トップへ戻る

【2022年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2022年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2022年10月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


一度使うと病みつき!スライドドアで毎日がラクになる

《画像提供:Response》トヨタ グランエース

ドア前方にヒンジがあって車両外側に開く「スイングドア」とは違い、スリムな張り出し幅で車両前後方向にスライドする「スライドドア」は、車への乗り降りや荷物の積み下ろしまで、さまざまなシーンで役立つ便利さがうれしい装備です。

現在でもポピュラーな、車両外側のスライドレールに沿って開閉するスライドドアは、日本ではワーゲンバスと呼ばれることもあるフォルクスワーゲン タイプ2が1964年にオプション設定したものが最初とされています。

近年では、スーパーハイトワゴン軽が大ヒットしていることもあり、ますます身近になってきているスライドドア。どんな特徴がポイントか、おさらいしていきましょう。

スライドドアはこんなシーンで役に立つ!

《画像提供:Response》トヨタ ハイエース ウェルキャブ

ワイドな開口部が子どもからお年寄りまで使いやすい

スイングドアに比べて車両前方に障害物の少ないスクエアでワイドな開口部を持つスライドドアは、お子様やお年を召した方でも乗り降りがしやすくなります。

ドアを避けつつシートに腰掛けるためにやや体をひねりながら乗り込む必要はなく、スライドドアなら車両に対して直角方向に乗り込みやすいですし、掴みやすい位置に持ち手が用意されている車も多くなっています。

狭い駐車スペース、隣の車に気を遣わずに乗り降りできる

スイングドアと比べ、全開状態でも車両外側への張り出し幅が小さいのがスライドドアの大きな特徴であり、狭い駐車スペースでも乗り降りがしやすいです。リヤ席にウォークスルーできる車なら、フロントドアが開けないような狭い駐車スペースでも安心ですね。

駐車完了後、待ちきれなかった後席のお子様が勢いよくスイングドアを開けてしまい、お隣の車を傷つけてしまった!なんて事故も未然に防ぐことができそうです。

電動タイプなら、リモコン操作で開閉やウェルカムオープンも

近年標準装備化も進む電動スライドドアなら、キーレスのリモコンや運転席周辺のスイッチなどから開閉操作ができて便利さも広がりますし、スライドドアの開閉もスイッチ操作の軽い力だけで済むので、傾いた駐車スペースなどでも重たいドアを操作せずに済んで安心です。

さらに最近では、車を離れる前に予約しておけば、用事が済んで車に近づくとスライドドアが自動でオープンする「ウェルカムパワースライドドア」などの機能も広がりを見せています。荷物で両手がいっぱいでも安心ですね。

【2022年最新】トヨタの現行スライドドア車をまとめてみた

2022年10月現在で、トヨタが国内で販売している現行スライドドア車のラインナップをまとめてご紹介します。

軽自動車から大型ミニバン、商用のバンまで、スライドドアのラインナップが豊富なトヨタ車。きっとあなたのお好みにぴったりな車も見つかるはずです。

本記事では、ドア用のガイドレールに沿って車両前後方向に開閉する車種をスライドドア車としてまとめており、マイクロバスのコースターは「グライドドア」であるため、リストに含めていません。

コンパクト「ルーミー」:あえての2列シートで余裕の広さ

《画像提供:Response》トヨタ ルーミー カスタム

全高を高めに取ったフォルムを持ちつつ、余裕のあるボディとエンジンという普通車の魅力も兼ね備えた車が「ルーミー」です。単独の車種として普通車トップクラスの新車販売台数を2021年1月から7月まで連続で獲得しているなど、すでに大人気なので、知名度も高いですよね。

同じスライドドア車でも1クラス上には3列シートのシエンタがありますが、あえて2列に抑えたルーミーは室内の広々感が格別。特にリヤシートは、まるでリムジンを思わせる足元の余裕に注目です。

トヨタ ルーミーのスペック

【トヨタ ルーミー カスタムG-T】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,705mm×1,670mm×1,735mm
ホイールベース2,490mm
最大乗車定員5名
車両重量1,110kg
燃費WLTCモード:16.8km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 996cc
エンジン最高出力72kW(98PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク140N・m(14.3kgf・m)/2,400-4,000rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,869,091円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

ミニバン「シエンタ」:遊び心あるデザインがポップ!

