目次へ戻る

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ノア

トヨタ ノア

第6位となったのはトヨタ ノア。上半期の販売台数は20,647を記録しています。

ファミリー層に大人気で、今やトヨタのミドルサイズミニバンの定番車種の1つとなっています。

エスクァイアやヴォクシーの兄弟車種で、男性寄りの2車種に比べてノアは優しい雰囲気があり、運転サポート機能も充実しているので、女性にも運転がしやすくなっています。

また、車内スペースがとても広く小さなお子様や大人までゆったりと快適に移動を楽しむことが出来る作りになっています。

 
ノア 基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高(mm)) 4,695〜4,710x1,695〜1,735x1,825〜1,870
ホイールベース(mm) 2,850
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:km/L
WLTCモード:12.2〜13.6km/L

【ハイブリッド車】
JC08モード:22.8km/L
WLTCモード:19.0〜19.8km/L
新車価格 【ガソリン車】 Si:2,8113,800〜2,844,600円
G:2,824,800〜2,855,600円
X:2,556,400〜2,587,200円

Si "GR SPORT":3,306,600円
特別仕様車 Si"WxB II":2,909,500〜2,940,300円

【ハイブリッド車】
HYBRID Si:3,347,300円
HYBRID G:3,218,600円
HYBRID X:3,059,100円

特別仕様車 HYBRID Si"WxB II":3,443,000円
中古車価格 77.9万円〜387.7万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

トヨタ ノア 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S108/

トヨタ ノアの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ノアの中古車情報はこちらからチェック!

ノアのユーザー評価

トヨタ ノア 特別仕様車 Si“W×B II"(ブラック)

トヨタ ノア 特別仕様車 Si“W×B II"(ブラック)

トヨタ ノア(ハイブリッド)
車内は広いし、燃費は良いし、いい車です。チョイ乗りは13km/Lくらいですが、遠出すれば18~20km/Lまで伸びます。
前車(H車)から比べると異音もないし、気に入ってます。

トヨタ ノア
軽を乗り継いできて、久々の普通車です。
ワンボックスなので重量はありますが2Lエンジンでパワーもあるので
若干の物足りなさはありますが普通に使うには充分です。

燃費もよくパワーも充分にあって大きな不満なく乗れているようです。

第7位 ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

第7位は「ホンダ ステップワゴン」です。上半期の販売台数は17,271台となっています。

5ナンバーサイズと3ナンバーサイズのミニバンが用意されています。余裕のあるボディサイズとドアの開閉がヒンジ型よりも楽なスライドタイプの組み合わせでファミリー層からの人気も強いです。

わくわくゲートと呼ばれるステップワゴンのリアゲートなら縦にも横にも開閉することができます。荷物に合わせて開閉方法を工夫できる点が魅力的です。

 
ステップワゴン 基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高(mm)) 4,690〜4,760x1,695x1,840〜1,855
ホイールベース(mm) 2,890
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:15.0〜15.8km/L
WLTCモード:13.0〜13.6km/L

【ハイブリッド車】
JC08モード:25.0km/L
WLTCモード:20.0km/L
新車価格 【ガソリン車】
G・Honda SENSING:2,714,800〜2,956,800円
G・EX Honda SENSING:2,919,400〜3,139,400円
SPADA・Honda SENSING:2,920,500〜3,162,500円
Modulo X Honda SENSING

【ハイブリッド車】
e:HEV SPADA G・Honda SENSING:3,427,600円
e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING:3,641,000円
e:HEV Modulo X Honda SENSING:4,094,200円
中古車価格 109.9万円〜418.0万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

ホンダ ステップワゴン 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S003/

ホンダ ステップワゴンの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ステップワゴンの中古車情報はこちらからチェック!

