目次へ戻る

キャデラック エスカレードでザ・アメ車ライフ!評判、価格、新型情報

キャデラック エスカレードでザ・アメ車ライフ!評判、価格、新型情報

アメリカ製の車といえば、ギラギラでデカくてカッコいい!という印象がありますよね。しかし近年のエコ志向、ダウンサイジング志向は米国自動車メーカーにも段々と影響してきています。しかし、そんな流れに逆らうようにドデカくてイカツいアメ車の代表格が、キャデラックのフラッグシップSUV、エスカレード。街中でも注目度抜群のエスカレードの最新情報と、新型情報、価格までまとめました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


デカイ・イカツイ・速いの三拍子!キャデラック エスカレード

キャデラック エスカレード

キャデラック エスカレード

自動車の起源は欧州なのですが、戦後の華やかなりしアメリカン・ライフスタイルは、豪華で煌びやかなアメリカ車なしには語れませんよね。

現在でもその豪華で煌びやかなアメ車の代表格として君臨しているのが、アメリカ屈指の高級車ブランド、キャデラックです。

アメリカ車にとっては、華やかなりし50〜60年代を過ぎてしまうと、アジアの自動車産業の発達に伴って米国内の自動車メーカーはどんどん疲弊していき、グローバル化の波に飲まれて今やSUVばかり作っている… なんてあまり明るくない未来の話もあるのですが、逆にとれば、高級SUVをどう作ればいいかというノウハウは、大型車慣れした米国自動車メーカーにとっては勝手知ったるもの。

どんどん登場する後発の高級大型SUVにも負けない存在感を誇るのが、キャデラックのフラッグシップSUV「エスカレード」です。

キャデラック エスカレード ホイール

キャデラック エスカレード ホイール

メッキがきらめく押し出し感のある表情のエクステリアに、豪華絢爛で広大なインテリアを組み合わせたエスカレードは、現在でもアメ車の魅力を存分に体験できる車です。

ダウンサイジング化とグローバル化が推進される現代では、段々と貴重な存在になりつつあります。

そんなエスカレード、なんと日本でも正規販売されているので、購入のハードルが実は低めなことはご存知でしたか?

エスカレードの魅力をまとめましたので、エスカレードについて知っていた方も、初めて知った方も、ぜひアメ車のある生活を想像しながら読んでみてくださいね。

キャデラックらしい高級感あるエクステリア

キャデラック エスカレード

キャデラック エスカレード

キャデラックは、2000年代初頭にラインナップに適用し始めた「アート&サイエンス」というデザイン哲学から大きく印象を変え、大らかでゴージャス!というよりも、スマートで精緻な印象を与えるようなエクステリアデザインを採用しています。

現行エスカレードももちろんその傾向。全体を通して見ると、サイズのデカさからどうしても迫力が出てしまいますが、個別の部品を見ると、繊細な印象すら受ける手の込んだデザインになっていますよね。

キャデラックのシグネチャーである縦型のヘッドランプやテールランプはもちろん装備されていますし、品良く配されたメッキパーツがアクセントとなって、現代的高級感の演出に成功しています。

フルサイズSUVの余裕あるインテリア

キャデラック エスカレード スポーツエディション インテリア

キャデラック エスカレード スポーツエディション インテリア

エクステリアサイズの余裕は、インテリアでこそ楽しめるもの。もはやミニバン級というような室内は、3列シートで7人がゆったりできるスペースがある広大さです。

スペースの余裕が良く表れているのは、前席間のセンターコンソールの幅ではないでしょうか。もちろん大柄な方でも受け止めるアメ車らしい大きめのシートなのですが、その上コンソールの幅がしっかり取られており、2m超えの全幅を活かし切っていることが伺えますね。

キャデラックですので、シートの表皮は1・2列目でナパセミアニリンフルレザー、3列目でムーランフルレザーと抜かりはありませんし、ハンドルもダッシュボードもドアまでもレザー仕上げ。

広いだけではなく、ハイエンドブランドらしい高級感も味わえます。

デカすぎ!パワフルな6.2リッターエンジン

キャデラック エスカレード エンジンルーム

キャデラック エスカレード エンジンルーム

今や国産乗用車では並ぶもののない大排気量、6.2リッター V型8気筒エンジンが味わえるのも、エスカレードの特権です。

最高出力426PS、最大トルクは623N・mにも達するこのエンジンは、8速ATと組み合わされることで、重量級のエスカレードのボディを難なく動かす実力を持ちます。

パワフルさだけでなく、負荷の少ない時には片方のバンクを使わない「アクティブフューエルマネジメントシステム(気筒休止システム)」を備えるなど環境性能も意識されているほか、「4WD LOW」モードも備えるセレクタブル4WDシステムでちょっとした悪路なら走り抜けられそうな安心感もあるのが、高級車らしい余裕を感じさせますね。

実は先進装備も満載です!