《画像提供:Response》〈写真提供:トヨタ自動車〉トヨタ・シエンタ:スカーレットメタリック

新型シエンタは、7年ぶりのフルモデルチェンジで2022年8月に登場しました。先代はスニーカーをイメージしたポップなデザインでしたが、新型シエンタはヨーロッパの小型商用車を思わせるツール感のあるスタイリングとなっています。

先代と同じく、7人乗りと5人乗りがラインナップされており、こちらも先代と同じくハイブリッドとガソリンの2つのエンジンが選べます。ハイブリッドもガソリンエンジンモデルも、1.5Lエンジンは直列3気筒のダイナミックフォースエンジンとなり、どちらも最高出力が向上しています。

トヨタで最小の7人乗りミニバンながら、3列目もしっかり座れるデザインとなっていて、不要の時には2列目のシート下にダイブインさせる事でラゲッジスペースを拡大する事が出来るなど、様々な使い方に対応できるのがシエンタの特徴です。

トヨタ シエンタのスペック

【トヨタ シエンタ HYBRID Z 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,260mm×1,695mm×1,695mm
ホイールベース2,750mm
最大乗車定員7名
車両重量1,370kg
燃費WLTCモード:28.2km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリン 1,490cc
エンジン最高出力67kW(91ps)/5,500rpm
エンジン最大トルク120N・m(12.2kg・m)/3,800‐4,800rpm
モーター種類
交流同期電動機
モーター最高出力
59kW(80ps)
モーター最大トルク
141N・m(14.4kg・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格2,645,455円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

ミニバン「ノア/ヴォクシー」:ミニバンの定番、王道のモデルチェンジ

《画像提供:Response》〈写真提供:トヨタ自動車〉トヨタ ヴォクシー 新型

日本でミニバンといえば、ノア/ヴォクシー。そのくらい定番の「ノア/ヴォクシー」は2022年1月にモデルチェンジしました。新型ノア/ヴォクシーは、旧式化していた高度運転支援システムを刷新し、最新型に。また、ハイブリッドシステムもトヨタで初の第5世代に進化し、実に95psを発揮するモーターを搭載するなど、全面的にアップデートしています。

ミニバンの命ともいえる室内空間は、全幅が5ナンバーサイズを超え1,730㎜となったことも相まって、左右のCピラー間が75㎜も拡大して1,295㎜となるなど、大幅に拡大しています。また、助手席側スライドドアには、ユニバーサルステップと呼ばれる機械式のステップが、わずか3.3万円でオプション装着できます。

このように、まさに、ミニバンとして王道のモデルチェンジを遂げたノア/ヴォクシー。要注目です!

トヨタ ヴォクシーのスペック

【トヨタ ヴォクシー ハイブリッド S-Z 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,695mm×1,730mm×1,895mm
ホイールベース2,850mm
最大乗車定員7名
車両重量1,670kg
燃費WLTCモード:23.0km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1,797cc
エンジン最高出力72kW(98PS)/5,200rpm
エンジン最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/4,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力70kW(95PS)
モーター最大トルク185N・m(18.9kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格3,400,000円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」:高級感がたまらない!