ステップワゴンのユーザー評価

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン
スパーダの外観がとても気に入っている。
燃費も12km/L前後で、このクラスにしては良いと思う。
室内からの見晴らしもよく、デカナビがかなり便利に使える。
取り回しもすごく良いので、運転しやすい。
自分でゴソゴソいじるのも楽しい。

ホンダ ステップワゴン
雪が溶けて暖かくなってきました。車の負担が減ったり、道が走りやすくなったりといろいろと要因はありますが、いい燃費です。
15.1キロ/Lです。ですが1番いい時は17キロ代で走ったことがあります。

燃費性能も満足され運転もしやすいとの評価です。

第8位 トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイア

第8位にはトヨタ エスクァイアがランクイン。上半期の販売台数は16,095台となっています。

ヴォクシー・ノアの兄弟車種のエスクァイアは、その2台よりも高級感を漂わせたワンランク上のミニバンです。

高級感がありながらもボディが長く作られているので、高級過ぎないシックな形となっています。

車内がとにかく広く、自宅のリビングでくつろいでいるかのような感覚で過ごすことができるラグジュアリー感たっぷりの車内は、お子様はもちろん大人がゆったりと出来る部分が人気のようです。

アルファードやヴェルファイアは大きくて…。という方はまずエスクァイアを購入検討してみてもいいかもしれません。

 
エスクァイア 基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高(mm)) 4,695x1,695x1,825〜1,865
ホイールベース(mm) 2,850
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:データ無し
WLTCモード:12.6〜13.6km/L

【ハイブリッド車】
JC08モード:22.8km/L
WLTCモード:19.8km/L
新車価格 【ガソリン車】
Gi:2,963,400〜3,203,200円 Gi"Premium Package Black-Tailored":3,119,600〜3,328,600円
【ハイブリッド車】
HYBRID Gi:3,379,200円 特別仕様車HYBRID Gi"Premium Package Black-Tailored":3,460,600円
中古車価格 78.0万円〜424.2万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

トヨタ エスクァイア 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S234/

トヨタ エスクァイアの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

トヨタ エスクァイアの中古車情報はこちらからチェック!

トヨタ エスクァイアのユーザー評価

トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイア(ハイブリッド)
納車後間もないですが、メーター表示の実燃費で、20.8km/lです。一般道中心です。このサイズでこれだけ走れば、大満足です。

トヨタ エスクァイア(ハイブリッド)
岡山から京都まで往復500kmでリッター20いったのでびっくり ミニバンでこの燃費なら満足です。走行は高速道路主体です。

燃費性能の良さにとても驚かれて満足されているようです。

第9位 トヨタ ヴェルファイア

新型ヴェルファイア ZG

新型ヴェルファイア ZG

第9位は「トヨタ ヴェルファイア」です。ヴェルファイアはトヨタが誇るLクラスのミニバンでアルファードの兄弟車種です。

アルファード同様「大空間高級サルーン」をテーマに開発され、その車内空間は高級感がありラグジュアリーな空間が広がっています。

運転サポート機能や安全性能もしっかり搭載され、高級さだけでなく走行性能についても非常に評価が高いミニバンとなっています。

アルファードと同様に2018年1月8日にマイナーチェンジが施され新型ヴェルファイアとして発売されます。

 
ヴェルファイア 基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高(mm))4,935x1,850x1,950
ホイールベース(mm)3,000
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:データ無し
WLTCモード:9.6〜11.4km/L

【ハイブリッド車】
JC08モード:18.4〜19.2km/L
WLTCモード:14.8km/L
新車価格 Z:3,864,000〜3,908,00円
Z“G エディション”:4,664,000円

X:3,520,000円
V:4,539,000円
VL:5,185,000円
ZG:5,260,000円

Executive Lounge Z:7,421,000円

 Executive Lounge:7,269,000円
特別仕様車 Z“GOLDEN EYES”:4,240,000円

【ハイブリッド】
HYBRID Z:4,799,000円
HYBRID ZR:5,491,000円
HYBRID ZR"Gエディション":5,654,000円

HYBRID X:4,547,000円
HYBRID X:4,590,000円

HYBRID V:5,344,000円
HYBRID V"Lエディション":5,507,000円

HYBRID Executive Lounge Z:7,752,000円
HYBRID Executive Lounge:7,599,000円

特別仕様車 HYBRID Z“GOLDEN EYES”:5,040,000円
特別仕様車 Z“GOLDEN EYES”:4,495,000円
中古車価格 159.0万円〜1269.0万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