キャデラック エスカレード インテリア

キャデラック エスカレード インテリア

デカいボディにデカいエンジンを積んだだけでしょ、とお思いかもしれませんが、エスカレードは先進装備も充実。

エマージェンシーブレーキシステムはもちろん標準装備ですし、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール、サラウンドビジョン、オートマチックパーキングアシストと、まるで日本車を思わせるような便利装備ももちろん完備。

極め付けはGMお得意の「マグネティックセレクティブライドコントロール(磁性流体減衰力制御システム)」の装備でしょう。

1秒間に路面状況を1,000回まで読み取れるこのシステムは、状況に応じてサスペンションを自動調整し、どんな場面でも優れた乗り心地を提供してくれる定評のあるものです。

キャデラック エスカレードのスペック

【キャデラック エスカレード プラチナム】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,195mm×2,065mm×1,910mm
ホイールベース2,950mm
最大乗車定員7名
車両重量2,670kg
燃費
エンジン種類V型8気筒 6,153cc
エンジン最高出力313kW(426PS)/5,600rpm
エンジン最大トルク623N・m(63.5kg・m)/4,100rpm
駆動方式四輪駆動(パートタイム4WD)
トランスミッション8速AT
新車価格13,770,000円(消費税込)
(2020年10月現在 キャデラック公式サイトより)

エスカレードをプロはどう評価する?試乗記まとめ

キャデラック エスカレード

キャデラック エスカレード

エスカレードの魅力をお伝えしてきましたが、プロの自動車評論家はどのように評価しているのでしょうか?

レビューをまとめてみました。

正直なところ、近年作られているアメリカの自動車は、明らかにグローバル化してアメリカンとしての個性に乏しいと感じていたが、このエスカレードだけは別次元の存在で、そのサイズ感や成り立ちそのものが、まさにアメリカの個性を象徴している気がしてならない。

勿論、単なる郷愁にとらわれてそのようには言っているわけではなく、真にアメリカ的だと思うからである。単にデカいからアメリカ的というのはあまり当たらず、例えば『レンジローバー』のロングホイールベース版はエスカレードよりも長いし、さすがに幅2m越えは少ないが、1900mm台はざらにあるこのご時世、エスカレードを飛び抜けて大きいとは言えないのである。

インテリアはキャデラックらしいラグジュアリーな雰囲気にあふれていて、快適装備が満載されている。ナパセミアニリンのレザーシートは、18ウェイのパワーシートでマッサージ機能まで付いている。この機能は車載用としては最高水準のもので、しっかりと体をほぐしてくれる。快適なドライブが楽しめた。

快適装備だけでなく、安全装備もエマージェンシーブレーキやアダプティブ・クルーズコントロールなど、充実した仕様を備えている。

エスカレードらしい個性や、その機能性が高く評価されているようです。

ライバル多数の高級SUVクラスでもエスカレードはキャラクター性が立っており、キャデラックの名は伊達ではないようですね。

キャデラック エスカレードの新車・中古車価格まとめ

キャデラック エスカレード インテリア

キャデラック エスカレード インテリア

エスカレードは現在、最上級グレードである「プラチナム」が単独で販売されており、2020年10月現在の税込新車価格では1,377万円が設定されています。

この価格を単独で見ると結構お高めの印象を受けますが、例えば先ほども名前が登場したレンジローバーでは約1,500万円スタートと、高級SUV全体の価格帯としては一般的、むしろ標準装備が充実しているのでかなりお得とも言えるかも。

最上級グレードのプラチナムだけあって、オプションで用意されているのは「クリスタルホワイトトゥリコート」の1種類のみ。こちらは13.2万円と有償色としてかなりプレミアムですので、街中で白いエスカレードを見かけることは少ないかもしれませんね。

キャデラック エスカレード スポーツエディション

キャデラック エスカレード スポーツエディション

エスカレードの中古車は、キャデラックとしては異例の選びやすさ。全世代合計ではありますが、2020年10月現在の中古車在庫は187台が確認できます。

現行モデルに限った中古車平均価格では913.9万円と、高値安定が続いていますが、ロングボディ仕様となるエスカレードESVで500万円台の車両も確認できるなど、地道に探せばおトクな中古車にも出会えそうです。

変わり種としては、先代エスカレードに設定されていた、ピックアップトラックのようなベッド部を持つ「エスカレードEXT」が注目でしょう。

もともと注目を集めがちなエスカレードよりもさらにド派手なEXTは、12台の在庫で中古車平均価格は229.1万円となっています。

アメリカで話題沸騰中!新型エスカレードの注目ポイントは?