《画像提供:Response》トヨタ アルファード

2020年から2021年にかけて、高価格帯なフラッグシップミニバンながらミニバンクラスで国内トップクラスの売り上げを記録したことも記憶に新しい「アルファード」。こちらも基本構造を共有する姉妹車「ヴェルファイア」が用意されており、内外装のお好みに応じて選べます。

Lクラスミニバンで首位独走のアルファードは、圧倒的な威厳を持つエクステリアと、高級セダン顔負けの上質な室内空間が魅力的。室内空間に余裕があるので、お客様をお迎えするのにもぴったりです。さらに極め付けの高級仕様として「エグゼクティブラウンジ」グレードも用意されており、こちらも人気となっているところがアルファードのキャラクターを物語っていますね。

トヨタ アルファードのスペック

【トヨタ アルファード ハイブリッドG“Fパッケージ”】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,945mm×1,850mm×1,950mm
ホイールベース3,000mm
最大乗車定員7名
車両重量2,190kg
燃費WLTCモード:14.8km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 2,493cc
エンジン最高出力112kW(152PS)/5,700rpm
エンジン最大トルク206N・m(21.0kgf・m)/4,400-4,800rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力フロント105kW、リヤ50kW
モーター最大トルクフロント270N・m、リヤ139N・m
駆動方式電気式四輪駆動(E-Four)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格5,066,364円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

ミニバン「グランエース」:もてなし空間が自慢のニューモデル

《画像提供:Response》トヨタ グランエース

アルファードよりもさらに大型なミニバンとなるのが「グランエース」。全長5mオーバー、全幅は2m近いなど、普段使いにはちょっぴり気後れしてしまいそうなボディサイズですが、その分室内のおもてなし空間の充実っぷりは唯一無二となっています。

6人乗り仕様となる「プレミアム」では、飛行機のビジネスクラスのようなエグゼクティブパワーシートを2列目だけでなく3列目にまで装備。乗る方全員がゆったりとくつろげる空間は、新しい時代のリムジンの姿なのかもしれませんね。

トヨタ グランエースのスペック

【トヨタ グランエース プレミアム】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,300mm×1,970mm×1,990mm
ホイールベース3,210mm
最大乗車定員6名
車両重量2,740kg
燃費WLTCモード:10.0km/L
エンジン種類直列4気筒ディーゼル 2,754cc
エンジン最高出力130kW(177PS)/3,400rpm
エンジン最大トルク450N・m(45.9kgf・m)/1,600-2,400rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション6速AT
新車価格5,909,091円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

タクシー「ジャパンタクシー」:あらゆる人へ乗り降りしやすさを

《画像提供:Response》トヨタ ジャパンタクシー

現在トヨタで唯一のタクシー専用車両となっているのが「ジャパンタクシー」。これまでポピュラーだったセダンタイプのボディではなく、全高が高めなハッチバックスタイルとなったことで、国土交通省の定める「ユニバーサルデザインタクシー」の認定を受けています。

セダンタイプのタクシーとは違ってスライドドアを備えるジャパンタクシーは、後席への乗り降りのしやすさが抜群。低いフロア高と高さのある開口部を活かし、車いすの方でもそのまま乗降が可能など、次世代タクシーならではのユニバーサルデザインが見どころです。

トヨタ ジャパンタクシーのスペック

【トヨタ ジャパンタクシー 匠】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,400mm×1,695mm×1,750mm
ホイールベース2,750mm
最大乗車定員5名
車両重量1,410kg
燃費WLTCモード:16.8km/L
エンジン種類直列4気筒LPGハイブリッド 1,496cc
エンジン最高出力54kW(74PS)/4,800rpm
エンジン最大トルク111N・m(11.3kgf・m)/2,800-4,400rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力45kW(61PS)
モーター最大トルク169N・m(17.2kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格3,240,000円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

軽商用車「ピクシスバン」:日本のビジネスを支える底力

《画像提供:Response》トヨタ ピクシスバン

ダイハツ ハイゼットカーゴのOEM車となる「ピクシスバン」は、狭い路地でもスイスイな軽自動車サイズのバン。コンパクトなボディサイズながら大容量な荷室空間の使いやすさ、積み下ろしのしやすさはバンとして超一流とあって、さまざまなビジネスで活躍しています。

車名にバンとは入っているものの、乗用用途にも見劣りしない豪華装備が満載なグレードもあるなど、さまざまなシーンにこれ1台で対応できそうな点もピクシスバンのポイントですが、なんといっても車両価格の低廉さが大注目ポイント。ターボエンジン搭載の最上位グレードでも税抜で130万円台と、近年流行のスーパーハイトワゴン系と比べて非常にリーズナブルな価格設定となっています。

