現行モデルは2016年に発売された5代目。運転支援システムとなる「プロパイロット」を搭載したほか、電動パワートレイン「e-POWER」搭載モデルなども発売されました。

日産 セレナ の中古車 モデル別中古車相場・中古価格

歴代の日産セレナから、3代目モデル以降についてそれぞれ紹介します。

3代目 日産 セレナ (2005年~2010年)

3代目 日産 セレナ

3代目 日産 セレナ

2回目のフルモデルチェンジとなったこのモデルは先述したようにルノーと共通の日産・Cプラットフォームが使われています。2007年から3年間連続してミニバン販売台数日本一を達成しました。

エンジンは2.0Lのみの設定で、「エクストロニックCVT」によりレスポンスの向上となめらかな加速、低燃費を実現したことで「平成22年度燃費基準+5%」を達成しました。

 
3代目 日産 セレナ(2005年~2010年)の中古車情報
平均価格約39万円
価格帯約1万円~約129万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ 2019年9月現在

4代目 日産 セレナ (2010年~2016年)

4代目 日産 セレナ

4代目 日産 セレナでは5ナンバークラス最大級のフロントガラスを採用し、視界と開放感が向上しました。開口部を広げ、ボタンを押すだけで開閉できる「ワンタッチオートスライドドア」を装備しています。

エンジンは2.0Lガソリン直噴エンジン、MR20DD型に変更され、低燃費と高トルクを両立しています。そのためアクセルペダルの操作(無駄なスロットルの開閉)の必要が少なくなり、燃料消費が抑えられるようになっています。

 
4代目 日産 セレナ(2010年~2016年)の中古車情報
平均価格約135万円
価格帯約19万円~約2027万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ2019年9月現在

5代目 日産 セレナ (2016年~)

5代目 日産 セレナ

セレナ

5代目 日産 セレナからはフロントグリルに新世代の日産のデザインの象徴である「Vモーション」を採用しています。オプションで自動運転技術「プロパイロット」を設定しています。

オートスライドドアが改良され、インテリジェントキーを身に着けている状態でスライドドアの下にキック操作するだけでドアが自動開閉するハンズフリーオートスライドドアを世界で初めて量産車に採用しています。

また、バックドアはウィンドウのみの開閉もできるハーフバックドアを備えたデュアルバックドアとなり、給油口はふたを開けてそのままノズルを差し込むことができるキャップレス給油口を日産車で初めて採用するなど、至るところで利便性が高められています。

 
5代目 日産 セレナ(2016年~)の中古車情報
平均価格約263万円
価格帯約139万円~約429万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ 2019年9月現在

【参考】日産 セレナ(2016年~)新車価格

※なお、新車価格はすべて公式サイトの情報をもとに作成しております(情報は2019年9月現在のもの)

X(2WD)2,576,200円~
XV(2WD)2,736,800円~
ハイウェイスター(2WD)2,758,800円~
XV(防水シート車)(2WD)
2,769,800円~
ハイウェイスターV(2WD)
2,986,500円~
e-POWER X(2WD)
2,997,500円~
ハイウェイスターV(防水シート車)(2WD)
3,019,500円~
G(2WD)
3,061,300円~
e-POWER XV(2WD)
3,226,300円~
ハイウェイスターG(2WD)
3,227,400円~
e-POWER XV(防水シート車)(2WD)
3,259,300円~
e-POWER ハイウェイスター(2WD)
3,293,400円~
e-POWER G(2WD)
3,473,800円~
e-POWER ハイウェイスターV(2WD)
3,499,100円~
e-POWER ハイウェイスターV(防水シート車)(2WD)
3,532,100円~
e-POWER ハイウェイスターG(2WD)
3,725,700円~
ステップタイプ(福祉車両)(2WD)
2,975,500円~
送迎タイプ(福祉車両)(福祉車両)(2WD)
2,812,700円~
助手席スライドアップシート(福祉車両)(2WD)
2,762,000円~
セカンドスライドアップシート(福祉車両)(2WD)
3,028,000円~
チェアキャブ スロープタイプ(福祉車両)(2WD)
3,025,000円~
チェアキャブ リフタータイプ(福祉車両)(2WD)
3,055,000円~
X(4WD)
2,824,800円~
XV(4WD)
2,985,400円~
XV(防水シート車)(4WD)
3,018,400円~
ハイウェイスター(4WD)
3,051,400円~
ハイウェイスターV(4WD)
3,251,600円~
ハイウェイスターV(防水シート車)(4WD)
3,284,600円~
G(4WD)
3,353,900円~
ステップタイプ(福祉車両)(4WD)
3,191,100円~
送迎タイプ(福祉車両)(4WD)
3,072,300円~
助手席スライドアップシート(福祉車両)(4WD)
3,078,000円~
セカンドスライドアップシート(福祉車両)(4WD)
3,224,000円~
チェアキャブ リフタータイプ(福祉車両)(4WD)
3,241,000円~


まとめ

3代目 日産 セレナ インテリジェント エマージェンシーブレーキのイメージ図

3代目 日産 セレナ インテリジェント エマージェンシーブレーキのイメージ図

日産 セレナは、ミニバンとして人気を牽引してきた車だといえます。スライドパワーウインドウを世界で初めて採用した初代からはじまり、現行モデルではハンズフリーオートスライドドアを取り入れるなど使い勝手の良さが特徴です。

中古車であれば現行モデルでも100万円代で買うことができるので気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。