キャデラック エスカレード 新型

キャデラック エスカレード 新型

なんと去る2020年2月、新型エスカレードのフルモデルチェンジの概要がアメリカで発表されており、現在は先行予約が始まって、2020年後半の発売開始が待たれている状況です。

輸入車ですので米国で発売開始後すぐに国内導入されるとは考えにくく、実際に体験できるのはやや先のこととなりそうですが、新型エスカレードに関して予習しておきましょう。

新型エスカレード:外装一新、より迫力の「スポーツ」トリムも

キャデラック エスカレード スポーツ 新型

キャデラック エスカレード スポーツ 新型

新たに水平基調を取り入れたキャデラックの最新デザイン言語が適用された新型エスカレードは、これまで以上にワイドさを強調。縦型のデイタイムランニングライトには、現行モデルの面影も感じられますね。

各部をブラックアウトした精悍な「スポーツ」トリムが新設定されることも発表されており、現行モデルでも限定車として人気を博したオールブラックのコワモテは、新型でも人気グレードとなりそうです。

現行モデル比で全長を約200mmほど伸ばしたこともあり、ボディサイドで優雅な弧を描くキャラクターラインも相まって、より伸びやかなスタイリングを実現しています。

新型エスカレード:総勢38インチ!?湾曲OLEDディスプレイ

キャデラック エスカレード 新型 インテリア

キャデラック エスカレード 新型 インテリア

湾曲OLEDディスプレイを大胆に採用したエスカレードのダッシュボードは、ドライバー前のメーターパネル、左側でトリップ情報などを表示・操作できるコントロールパネル、右側でナビなどを表示・操作できるインフォテインメントディスプレイを合わせてなんと38インチという先進的な仕上がり。

これまでも、ダッシュボードの形状自体をドライバー側に傾けることはまま見られましたが、ディスプレイ自体が湾曲しているのは業界初とのことで、乗り込むたびに新鮮な印象を得られそうですね。

流行の兆しのある縦長タイプのインフォテインメントディスプレイよりもシックな印象で、キャデラックらしい高級感が感じられます。

新型エスカレード:ARナビに「スーパークルーズ」、充実の先進装備

キャデラック エスカレード 新型 スーパークルーズによるハンズオフ走行

キャデラック エスカレード 新型 スーパークルーズによるハンズオフ走行

フルカラーのヘッドアップディスプレイやナイトビジョンといった現代的装備のほかに、車両前方を写したカメラ映像に行き先案内を融合させるARナビといった最先端技術まで搭載される新型エスカレード。

さらに注目は、次世代運転支援技術「スーパークルーズ」がついに新型エスカレードに搭載される点でしょう。こちらは詳細な地図データベースと高精度GPS、それに車両の各センサー類を利用して、特定道路でのハンズオフ運転を可能とするもの。

エスカレードでは新たに車線変更支援機能も搭載され、ドライバーはウィンカー操作をするだけで、車両が安全を確認して車線変更をしてくれます。

スーパークルーズは高精度地図情報ありきの機能ですので、日本国内での対応がいつになるのか、そもそも対応するのかは不明ですが、ぜひ実現を願いたいところですね。

新型エスカレード:日本導入はいつ? 価格は?

キャデラック エスカレード 新型

キャデラック エスカレード 新型

現行モデルのアメリカでの発表から日本導入のタイムラグは約1年だったため、新型エスカレードでも導入は早くても2021年内、2022年までズレ込む可能性も考えられます。

新型エスカレードは新機能が満載になっていますので、日本仕様でどこまで対応してくれるか、期待したいところですね。

価格としては、発表済の米国仕様車で確認すると、最も廉価なグレード同士での値上がり幅は約1,000米ドル。新型のプレミアムラグジュアリープラチナムとスポーツプラチナムでは、現行プラチナム比で約7,000米ドルと、豪華最先端装備が満載となるだけに差額が大きめです。

このことから、新型モデルが日本導入される際の価格は、現行モデル同様1,000万円を軽く越えるのは確実。ハイエンドグレードでは1,500万円に近づく価格となりそうなことが予想されます。

まとめ

キャデラック エスカレード スポーツ 新型

キャデラック エスカレード スポーツ 新型

街中での注目度も抜群な存在感を誇るキャデラック エスカレードについてご紹介してきました。アメリカ国内での高級フルサイズSUV市場におけるシェアは25%でクラストップとのことで、継続した人気が伺えますよね。

軟派なSUVも段々増えてきている今こそ、エスカレードでザ・アメ車ライフを送ってみてはいかがでしょう。

関連するキーワード


キャデラック

関連する投稿


人気・おすすめの7人乗り外車(輸入車)SUV10選!人気車種を比較!