トヨタ ピクシスバンのスペック

【トヨタ ピクシスバン クルーズターボ 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,890mm
ホイールベース2,450mm
最大乗車定員4名
車両重量950kg
燃費WLTCモード:14.7km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 658cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/5,700rpm
エンジン最大トルク91N・m(9.3kgf・m)/2,800rpm
駆動方式後輪駆動(フロントMR)
トランスミッションCVT
新車価格1,320,000円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

バン「タウンエースバン」:小回りバツグンの実力派

《画像提供:Response》トヨタ タウンエースバン

ピクシスバンよりも大型ながら、まだまだ5ナンバーサイズの扱いやすさと、最小回転半径4.9mという小回り性能を維持する点が人気の「タウンエースバン」。普通車だけあってエンジンも1.5リッターと余裕があり、荷物を満載するシーンでも頼れる性能を備えています。

現在ではシンプルな2グレード設定となっているタウンエースバンですが、廉価グレードでも予防安全装備やLEDヘッドランプといった装備がしっかり標準装備されているなど、バンらしからぬ充実っぷりも魅力の一つ。近年ではキャンピングカー仕様にコンバートされる例も増えているなど、カーライフの可能性が広がります。

トヨタ タウンエースバンのスペック

【トヨタ タウンエースバン GL 2WD 4AT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,065mm×1,665mm×1,930mm
ホイールベース2,650mm
最大乗車定員5名
車両重量1,270kg
燃費WLTCモード:12.0km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリン 1,496cc
エンジン最高出力71kW(97PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク134N・m(13.7kgf・m)/4,400rpm
駆動方式後輪駆動(フロントMR)
トランスミッション4速AT
新車価格1,876,364円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

バン「ハイエースバン/コミューター/ワゴン」信頼のロングセラー

《画像提供:Response》トヨタ ハイエースバン

商用バンとしてトップクラスの知名度を誇る「ハイエース」は、街中でも見ない日はないのではないかと思うほどの人気車となっています。商用仕様のバン、マイクロバス的に使える14人乗りのコミューター、10人乗りで乗用仕様のワゴンと、用途に応じて3種類から選ぶことができます。

プロの厳しい目から長年の信頼を勝ち得ているハイエースだけに、その機能性や信頼性の高さはもはや疑問の余地なし。商用車ながら全車でトヨタセーフティセンスを標準装備するなど、現行の車としても見劣りしない安全性能も備えており、継続的な人気も納得という印象ですね。

トヨタ ハイエースバンのスペック

【トヨタ ハイエースバン スーパーGL ディーゼル 2WD 標準ボディ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,695mm×1,695mm×1,980mm
ホイールベース2,570mm
最大乗車定員5名
車両重量1,930kg
燃費WLTCモード:12.4km/L
エンジン種類直列4気筒ディーゼルターボ 2,754cc
エンジン最高出力111kW(151PS)/3,600rpm
エンジン最大トルク300N・m(30.6kgf・m)/1,000-3,400rpm
駆動方式後輪駆動(フロントMR)
トランスミッション6速AT
新車価格3,414,091円(消費税抜)
(2022年10月現在 トヨタ公式サイトより)

まとめ

《画像提供:Response》トヨタ スペイド(2020年販売終了モデル)

トヨタの現行ラインナップでスライドドアを持つ車をまとめてきました。乗用車と商用車を合わせて13車種という幅広いラインナップはトヨタならではといった印象で、車の利用シーンや求める性能に応じて、あらゆる方への最適解が用意されているといった印象です。

便利なスライドドアを持つこれらの車なら、カーライフがもっと楽しくなるかもしれません。ご家族揃ってのお出かけにぴったりなスライドドアの車を、ぜひ検討してみてくださいね。

よくある質問

スライドドアの車って便利なの?