トヨタ ヴェルファイア 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S200/

トヨタ ヴェルファイアの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ヴェルファイアのユーザー評価

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア
昨年11月頃に新型車が出る安全性はかなり良くなると言うことで11月末に予約し
今年2月にディーラー一番乗りで納車されシッカリと楽しんでおります。
色々な場面でパノラミックなどの安全装備を使っておりますが、ホント良い車に仕上げっていると感心しております。
また燃費もハイブリッドも考えたのですがとてもではないが私の運転では元が取れないので2.5リッターにしましたが、
カタログ値に近い値を出すなど満足しております。

トヨタ ヴェルファイア(ハイブリッド)
エスティマ3500ccから乗り替えです。
前車からの乗り替えで心配していた動力性能のマイナスポイントは燃費・静寂性・重さからくる乗り心地等のプラスポイントが勝り1ヶ月後には気にならなくなった。
燃費に重点をおきハイブリッドを選択した訳じゃないですが、初めて所有するハイブリッド車でもモーター走行を意識する事で燃費が良くなる。
2,000kg超の車ですが1500cc並の16km/lを余裕で超えてくる。下調べでは寒い時期は燃費が悪くなるそうですが。
周囲の流れにあわせモーター走行をする事で運転が優しくなり家族からも好評です。

どちらのレビューも燃費性能はもちろんですが、ヴェルファイアという車を楽しんで乗れているのが伝わってきます。

10位:三菱 デリカD:5

デリカD:5

10位にランクインしたのは三菱のデリカD:5。上半期の累計販売台数は5,684台となっています。

デリカD:5の注目点は走行シーンに合わせて選ぶことのできる3つのドライブモードにあると言って良いでしょう。2WDモード、4WDオートモード、そして4WDロックモードの3種類。特に4WDロックモードは悪路や雪道での走破製を高めるために後輪への駆動配分を大きくしています。

未舗装路念頭に置いた走行モードを用意するミニバンはこのデリカD:5くらい。オフロードも平気で走れるハイパフォーマンスミニバンと言っても良いでしょう。アウトドア好きなら買って損はありません。

専用のエンジンフードエンブレムやマッドフラップを装着したJASPERもあります。

なおデリカD:5のエンジンはディーゼルエンジンであるということ。ガソリンエンジンとは異なるフィーリングのエンジンですので、経験のない方は一度試乗することをお勧めします。

 
デリカD:5 基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高(mm)) 4,800x1,795x1,875
ホイールベース(mm) 2,850
燃費 【ディーゼル車】
JC08モード:13.6km/L
WLTCモード:12.6km/L
新車価格 JASPER:4,236,540円
M:3,913,800円
G:4,015,000円
G-Power Package:4,235,000円
P:4,371,400円
中古車価格 16.0万円〜509.8万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

デリカD:5

ユーザー評価は下記の通りです。未舗装路を走れるミニバンゆえか遊び心を刺激されたり、ディーゼルエンジンの特徴である低回転からトルクのある走りなど、他のミニバンでは味わうことのできない魅力が詰まっていることを垣間見ることができます。

初クリーンディーゼルターボ、トルクもあって最高です!
積雪寒冷地なので頼もしい相棒。
とりあえず色々LED化しました。
あと、サブコン搭載しました。
まさにビッグトルクでさらに乗りやすさが倍増しました!

燃費も驚きでカタログデータ以上を記録する時もあります。トルクもあり良く走ります。
10年モデルチェンジしてませんが熟成されており色褪せ感はありません。 久しぶりにいい車に出会いました。大事に乗りたいです!

最後に

いかがでしたでしょうか?

人気のあるミニバンの中でもどの車種が2020年上半期に売れたのかによって人気の車種がわかったのではないでしょうか。

ミニバンは、様々な車種が発売されているので、悩んでしまう、という人はこういった売れ筋を参考にしてもいいかもしれません。

今後もミニバンの動向から目が離せないですね。

別ボディタイプの人気ランキングはこちらから

トヨタのミニバン記事リンクはこちら

その他 最新情報

関連する投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。