人気・おすすめの7人乗り外車(輸入車)SUV10選!人気車種を比較!

人気の高いSUV。国内でも多くのSUV車が販売されていますが、元々はアメリカが発祥であり、その後ヨーロッパや日本でも人気が出た車種です。今回はそんなSUVの中でも3列シート、7人乗りタイプのおすすめの外車・輸入車SUVをまとめてみました。(※2020年4月更新しました)


おしゃれ!センスの光るおすすめの車10選

おしゃれ!センスの光るおすすめの車10選

少し前までは“おしゃれ”な車というと海外の車両が多く、国産車は安全性や乗り心地を重視した車両が多く見受けられました。しかし、最近では国産車もオリジナリティを出したメーカーも出てきています。本記事では、そのような“おしゃれ”な車を300万円以内とそれ以上の価格の2つでカテゴライズしご紹介します。


車内でPS4!?エスカレードにラグジュアリーすぎるカスタムモデル登場

車内でPS4!?エスカレードにラグジュアリーすぎるカスタムモデル登場

仕事の後は車内でプレイステーション4や映画を楽しみ、クリスタルグラスでシャンパンを飲み、ダイヤモンドステッチのレザーパワーシートを倒せば、LED星空が疲れを癒やしてくれる…。そんな漫画やアニメの世界に出てくるような車が実在するとしたら貴方はどうしますか?


【デトロイトモーターショー2019】キャデラックの最上級SUV XT6登場

【デトロイトモーターショー2019】キャデラックの最上級SUV XT6登場

キャデラックはデトロイトモーターショー2019のプレビューイベントにおいて、新型車の『XT6』(Cadillac XT6)をワールドプレミアしました。XT6はキャデラックの最上級3列シートSUVです。


【ニューヨークモーターショー2018】キャデラック CT6 に最強「Vスポーツ」登場

【ニューヨークモーターショー2018】キャデラック CT6 に最強「Vスポーツ」登場

キャデラックは3月28日に米国で開幕するニューヨークモーターショー2018で、『CT6 Vスポーツ』を初公開すると発表しています。気になる最新情報をお届けいたします。


最新の投稿


ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

ひき逃げを起こした場合の罰金・罰則の全て|被害にあった場合も掲載

もしもひき逃げ事故を起こしてしまった際に、どのように対処すべきでしょうか。さらには、被害に遭ってしまった方、事故を目撃した方もその場で適切な処置をする事が求められます。今回は、ひき逃げを起こしてしまった方、巻き込まれてしまった側、それぞれがどのように対処し、処置をしていくべきかを解説しています。


【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

【現行イタリア高級SUV】最新4選! 価格、燃費

イタリアの車といえば走行性能の高さや情熱的なデザインが特徴的ですが、実は高級車の世界でも有名なブランドを多く持っています。また、今やセレブや要人が移動する時に使う車は、ハイエンドセダンではなく、ハイエンドSUVの方が多くなっているように思いませんか。高められた車高による室内の余裕と、路上でも抜群の存在感を持つSUVは、次世代の高級車として既に定着している印象もありますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イタリア車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

【現行イギリス高級SUV】最新5選! 価格、燃費

近年ではドイツ製高級車が市場を席巻していますが、イギリスの高級車もその独特の雰囲気や仕立て、長い歴史で高級車として定評を持っていますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、イギリス車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

【大人数で乗れるSUV】最新5車種! 価格、燃費

どこへでも乗っていけそうな自由さが魅力的なSUV。世界的に大人気が継続していますが、その広い室内空間を活用して3列シートを有するものもあります。いざというときは大人数で冒険にも出かけられるし、普段は3列目を格納して広々とした荷室を実現できるなど、ユーティリティ性の高さに磨きをかけた3列シートSUVをまとめてご紹介します。


アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは?効果とメリット・デメリット

アーシングとは聞きなれない言葉ですが、元々はレーシングカーに使われていた技術です。では、このアーシングとは、一体どの様な効果があるのでしょうか?今回はこのアーシングチューニングについてご説明します。