ドアの片方にヒンジを持つ一般的なスイングドアと比べ、よりスクエアで広々とした開口部となるので、お子様や足腰の悪い方でも乗り降りがしやすいと感じる方が多いようです。また、スライドドアは全開にしても横方向に張り出し幅が小さく済むため、駐車場での乗り降りなどにも役立ちます。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報

関連する投稿


【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広く存在していまう。値段も大抵は200万円以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数上位車種をご案内します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきましょう!


トヨタ bZ4Xが登場間近!最新電気自動車bZ4Xの魅力や特徴を徹底調査

トヨタ bZ4Xが登場間近!最新電気自動車bZ4Xの魅力や特徴を徹底調査

電気自動車の展開の遅れをしばしば指摘されてきたトヨタですが、2022年にはついに反撃の攻勢に出る模様。売れ筋のSUVスタイルで登場する「bZ4X」は、先進的な機能だけでなく、トヨタ車ならではの信頼性やおもてなし性能も追求されていて、日本車を代表する電気自動車となる予感のモデルです。2022年中ごろの登場が見込まれているbZ4Xの魅力や特徴を、判明している範囲で詳しく紹介します。


トヨタ カローラ クロスが売れている理由を徹底分析!ライバルとの比較も

トヨタ カローラ クロスが売れている理由を徹底分析!ライバルとの比較も

海外から遅れて2021年に国内導入が開始されたトヨタ カローラ クロスは、登場直後から人気を獲得しています。カローラシリーズ初のSUVであるカローラ クロスには、他のカローラシリーズと共通した魅力だけでなく、カローラ クロスだけが持つ魅力などが満載ですので、知れば知るほどその人気に納得してしまうはず。カローラ クロスにどんな特徴があるのか、詳しく紹介します。


トヨタのEVコンパクトSUVコンセプト4台に迫る!市販期待モデルが満載

トヨタのEVコンパクトSUVコンセプト4台に迫る!市販期待モデルが満載

2021年12月に、今後のEV戦略に関する説明会の場で、突如16台ものEVプロトタイプを同時公開したトヨタ。2030年までに30車種のバッテリーEVを展開予定と、トヨタ・レクサスとして一気に巻き返しを図る意気込みが表明された会となりました。公開されたプロトタイプは魅力的なモデルがたくさん!中でもコンパクトSUVのコンセプトカー4台に対象を絞り込み、現時点での考察を詳しく紹介します。


最新の投稿


【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

女性が運転していたらより一層かっこいい。そんな車を国内外の多様なジャンルの車から国産車5台、輸入車5台をピックアップしました。貴女に似合うピッタリの一台が見つけてください。


【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

車には様々なボディタイプがありますが、多くの人が車と聞いて最初に思い浮かべる、最もオーソドックスな形状の車がセダンです。最近のセダンは流れるルーフラインでクーペのような美しいデザインも多く、セダンの定義やイメージも時代とともに少しずつ変わってきています。この記事では、現在販売されている新車のセダンで販売台数ランキングトップ5の国産車と輸入車をそれぞれ5台ずつ、計10台紹介します。


【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

昨今アウトドアや車中泊の人気が高まっていますが、気軽に車中泊を始めるなら「軽バン」がおすすめです。もともとは「仕事用」のイメージが強い軽バンですが、実はいろいろな種類があります。この記事では車中泊におすすめの軽バンを5台紹介します。


【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

昨今、各メーカーが最も力を入れてるジャンルの一つであるといっても過言ではないSUV。悪路走破性能に特化した本格クロカンSUVはもちろんのこと、都市型クロスオーバーSUVや高級感溢れるフラッグシップモデル、さらには一風変わったこだわりのデザインの車種まで、国産&輸入のかっこいいSUVを10車種紹介します。


【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

市場には、リセールバリュー(再販価値)の高い車と低い車があります。購入時にリセールバリューの高い車を選べば、新車販売価格は高額であっても、所有期間中に目減りする資産価値、すなわち自分の持ち出し分は意外と少なくなる可能性も。この記事では、リセールバリューの高いおすすめの5車種を紹介します。